【PS4版・ドラクエ11冒険記⑥:勇者故郷へ帰る。マルティナとロウの正体。そして、旅の目的】(ネタバレ注意)

公開日: : 最終更新日:2017/08/08 ドラゴンクエストⅪ

前回の冒険: 【PS4版・ドラクエ11冒険記⑤:仮面武闘会の裏に隠された真実。マルティナ&ロウ登場】(ネタバレ注意)

ロウの残した手紙に従い、旧ユグノア王国跡地へと急ぐきゃすと。

自分の故郷であり、因縁の地へと向かう足取りは重い・・・。

SPONSORED LINK

ロウの手紙に従い、ユグノア王国跡地へ

オープニングで魔物に襲われていた王国こそがユグノア王国。そして、主人公の生まれ故郷。

かつて栄華を極めたであろう街並みと城は無残にも破壊されつくし、その廃墟には獰猛なモンスター(ドラゴン)が跋扈していました。

あまりにも酷い有様・・・そんな月並みな言葉しか思い浮かばない惨状。

ロウ・マルティナの正体が明らかに

そんな瓦礫のなかで一人たたずむロウ老師。

よく来てくれたと受け入れてくれる姿には、かつて武道大会で争ったモノノフの気配はなく、そこにはただただ孫の生存を喜ぶおじいちゃんの姿があった・・・。

そう、このロウ老師こそがユグノアの先代王、きゃすとの母であるエレノアの父にしてユグノア王アーウィンの義理の父なのである。

娘と婿殿の墓を前にして息子の帰還を報告するおじいちゃん。

「やめてくれ、その術は俺に効く。」と言わんばかりのウィークポイント突きに管理人崩落。こういうのズルいよ~ズルいよ~

そして、マルティナの正体は、デルカダールから偶々遊びに来ていたマルティナ姫だったのです。

ロウが姫姫言っていた理由はここにあったんですね・・・。

オープニングで主人公を抱えて必死に走っていた女の子はマルティナ姫だったのか・・・納得。

病気ですぐ亡くなった母の代わりに、エレノア様(主人公の母)は優しく接してくれていたようで頻繁に遊びにきていたようですね。

赤ちゃんができたって聞いた時には自分に弟か妹ができたかの様に嬉しかったとの事です。

「やめてくれ、その術は俺に効く。」(take2)

グレイグ襲撃。今度こそ、命に代えても守り切る

マルティナ姫と散歩中にあのグレイグが襲撃!

鬼気迫る剛剣により崖へと追いやられる主人公。絶体絶命のピンチに崖が崩落!?

「今度は 離さない・・・・・・・・っ!」

とマルティナ姫も決死のダイヴ。その手には主人公がしっかりと抱きかかえられていた。

「キミを助けられて よかった。もう二度と あの日のような思いはしたくなかったから・・・・・。」

なんだよコレ・・・可愛すぎる・・・ヒロイン力が高すぎる・・・。

ちょっと、エマちゃん(幼馴染)の立場が無いんですけど!!!!!!

夜が明け、雨が止むまで語り明かした二人。もうこんなのマルティナ姫が正ヒロインじゃねーか(良いですとも)

グレイグ再び。姫であろうと王の命は絶対なのです

皆と合流する道中にグレイグが再び襲撃。

崖での一幕にて、マルティナの事を姫と看破したようで、姫の生還を喜ぶグレイグ。しかし、騎士たるもの主命は絶対!!

「姫であろうと容赦はせぬ!」

そんな騎士然とするグレイグもあの日の姫の面影を見て本気は出せなかったご様子。

隙を見て馬を奪い逃走する二人。

あぁ、グレイグも良いな・・・是非とも仲間になって欲しいよ((((oノ´3`)ノオジキャラダイスキ

打倒ウルガーノを目指し、6つのオーブを探す旅へ

皆と合流し、虹色の枝から命の大樹へのヒントを得た主人公。

命の大樹へと繋がる6つのオーブ。デルカダールを裏で牛耳る魔物「ウルノーガ」の存在。

次なる旅の目的はもう決まった!

カミュからレッドオーブを、ロウからイエローオーブを受け取った主人公。

残すオーブはあと4つ。とりあえず外海にでるべくソルティコの町を目指す事になった主人公たちだが、シルビアだけは何やら浮かない表情・・・。

ようやく中盤って所でしょうか?いやー面白いですわ~( ˘ω˘ )

To be continued

SPONSORED LINK

関連記事

【PS4版・ドラクエ11冒険記⑪:聖地ラムダ、そして、命の大樹】勇者の力と魔王の力(ネタバレ注意)

前回の冒険: 【PS4版・ドラクエ11冒険記⑩:氷に閉ざされし王国と魔女リーズレット】(ネタ

記事を読む

【ドラクエ11】「ふっかつのじゅもん:ゆうていみやおうきむこうほりいゆうじとりやまあきら」を入力するとどうなるの?

なんと、『ドラゴンクエストⅪ』では、『ドラゴンクエストⅠ』や『Ⅱ』で使用していた【復活の呪文

記事を読む

【PS4版・ドラクエ11冒険記⑦:キナイとロミナの恋物語】クラーゴンは強敵(ネタバレ注意)

前回の冒険: 【PS4版・ドラクエ11冒険記⑥:勇者故郷へ帰る。マルティナとロウの正体。そし

記事を読む

【PS4版・ドラクエ11冒険記⑤:仮面武闘会の裏に隠された真実。マルティナ&ロウ登場】(ネタバレ注意)

前回の冒険: 【PS4版・ドラクエ11冒険記④:海の男コンテスト開催!ホメロス襲撃でカミュ大

記事を読む

【PS4版・ドラクエ11冒険記⑲:記憶喪失のカミュ?】黄金病の謎とカミュの過去を追う戦い《ネタバレ注意》

前回の冒険: 【PS4版・ドラクエ11冒険記⑱:セクシー過ぎるマルティナ】ブギーに支配された

記事を読む

【PS4版・ドラクエ11冒険記⑫:海底での目覚め】深き闇に覆われし世界(ネタバレ注意)

前回の冒険: 【PS4版・ドラクエ11冒険記⑪:聖地ラムダ、そして、命の大樹】勇者の力と魔王

記事を読む

【PS4版・ドラクエ11冒険記③:おねぇキャラ?シルビアが仲間になりました。】(ネタバレ注意)

前回の冒険:【PS4版・ドラクエ11冒険記②:ベロニカとセーニャが仲間になりました。】(ネタ

記事を読む

【PS4版・ドラクエ11冒険記④:海の男コンテスト開催!ホメロス襲撃でカミュ大ピンチ】(ネタバレ注意)

世界中の人を笑顔にさせる男(女)シルビアが仲間に加わって更に賑わう主人公一行。 虹色の

記事を読む

【PS4版・ドラクエ11冒険記㉔:過ぎ去りし時を求めて】時のオーブを砕き全てを救う旅に出る!《ネタバレ注意》

〈今回の見所、ノリノリのシルビアパパ〉 前回の冒険: 【PS4版・ドラクエ11冒険記㉓:ホメロ

記事を読む

【PS4版・ドラクエ11冒険記㉕:勇者の星と呼応する謎の生命体】新たな脅威がロトゼタシアに迫る《ネタバレ注意》

大樹が崩落の前日へと戻った勇者は、仲間と共に再び大樹へと向かいます。 仲間達には決して

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

管理人超オススメの一本!

【私が「メタルギアサヴァイブ」を購入する理由】小島秀夫監督がいない「メタルギア」

シリーズを先導してきた小島監督の独立など、『メタルギア』シリー

【任天堂らしい新たな遊び「ニンテンドー ラボ」】スイッチとダンボールの融合が無限の可能性を創造する

本日(2018/1/18)の早朝に公開された『ニンテンドーダイ

【MTGスタンダード最新禁止カード・2018/1/19発行】《霊気との調和》《ならず者の精製屋》《暴れ回るフェロキドン》《ラムナプの遺跡》が禁止カードに

MTGスタンダードの禁止改訂(2018/1/19日発行)が発表され

【MTGプレリリース「イクサランの相克」感想】面白かった・強かったカード!新ファートリの実力や如何に!?

最新パックの発売日一週間前という事で、プレリリース「イクサランの相

【ゲーム音楽】聖剣シリーズ初のオーケストラ盤とニャンコ大戦争に注目!【ゲームサントラCD発売日一覧・2018/1月】

年明け早々という事でサントラの発売状況もかなり緩やか。

【イクサランの相克収録カードリスト『多色・両面・PW』カード考察&評価】ファートリちょっと手加減し過ぎじゃない?

「イクサランの相克」に収録されるカードのリスト・能力考察記事です。

【イクサランの相克収録カードリスト『緑』カード考察&評価】《翡翠光のレインジャー》で二回探検が強いんじゃ!?

「イクサランの相克」に収録されるカードのリスト・能力考察記事です。

【イクサランの相克収録カードリスト『赤』カード考察&評価】《血染めの太陽》《凶兆艦隊の向こう見ず》《再燃するフェニックス》…赤のレア強くね?

「イクサランの相克」に収録されるカードのリスト・能力考察記事です。

→もっと見る

PAGE TOP ↑