【PS4版・ドラクエ11冒険記⑦:キナイとロミナの恋物語】クラーゴンは強敵(ネタバレ注意)

公開日: : ドラゴンクエストⅪ

前回の冒険: 【PS4版・ドラクエ11冒険記⑥:勇者故郷へ帰る。マルティナとロウの正体。そして、旅の目的】(ネタバレ注意)

外海へと出る為に港町ソルティコへとやってきた主人公一行。シルビアは都合が悪いようでソルティコの町へは一歩も入ろうとしません(笑)。

何やらソルティコの領主には家出した息子がいたとかいなかったとか・・・( ˘ω˘ )ナルホドネ

とりあえず何の障害もなく外海へと出た主人公たちを待ち受けていたのは、立ち込める深い霧。そして、人魚ロミナとの出会いでした。

SPONSORED LINK

霧の中から人魚伝説!ロミナとキナイの恋物語

白の入り江には、座礁した船と一人の美しい人魚ロミアがいました。

ロミアの話によると、結婚の約束をした相手キナイ(人間)が待てども待てども帰ってこない。何かあったのではないか?と心配でならないとの事。

もうこの時点で悲しい話の予感しかしませんが・・・。

ロミアの頼みを引き受け南東に位置する漁師町ナギムナー村へと船を進めます。

ベロニカちゃんが言ってた海底に沈んだオーブの話しはここで活きてくる訳ね!

キナイを探してナギムナー村へ

真珠が名産の漁師村って事でしたが、何やらさびれて悲しい雰囲気のナギムナー村。

村民の話によると、近海に暴れクラーゴンが出現した為、漁の一切が出来なくなくて困り果てているらしく、村の男たちはクラーゴンを退治すべく出払っているとの事。

村散策の最中に見かけた、”人魚に魂を食われた漁師の紙芝居”

これってどう考えてもアレやん( ˘ω˘ )カナシイハナシヤン

とりあえず村にいてもしょうがないのでクラーゴン退治を手伝う事に!

クラーゴンはかなりの強敵!ラリホーやスリープダガーで眠らそう

正直舐めてました・・・このクラーゴン強いです。

レベル平均23前後で挑みましたが、尋常ならざる連続攻撃によって初の全滅を経験してしまいました。(おぉ、勇者よ、やられてしまうとは情けない。)

結局、ロウの「めぐみの雨」で継続的にHPを回復しながら「イオ」連打の戦法でなんとかなりました。あと、「ラリホー」やカミュの「スリープダガー」が結構有効っぽいので、どうしても勝てない人は試してみて下さい。(結構眠ってくれます。)

人間と人魚では時の流れが違い過ぎる

クラーゴン討伐後にキナイにロミナの事を伝えると・・・、全く知らない事だと一蹴!

どうやら、このキナイはロミナの想い人である”キナイ・ユキ”の孫にあたる人物らしく、”キナイ・ユキ”はすでに故人であるとの事。あああああああ・・・やっぱりじゃないですかヤダー(;”∀”)

当時、村に戻った”キナイ・ユキ”は、ロミナ(人魚)の元に戻ると周囲に告げて狂人扱いされたようで、その結果、村のハズレにある小屋に幽閉され、その人生の幕引きまで、ロミナの元に戻る事はなかった・・・という話のようです。(悲しすぎる)

キナイから祖父が死に際に握りしていたという約束のベールを託された主人公。

ロミナの待つ白の入り江へと向かう足どりは果てなく重かったです。

真実を伝えると自分の目で確かめるというロミナ

私は”いいえ”を選びましたが、”はい”を選ぶとどうなるんでしょうか?

キナイの死を認められないロミナは、キナイ(孫)に会わせて欲しいと懇願。

ここまで来たら乗り掛かった船だ。最後まで見届けるぞ・・・。

キナイとの別れ。ロミナ海へ還る

キナイ(孫)に彼の姿を重ねるも、別人である事がハッキリと分かってしまったロミナ。浜辺にポツンと存在するキナイの墓を見て思わず陸へと飛び出してしまいます。

陸へ上がった人魚は、再び海へと戻る事ができず、もし戻ると泡となって溶けてしまう。(アァァ)

キナイとの別れを終え、海へ戻ろうとするロミナ。引き留めようとロミナの腕を掴むキナイ(孫)。

「手は彼と一緒なのね・・・。」

それは余りにも切ない一言。そして、そのまま流れる様に海へと舞い戻るロミナ・・・。

やめてくれ・・・悲しすぎる。

ロミナとキナイ・・・本当の真実。

その後、祖父が幽閉されていた小屋にてロミナの絵と一通の手紙を見つけるキナイと主人公。

手紙には、呪われた人魚伝説を作ったのがキナイ本人である事。そして、ロミナの元へと戻らなかった本当の理由が記されていました。

キナイが村を追われて数年後の事、村を襲った大嵐により多くの命が奪われました。その中には、キナイの元許嫁であるダナトラの父と夫も含まれていました。失意に溺れるダナトラは、あろう事か、まだ幼い我が子を抱いて海へと身投げしてしまいます。

二人を必死に助けようとしたキナイでしたが、結局助けられたのは赤ん坊のみ・・・。

残された赤ん坊を抱き抱えるキナイ、その両腕に確かな重みを感じながら捻り出した一つの答え、

「この子には俺が必要だ。すまないロミア、俺だけ幸せになるなんてできない。」

それこそが、元許嫁への不義理、そして、残された赤ん坊の為にできるキナイの贖罪だったのです。

「・・・・君は まだ あの入り江で 俺を待っているのだろうか。」

あまりにも悲しすぎる悲恋。こういうのを不意に入れて来るからドラクエは本当にズルい・・・。

白の入り江には、ロミナの手紙とマーメードハープが残されていました。ロミナとキナイがあちらで再び巡り会える事を祈るばかりです。

SPONSORED LINK

関連記事

【PS4版・ドラクエ11冒険記㉖:ローシュ伝説の真実】ケトス覚醒!ニズゼルファへの挑戦権《ネタバレ注意》

関連記事: 【PS4版・ドラクエ11冒険記㉕:勇者の星と呼応する謎の生命体】《ネタバレ注意》

記事を読む

【PS4版・ドラクエ11冒険記①:旅立ち~カミュ参戦・グレイグ襲撃まで】(ネタバレ注意)

久々の『ドラゴンクエスト』だし、今回はじっくりコトコト煮込んで目一杯楽しみたい気分の管理人。

記事を読む

【PS4版・ドラクエ11冒険記⑳:賢者の姉妹】出会いと別れ、受け継がれる意思《ネタバレ注意》

前回の冒険: 【PS4版・ドラクエ11冒険記⑲:記憶喪失のカミュ?】《ネタバレ注意》

記事を読む

【PS4版・ドラクエ11冒険記⑰:預言者との出会い】嘆きの戦士の闇を祓う(ネタバレ注意)

シルビア(ゴリアテ)の再加入と同時にアリスちゃん&シルビア号も再解禁!! 海路を使って

記事を読む

【PS4版・ドラクエ11冒険記⑱:セクシー過ぎるマルティナ】ブギーに支配されたグロッタ(ネタバレ注意)

前回の冒険: 【PS4版・ドラクエ11冒険記⑰:預言者との出会い】(ネタバレ注意) 他

記事を読む

【PS4版・ドラクエ11冒険記㉓:ホメロス・ウルノーガとの死闘】ロトゼタシアの大地に光あれ!《ネタバレ注意》

前回の冒険: 【PS4版・ドラクエ11冒険記㉒:新生「勇者のつるぎ」完成】みんなの思いを込め

記事を読む

【PS4版・ドラクエ11冒険記⑯:シルビアとオネェパレード】帰郷そして父との再会(ネタバレ注意)

前回の冒険: 【PS4版・ドラクエ11冒険記⑮:勇者ゆかりの地ドゥルダ】最終奥義体得の為にあ

記事を読む

【PS4版・ドラクエ11冒険記③:おねぇキャラ?シルビアが仲間になりました。】(ネタバレ注意)

前回の冒険:【PS4版・ドラクエ11冒険記②:ベロニカとセーニャが仲間になりました。】(ネタ

記事を読む

【PS4版・ドラクエ11冒険記⑲:記憶喪失のカミュ?】黄金病の謎とカミュの過去を追う戦い《ネタバレ注意》

前回の冒険: 【PS4版・ドラクエ11冒険記⑱:セクシー過ぎるマルティナ】ブギーに支配された

記事を読む

【ドラクエ11】「ふっかつのじゅもん:ゆうていみやおうきむこうほりいゆうじとりやまあきら」を入力するとどうなるの?

なんと、『ドラゴンクエストⅪ』では、『ドラゴンクエストⅠ』や『Ⅱ』で使用していた【復活の呪文

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

管理人超オススメの一本!

【コトダマン攻略】超レアキャラ「五神器」は何が強いの?実体化時に発動するとくせいが強さの秘訣!?

超レアキャラコトダマン【五神器】とは? 三種の神器

【コトダマン攻略】コトの鈴で交換すべきオススメキャラは?《回復不在ならトヨうまヒメ推奨》

本記事では「コトの鈴」で交換できるキャラクター・消耗品アイテム

【コトダマン攻略】《大剣士・スサノ王》って強い?友達招待でゲットできる星5キャラの実力

本記事では、【友達招待キャンペーン】で入手できる《大剣士・スサノ王

【MTG「ドミナリア」プレリレポート】リミテで強かったカードと戦利品紹介!英雄譚は鬼畜!

【MTG】最新セット『ドミナリア』のプレリリースに参加して参り

【MHW:ロックマンコラボ】武器別で変化するBGM全まとめ!スネークマン・ブルースステージはやっぱり最高!

『モンスターハンターワールド』に実装された『ロックマン』コラボ

【ネタバレ注意「ダンジョン飯」6巻感想レビュー】シュローとの対立と発露するライオスの狂気

【ファンタジー×グルメ】の奇跡の融合、『ダンジョン飯』の最新第

【最新パック「ドミナリア」収録・英雄譚カード考察】MTGの歴史を辿る新システムに心高鳴る【アンティキティー戦争追記】

公式のお漏らし等、割とクリティカルなトラブルこそありましたが、

【MTGスタン《パワーストーンの破片》の使い方・考察】コロッサスデッキ再興!?機械化製法や蜃気楼の鏡で楽しもう!

次々に公開されていく『ドミナリア』スポイラーですが、その中でも

→もっと見る

PAGE TOP ↑