【イクサラン・プレリリースで面白強かったカード感想】探検と宝物は凄く便利!恐竜のただ強感!

公開日: : 最終更新日:2017/09/24 MTG

最新セットを一足お先に体験できるプレリリース『イクサラン』に参加してきました。

いつもは2回参加するのがお決まりなのですが、今回はスケジュールの関係で午後から1回のみの参加となりました。(明日もあるので余裕があれば参加したい所ですが…。)

とりあえず『イクサラン』ファーストインプレッションって事で、プレリリースで面白かった・強かったカード・システムについてとゲットした戦利品についてツラツラっとご紹介!

SPONSORED LINK

『イクサラン』プレリリースキットから出たレア・神話カード

とりあえずプレリリースきっとから出たレア・神話レアはコチラ!

  • ヴァンスの爆破砲/火を吹く稜墓
  • 翠緑の太陽の化身
  • 陽花弁の木立ち
  • 血に狂った聖騎士
  • 勇敢な妨害工作員
  • 剣呑な交渉
  • 轟く声、ティシャーナ(日付入りFOIL)

 

注目カードや高いカード・個人的に気になっていたカードの全てを綺麗に回避したラインナップに泣いた(笑)

まぁ、プレリリースキットなんてこんなもんさ…(隣でヴラスカと殺戮の暴君をひかれながら)

《轟く声、ティシャーナ》の日付入りFOILは一応大事にとっておくとします。

面白かった・強かったカードについて

能力「探検」はかなり強い!宝物も便利な印象でした

『イクサラン』で新たに使いされた能力「探検」はかなり強いメカニズムです。

今回、私は緑をベースにした赤緑デッキを使用したので、2マナの「探検」持ちである《イクサーリの卜占師》と、4マナの《鉄面連合の海賊》にはかなりお世話になりました。

特に《イクサーリの卜占師》は、序盤のアグロをガッチリ止めつつマナスクリューを防止してくれたのでかなり便利なクリーチャーだと感じました。割と冗談じゃなく、軽めの「探検」と書いてあるクリーチャーは積めるだけ積むはありかもしれません。

ただ、一見硬そうなタフネス3もこの環境では割と抜かれるサイズです。

「探検」でワンサイズ上がるとピッタリ止まる…って所にテストプレイの片鱗を感じます。

色的に「宝物」は積極的に触れませんでしたが、対戦相手の動きを見ている限りだとそちらもかなりいい感じだったと思います。

まぁどちらもマナ基盤を安定させてくれる能力ですもんね…弱い訳ないか( ˘ω˘ )

緑と赤のクリーチャー(恐竜)のサイズは化物だらけ!

緑、赤、白が今回の目玉である「恐竜」のカラーですが、特に緑と赤のクリーチャーサイズは化物染みてます。

8マナ9/9の《古代ブロントドン》や、5マナ5/5速攻トランプルの《突進するモンストロサウルス》とかクリーチャーのサイズと質がコモン・アンコモンのくせに半端ねぇ!っていう。

特に《突進するモンストロサウルス》はシングルシンボルでこのスタッツはかなりヤバイ一枚だと思います。これ…アンコモンなんだぜ…昔の自分に見せたら絶対に信じない自信があります。

赤緑を組んだという事は、これら「恐竜」を自分で使った訳ですが、まぁ~強い!

残りライフ4で相手にボードアドを完全にとられている状態で《翠緑の太陽の化身》プレイ⇒5点ゲイン、相手ライフ詰めに来る⇒やり過ごす、《古代ブロントドン》プレイ⇒9点ゲイン、相手ライフ以下略⇒《突進するモンストロサウルス》で5点ゲインって逆転って流れにワロタ。

マナが伸びれば確かに強い構築ではありましたが、残り4点完全マウント状態をまくる「恐竜」パワーは流石に頼もしかったです。

やっぱりサイズは正義なんだな…って( ˘ω˘ )

《ヴァンスの爆破砲》等伝説のエンチャントサイクルはどれも強い!

フルスポの時点では、ひっくり返す事にばかり目が行って正当に評価できていませんでしたが、伝説のエンチャントサイクルはどーれも強かったです。

自分で使用した《ヴァンスの爆破砲/火を吐く稜墓》は冷静に考えると恒久的にアドを稼いでくれるヤバい一枚かつ、

ひっくり変えると相手を焼きコロコロしちゃうヤバイカードでした。

しかも表の能力で反転の為の1カウントを稼いでくれるから…意外とひっくり返るんだよね~

相手に使用された《アズカンタの探索/水没遺跡、アズカンタ》、《アルゲールの断血/アクロゾズの神殿》のどちらもかなり強かったです。

《アズカンタの探索/水没遺跡、アズカンタ》、《ヴァンスの爆破砲/火を吐く稜墓》の二枚はマジで構築級なんじゃないでしょうか?

《ヴァンスの爆破砲/火を吐く稜墓》は、「運命再編」にあった《前哨地の包囲》に動きがかなり似ているので個人的にお気に入りです。構築でも普通に使ってみたいと思える良カードですね!

さいごに・参加賞と賞品からの戦利品をご紹介!

試合結果は上々とは言えませんでしたが、戦利品は、《ヴラスカの侮辱》と《レギサウルスの頭目》の二枚…の完全勝利コースでした。

うーん、《レギサウルスの頭目》はプレリ中にも使いたかったぞぉ…( ˘ω˘ )ヨクバリ

――――――

 

という事で、こんな感じでプレリリース『イクサラン』の体験レポートを終了します。

本日が開催日のショップも多いです。お時間に余裕のある方はお近くの開催店舗に足を運んで楽しんできちゃってくださいな!

お金さえあれば手軽に体験できるのもプレリリースの醍醐味。

みんなでワイワイガヤガヤ楽しみましょう( `ー´)ノ

マジック:ザ・ギャザリング 日本語版 イクサラン ブースターパック 36パック入りBOX
ウィザーズ・オブ・ザ・コースト
売り上げランキング: 2,505
SPONSORED LINK

関連記事

【MTG:アモンケットカード考察・緑の神「不屈の神ロナス」の力】緩すぎる顕現条件に他の神も驚愕

『アモンケット』に収録される神サイクルの紹介も今回で4回目! 緑のクリーチャーが優遇さ

記事を読む

【MTG:アモンケットカード考察・白の神「信義の神オケチラ」の結束】スレイベンの検査官・キラン号・ギデオン・オケチラの黄金ライン!

『アモンケット』神サイクル特集第三回は《誠実の神?オケチラ》 先に公開された《熱烈の神

記事を読む

【MTG・カード考察:悪魔の契約】パーマネント生贄系効果で強制敗北のデメリットを乗り越えて行け!【スタンダード】

『マジック・オリジン』の神話カードとして登場した《悪魔の契約/Demonic Pact》 得ら

記事を読む

【カラデシュ産『機械巨人』出揃う:どのギアハルクがお好き!?】害悪の機械巨人カッコイイぜぇ

9月30日発売の最新セット『カラデシュ』にて収録される『機械巨人』サイクル【Gearhulk

記事を読む

【MTG:アモンケットカード考察・青の神「周到の神ケフネト」の神秘】熱病デッキで活躍熱望!!

『アモンケット』神サイクル特集第二回《周到の神ケフネト》 手札が7枚以上じゃないとアタ

記事を読む

【MTG:霊気紛争フルスポ感想】フェリダー+サヒーリループで揺れるカラデシュ!神話は辛いがアンコモン強し!

2017年01月20日発売、MTG最新ブースターパック『霊気紛争』のフルスポイラーが2017

記事を読む

【アモンケットスタン:黒単ゾンビデッキの強みと弱み】ショーダウンでの使用感レポート

今流行りの「黒単ゾンビ」デッキでスタンダードショーダウンに参加してきました。 いつも参

記事を読む

【アムトトの永遠衆が入っているのはニコルボーラスのPWデッキです】パックも剥けてお得感満点である。

昨日(2017/7/15)は、「マジック・ザ・ギャザリング」最新セット『-破滅の刻-』の発売

記事を読む

【MTG:アモンケットカード考察・赤の神「熱烈の神ハゾレト」の可能性】手札1枚以下で5/4がダッシュ!

4月28日発売、最新セット『アモンケット』プレビューウィークに突入し、公開される新カードたち

記事を読む

【イニストラードを覆う影:1ボックス開封結果】アヴァシン!?アーリン!?オリヴィア!?いいやそんな物はないね…《石(岩塩)の宣告》

4月8日発売最新パック『イニストラードを覆う影』を1ボックス購入してまいりました。内容につい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

管理人超オススメの一本!

【FEH】神炎の皇帝アルヴィス参戦!ファラフレイムとリカバーリングが優秀な予感!【大英雄戦】

先日、聖戦の親世代組が大量参戦したばかりですが、【大英雄戦】にて宿

【FEHに聖戦の系譜キャラ大量追加】シグルド、ディアドラ、ティルテュ実装。アーダンもちゃんといるぞ!

『ファイアーエムブレムヒーローズ』に「聖戦の系譜」から新キャラ

【MTGスタン】選定された行進+備蓄品トークンデッキと対戦した感想!前期よりもパワーアップ!?

週末のお楽しみ「スタンダードショーダウン」に参加して来ました。

【FEH・絆英雄戦~ミネルバ&マリア~インファナル攻略記】ミネルバ硬すぎワロタ!聖兜スキルが曲者!

〈可愛い顔してこの姉妹凶悪そのもの〉 不思議と「ファイヤーエムブ

【MTG】「イクサラン」スタンダード新環境の赤黒デッキで初対戦!《脅迫》《稲妻の一撃》嬉しいなぁ!

少し前の話ですが、先週の土曜日「スタンダードショーダウン」に参

【FEH攻略・「聖貨」って何に使うの?】「聖印生成&覚醒」でキャラクターを強化!〈連鎖の闘技場〉サボったつけ来る(笑)

超久々の「FEH(ファイアーエムブレムヒーローズ)」記事です。

【幻のゲーム「スターフォックス2」クリア評価・レビュー】無印と64の中間的な作品。シリーズへの継承を感じる3D体験

「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」に収録された

【スーパーファミコンミニ・開封レビュー】小さなスーファミに心躍る!《同梱物・収録内容詳細》

我が青春「スーパーファミコン」が手のひらサイズになって帰ってきたぞ

→もっと見る

PAGE TOP ↑