【霊気紛争】「金属製の巨像(コロッサス)デッキ」を考える!青黒か更なる多色か…

公開日: : 最終更新日:2017/05/23 MTG

プロツアー間近なんで今更感バリバリだったりするんですが、【霊気紛争】追加後の「金属製の巨像(コロッサス)」デッキについて考えます。

《約束された終末、エムラクール》《反射魔導士》という二大苦手カードがスタンダードを去った事で、以前よりかなり戦いやすくなり、追い風ビュンビュン吹いてる(?)感じのこのデッキ。

SCGで魅せられた《ゴンティの霊気心臓》からの追加ターンパンチ…
これはもう…使うしかないっしょ!って事で今から【ゲームデー】に向けて準備したいと思います。

とりあえずは、『霊気紛争』で追加された新たな武器たちを見ていきましょう!

SPONSORED LINK

「コロッサス」へと影響を与えた『霊気紛争』収録カード

金属の叱責

(2)(青) インスタント
即席(あなたのアーティファクトが、この呪文を唱える助けとなる。あなたはあなたのアーティファクトをタップして、1個あたり(1)の支払いに代えてもよい。)
呪文1つを対象とする。それのコントローラーが(3)を支払わないかぎり、それを打ち消す。

アーティファクトが1つあれば《マナ漏出》に早変わり!

『霊気紛争』で新たに加わったキーワード能力「即席」を持つ打ち消し呪文。

アンタップ状態のアーティファクトが1つでも存在すれば《マナ漏出》と同等のカウンターとして運用する事が出来ますが、それが出来なければただの重い不確定カウンター呪文です。

あいにく、「コロッサス」デッキは、嫌でも軽量のアーティファクトを多く積む事になるので、即席を達成する事も楽々。
このタイプのカウンターは綺麗に決まると気持ちが良いです。

解析調査

(3)(青)(青) ソーサリー
即席(あなたのアーティファクトが、この呪文を唱える助けとなる。あなたはあなたのアーティファクトをタップして、1個あたり(1)の支払いに代えてもよい。)
カードを3枚引く。

2マナ3ドローも夢じゃない!?

《予言のプリズム》などドローできるアーティファクトを多く採用しているとは言え、それでもドローはまだまだ欲しいのが「コロッサス」デッキ…

盤面にファクトが3つ存在していれば2マナで3ドローという爆アドも夢ではありませんが、即席できなければ、こちらもただの重いドローカードです。
比較的条件を見たいし易いデッキとは言え、大量に積むのであれば、それなりの構築が必要になりそうかな?

バラルの巧技

(3)(青)(青) ソーサリー
アーティファクトやクリーチャーを最大3つ対象とし、それらをオーナーの手札に戻す。
あなたは、あなたの手札から点数で見たマナ・コストが4以下のカード1枚を、そのマナ・コストを支払うことなく唱えてもよい。

3バウンスは色々と便利!

相手盤面の驚異をバウンスするのは勿論ですが、自分のクリーチャーやアーティファクトを対象にとる事もできるので、戻したカードをそのまま支払い無視して唱える(コスト4以下)などの芸当が可能です。
《プリズム結晶》や《光り物集めの鶴》をバウンスすればドローやデッキ掘りに使えるのでニッコリできる事間違いなしッ!

致命的な一押し

(黒) インスタント
クリーチャー1体を対象とし、それの点数で見たマナ・コストが2以下であるなら、それを破壊する。
紛争 ― このターンにあなたがコントロールするパーマネントが戦場を離れていたなら、代わりに、そのクリーチャーの点数で見たマナ・コストが4以下であるなら、それを破壊する。

神話アンコモンと名高いスーパーカード

元々、アグロタイプのデッキは苦手なので、軽くて強い除去の登場はそれだけで朗報

《革命派の地図》のおかげで紛争も達成しやすいので、このデッキなら4マナ以下のクリーチャーをレンジに収める事は容易く可能なはずです。
このカードの存在もあって、黒を選択する人も多い印象ですね~

発火器具

(1) アーティファクト
(赤),発火器具を生け贄に捧げる:プレイヤー1人を対象とする。発火器具はそのプレイヤーに1点のダメージを与える。
発火器具が戦場から墓地に置かれたとき、カードを1枚引く。

コピーキャット対策としてサイドデッキを温める!

コピーキャットコンボ(サヒーリ+フェリダー)の始動に合わせてサヒーリを焼けばコンボ不成立となるので、《発火器具》がある限り相手がコンボに入れなくなる優秀な置物。

戦場から墓地に置かれると1ドローがあるので、コロッサスの墓地回収コストとしても優秀。
意外に知らない人が多いですが、1点はプレイヤーにしか飛ばないので要注意です。

改革派の地図

(1) アーティファクト
改革派の地図はタップ状態で戦場に出る。
(T),改革派の地図を生け贄に捧げる:あなたのライブラリーから基本土地カード1枚を探し、それを公開してあなたの手札に加え、その後あなたのライブラリーを切り直す。

即席、土地問題、軽減役と軽くて強い神コモン

マナスクリュー対策としても優秀な上に、即席、コロッサスのコスト軽減と何でもちょちょいとこなしてくれる神コモン

色選択が自由なデッキの項(後記)にもかかってくるこのデッキの重要な1マナ圏

鎮定工作機

(1) アーティファクト
(2),(T):アーティファクト1つかクリーチャー1体を対象とし、それをタップする。

1マナキャスト2マナタッパーは侮れない

軽量アーティファクトで生物を止められるってだけで合格点なカードだと思います。
ただし、序盤はファクトを展開する事が重要視されるデッキなので、タップの為にマナを浮かす余裕は意外となかったりするので要注意。

霊気装置の設計図

(2) アーティファクト
霊気装置の設計図が戦場に出たか戦場から墓地に置かれたとき、無色の1/1の霊気装置アーティファクト・クリーチャー・トークンを1つ生成する。

一枚で即席要員を2つ供給できる

戦場に出た時と戦場から墓地へ置かれた時に無色の1/1の霊気装置アーティファクト・クリーチャー・トークンを生成する2マナアーティファクト

1枚で計3つのアーティファクトを供給できるカードではありますが、何かしら墓地へと置く手段がないとフル活用は中々に難しいカードです。
生物が少ないデッキなので、採用すればアグロに多少強くなるとは思いますが、気休め程度にしかならないかな?

採用すると《金属の叱責》や《解析調査》はかなり使いやすくなりそう

ゴンティの霊気心臓

(6) 伝説のアーティファクト
ゴンティの霊気心臓か他のアーティファクトが1つあなたのコントロール下で戦場に出るたび、あなたは(E)(E)(エネルギー・カウンター2個)を得る。
(E)(E)(E)(E)(E)(E)(E)(E)を支払う,ゴンティの霊気心臓を追放する:このターンに続いて追加の1ターンを行う。

ロマンかと思いきや意外と決まる

自身でも2個のエネルギーを得る事ができるので、追加で3つキャストできれば追加ターンゲット!

「コロッサス」デッキだと重いアーティファクトってだけで一応価値があるので有難いです。

浪漫の塊、オーバーキルっぽいイメージのカードではありますが、苦手な全除去や《石の宣告》に強くなるって役割があるので馬鹿にはできない一枚だと思ってます。

霊気圏の収集艇

(3) アーティファクト — 機体(Vehicle)
飛行
霊気圏の収集艇が戦場に出たとき、あなたは(E)(E)(エネルギー・カウンター2個)を得る。
(E)を支払う:ターン終了時まで、霊気圏の収集艇は絆魂を得る。
搭乗1(あなたがコントロールする望む数のクリーチャーを、パワーの合計が1以上になるように選んでタップする:ターン終了時まで、この機体はアーティファクト・クリーチャーになる。)
3/5

鶴で乗れる貴重な機体

何度も言うようにアグロに弱いデッキなので、相手クリーチャーを優しくキャッチしながらライフゲインできるこのカードは貴重な存在です。しかし、生物が少ないのでそれなりの構築をしないと乗れない可能性大!

鶴で乗れる搭乗1は素敵です

策謀家テゼレット

(2)(青)(黒) プレインズウォーカー — テゼレット
[+1]:《エーテリウム電池》という名前のアーティファクト・トークンを1つ生成する。それは「(T),このアーティファクトを生け贄に捧げる:あなたのマナ・プールに好きな色1色のマナ1点を加える。」を持つ。
[-2]:クリーチャー1体を対象とする。ターン終了時まで、それは+X/-Xの修整を受ける。Xは、あなたがコントロールするアーティファクトの総数に等しい。
[-7]:あなたは「あなたのターンの戦闘の開始時に、あなたがコントロールするアーティファクト1つを対象とする。それは基本のパワーとタフネスが5/5のアーティファクト・クリーチャーになる。」を持つ紋章を得る。忠誠度5

相性が良いのか悪いのか…

4マナでキャストしながら《致命的な一押し》を紛争モードで構えれる動きは強いですが、実は《致命的な一撃》が強いだけって気も…

相性は悪くないと思いますが…ちょっと評価に困るカードですね(ヤソさんが上手く使ってくれると信じていますw)

産業の塔

土地
(T):あなたのマナ・プールに(◇)を加える。
(T),1点のライフを支払う:あなたのマナ・プールに好きな色1色のマナ1点を加える。この能力は、あなたがアーティファクトをコントロールしているときにのみ起動できる。

ライフコストは痛いですが、多色化は思いのまま!

軽量アーティファクトが豊富なこのデッキなら好きな色を生み出せる土地として序盤から機能します

モダンの親和でも活躍しそうな一枚なので、スタンプレイヤー以外も注目の一枚です。

「コロッサス」デッキのここが強い

マナファクトや土地のおかげで色選択が自由

《耕作者の荷馬車》《プリズム結晶》《革命派の地図》《産業の塔》のおかげで色の選択は自由と言っても過言ではありません

「コロッサス」デッキは青単~2色・3色くらいの構成が多く感じますが、やろうと思えば4・5カラーも夢ではないと思っています。まぁ、色を増やしまくって何するんだ?って話になりますけど(笑)

除去コンが環境に多そうなので黒以外の除去はすり抜けてくれるサイズ

ビートダウン系の「黒緑」と一撃必殺の「コピーキャット(サヒーリ+フェリダー)」デッキが流行ってる印象なので、必然的に除去を多めに採用しているデッキが多くなるはず…

生物が少なく点数除去をサイズ的にすり抜けてくれるデッキは環境的には悪くないと思いますが、こればっかりはプロツアーの結果を見てみないと推測の域をでません。

あと、最大の魅力はコロッサスによる爆発力なのは言うまでもありませんね

「コロッサス」デッキのここが問題

序盤のマグロ感ョ…

《密輸人の回転翼機》がいなくなったので、空が止まらず「ウボァァァァァ」って流れはなくなりましたが、陸が止まらず終わるって可能性は全然あります。

黒緑ヘビデッキとかを考えると軽い除去は絶対必要な気がします。
でも除去積むとコロッサス本来の爆発力が軽減されるので、サイドに落とすか悩みどころ…(筆者はメインから入れてますが…)

まぁ、とりあえず《致命的な一押し》は4積みかなぁ~

コピーキャット(サヒーリフェリダー)の方がキル力が高い

いくら爆発力があると言っても、2枚でループできるコピーキャットが存在する環境なので、キル力では見劣りしてしまうのが現実。
しかも、あちらはサブプランを色々と搭載しやすい上に、《守護フェリダー》が想像以上のシナジーでデッキを回転させるって言うね…。

「コロッサス」に《サヒーリ》と《守護フェリダー》を搭載するってのもアリだと思いますが…(それなら純粋にコピーキャットを組んだ方が強そうってのがジレンマだなぁ~)

何色を選択するかが重要ですね…

純粋に「コロッサス」の強みを突き詰めるか…
アグロに強くなる為に除去を厚く(全除去も視野)とるか…
更にコンボ色を強めて行くか…

色の選択が自由な分、できる事はたくさんあるはず!?
プロツアーでスゲー「コロッサス」デッキが大活躍…みたいな未来があったら良いのだが…(流石に無理かなぁ~)

SPONSORED LINK

関連記事

【MTG】「イクサラン」スタンダード新環境の赤黒デッキで初対戦!《脅迫》《稲妻の一撃》嬉しいなぁ!

少し前の話ですが、先週の土曜日「スタンダードショーダウン」に参加してきました。 いつも

記事を読む

【MTG:霊気紛争フルスポ感想】フェリダー+サヒーリループで揺れるカラデシュ!神話は辛いがアンコモン強し!

2017年01月20日発売、MTG最新ブースターパック『霊気紛争』のフルスポイラーが2017

記事を読む

【MTG:アモンケットカード考察・緑の神「不屈の神ロナス」の力】緩すぎる顕現条件に他の神も驚愕

『アモンケット』に収録される神サイクルの紹介も今回で4回目! 緑のクリーチャーが優遇さ

記事を読む

【MTG(ギャザ)・イクサラン収録「マーフォーク」注目カード・マナコスト別まとめ】+1カウンターとアンブロ戦術で頑張る!?

「吸血鬼」「海賊」とやったので… 残りの「マーフォーク」と「恐竜」もこの流れでやっちゃ

記事を読む

【イニストラードを覆う影:1ボックス開封結果】アヴァシン!?アーリン!?オリヴィア!?いいやそんな物はないね…《石(岩塩)の宣告》

4月8日発売最新パック『イニストラードを覆う影』を1ボックス購入してまいりました。内容につい

記事を読む

【MTG(ギャザ)・イクサラン収録「吸血鬼」注目カード・マナコストまとめ】白黒吸血鬼出来る?

昨日の早朝(2017/9/16)『イクサラン』のフルスポイラーがでました。 個人的な印

記事を読む

【アモンケット新スタン:赤黒ハゾレトアグロデッキ使用感】街の鍵がマジで強い!

《守護フェリダー》が禁止された事によって大激変のスタンダード 黒緑や機体など、既存の強アー

記事を読む

【イニストラードを覆う影・ゲームデー使用デッキ考察】バント中隊か白単人間か黒緑季節コントロールか…それとも!?

4月30日、5月1日は『イニストラードを覆う影』のゲームデーイベント開催日 各地のプレインズウ

記事を読む

【MTG・『イクサラン』収録カードの感想①】風雲船長ラネリー強そう!プレインズウォーカールールの変更などについて

海賊・魚人・吸血鬼・恐竜 カオスな世界がPWを待つ! 9月29日発売、最新セット『イクサラン』

記事を読む

【アモンケットスタン:黒単ゾンビデッキの強みと弱み】ショーダウンでの使用感レポート

今流行りの「黒単ゾンビ」デッキでスタンダードショーダウンに参加してきました。 いつも参

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

管理人超オススメの一本!

【PS4・「巨影都市」評価レビュー 】バカゲーかクソゲーか紙一重!楽しめるかどうかはアナタ次第のSFサバイバルADV《ネタバレあり》

『絶体絶命都市』の精神的後継作『巨影都市』をクリアしました。

【FEH】神炎の皇帝アルヴィス参戦!ファラフレイムとリカバーリングが優秀な予感!【大英雄戦】

先日、聖戦の親世代組が大量参戦したばかりですが、【大英雄戦】にて宿

【FEHに聖戦の系譜キャラ大量追加】シグルド、ディアドラ、ティルテュ実装。アーダンもちゃんといるぞ!

『ファイアーエムブレムヒーローズ』に「聖戦の系譜」から新キャラ

【MTGスタン】選定された行進+備蓄品トークンデッキと対戦した感想!前期よりもパワーアップ!?

週末のお楽しみ「スタンダードショーダウン」に参加して来ました。

【FEH・絆英雄戦~ミネルバ&マリア~インファナル攻略記】ミネルバ硬すぎワロタ!聖兜スキルが曲者!

〈可愛い顔してこの姉妹凶悪そのもの〉 不思議と「ファイヤーエムブ

【MTG】「イクサラン」スタンダード新環境の赤黒デッキで初対戦!《脅迫》《稲妻の一撃》嬉しいなぁ!

少し前の話ですが、先週の土曜日「スタンダードショーダウン」に参

【FEH攻略・「聖貨」って何に使うの?】「聖印生成&覚醒」でキャラクターを強化!〈連鎖の闘技場〉サボったつけ来る(笑)

超久々の「FEH(ファイアーエムブレムヒーローズ)」記事です。

【幻のゲーム「スターフォックス2」クリア評価・レビュー】無印と64の中間的な作品。シリーズへの継承を感じる3D体験

「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」に収録された

→もっと見る

PAGE TOP ↑