【アモンケットスタン:ゲームデーは何デッキを使う?】霊気池・ゾンビ・黒緑エネルギー・機体・コントロール 他

公開日: : MTG

今週末はゲームデーって事で…

当日使用するデッキの傾向とプランニングをつらつらと書きたいと思います。

まぁ、結局は自分がホームとしてるショップ次第なので、あまり参考にはならないと思いますが、暇だったら読んで行ってください。

デッキ参考:プロツアー『アモンケット』トップ8プレイヤーデッキリスト

SPONSORED LINK

最大勢力は『霊気池』か『ゾンビ』か!?

黒単ゾンビ:《無情な死者》さえクリアすればかなり安くて強いデッキ

プロツアー『アモンケット』の覇者である「黒単ゾンビ」はデッキ単価も安価(無情な死者を除く)で組みやすいので、一定数は確実に存在するでしょう。
しかし、ノーマーク気味だった試合前までと違い、ヘイト値は最大限に高まっているはず…ガチガチにメタられる覚悟で万全のメイン構築とサイドプランが必要になって来るのは必然。

そんな状況でこのデッキを持ち込んでくるプレイヤーは、ショップの環境を読んでいるか・サイドも含め構築が万全・無類のゾンビ好きのどれかなので要警戒です。

ショップの傾向としてゾンビが多そうだと感じるなら、追放系の除去・全体除去・息切れせずに除去できる構造・絆魂などを強く意識して構築すれば有利に立ち回れる気がします。

また、白黒・赤黒・黒青など派生ゾンビデッキも予想できるので、それらにも警戒が必要ですね。

デッキ警戒度:

「霊気池」は強いが好みがハッキリと割れるデッキ

通称ガチャガチャと呼ばれる「霊気池の驚異」デッキは《霊気池の驚異》の能力も相まって運が絡む場面が結構多く、好みが好き・嫌いでハッキリと割れるアーキタイプです。

勝ちに貪欲にならざるを得ないプロツアーというシーンでこの強力なデッキを握る事には何の違和感もありませんが、ゲームデーというお祭りイベントの場においてわざわざ新たに「霊気池」を握りに行くか?と聞かれると疑問があります。

ゲームデーにこのデッキを握る人は、そもそもこのデッキを愛し常用している人が多いと思うので、急激に増える…って事はたぶんないんじゃないかなぁ~

しかし、対策なしでは簡単にころころころされるデッキなのでサイドプランは万全に!

逆に「霊気池」側はゾンビをメタる為に、Martin Muller氏が使用していた《炎呼び、チャンドラ》が4枚採用されている型の方が丸い気がしますね。(メタりながら倒しに行く最良のプランニングだと思います。)

デッキ警戒度:

下剋上を狙うアーキタイプの存在

「黒緑系(エネルギー)」は間を縫って斬り込める

黒緑系のデッキと言っても種類が多いので一概には言えませんが、行弘賢氏が使用していたタイプのデッキならば、最大勢力候補である「ゾンビ」と「霊気池」の間を縫って斬り込める可能性を十分に秘めている気がします。

宣言したカード名を持つカードを全抜きする《失われた遺産》がどちらのでデッキにもぶっ刺さるので、このタイプというか、黒いデッキを使うならサイドにとっておいて損はなさそうです。

《ホネツツキ》とか《キランの真意号》等の航空勢力がカギになりそう。場合によっては《霊気圏の収集艇》等も採用案として挙がってくる気もしますね…。(ゾンビ絆魂苦手なので)

デッキ警戒度:

あまり見かけなかった「機体」系デッキですが


今回のプロツアーではあまり見かけなかったアーキタイプではありますが、持ちうる実力は依然と変わらず強力なので侮れません。

特に《アヴァシン》は「ゾンビ」に対する致命傷になりうるカードだと思っているので、《マグマのしぶき》《排斥》等の追放スペルを握れる赤白機体・赤白エンジェル・赤白人間などは、ゾンビに対する脅威に成り得るのではないでしょうか?

まぁ、相変わらず《同盟者、ギデオン》は強いので…(このデッキも強いよね)

デッキ警戒度:

個人的に大本命だと思ってるコントロールデッキ(特に白黒)


最大勢力と予想される「ゾンビ」と「霊気池」を同時に見れるデッキ…白黒コン!!

スゲー安易な考えではありますが、除去多めの白黒コントロールは実際にきつかったので割かしやれるかな…と!

《致命的な一押し》《闇の掌握》《排斥》《石の宣告》、《燻蒸》《ヤヘンニの巧技》、《失われた遺産》《精神背信》《没収》等々、トップ二つにぶっ刺さるカードが盛り沢山ってのはやっぱり魅力的。

「赤青電招の塔」なんかも《マグマのしぶき》《焼夷流》による追放除去、《電招の塔》による継続除去力が見込めるのでワンチャンありそう…(ただ、こちらは少し「霊気池」がきついか…)

デッキ警戒度:

まぁ、要するに色んなデッキで遊べる環境って事だね!

関連記事:【アモンケットスタン:黒単ゾンビデッキの強みと弱み】ショーダウンでの使用感レポート

ここまでつらつらと書いてきましたが、要するに色んなデッキを使える良環境って事さね!

まぁ、とりあえず私は「黒単ゾンビ」を使うつもりです。

間違いなくメタられまくっていると思いますが、現環境で一番使い慣れている上にデッキパワーも高く、マリガン基準も緩いので。(ぶっちゃけゲームデーは楽しめれば何でも良いんだけどねぇ~)

皆さんは今週末、どんなデッキを握るご予定ですか?

ゲームデーアモンケット:何デッキを握る予定!?

View Results

Loading ... Loading ...
SPONSORED LINK

関連記事

【基本セット2019】新《ニコル・ボーラス》は両面カード!グリグシスカラーで大活躍【MTG】

まさかこのプレマイラストがそのまま新ニコルのイラストだったとは…(予想外)! オリジン

記事を読む

【アモンケット新スタン:赤黒ハゾレトアグロデッキ使用感】街の鍵がマジで強い!

《守護フェリダー》が禁止された事によって大激変のスタンダード 黒緑や機体など、既存の強アー

記事を読む

【MTG:ウルザの後継、カーン高騰で8000円突破】あのカードは本当に強いのか?高い理由を考える

ついに《同盟者ギデオン》、《神童ジェイス》に匹敵する価格に到達した《ウルザの後継、カーン》。

記事を読む

【イクサラン・プレリリースで面白強かったカード感想】探検と宝物は凄く便利!恐竜のただ強感!

最新セットを一足お先に体験できるプレリリース『イクサラン』に参加してきました。 いつも

記事を読む

【行弘プロが日本選手権で使った青単アグロが凄い】這い寄る刃+執着的探訪によるオラオラドロー!

先日行われた「日本選手権2018」で行弘賢選手が使用した【青単アグロ】がとても面白そうだったので

記事を読む

【イクサランの相克収録カードリスト『多色・両面・PW』カード考察&評価】ファートリちょっと手加減し過ぎじゃない?

「イクサランの相克」に収録されるカードのリスト・能力考察記事です。 各部族の足らなかった部

記事を読む

【MTG】《絶滅の星》と《真火の隊長》を使ったコンボ!20点火力が相手プレイヤーを襲う!【即死技】

《絶滅の星》が局地的に話題になっているという情報をキャッチ! ……何やら電波デッキの波長を

記事を読む

【MTG;スタン専ながらマスターズ25thを購入してみた】神ジェイスやリシャポは果たして出るのか!?

ショーダウンに参加するついでに『マスターズ25th』を気まぐれで購入してみました。 …

記事を読む

【霊気紛争】「金属製の巨像(コロッサス)デッキ」を考える!青黒か更なる多色か…

プロツアー間近なんで今更感バリバリだったりするんですが、【霊気紛争】追加後の「金属製の巨像(

記事を読む

【MTG:アモンケットカード考察・緑の神「不屈の神ロナス」の力】緩すぎる顕現条件に他の神も驚愕

『アモンケット』に収録される神サイクルの紹介も今回で4回目! 緑のクリーチャーが優遇さ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

【MTGアリーナ】新イベントルール解説「Kibler’s Giant Monsters」:4マナ以上のクリーチャーを唱える度に1ドロー!

現在、「MTG ARENA」では、新イベント『Kibler's

【スマブラSP攻略】VIPマッチ解放条件:VIP部屋はキャラ別!「世界戦闘力」のボーダーは日々上昇している

強者が集うオンラインバトル…「VIPマッチ」の仕様について解説した

【スマブラSP】隠しキャラクター解放方法・条件!勝ちあがり乱闘・キャラ別アンロック表

スマブラSPの隠しキャラクターのアンロック方法をまとめた記事です。

【MTGアリーナ】新イベントルール解説「NOX’sCASCADE」は《大渦のきずな》の紋章を持った状態でゲームスタート【続唱】

現在、「MTG ARENA(mtgアリーナ)」では、新イベント

【ゲームサントラ新発売情報】FE封印の剣&烈火の剣・レイジングループ等【2018/12月発売ゲーム音楽CD一覧】

2018年12月の新作ゲームサントラ発売情報をお知らせします。

【フォールアウト76攻略】ターミナルハッキングのやり方・方法を解説!神経衰弱みたいなもんですよ

「フォールアウト76」のターミナルハッキングの方法について解説して

【フォールアウト76攻略】レベル上げ・経験値稼ぎオススメポイント「ホワイトスプリング・ゴルフクラブ」

レベル上げ・経験値稼ぎに悩んでいる人に最適なオススメスポットを

【スマブラSP】メインテーマ曲「命の灯火」ボーカル担当は「古賀英里奈」!歌うま王に出てた現役女子高生シンガー!

衝撃的なPVと印象的なテーマ曲でファンたちを熱狂させた『大乱闘

→もっと見る

PAGE TOP ↑