【DQライバルズ・アグロゼシカ攻略】《亡者のひとだま》に要注意!「回復」や「ステルス」が超重要!

公開日: : DQライバルズ

「ゼシカに勝てなくて萎え」って人が結構多い様なので、【ゼシカ攻略】的なものを考えてみました。

【ゼシカ攻略】と言っても、【テンポゼシカ】と【アグロゼシカ】の二大シェア状態の現状だとそれぞれのデッキを熟知し、それぞれにバランスよく対策する必要があります。

まずは、生物と除去カードの速攻キル型【アグロゼシカ】への対策を考えていきましょう。

(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)SUGIYAMA KOBO

SPONSORED LINK

【アグロゼシカ攻略】《亡者のひとだま》の殴りを許してはいけない

《亡者のひとだま》

 MP4/攻撃5/HP4
このユニットは効果の対象にならない

 

【アグロゼシカ】に限った話ではありませんが、超インチキ臭い性能を持つ《亡者のひとだま》が機能するような状況に陥ってはいけません。

…と言っても、効果対象にならない5/4ってかなり対処し辛いですよね…。

《ドロヌーバ》や《シャドー》もいるので、そもそもこのモンスターにだけ注意していれば良いって話でもないですし、まぁ、結構理不尽を押し付けてくるデッキだとは思います。

でもそんなデッキが環境に溢れているってのが今の現実ですし、同じタイプのデッキを握るか対策するか…その二つしか選択肢はありません。

Step1:ライフゲインを怠るな

  《ホイミスライム》

MP2/攻撃1/HP3
自分のターン終了時ダメージを受けている他の味方1体のHPを2回復

 

《はぐれメタル》や《ドロヌーバ》で一撃死しないので、結果的に相手に《メラミ》やスキルを放出させるきっかけを作り出す名カード。

維持できればキルラインを引き戻し、処理されたとしても相手の優良札を放出させているので結果的には上々。

《さまようよろい》から出すのも悪くないですが、【アグロゼシカ】相手だと手遅れになっている事も多いので、素《ホイミスライム》の評価が最近私の中で急上昇中です。

Step2:ステルス・効果対象にならないモンスターが有効だ

  《ドロヌーバ》

MP2/攻撃2/HP3
ステルス

 

相手側が大量に使用してくる「ステルス」持ちや効果対象にならないモンスターをこちら側も積極的に使っていくが吉。

採用する理由としては、干渉されない・され難いモンスターを出す事で相手の除去を鈍らせ、生物同士の攻防をきちんと発生させる為です。

相手生物出す⇒こっちも出す⇒除去で処理される⇒殴られる⇒生物出すという後手の動きでは良いようにダメージを与えられるので相手の思うつぼ…それを断ち切る為の「ステルス」「効果対象にならないモンスター」を多く採用するって事ですね。

ライフに余裕を持ちながら相手の息切れを誘うプレイングこそが【アグロゼシカ】最大の攻略法!!

Step3:速攻持ちを有効活用していけ!

《はぐれメタル》

 MP3/攻撃2/HP2
速攻/メタルボディ

 

速攻持ちで早駆けするのも勿論あり!

《はぐれメタル》なら相手の盤面と有利交換できる事も多いので信頼度はかなり高いです。

盤面状況次第では、HP4の《亡者のひとだま》も十分にとりに行けますし相手のブロック剥がし等用途も豊富なので腐る事はほぼほぼありません。

まぁ、《はぐれメタル》はそうでなくとも優秀で採用率滅茶苦茶高いので、説明不要と言えば説明不要かな?

Step4:「におうだち」ユニットを過信してはいけない

《ガチャコッコ》

 MP3/攻撃0/HP5
におうだち
召喚時:敵ユニット1体につき攻撃力+1

 

手の早いアグロ相手に重宝する壁役《ガチャコッコ》。

【アグロゼシカ】の強さはこの強固な壁を意外と簡単にすり抜けて来る所にもあります。

《ガチャコッコ》の様に低コストかつHPが大きい壁は2枚以上要求できるのでまだ悪くないですが、【コスト4、5】域の「におうだち」持ちは手遅れになってることも多く結構厳しい印象です。

…と言っても【アグロゼシカ】側からすると「におうだち」は普通に嫌なので決して弱いという訳ではありません。…ただ、飛び道具がある分、普通のアグロデッキよりは許容範囲が広いって事は覚えておくべきだと思います。

個人的に【コントロールテリー】がオススメ

対策を考える際に自分でも【アグロゼシカ】を使ってみた印象だと、《やいばくだき》、《きせきのつるぎ》、《たてまじん》、《ギガスラッシュ》等攻守のバランスが良く【アグロゼシカ】の苦手をうまくつける【コントロールテリー】が一番きつかったです。

どうしても【アグロゼシカ】に勝てないなら上記のカードを採用した【コントロールテリー】を使ってみるのも良いかもしれません(デッキとしての完成度が高いので結構お勧めです)。

SPONSORED LINK

関連記事

【DQライバルズ】《わたぼう》は強すぎる?優秀なカードだけど使い所は重要です【カード評価】

レジェンドカード「わたぼう」のカード評価・シナジーに関する記事です。 ターン終了時にカ

記事を読む

【DQライバルズ】《りゅうおう》の圧力は異常!死亡保険付きの4/4サイズが超強い【カード評価】

レジェンドカード《りゅうおう》のカード評価・シナジーに関する記事です。 素のサイズはそ

記事を読む

【DQライバルズ】《ゾーマ》はトップドローの可能性を摘む王手カード!《アンルシア》は苦手です【カード評価】

レジェンドカード「ゾーマ」のカード評価・シナジーに関する記事です。 召喚時に闇の衣を得

記事を読む

【DQライバルズ】《シドー》と《ゾーマ》はセットで使え!《りゅうおう》だけは勘弁な!【カード評価】

レジェンドも達成してのんびりモードに入ったので、個別のカード評価記事をガツガツとUPしていけ

記事を読む

【DQライバルズ】《ガボ》の強さはとにかく絶妙!便利だが必須ではない微妙な立ち位置【カード評価】

レジェンドカード《ガボ》のカード評価・シナジーに関する記事です。 召喚時にでるオオカミ

記事を読む

【DQライバルズ・ナーフ情報】《亡者のひとだま》《レッドアーチャー》《マジックフライ》の下方修正が決定しました!

2017年12月9日に実施されるアップで―ドにて、《もうじゃのひとだま》《レッドアーチャー》

記事を読む

【DQライバルズ】レジェンド達成「ミネア」デッキレシピ!《隠者のタロット》が強楽しい!!

関連記事: 【DQライバルズ】レジェンド達成「トルネコ」デッキレシピ! 前シーズンは「

記事を読む

【DQライバルズ】闘技場の連勝報酬は美味しいが時間拘束が凄すぎる!流石に最大12戦は多すぎる(笑)

皆さん「ドラゴンクエストライバルズ」エンジョイしていらっしゃるでしょうか? まだプレイ

記事を読む

【DQライバルズ】《アンルシア》はパワーカードに対する抑止力!しかし攻撃力4という聖域も存在する!【カード評価】

レジェンドカード「アンルシア」のカード評価・シナジーに関する記事です。 攻撃力5以上の

記事を読む

【DQライバルズ・テンポゼシカ対策】《ようじゅつし》に要注意!「サイレス」等封印カードをうまく使っていこう!

少し間が空いてしまいましたが、前回取り上げた「ゼシカ攻略」第二弾【テンポゼシカ編】です。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

【MHW:歴戦王ゾラマグダラオス攻略/弱点&倒し方】落石、大砲、拘束弾、撃龍槍、使えるものは何でも使え!!

気付いたら歴戦王ゾラ・マグダラオスの配信日になってた(驚)。

【MTG】ゴルガリ(黒緑)対策に《トカートリの儀仗兵》はいかが?《チュパカブラ》《拾売人》《疫病造り師》を一気にメタれ!

【ゴルガリ(黒緑)】が強いと一つ前の記事でお伝えしましたが、本日は

【MTG】《ゴルガリの拾売人》が強い!《チュパカブラ》や《最古再誕》を回収するゲロゲロムーブ!

〈リミテの時に感じた《拾売人》の強さはやはり本物だった!〉 リミ

【MTG】《絶滅の星》と《真火の隊長》を使ったコンボ!20点火力が相手プレイヤーを襲う!【即死技】

《絶滅の星》が局地的に話題になっているという情報をキャッチ!

【MTG】ゴルガリ《陰惨な生類》デッキが面白い!《野茂み歩き》育成計画や《疫病造り師》の純粋な強さ!【123リアニ】

【123リアニ】の名称で有名(?)な《陰惨な生類》を本日はご紹介し

【MTG】《実験の狂乱》が面白い!《遁走する蒸気族》や《危険因子》との相性が凄まじいですね

『ラヴニカのギルド』が発売されて数日経ちましたが、使用するデッキの

【ロックマン11攻略】ボスに有効な弱点武器一覧・ボスラッシュもこれで楽勝!

『ロックマン11』のボスに有効な弱点武器(特殊武器)を解説した

【PS4『ロックマン11』評価・クリアレビュー】昔ながらの難しさと面白さ!二つのギアを駆使する横スクロールアクション!

「ロックマン」シリーズ最新作『ロックマン11 運命の歯車!!』をク

→もっと見る

PAGE TOP ↑