【多人数プレイ推奨のB級アクションゲーム《ブロフォース》評価・レビュー】映画好き必見のギリギリスター大集合!版権は大丈夫か!?

公開日: : ゲームレビュー

brof

友人に勧められるがままコテコテの洋ゲーアクション『BRO FORCE(ブロフォース)』をホイホイ購入。予想以上に面白くって数日の間にキャンペーンモードをマルチプレイにてクリアしました。

酷いゲームだなぁ~(褒め言葉)としか称せない超絶B級アクション!
世界の平和は古今東西の映画スター(アニキ達)の背に託された!!

∇ゲーム情報・クリアまでの目安

SPONSORED LINK

何でもありの世界観とキャラクターの数々

buro11

最初の印象はランボーヨロシクなアニキが単身(仲間を連れて)で戦地に赴き、そこに捕らわれた捕虜たちを開放しながら進んで行くメタルスラッグ系のアクションゲームだと思っていたのですが…。

気づいた頃にはエイリアンやらゾンビやらサタンやらでてんやわんや!

普通ならば、「こんなゲームだったっけ?」と疑問符が浮かぶ所ですが、その頃にはプレイヤー自身がこのゲームに慣れ過ぎていてツッコむ事すらしなくなるという質の悪さ。(賛美)

まぁ、メタルスラッグも宇宙人と戦ってたし…何の問題もないね!

版権は大丈夫!?あの映画スターたちも参戦!!

aniki

「ランボー」「コマンド―」「マトリックス」「エイリアン」と誰でも知ってる有名タイトルから「処刑人」「プラネット・テラーinグラインドハウス」などの少しマイナーな作品まで、登場するアニキは32人以上(アプデで増えた)!

こんなアニキ達の集団に一体誰が太刀打ちできるって言うんでしょうね…(敵が気の毒)
一人で何役もやってる俳優さんもいらっしゃいますが、そこは気にしない気にしない!

元ネタ含めて1キャラずつ紹介するつもりでしたが、バッチリ簡潔にまとめられている動画を発見したので、こちらをどうぞ!(素晴らしい動画に感謝!)

大味だが繊細な操作を要求されるハチャメチャアクション!

bro1

『テラリア(クリエイトはできない)』メタルスラッグ』をミックスしたような懐かしさ満点の横スクロールドットアクションで、敵や自分の攻撃によってステージがドンドンと大破していくのが特徴的。

基本的に自キャラ(アニキ)は高機動・効火力の高性能揃いなので、パワーに物を言わせたゴリ押しプレイも可能ですが、その分、敵の攻撃やマップ構成・トラップの数々も即死上等の大味設定なので、スムーズにクリアする為には繊細なプレイングが要求されるという絶妙なバランスで成り立っています。

協力人数が増えれば増えるほど難易度が上がります(笑)

buro

シングルプレイだとやや薄味で淡々とクリアしてしまうのが玉に瑕ですが、マルチプレイだと一気に面白さが跳ね上がるのが本作最大の魅力。

最大4人まで同時プレイ可能なCO-OPでは、縦横無尽に暴れまくるキャラクターと入り乱れる弾幕によって、プレイヤーの冷静さは徐々に欠落。凡ミスのラッシュによりドンドンと難易度が高まっていくという謎のジレンマに苛和れること間違いなし!

普通ならばここでイライラが募ってきそうなものですが、本作の凄い所は馬鹿々々しすぎてイライラの感情が沸き起こってこないという所!味方の攻撃によって発生した落石によって圧死したり、味方の攻撃によって落下死したりと酷い惨状の数々…しかし、不思議とそこには笑っている自分の姿が!?

例えるならば、土曜日のお昼に友達の家で『くにおくん』とか『スーパーチャイニーズワールド』を協力プレイしていたあの頃。そんな懐かしいあの日の感覚を筆者は思い出しました…(遠い目)。

今の時代にそんな童心の気持ちを思い出さしてくれるってだけでも個人的には尊い作品なのですが、ドットである事をいいことにグログロしまくってるので、子供には絶対にオススメできませんw

マルチプレイに抵抗がないなら超オススメ!

後半ロードが異常に長いとか謎のバグがあったりだとか、問題点も確かに多いのですが、そういった欠点も笑って許せる謎の魅力に満ちた作品です。

本文中にも書きましたが、シングルプレイだけだとかなり淡白な作品なので、オンラインでのマルチプレイ推奨です。友人とのCO-OPも勿論楽しいですが、野良マルチのカオスさこそ本作最大の魅力だと思うので、プレイする際には一度は体験してみてくださいね(笑)

「酷いゲームだなぁ~」こそが最大の賛辞!
ハチャメチャB級アクション『BRO FORCE』の紹介でした!

きゃすとのオススメ度:
SPONSORED LINK

関連記事

【どうぶつタワーバトルの面白さと流行った理由は何か?】技術と運の要素が絶妙にクロスした本格対戦型パズルゲーム(eスポーツ)

皆さんは、『どうぶつタワーバトル』というスマホゲームをご存知でしょうか? 現在、ツイッター

記事を読む

【幻のゲーム「スターフォックス2」クリア評価・レビュー】無印と64の中間的な作品。シリーズへの継承を感じる3D体験

「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」に収録された幻の未発売タイトル『スターフォ

記事を読む

【Mighty No. 9(マイティーナンバー9)評価・レビュー】クソゲーと酷評されているけど実際はどうなの?

稲船敬二氏が、クラウドファンディングにより融資を募って開発した、「ロックマン」ライクな横スクロー

記事を読む

【PS4『スパイダーマン』評価・クリアレビュー】圧倒的な爽快感と面白さ!ゲームの為に最適化されたシナリオに大満足!

店頭消化率95%という驚異の数字を叩き出した話題作『スパイダーマン』をクリアしました。 事

記事を読む

【レジェンド オブ レガシー/評価・レビュー】サガを期待して購入するRPGではない!

ネットでの評価が大荒れの「レジェンド オブ レガシー」をクリアしました。 ビジュアル・音楽

記事を読む

【ドラゴンクエストヒーローズ2 評価・レビュー】シリーズファンにオススメの良質アクションゲーム

すっかり大人気タイトルとして定着した『ドラゴンクエストヒーローズ』シリーズの第二作『ドラゴン

記事を読む

【メタルギアサヴァイブ評価・レビュー】ネットのクソゲー評価にご用心!粗削りだが面白くて中毒性の高いサバイバルアクションゲーム

端的に言うと、『メタルギアサヴァイブ』は粗削りで乱雑なゲームです。 しかし、その乱雑さの中

記事を読む

【P5(ペルソナ5)評価・レビュー】ビジュアル・音楽・ストーリー・操作性の全てが高水準で纏まったRPGの傑作!

8年ぶりのナンバリング最新作「ペルソナ5」をようやくクリアしました。 間に別ゲー(「う

記事を読む

【PSVITAで遊ぶホラーADV「死印」体験版レビュー】ビジュアル・音楽による恐怖演出は良好…

2017年6月1日に【PSVITA】で発売予定の『死印(しいん)』の体験版をプレイしました。

記事を読む

【真・流行り神2 評価・レビュー】クソゲーだった前作よりは確かに面白いが…ホラーとは都市伝説とは何かを考えさせれる凡作

都市伝説を題材にしたホラーアドベンチャーシリーズの最新作『真流行り神2』を全ルート・狭間録・

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

【MHW:歴戦王ゼノ・ジーヴァ攻略,弱点,倒し方】新モーションで超強化、ボディプレスからの大爆発即死攻撃に要注意!

気付いたら歴戦王ゼノ・ジーヴァの配信日になってた(驚)。 元

【Amazonプライムで聴けるゲーム音楽】ポポロクロイス物語、白騎士物語《ソニー系ゲームvol.5》

Amazonプライム会員特典に含まれているゲームサントラのラインナ

【Amazonプライムで聴けるゲーム音楽】パタポン,勇者のくせになまいきだ《ソニー系ゲームvol.4》

Amazonプライム会員特典に含まれているゲームサントラのラインナ

【MTGアリーナ】SINGLETON(シングルトン)ルール解説&5勝したデッキをテキトーに紹介する記事

現在『MTGアリーナ』では、SINGLETON(シングルトン)

【MTGアリーナを無料(無課金)で最大限遊ぶには?】マジックアリーナをレッツエンジョイ!(課金目安)

「MTGアリーナ(マジック ザ ギャザリング アリーナ)」をプレイ

【MTG】アルティメットマスターズ発売決定!拡張アート版のヴェリアナとか超高そう・・・。

最後のマスターズこと、「アルティメットマスターズ」の発売日・商

【MTGアリーナ・PAUPER(パウパー)デッキ】5勝したレシピをテキトーにUPしていく記事

現在『MTGアリーナ』では、パウパー(スタンダードプール)イベ

【スマブラSP】灯火の星(ともしびのほし)ムービーに込められた想い・ネタ【星の灯火】

昨日のダイレクトで公開された『大乱闘スマッシュブラザーズSP』

→もっと見る

PAGE TOP ↑