【大逆転裁判-成歩堂龍ノ介の冒険-】評価・レビュー 未回収の謎と伏線の多さに異議あり!

公開日: : ゲームレビュー ,

daigyaku

大人気シリーズ「逆転裁判」の最新作『大逆転裁判-成歩堂龍ノ介の冒険-』をクリアしました。

「時は明治!舞台はロンドン!ディレクター”巧舟”!」
「これに期待しないで、一体何に期待しろと言うのか!?」

プレイ前から期待値が高すぎたのは確かに認めます!
しかし、あまりにも放置された謎と伏線が多すぎやしませんか!?
世界観やキャラクターが良いだけに勿体無く感じて仕方ありません。

今回はレビューだけでなく、未回収になっている謎や伏線についても独自の見解で触れたいと思います。(ネタバレを多分に含むので後半以降の閲覧は自己責任でお願いします。)

SPONSORED LINK

一新されたキャラクターと時代背景

naruhodou

19世紀の大英帝国を舞台に若き弁護士「成歩堂龍ノ介」の物語!

もうね、これだけで明治・大正スキーである管理人的にはお茶碗三杯くらいいけちゃう感じなんですよ!更に、あのシャーロック・ホームズ夏目漱石も登場するって聞いたら興奮しちゃうじゃないですか!

キャラクターや時代背景に関しては期待通りのお茶碗三杯クラスでございました!
これに関しては管理人は全く文句ないです!

”ホームズ”のキャラクターがやばいレベルで崩壊していたりだとか、格好良すぎる親友が予想通りの待遇だとか!色々とツッコミ所満載なのは事実なのですが、逆転裁判ってそもそもそういうゲームなので完全スルーだ!問題ない!

世界一の法務助士「スサト」ちゃんは素晴らしい!

susato

そして、何よりも良かった点が・・・
「御琴羽 寿沙都」ちゃんが素晴らしかったね…!

間違いなく世界一の法務助士だよ貴女は…。

新たに追加された【陪審バトル】と【超推理】

今までのシリーズは『弁護士』VS『検事』という構図が中心だったのですが、本作からは陪審員システムが採用されています。陪審員たちは心象や勝手な思い込みで各々好き勝手なジャッジを下してくる非常に厄介な存在です。しかも、大英帝国の法廷は審理途中だろうが容赦なく陪審員たちの評決次第で判決が下ってしまう恐ろしいシステムなのだ…。(何てこった…。)

そのつど、最終弁論を行って陪審員たちの評決を覆す事になるのだが、最初は楽しいシステムも何度もやっていると飽きてきちゃいますね。「逆転裁判」特有の裁判パートのテンポ感がこのシステムのせいで損なわれていたような気がしないでもないです…。(一つの法廷で2回、3回となると流石にね…。)

シャーロック・ホームズによる【論理と推理の実験劇場】

sya-

シャーロック・ホームズの飛躍しすぎた推理を修正してあげる超推理は楽しいシステムに仕上がっていたと思います。あの名探偵との競演はやっぱり心踊る体験でしたね~!

イメージとはずいぶん違うキャラクターでしたけどねw

難易度に関してはもう少し難しくしてほしいかなぁ~
全体的に言える事ですがシリーズを重ねるごとに簡単になってる傾向が気になります…。

残された謎や伏線の多さに異議あり!

igiari

この作品の欠点は回収されなかった謎や伏線が多すぎる事に尽きます。次回作を意識して謎を残して終幕する作品は多いですが、流石にここまで多いと評価を下げざるを得ない…。

今までのシリーズでも伏線を次回作で回収するという展開はありましたが、とりあえず一本の作品としての終幕は迎えていました。

しかし、「大逆転裁判」に関しては何かが始まる前に終わったという感じです。
間違いなく続編が出るんでしょうけど、このモヤモヤ状態で待たされるのは流石に辛いよ…。

キャラクターや世界観はツボなんで次回作も購入するとは思いますが、こういうのはこれっきりにしてほしいですね。フルプライスのゲームソフトを購入したのに、小説で例えるところの上巻だけしか入っていないのではお話になりませんよ…。

ヌルヌル動く3DモデルやBGM・SEの仕事っぷりは相変わらず素晴らしいのでシリーズファンは是非体験していただきたいです。ストーリーに関しても一種のタブーに抵触した内容で嫌いじゃないぞ!

続きが気になるモヤモヤ感を体験したくない人は少し時間を置いてプレイすることをオススメします。
あ~モヤモヤする…。だけどサウンドトラックは買ってしまう自信があるわ…。

関連リンク:【大逆転裁判 公式サイト
きゃすとの評価:【

Amazon:大逆転裁判

ここから先はネタバレゾーン

 

 

残された謎や伏線について・・・

a0790_001231_m

  1. 亜双義が大英帝国でやろうとしていた事
    これは「バロック・バンジークス」検事を裏切った「日本人」と繋がっていて。亜双義はその縁者なのではないだろうか!?
    亜双義はその因縁を変わりに果たすべく大英帝国へと渡ったってのは結構ありそうな気がします。バロック検事が5年ぶりに法廷に戻ってきたという理由にもなりますしね…。
  2. モールス信号に隠された謎
    「K.亜双義」、「A.サツシヤア」、「 T.グレグソン」、「 J.ワトソン」の4人の名前が隠されていたモールス信号に関しては謎過ぎますね。この内の2名は命を落としている事からして標的を表す暗号だったのかもしれません。もしくは、その逆か…。1話でワトソン教授の命を奪った「ジョゼール・ブレッド」もここら辺に関与している気がします。
  3. 漱石さんの下宿の一階に住んでいた謎の人物・口論していた人
    この二人は本当に謎過ぎる!情報が少なすぎて想像もできませんね…。
  4. 「バスカビル家の犬」を発表できない理由と寿沙都が知っていた理由
    発表できない理由は内容に危険な情報が含まれている為、公表することでアイリスの命に危険が迫ると考えた為。寿沙都が知っていた理由は、御琴羽教授とワトソン教授は知り合いかつ一緒に仕事をしていた関係にあるので、ワトソン教授本人から聞いたという可能性は高いかと…。(もしくはマヨイちゃん的な超常現象体質…。)
  5. ハート・ヴォルテックスについて
    キャラクターが濃すぎるので絶対何かあるはず!「亜双義の意思を受け継ぐ」って言葉にも含みがあったし…。
  6. 革命家デミトリ・デミグラスキーについて
    たびたび登場していたけど本編に深く関わることなく終了した。クリスタルタワーの爆破や倫敦万博は次回作か!?
  7. 亜双義の形見の刀の名前が「狩魔」である事
    シリーズでお馴染みの「狩魔」一族と関係があるのだろうか…。

 

やっぱり謎が多すぎますね…。
DLCでも続編でもいいから早く続きをお願いします(切実)

SPONSORED LINK

関連記事

【世界樹と不思議のダンジョン・評価/レビュー】壺や肉がないのは残念だが堅実な作りの良作

2つの大人気ダンジョンRPGが奇跡のコラボを果たした「世界樹と不思議のダンジョン」をクリアし

記事を読む

【PSVITA】《ファタモルガーナの館CE・評価レビュー》新作〈現代編〉も収録された完全版!魂に刻まれる名作ADV

筆者が前々から応援し続けている作品、『ファタモルガーナの館』が『ファタモルガーナの館COLL

記事を読む

【ニューダンガンロンパV3体験版プレイレビュー】苗木くんと日向くんも大活躍!?キャラクターと新要素を把握できる特別シナリオ!

プレイヤーが想像するシナリオの遥か斜め上を常に突き進む、ハイスピード推理アクションゲーム最新

記事を読む

【3DS・リンカーンVSエイリアン 評価/レビュー】シミュレーションゲームの傑作!隠れさせておくのが惜しすぎる名作!

『ファイアーエムブレム覚醒』シリーズなどで有名な”インテリジェントシステムズ”が開発したニン

記事を読む

【ドラゴンクエストヒーローズ2 評価・レビュー】シリーズファンにオススメの良質アクションゲーム

すっかり大人気タイトルとして定着した『ドラゴンクエストヒーローズ』シリーズの第二作『ドラゴン

記事を読む

【ゼロエスケープ 刻のジレンマ評価・レビュー】極限脱出999・善人シボウデスの正統続編 【過去作のストーリーを復習しよう】

『極限脱出9時間9人9の扉』『極限脱出ADV 善人シボウデス』の正統続編に当たる「極限脱出」シリ

記事を読む

「テイルズオブゼスティリア」は本当にクソゲーなのか?【クリアレビュー・評価】

情熱が世界を照らすRPG「テイルズオブゼスティリア」をクリアしました。 『ドラクエ』や

記事を読む

【ダライアスバーストクロニクルセイバーズ 評価・レビュー】名作シューティングここに極まる!ただの移植には止まらい傑作誕生!

ずいぶんと遅くなってしまいましたが、お魚系横スクロールシューティングの傑作『ダライアス』シリ

記事を読む

【PS4・「巨影都市」評価レビュー 】バカゲーかクソゲーか紙一重!楽しめるかどうかはアナタ次第のSFサバイバルADV《ネタバレあり》

『絶体絶命都市』の精神的後継作『巨影都市』をクリアしました。 怪獣やヒーロー視点ではなく、

記事を読む

【メタルギアサヴァイブ評価・レビュー】ネットのクソゲー評価にご用心!粗削りだが面白くて中毒性の高いサバイバルアクションゲーム

端的に言うと、『メタルギアサヴァイブ』は粗削りで乱雑なゲームです。 しかし、その乱雑さの中

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

【歴戦王ヴァルハザク攻略・倒し方】瘴気によるスリップダメージ増加&風圧範囲拡大とかなり強くなってます!

歴戦王キリンに続き、歴戦王ヴァルハザクが配信開始となりました。

【基本セット2019】新リリアナはゾンビデッキ専用・アドを得にくい難しいカード【MTG】

管理人もだーい好きなリリアナ嬢のm19バージョンの情報が公開さ

【基本セット2019】黒の神話《骨ドラゴン》・墓地から舞い戻るシンプルネーム!【MTG】

名前のせいで神話感50%OFF、《骨ドラゴン》の考察記事です。

【基本セット2019】《防御牝馬》をはじめとした各色「牝馬」サイクル・これがウマ娘か…【MTG】

ウマ娘面白かったですね…(独り言)。 ウマ娘の面白さとは

【基本セット2019】《輝かしい天使》は強いのか弱いのか!?シャライ、ライラの存在【MTG】

白の軽量天使神話、《輝かしい天使》の効果考察記事です。

【基本セット2019】エルダー・ドラゴン大集合!ボーラスやウギンの兄弟もいます【MTG】

本記事は、基本セット2019に収録されるエルダー・ドラゴンたち

【基本セット2019】暴君への敵対者、アジャニは強い!自衛・強化の盤石性能、善意の騎士を強化せよ!【MTG】

ボーラス様と同時公開された事で、話題を全てさらわれてしまった(

【基本セット2019】新《ニコル・ボーラス》は両面カード!グリグシスカラーで大活躍【MTG】

まさかこのプレマイラストがそのまま新ニコルのイラストだったとは

→もっと見る

PAGE TOP ↑