【PSVita:「DEEMO~ラスト・リサイタル」評価・レビュー】音ゲー初心者にもオススメ 物語と音で感じるリズムゲーム

deemo

リズムゲームと美しいファンタジーの世界が融合した、目と耳で感じる音ゲー「DEEMO~ラスト・リサイタル~」をクリアしました。(Vita版で追加された後日譚を含む。)

スマートフォン向けの音楽アプリとして好評を博した『DEEMO』に、後日譚や対戦・協力プレイ機能などを追加した移植作なのですが、オリジナル版の評判が良いだけにかなりの満足度でした。

このレベルのゲームが2000円で買えるって凄い時代だなぁ~。

関連リンク:【DEEMO~ラストリサイタル~ 公式サイト

SPONSORED LINK

世界観ストーリーについて

deemo-2

∇あらすじ

主人公であるDEEMO(ディーモ)は孤独にピアノを弾く謎の存在。そんなディーモの元に記憶喪失の少女が舞い降りてきた…。

ディーモはこの少女を元いた場所に帰してあげたい。
ただ、その一心だけでピアノを弾き続ける。

ピアノの音色に呼応して育つ木を天井にある窓までとどかせる為に…。

∇空気のように漂う世界観と物語

世界観やストーリーと言っても押し付けがましいものではなく、あくまでメインはリズムゲームです。
しかし、漂う雰囲気や謎めいたストーリーは添え物として良い役割を担っています。

暖かくてちょっぴり切ない物語を是非体験してみてください。

Vitaで追加された後日譚について

deemo-1

オリジナル版をプレイ済みの人にはコチラの内容が気になりますよね?

アフターストーリーでは本編では明かされる事のなかったある事実が判明します。内容は是非とも十分の目で確認してほしいので伏せますが、良い意味でも悪い意味でも「えっ!?マジ?」って感じだと思いますw(追加楽曲も8曲もあるので大満足間違いなし!)

∇アフターストーリー用に追加された楽曲は以下のとおり

  • Earlier Than Today
  • For Sis
  • Say Hi
  • Day Light
  • From RestedPoint
  • Rise Up
  • Rebellion
  • Need Your Luv

単純操作でピアノ奏者気分を体験!

deemo-3

画面奥から流れてくるキーをタッチ&フリックするだけの簡単操作。難易度調整やキースピードなども細かく設定できるので、初心者から上級者まで幅広く楽しむことができます。

ちなみに管理人はスピード3が丁度良い感じで好き!(それ以上はちょっとキツイ…。)
失敗しても曲がストップしないので、初心者には本当にオススメしやすいです。

操作自体は単純ですが、爽快感はまさしく本物!
曲と譜面が完全にマッチしていて、本当に気持ち良い!

収録曲もインストからボーカル、POPやロックなどバリエーション豊かなので、きっとお気に入りの曲がアナタも見つけられるはず!?ピアノ弾けなくても、これで君も凄腕ピアニストだ!

クリアするには根気が必要!?毎日少しずつ木を育てよう!

ki

欠点という程ではありませんが、クリアまでに有する時間の長さは少し気になりました。
演奏によって木を育てる作業は結構骨が折れますw

早く育てるコツとしては、色んな難易度で遊ぶ』、『フルコンプを目指すの二つです。
それでも一気に育てようとすると大変なので、毎日少しずつプレイするってスタイルが良いかもしれませんね~。(管理人はわりと根を詰めて育てたのでちょっぴり疲れました…。)

中盤以降は木を育てるだけでなく、この世界に散りばめられた謎を見つける事で曲が増えていったりするので、ガムシャラに演奏&ガムシャラに背景をタップが超重要ですw

プレイすると絶対にサントラがほしくなる!

DLC限定タイトルで税込み1944円という脅威のコストパフォーマンスを誇る本作ですが、追加費用は覚悟しておいてください。(具体的に言うと+3000円ぐらい…。)

なぜなら…

プレイすると絶対にサントラがほしくなるから!

これに関しては自信がある。このゲームやったら絶対サントラもほしくなるよ!
管理人はサントラを先に買ってゲームへと逆行した稀有なケースだけど…。

リズムゲー上級者、初級者問わずオススメできる傑作です。
Vitaがないって人はios・アンドロイド版でもOKなので是非触れてみてくださいね!

きゃすとの評価【
関連記事:【DEEMOソングコレクション

SPONSORED LINK

関連記事

【ファタモルガーナの館・紹介・レビュー】 同人・インディーズゲームと侮るなかれ!サスペンスホラーノベルの名作

皆さんは「AVG」や「ノベルゲー」ってお好きですか?言うまでも無いかも知れませんが、私は大好きで

記事を読む

【幻のゲーム「スターフォックス2」クリア評価・レビュー】無印と64の中間的な作品。シリーズへの継承を感じる3D体験

「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」に収録された幻の未発売タイトル『スターフォ

記事を読む

【ベヨネッタ2】レビュー・評価 アクションもコスチュームもクライマックス級!

「BAYONETTA(ベヨネッタ2)」のレビュー記事です 『WiiU』で最初に選んだタイトルが「ベ

記事を読む

【3DS:『蒼き雷霆(アームドブルー)ガンヴォルト爪(そう)』評価・レビュー】ライトノベル2Dアクションの名作再び!

ダウンロード専用タイトルながら16万DL以上もの偉業を達成した「ガンヴォルト」シリーズ第二弾

記事を読む

【ファタモルガーナの館-アナザーエピソード】評価・レビュー 呪いに至るまでが綴られた待望のファンディスク!

ファン待望のファンディスク、『ファタモルガーナの館-Another Episodes-』の全

記事を読む

【FINAL FANTASY XV(ファイナルファンタジー15):評価・レビュー】オープンワールドによって得たものと失ったもの…

『ファイナルファンタジーヴェルサスXⅢ』として発表されてから約10年。プロジェクト名を変え、

記事を読む

【ブラッドボーン評価/レビュー・デモンズやダークソウルとの比較】親切丁寧に作られた神ゲー未満、良ゲー以上の作品

名作『Demon‘s Souls/デモンズソウルズ』を生んだSCE JAPANスタジオ×フロ

記事を読む

【ニューダンガンロンパV3体験版プレイレビュー】苗木くんと日向くんも大活躍!?キャラクターと新要素を把握できる特別シナリオ!

プレイヤーが想像するシナリオの遥か斜め上を常に突き進む、ハイスピード推理アクションゲーム最新

記事を読む

【龍が如く0-誓いの場所-体験版/評価・レビュー】バトルシステムやプレイスポットについて【カラオケ動画付き】

「PS+」会員限定に「龍が如く0」の体験版が先行配信されました。 体験版を一通り遊んで

記事を読む

【Va-11 Hall-a(ヴァルハラ)レビュー・評価】SFバーテンダーAVGの面白さの秘密はどこにある?

ベネズエラの大地が育んだ日本ライクなAVG作品『Va-11 Hall-a(ヴァルハラ)』をク

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

管理人超オススメの一本!

【どうぶつタワーバトルの面白さと流行った理由は何か?】技術と運の要素が絶妙にクロスした本格対戦型パズルゲーム(eスポーツ)

皆さんは、『どうぶつタワーバトル』というスマホゲームをご存知でしょ

【小島監督最新作『デスストランディング』PVの謎考察】赤ん坊・巨人・触手マッツ等、散りばめられた謎を追う

本日(2017/12/8)、アメリカのロサンゼルスで開催された

【DQライバルズ・ナーフ情報】《亡者のひとだま》《レッドアーチャー》《マジックフライ》の下方修正が決定しました!

2017年12月9日に実施されるアップで―ドにて、《もうじゃの

【PS4】『ディシディアファイナルファンタジーNT』オープニングムービー公開!ストーリー的には1作目の続編に当たるっぽいですね

2018年1月11日発売予定『ディシディアファイナルファンタジ

【ロックマン11運命の歯車が2018年に発売】現代風の新テイストでロックマン復活!!

多くの少年たちのハートを熱くさせた「ロックマン」シリーズ最新作『ロ

【ゲームサントラCD発売日一覧・2017/12月】ニーアオートマタのアレンジ盤や勇なまVRに注目です

個人的なイチオシは『ニーアオートマタ』のアレンジサントラですが

【DQライバルズ・テンポゼシカ対策】《ようじゅつし》に要注意!「サイレス」等封印カードをうまく使っていこう!

少し間が空いてしまいましたが、前回取り上げた「ゼシカ攻略」第二弾【

【DQライバルズ・アグロゼシカ攻略】《亡者のひとだま》に要注意!「回復」や「ステルス」が超重要!

「ゼシカに勝てなくて萎え」って人が結構多い様なので、【ゼシカ攻略】

→もっと見る

PAGE TOP ↑