【3DS】「蒼き雷霆(アームドブルー)ガンヴォルト 」クリアレビュー・評価「2Dアクションの新規軸、避雷針を打ち込むアクションが新しくて面白い。」

公開日: : 最終更新日:2016/08/29 ゲームレビュー ,

ガンヴォルト

2Dアクションゲームの歴史に避雷針を打ち込む良作

決して、劣化版『ロックマン』とは言わせない。

SPONSORED LINK

「蒼き雷霆(アームドブルー)ガンヴォルト」とは?

「ロックマンゼロ」シリーズを長年開発してきた「インティクリエイツ」のパブリッシャー第一弾ソフト。エグゼクティブプロデューサーに「稲船敬二」氏を向かえ、完璧な布陣で世に送り出された、2Dアクションゲーム期待のホープなのである。

プラットホーム:ニンテンドー3ds【DL専用ソフト】
必要ブロック数:3150ブロック価格:1980円(税込み)

とっつきやすくて新しいアクション

やはり長年「ロックマンシリーズ」に関わっていただけあって、操作性は非常に似ている。(「ロックマン・ゼロ」シリーズに近い操作性。)
しかし、本作にしかないシステムも当然あり、それが個人的に高評価!

ダートリーダー

「ロックマン」で言うところのバスター。本作でも遠距離攻撃としてダメージを与える事は可能なのだが、そのダメージは非常に微量である。
では何の為に存在するのか?これは敵に避雷針を打ち込むアクションなのだ。この避雷針が非常に重要!

雷撃鱗(ライゲキリン)

自身の周りに電撃のバリアを発生させる。この時にダートリーダーでターゲットしていれば電撃が避雷針に向かって放出されてダメージを与えてくれる。打ち込んでいる避雷針の数によってダメージも上昇するのでターゲットする数+打ち込む避雷針の数を管理する事で計画的に敵を巻き込みながら攻略していくのが基本となってくる。(ゲージを使い切るとオーバーヒートしてしまう、放置すれば自然回復するが、下を二回入力する事で即座に満タンになる、慣れてくるとこれが自然に出来るようになる。)

電磁結界(カゲロウ)

被弾すると自動的に電磁結界が発動する。(発動中は敵の攻撃をオート回避してくれる。)
このシステムのおかげでアクションが苦手な人でもゲージ管理に気を配っていれば、一方的にやられてしまうことはないです。

こう言うと「ヌルゲー」に聞こえるかもしれませんが、「カゲロウ」と「ライゲキリン」の同時発動は出来ないので、無敵でゴリ押しが出来るわけではありません。

『クードス』と『モルフォの歌』

DIVA

「クードス」というのは簡単に言うと連鎖の様なもの、被弾することなく敵を連続で撃破していくことで、このスコアがドンドン上がっていく。このスコアを高く維持していく事はクリア後の評価に直結するだけではなく、他にも様々な効果を及ぼしてくれる、その中でも特に特殊なのが「モルフォの歌」。

「クードス」1000ポイント以上を維持するとBGMがボーカル曲に変化する!(なんと全8曲もあるw)
アップテンポな曲が多く、テンションも上がるので積極的に狙っていきたい。

上記の画像は、体力が0になってしまった時に稀に発動する「ソングオブディーバ」というシステムで復活する事が出来る。

ド派手なカットイン

カットイン

自分も敵も必殺技を使うとド派手なカットイン演出が発生します。ここに魅力を感じるかどうかは好みによりますが、個人的には良いメリハリになってるんじゃないかな~と感じました。ジャンルが『ライトノベル2Dアクション』とうたっているだけあって、少し恥ずかしくなるような演出やセリフも多めです!

条件を満たす事で到達できる真エンディング

実は普通にクリアするだけでは『真のエンディング』に辿り着く事はできません。プレイしていればなんとなく気づきますが、ステージに落ちている『宝石を合計7つ』集める事が『真のエンディング』への条件となっています。

高いリプレイ性が魅力

正直言って『真エンディング』に到達するだけなら、難易度はさほど高く無いのですが、その先のやりこみ要素に関してはかなり歯応えがあるものになっています。クリア後に出てくる『スペシャルミッション』はどれも高難易度、全てのステージでSS評価出そうとしたら相当な技術が必要になるでしょうね。

真エンディングまで10~15時間 やりこむと30時間以上ってところかな。

まとめ

「DL専用ソフトと言って侮るなかれ!」

最初は、「1980円ってちょっと高くない?」って印象でしたが、全然そんな事はなく、フルプライスで売られているパッケージソフトと比べても遜色ないクオリティでした。
「ロックマン」シリーズや《2Dアクション》が好きな方には文句なしにオススメできるタイトルなので、是非お試しあれ!

※必要スロット数が多いので、ダウンロードする場合は空き容量に注意してね!

関連記事:【蒼き雷霆ガンヴォルト】ボーカルアルバム「蒼乃燐光/アオノリンコウ」
関連記事:【マイティガンヴォルト】8bitテイストな2Dアクション!
amazon:ロックマン ゼロ コレクションNEW Best Price! 2000

SPONSORED LINK

関連記事

【IGA新作・Bloodstained: Curse of the Moon評価・レビュー】悪魔城ドラキュラを彷彿とさせるファミコンライクな2Dアクション

悪魔城ドラキュラシリーズ等で有名な五十嵐孝司氏が手掛ける『Blood Stained:Rit

記事を読む

【PSVITAで遊ぶホラーADV「死印」体験版レビュー】ビジュアル・音楽による恐怖演出は良好…

2017年6月1日に【PSVITA】で発売予定の『死印(しいん)』の体験版をプレイしました。

記事を読む

【3DS・シャンティ-海賊の呪い- 評価/レビュー】探索型アクションが好きならば絶対にプレイすべき名作!

海外では超人気タイトルですが、日本ではまだまだ無名の探索型アクションアドベンチャー「シャンテ

記事を読む

【3DS:ショベルナイト 評価・レビュー】ファミコン風レトロ2Dアクションアドベンチャーの名作!シャベルじゃなくてショベル!

PC版で人気を博し、その後様々なプラットホーム向けに展開。 世界中で愛される英雄となった「ショ

記事を読む

【ARMS(アームズ)は面白いのか?評価・レビュー】初心者には難し過ぎるガチ勢向け体感対戦格闘ゲーム

【ニンテンドーSWITCH】専用ソフト『ARMS(アームズ)』を「グランプリモード(レベル7

記事を読む

【真・流行り神2 評価・レビュー】クソゲーだった前作よりは確かに面白いが…ホラーとは都市伝説とは何かを考えさせれる凡作

都市伝説を題材にしたホラーアドベンチャーシリーズの最新作『真流行り神2』を全ルート・狭間録・

記事を読む

【ドラゴンクエストヒーローズ】クリアレビュー・評価 《無双》ではなくタワーディフェンス要素強めのアクションゲーム

「スクウェア・エニックス」と「コーエー」がタッグを組んだ「ドラゴンクエスト」シリーズ最新作

記事を読む

【スマホで遊べる本格RPG:アナザーエデン評価・レビュー】クロノトリガー好き集まれ!初めてオススメできるスマホのロープレだ

【iOS版/Android版】が絶賛配信中のシングルプレイ専用スマホRPG『アナザーエデン時

記事を読む

【ファタモルガーナの館・紹介・レビュー】 同人・インディーズゲームと侮るなかれ!サスペンスホラーノベルの名作

皆さんは「AVG」や「ノベルゲー」ってお好きですか?言うまでも無いかも知れませんが、私は大好きで

記事を読む

【ブレイブリーセカンド・クリアレビュー/評価】バトル・ジョブシステムは最高だが、気になる点も多い作品

ブレイブリーシリーズの第2作目、「ブレイブリーセカンド」をクリアしました。 前作の終わ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

管理人超オススメの一本!

【Bloodstained: Curse of the Moon攻略】斬月のスキルを覚醒させる方法《ネタバレ注意》

本記事では『Bloodstained: Curse of the

【IGA新作・Bloodstained: Curse of the Moon評価・レビュー】悪魔城ドラキュラを彷彿とさせるファミコンライクな2Dアクション

悪魔城ドラキュラシリーズ等で有名な五十嵐孝司氏が手掛ける『Bl

【Undertale(アンダーテール)評価・レビュー】自分の選択が世界に影響を与え続けるという重さ

「このタイミングで『Undertale(アンダーテール)』のレビュ

【コトダマン降臨攻略・キントウロボロス編】植物・キノコワードで大ダメージを回避せよ!《トゲブロックにも要注意》

本記事は、水の星5降臨コトダマン《キントウロボロス》の攻略・対策に

【ゲームサントラ新作情報】二ノ国2のサウンドトラック気になります【2018/6月発売ゲーム音楽CD一覧】

いつもギリギリになっちゃってるので6月分は余裕を持ってUPします(

【コトダマン降臨イベント・フェイントリル攻略編】同時に倒さないと蘇生されるので要注意!!

本記事は、水の星5降臨コトダマン《フェイントリル》の攻略・対策につ

【コトダマン降臨イベント・サブナブック攻略編】攻撃無効・トゲブロックを越え、ヤシャリエル超オススメ!

本記事は、水の星5降臨コトダマン《サブナブック》の攻略・対策につい

【コトダマン降臨イベント攻略ユルハゲモノ編】トゲガードを駆使してダメージを押さえて一気に叩け!

本記事は、水の星4降臨コトダマン《ユルハゲモノ》の攻略・対策につい

→もっと見る

PAGE TOP ↑