【ネタバレなし】『人喰いの大鷲トリコ』評価・レビュー《言葉でなく心で繋がるアクションアドベンチャー》

公開日: : 最終更新日:2016/12/14 ゲームレビュー

oowasi

『ICO』『ワンダと巨像』の上田文人氏とそのスタッフたちが7年以上もの時をかけて完成させた『人喰いの大鷲トリコ』をクリアしました。

「E3 2009」でプロジェクトが発表されてから約7年、ここまで本当に長かった…。
しかし、「待っていて本当に良かった…」と、そう素直に思える素晴らしい作品でした。

本当に素晴らしかったので、今回は大してレビューしません!
だって、言葉にすると全てが安っぽくなっちゃいそうなんだもの…

∇ゲーム情報・クリアまでの目安

SPONSORED LINK

「人喰いの大鷲トリコ」はこんなゲーム

syounen
少年が目を覚ますと
そこには…

toriko
鎖に繋がれた一匹の獣の姿が…
その獣の正体は、人々の間で人喰いと恐れられてる大鷲「トリコ」だったのです。

勿論、トリコが危険な存在である事は少年も聞き及んでいましたが、
少年は、不思議と、その大鷲に対して恐怖をあまり感じませんでした。

翼をもがれ、傷つき、弱りきったトリコ…

心優しい少年は、体に刺さった刃を引き抜き、お腹を空かせたトリコにタル(餌)を届け、繋がれた鎖から解き放ってあげるのでした。

toriko4
助けてくれた少年に対し、少しだけ心を許したトリコは、見知らぬ洞穴から脱出を試みる少年の背を何となく追いかけます

大きなトリコと小さな少年

本来ならば相容れるはずのない二人の冒険は、そんな微妙な距離から始まるのでした…

全てが「気付き」で構成されている

toriko3

基本的な操作は説明されますが、大事なところは全てプレイヤーの気付きに委ねられている本作。歩む道、そして、歩み方すらもプレイヤー自身が感じ、考え、気付いていく…『人喰いの大鷲トリコ』はそれの連続です。

最初は「トリコ可愛いなぁ~」とか「映像綺麗だなぁ~」とかありふれた感情でプレイを進めて行くのですが、ある地点で筆者は「ハッ」とさせられました。

この「気付き」に関しては、その身で体感して欲しいので言及しませんが、その地点から、このゲームにググッと引き込まれたのは事実です。場所はプレイヤーによって前後すると思いますが、この「気付き」は実際にプレイした人だけが感じる事のできる宝物です。

この「気付き」があったからこそ、『人喰いの大鷲トリコ』が筆者にとって特別な一本になったのだと、終わった今なら断言できます。

ゲームだからこそ表現できる感動がある

ニコニコYouTubeでゲームのプレイ動画や実況を見るのが最早当たり前となってしまった現代。「動画だけでは伝わらない部分がゲームにはきちんとあるんだよ」と訴えかけてくるような…そんなメッセージ性を筆者はこの作品に強く感じました。

ゲームでしか表現できない感動
表面だけでは伝わらない感情
貴方もトリコで体験してみませんか?

きゃすとのオススメ:
SPONSORED LINK

関連記事

【おすすめ無料スマホゲームアプリ「勇者ヤマダくん」 評価・レビュー】ヒトフデRPGの隠れた名作

PS時代の名作「Moon」や「Ufo」を開発した元LOVEdeLIC開発スタッフ達によるスマ

記事を読む

【レジェンド オブ レガシー/評価・レビュー】サガを期待して購入するRPGではない!

ネットでの評価が大荒れの「レジェンド オブ レガシー」をクリアしました。 ビジュアル・音楽

記事を読む

【Mighty No. 9(マイティーナンバー9)評価・レビュー】クソゲーと酷評されているけど実際はどうなの?

稲船敬二氏が、クラウドファンディングにより融資を募って開発した、「ロックマン」ライクな横スクロー

記事を読む

【P5(ペルソナ5)評価・レビュー】ビジュアル・音楽・ストーリー・操作性の全てが高水準で纏まったRPGの傑作!

8年ぶりのナンバリング最新作「ペルソナ5」をようやくクリアしました。 間に別ゲー(「う

記事を読む

【大逆転裁判-成歩堂龍ノ介の冒険-】評価・レビュー 未回収の謎と伏線の多さに異議あり!

大人気シリーズ「逆転裁判」の最新作『大逆転裁判-成歩堂龍ノ介の冒険-』をクリアしました。

記事を読む

【PSVita:「DEEMO~ラスト・リサイタル」評価・レビュー】音ゲー初心者にもオススメ 物語と音で感じるリズムゲーム

リズムゲームと美しいファンタジーの世界が融合した、目と耳で感じる音ゲー「DEEMO~ラスト・

記事を読む

【PS4『ロックマン11』評価・クリアレビュー】昔ながらの難しさと面白さ!二つのギアを駆使する横スクロールアクション!

「ロックマン」シリーズ最新作『ロックマン11 運命の歯車!!』をクリアしました。 シリーズ

記事を読む

【13年ぶりの続編:うたわれるもの-偽りの仮面-評価・レビュー】ストーリー重視の難易度低めアドベンチャーSRPG

2002年にPC専用ソフトとしてリリースされ人気を博したアドベンチャーゲーム『うたわれるもの

記事を読む

「テイルズオブゼスティリア」は本当にクソゲーなのか?【クリアレビュー・評価】

情熱が世界を照らすRPG「テイルズオブゼスティリア」をクリアしました。 『ドラクエ』や

記事を読む

【3DS:カルドセプトリボルト 評価・レビュー】新カード追加&ルール変更によりスピーディーさを増した10年ぶりの完全新作!

ボードゲームとカードゲームの面白さを併せ持つ盤上遊戯カルドセプトシリーズ最新作『カルドセプト

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

【MTG】ゴルガリ(黒緑)対策に《トカートリの儀仗兵》はいかが?《チュパカブラ》《拾売人》《疫病造り師》を一気にメタれ!

【ゴルガリ(黒緑)】が強いと一つ前の記事でお伝えしましたが、本日は

【MTG】《ゴルガリの拾売人》が強い!《チュパカブラ》や《最古再誕》を回収するゲロゲロムーブ!

〈リミテの時に感じた《拾売人》の強さはやはり本物だった!〉 リミ

【MTG】《絶滅の星》と《真火の隊長》を使ったコンボ!20点火力が相手プレイヤーを襲う!【即死技】

《絶滅の星》が局地的に話題になっているという情報をキャッチ!

【MTG】ゴルガリ《陰惨な生類》デッキが面白い!《野茂み歩き》育成計画や《疫病造り師》の純粋な強さ!【123リアニ】

【123リアニ】の名称で有名(?)な《陰惨な生類》を本日はご紹介し

【MTG】《実験の狂乱》が面白い!《遁走する蒸気族》や《危険因子》との相性が凄まじいですね

『ラヴニカのギルド』が発売されて数日経ちましたが、使用するデッキの

【ロックマン11攻略】ボスに有効な弱点武器一覧・ボスラッシュもこれで楽勝!

『ロックマン11』のボスに有効な弱点武器(特殊武器)を解説した

【PS4『ロックマン11』評価・クリアレビュー】昔ながらの難しさと面白さ!二つのギアを駆使する横スクロールアクション!

「ロックマン」シリーズ最新作『ロックマン11 運命の歯車!!』をク

【MHW・歴戦王ナナ攻略/弱点&倒し方】歴戦王テオとの合体技に要注意!スリップダメージが痛いので耐熱の装衣推奨!

気付いたら歴戦王ナナの配信日になってた(驚)。 ナナは元々強

→もっと見る

PAGE TOP ↑