【WiiU:スプラトゥーン/評価・レビュー】任天堂のイカTPS・マップ数など不満はあるが、純粋な「楽しい」がここにある!

公開日: : 最終更新日:2015/06/01 ゲームレビュー , ,

DSCF4225

話題のイカ娘TPS『Splatoon/スプラトゥーン』のヒーローモード(ストーリーモード)をクリアしました。

オンライン対戦がメインのゲームではありますが、『少し触ってみたい』、『ストーリーモードのボリュームが気になる』という人も多いと思うので、参考にしていただければ幸いです。

対戦モードに関しては暫定版のレビューでお送りします。

SPONSORED LINK

ストーリーモードに過剰な期待はNG

hero

イカとタコの壮絶な戦い(笑)を描いたストーリー『ヒーローモード(一人プレイ専用)』

元々対戦メインなゲームだという認識があったので過度な期待はしていませんでしたが、想像以上に短くて驚きました。(やりこみ要素含めて5~6時間)

短いのはまだ良いとしても、内容に関しても気になる部分が多いです。

チュートリアルとしても微妙な出来

buki

対戦モードでは大きく分けて3種類の武器が存在しているにも関わらず、ヒーローモードで使用できる武器はシューターのみ。切り替えれるようにしなくとも武器ごとのステージを用意するとか方法はいくらでもあったはずです。

任天堂アクションゲーム特有の「おっ!」っという驚きや気づきもないので非常に退屈でした。

ガッツリ遊べるストーリーモードでないのであれば、せめてチュートリアルとしての体裁は整えておくべきだったのではないでしょうか?

サクッと遊びながら武器の使い方を覚え、クリア後にご褒美をもらって対戦モードへすんなり入っていけるような作りになっていればここまで不満に感じる事もなかったと思います。

世界観やキャラクターが魅力的なだけに残念です。

ナワバリバトルは超楽しい!

nawabari

インターネットにつないで最大8人(4vs4)の白熱バトル!

ストーリーモードの不満なんて吹っ飛んだわ!

さっきまでの辛口が嘘だったかのように豹変してしまいましたが、それ程にナワバリバトルは面白い!
マップ表示など細かい不満点はこちらにもあるのですが、楽し過ぎて全然気にならない!!

バトルでクラスを上げてお洒落を極めろ!

kisekae

クラスによって購入できるアイテムが増えていくので対戦へのモチベーションにつながるのはグッド!

イカちゃんが可愛いのでイカくんが極端に少ない気がするけど気にしちゃいけません。
もちろん管理人はイカちゃんを使用しています!

最初は戸惑うジャイロエイム

実際にプレイするまではゲームパッド(ジャイロ)によるエイムに若干の抵抗があったのですが、違和感があるのは最初だけで、慣れれば全然気にならなくなりました。

一応右スティックでのエイムも出来ますが、速度的にジャイロエイムが断然上です。

ナワバリが全て!ナワバリが生命線!

ikamode

このゲームは自チームカラーにフィールドを染めること(ナワバリを広げる)が最優先事項です。

自チームのナワバリ下ではイカに変身して高速移動が可能なだけでなく、相手を鈍足にする効果もあるのでバリケードとしての役割も同時に担っています。

とにかく塗って塗って塗りまくるのです!

意外と奥深い戦略性

senryaku

ナワバリの総面積で勝負が決するので、キルデスへの依存は一般的なTPSよりも少なめですが、その分、マップやチームメンバーの位置把握などの情報が重要視されます。

相手の周囲をインクで染めて退路を絶ったり、チームメンバーが移動しやすいように道を整備したりなど、一人一人の小さな配慮がチームの勝利へとつながります。撃ち合いが苦手な人でもチームへとガンガン貢献できるゲームなのでTPS初心者も気軽に楽しめるはずです。

対戦マップ・ルールの少なさはアップデートに期待!

対戦モードは文句なしに楽しいのですが、マップとルールが少ないという致命的な部分もあります。

アップデートで追加マップや新ルール、新武器などの配信が決定してはいますが、それまでに人が離れてしまわないかが不安でなりません。面白いゲームなので長く遊んでいきたいぜ…。

任天堂の迅速なアップデート対応と末永いサービス維持に期待したいです。

シューター好きは勿論、普段TPS・FPSをプレイしない人にも是非遊んでほしい作品に仕上がっています。血も出ないので子供や女性にもオススメですよ!

Amazon:スプラトゥーン
きゃすとの評価:

SPONSORED LINK

関連記事

【2015年にプレイしたゲーム作品・レビュー記事総括】さぶかるちゃん的ベストゲームはこれだ!

2015年も本日で終了!… 例年通り「あっ」という間に終わった一年ではありますが、地味

記事を読む

【PSVITAで遊ぶホラーADV「死印」体験版レビュー】ビジュアル・音楽による恐怖演出は良好…

2017年6月1日に【PSVITA】で発売予定の『死印(しいん)』の体験版をプレイしました。

記事を読む

【大逆転裁判-成歩堂龍ノ介の冒険-】評価・レビュー 未回収の謎と伏線の多さに異議あり!

大人気シリーズ「逆転裁判」の最新作『大逆転裁判-成歩堂龍ノ介の冒険-』をクリアしました。

記事を読む

【3DS・リンカーンVSエイリアン 評価/レビュー】シミュレーションゲームの傑作!隠れさせておくのが惜しすぎる名作!

『ファイアーエムブレム覚醒』シリーズなどで有名な”インテリジェントシステムズ”が開発したニン

記事を読む

【龍が如く0-誓いの場所-体験版/評価・レビュー】バトルシステムやプレイスポットについて【カラオケ動画付き】

「PS+」会員限定に「龍が如く0」の体験版が先行配信されました。 体験版を一通り遊んで

記事を読む

【ダライアスバーストクロニクルセイバーズ 評価・レビュー】名作シューティングここに極まる!ただの移植には止まらい傑作誕生!

ずいぶんと遅くなってしまいましたが、お魚系横スクロールシューティングの傑作『ダライアス』シリ

記事を読む

【FINAL FANTASY XV(ファイナルファンタジー15):評価・レビュー】オープンワールドによって得たものと失ったもの…

『ファイナルファンタジーヴェルサスXⅢ』として発表されてから約10年。プロジェクト名を変え、

記事を読む

【マイティガンヴォルト】8bitテイストな2Dアクション!これぞ王道アクションゲーム

今回は、以前紹介した「蒼き雷霆 ガンヴォルト」を早期購入すると特典でダウンロードできた 「マイ

記事を読む

【幻のゲーム「スターフォックス2」クリア評価・レビュー】無印と64の中間的な作品。シリーズへの継承を感じる3D体験

「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」に収録された幻の未発売タイトル『スターフォ

記事を読む

【ベルセルク無双:評価・レビュー】あらすじを辿るには最適!?キャラゲーとしては物足りなさを感じる作品

どうも、好きな漫画が尽く不定期連載になってしまう管理人”きゃすと”です 今回は管理人が

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

管理人超オススメの一本!

【コトダマン攻略】《大剣士・スサノ王》って強い?友達招待でゲットできる星5キャラの実力

本記事では、【友達招待キャンペーン】で入手できる《大剣士・スサノ王

【MTG「ドミナリア」プレリレポート】リミテで強かったカードと戦利品紹介!英雄譚は鬼畜!

【MTG】最新セット『ドミナリア』のプレリリースに参加して参り

【MHW:ロックマンコラボ】武器別で変化するBGM全まとめ!スネークマン・ブルースステージはやっぱり最高!

『モンスターハンターワールド』に実装された『ロックマン』コラボ

【ネタバレ注意「ダンジョン飯」6巻感想レビュー】シュローとの対立と発露するライオスの狂気

【ファンタジー×グルメ】の奇跡の融合、『ダンジョン飯』の最新第

【最新パック「ドミナリア」収録・英雄譚カード考察】MTGの歴史を辿る新システムに心高鳴る【アンティキティー戦争追記】

公式のお漏らし等、割とクリティカルなトラブルこそありましたが、

【MTGスタン《パワーストーンの破片》の使い方・考察】コロッサスデッキ再興!?機械化製法や蜃気楼の鏡で楽しもう!

次々に公開されていく『ドミナリア』スポイラーですが、その中でも

【MTG】ドミナリア収録《鉄葉のチャンピオン》等のトリプルシンボルクリーチャー特集!白の栄光の頌歌能力強そう!

週末のストアチャンピオンシップでプロモ版の《鉄葉のチャンピオン

【MTG・ドミナリアに収録されるPWカード評価・考察 】テフェリーとカーンは雑に強そう

『ドミナリア』来訪という事で、収録されるプレインズウォーカーも

→もっと見る

PAGE TOP ↑