【3DS:カルドセプトリボルト 評価・レビュー】新カード追加&ルール変更によりスピーディーさを増した10年ぶりの完全新作!

riboruto

ボードゲームとカードゲームの面白さを併せ持つ盤上遊戯カルドセプトシリーズ最新作『カルドセプトリボルト』をとりあえず落ち着くところまでプレイしました。(クエストモードクリア&オンライン対戦数十時間)

10年ぶりの完全新作という事でプレイ前のハードルはそこそこ高かったですが、流石は『大宮ソフト』、安定した仕事を見せてくれました!(サーガ?何の事やら…。)

やっぱりカルドセプトは面白いな…
すっかり寝不足だわ…(目薬必須)

∇ゲーム情報

  • プレイ環境:【3DS】
  • ジャンル:【ボードゲーム+カードゲーム】
  • プレイ時間:【ストーリーモード:30時間・対戦モード:永遠】
  • 公式HP:【カルドセプトリボルト
SPONSORED LINK

200種類以上の新カードと大胆なルール変更によって生まれ変わった新たな「カルドセプト」

200

新カード200種類以上。調整という言葉で説明できないほどのルール変更と…
今回のカルドセプトはかなり挑戦的!

ゲームスピードを意識したテンポ重視のアッパー調整の数々。正直、ここまでいじってよくバランスを保っているなと驚いています。これも任天堂とタッグを組んだ恩恵でしょうか?とにかく変更点が多いので簡単にまとめてみました~

♠前作からの変更点一覧♠

  • ダイスが常時2個に
  • ディスカードがターン終了時に
  • 領地コマンドが基本的に自分領地全部に使用可能(※)
  • ブリードカード(自分でカスタマイズできるカード)
  • 秘術や合成など様々な新能力の追加
  • 魔力トラップなど施設も大量追加
  • etcetcetc

※領地コマンドに関する補足。前作までは基本的にそのターンに通過した自分領地にのみ領地コマンドを使用できていましたが、本作からは通過の有無を問わず、「ダウン状態」クリーチャーが配置された領地ならば全域に領地コマンドが使用可能です。(「ダウン状態」とはTCG的に言うと「召喚酔い」ってやつです。ダウン状態はマップの周回orゲートにぴったり止まる事で解除されます。)

中でもブリードカードは挑戦的かつ画期的!

buri-

ある意味TCGプレイヤーの夢である「僕が考えた最強のモンスター!」を可能にしたのがこのシステム。ブリード用のパーツを収集する必要はありますが、自分のブックにマッチした自分好みのカードを作成できるのは胸熱ですね!ちなみにブリードカードは1ブックに2枚まで入れる事ができます。

収集するものがまた増えてしまいましたが、セプターならお目当てのカードの為にハムハムするのは慣れっこだし大丈夫だよね!(白目)

クエスト(ストーリー)モードも充実しているのでソロ専でも楽しめる!

kuesuto

記憶喪失の主人公を操り名立たるセプター達をちぎっては投げちぎっては投げのクエストモード。
メインとサブを合わせればかなりのステージ数があるのでソロ専の人でも十分に楽しめるボリュームがあります。物語自体は可もなく不可もなくって感じですが、個人的にはこれぐらいで全然OKです

全然OK…
OKなんですが…

クエストモード…
初心者にはちょっと難し過ぎると思うの…

年季の入った熟練セプターなら「流石セプター何ともないぜ!」って感じで進んでいけますが、右も左もわからない新米セプターが遊ぶにはちょっと難易度が高すぎる印象を受けました。ただでさえ敷居の高いゲームなんで、ここはもう少し優しめで良かったんじゃなかろうか?

「うえーん クリアできないよー」とお嘆きの方がいらっしゃいましたら、下画像のお二方。
ケルピー先生とオールドウィロウ先生にお願いしてみて下さい。きっとクリアできるはずなので!

kerupi-

o-rudo

クエストモードが終わったらオンライン対戦で寝不足に!

on

ソロ専・オフ専でも楽しめるとは書きましたが…
やっぱり最大の魅力はオンライン対戦です!

全国の猛者達が跋扈する魔境へと君も足を踏み入れてみないか?
その先に待っているのは寝不足必死の毎日だ!

私自身結構やばめです…(眠い)

初心者への配慮不足は感じますが、シリーズファンなら大満足間違いなし!

初心者への配慮不足(難易度設定)は多少感じるものの、それ以外の出来に関してはかなりの物です。随分と毛色は変わってしまいましたが、過去シリーズの名作達に引けを取らない中毒性を持った作品に仕上がっていると筆者自身感じています。

「君は一生つきあえるゲームと出会う」
DC版の帯に書かれていたこのキャッチコピー…
今まさにそんな状況です!!

きゃすとのオススメ:
Amazon:カルドセプトリボルト
SPONSORED LINK

関連記事

【おすすめ無料スマホゲームアプリ「勇者ヤマダくん」 評価・レビュー】ヒトフデRPGの隠れた名作

PS時代の名作「Moon」や「Ufo」を開発した元LOVEdeLIC開発スタッフ達によるスマ

記事を読む

【ゼロエスケープ 刻のジレンマ評価・レビュー】極限脱出999・善人シボウデスの正統続編 【過去作のストーリーを復習しよう】

『極限脱出9時間9人9の扉』『極限脱出ADV 善人シボウデス』の正統続編に当たる「極限脱出」シリ

記事を読む

【ゼルダ無双レビュー】評価は「アドベンチャーモード」次第!?人気タイトルのコラボにより新たな伝説は生まれるのか?

今回は【WiiU】専用ソフトとして2014年8月14日に発売された「ゼルダ無双」のレビュー記事で

記事を読む

【PS4・「巨影都市」評価レビュー 】バカゲーかクソゲーか紙一重!楽しめるかどうかはアナタ次第のSFサバイバルADV《ネタバレあり》

『絶体絶命都市』の精神的後継作『巨影都市』をクリアしました。 怪獣やヒーロー視点ではなく、

記事を読む

【遊戯王デュエルリンクスが面白い!】漫画やアニメの遊戯王が好きだった人にオススメの簡単デュエルアプリ!

2016年11月17日より国内でもサービスが開始された『遊戯王デュエルリンクス』について

記事を読む

【ネタバレなし】『人喰いの大鷲トリコ』評価・レビュー《言葉でなく心で繋がるアクションアドベンチャー》

『ICO』『ワンダと巨像』の上田文人氏とそのスタッフたちが7年以上もの時をかけて完成させた『人喰

記事を読む

【PS4・バットマンアーカムナイト】評価・レビュー 内なる恐怖との最終決戦 モービルやリドルはストレスフルだが傑作です!

バットマンアーカムシリーズの最新作『バットマン:アーカムナイト』をクリアしました。 プ

記事を読む

【3DS:『蒼き雷霆(アームドブルー)ガンヴォルト爪(そう)』評価・レビュー】ライトノベル2Dアクションの名作再び!

ダウンロード専用タイトルながら16万DL以上もの偉業を達成した「ガンヴォルト」シリーズ第二弾

記事を読む

【ブレイブリーセカンド・クリアレビュー/評価】バトル・ジョブシステムは最高だが、気になる点も多い作品

ブレイブリーシリーズの第2作目、「ブレイブリーセカンド」をクリアしました。 前作の終わ

記事を読む

【3DS・シャンティ-海賊の呪い- 評価/レビュー】探索型アクションが好きならば絶対にプレイすべき名作!

海外では超人気タイトルですが、日本ではまだまだ無名の探索型アクションアドベンチャー「シャンテ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

管理人超オススメの一本!

【どうぶつタワーバトルの面白さと流行った理由は何か?】技術と運の要素が絶妙にクロスした本格対戦型パズルゲーム(eスポーツ)

皆さんは、『どうぶつタワーバトル』というスマホゲームをご存知でしょ

【小島監督最新作『デスストランディング』PVの謎考察】赤ん坊・巨人・触手マッツ等、散りばめられた謎を追う

本日(2017/12/8)、アメリカのロサンゼルスで開催された

【DQライバルズ・ナーフ情報】《亡者のひとだま》《レッドアーチャー》《マジックフライ》の下方修正が決定しました!

2017年12月9日に実施されるアップで―ドにて、《もうじゃの

【PS4】『ディシディアファイナルファンタジーNT』オープニングムービー公開!ストーリー的には1作目の続編に当たるっぽいですね

2018年1月11日発売予定『ディシディアファイナルファンタジ

【ロックマン11運命の歯車が2018年に発売】現代風の新テイストでロックマン復活!!

多くの少年たちのハートを熱くさせた「ロックマン」シリーズ最新作『ロ

【ゲームサントラCD発売日一覧・2017/12月】ニーアオートマタのアレンジ盤や勇なまVRに注目です

個人的なイチオシは『ニーアオートマタ』のアレンジサントラですが

【DQライバルズ・テンポゼシカ対策】《ようじゅつし》に要注意!「サイレス」等封印カードをうまく使っていこう!

少し間が空いてしまいましたが、前回取り上げた「ゼシカ攻略」第二弾【

【DQライバルズ・アグロゼシカ攻略】《亡者のひとだま》に要注意!「回復」や「ステルス」が超重要!

「ゼシカに勝てなくて萎え」って人が結構多い様なので、【ゼシカ攻略】

→もっと見る

PAGE TOP ↑