【レジェンド オブ レガシー/評価・レビュー】サガを期待して購入するRPGではない!

公開日: : 最終更新日:2015/01/29 ゲームレビュー , ,

DSCF2837
ネットでの評価が大荒れの「レジェンド オブ レガシー」をクリアしました。

ビジュアル・音楽・バトルシステム。あらゆる「サガ」っぽい要素が盛り込まれている本作。
ファンはこの作品に「サガ」らしさを求めずにはいられない…。

果たして、「レジェンドオブレガシー」はポスト「サガ」になれたのだろうか?

SPONSORED LINK

希薄すぎて目的を見失うストーリー

legacy
10年前に突如として浮上した未開の島を探検する。確かに、目的としてはこれで十分なのだが、あまりにもイベントがなさ過ぎて途中で目的を忘れそうになるぐらいストーリーが淡白なのだ。

地図ゲット⇒新たなMAPへ⇒地図埋める⇒埋めた地図を売る

良くも悪くもこれの繰り返しである!本当にこれが繰り返されるだけなのだ…。

自由にみえて不自由で一本道なRPG

HNI_0011

地図片手に、未開の地を冒険。

これだけ聞くと非常に面白そうだが、入手する地図や冒険する順番が多少前後するだけで、実際には退屈な一本道RPGなのだ。

「世界樹の迷宮」みたいだという意見をチラホラと見えるが、ダンジョンRPGである「世界樹の迷宮」と感じが似てるって問題アリですよ。(細々したイベントやクエストが用意されている分、世界樹の迷宮の方が絶対に濃密です。)

意味もなく多い主人公キャラクター

wp3_960x544
プレイするまではこの7人の主人公キャラクターを見てワクワクしたんだけどなぁ~。

もう少しキャラクターを掘り下げるようなイベントや会話が存在しないと、感情移入もくそもないですよ。今のままでは見た目の違うすごろくのコマに過ぎず、主人公を変えて周回プレイしよう!ってモチベーションにはつながりません。(キャラクターごとに武器の得意不得意などもあるようだが、マスクデータになっているので、表面的な違いはない。)

「これそういうゲームじゃねーから!」って意見もあるかもしれないが、それなら主人公はキャラメイクできるようにした方が楽しめたと思います。

音楽や世界観は素敵である

HNI_0018
ゲーム全体に漂う雰囲気や世界観、それを彩る音楽などは個人的に丁度良い塩梅でした。
良い所もあっただけに、魅せ方をもっとがんばって欲しかった…。

意欲的で不親切なバトルシステム

mana
戦闘時の技習得・行動によって成長するパラメーター・フォーメーションなど、
いたるところに「サガ」っぽさを感じるバトルシステム

個人的にバトルシステムに関しては意欲的で楽しい部分もあったのだが、色々と不親切すぎる!
マスクデータが多いのは別にいいが、一通りのバトルシステムのチュートリアルくらいは用意するべき。

「ついてこれる奴だけついてこい!」ってスタンスなんだったら、それは甘えだわ。
理解すればそこそこ面白いのに、説明を放棄するなんて勿体無さ過ぎるよ…。

精霊を制するものはバトルを制する

HNI_0015
「レジェンドオブレガシー」には精霊の勢力をコントロールして戦闘を有利にする「双次元バトル」というバトルシステムが存在する。このゲームの「魔法」にあたる「精霊術」を使用する為には、大気に存在する精霊達と契約を結び味方についてもらう必要があるのだ。

その他にも、フィールド内の精霊の濃度を高めることで様々な恩恵を受けることができるのだが、
これが非常に重要!理解しているかどうかでゲームに対する印象はガラリと変化します。

さっきも言いましたが、こういう重要なシステムの説明がなさ過ぎる…。

あと、こちらは「精霊との契約」に1アクション消費するのに、敵は精霊術を使用しながら契約結ぶって理不尽じゃね!?

ポジションを制するものは世界を制する

HNI_0038
「フォーメーション」は、与ダメージ・被ダメージ・行動速度・ステータスの成長など様々な要素に影響を与える超重要バトルシステム!「ポジション」を覚える事で構築できる「フォーメーション」の幅が広がっていくのだが、この「ポジション」が曲者なのだ…。

「ポジション」は特定のNPCに話しかけることでゲットできるのだが、このNPCが一応マップ事に固定ではあるのだが、出現がランダムポップという謎仕様。

そして、地図を売却したマップにしかNPCは出てこないので、自力で地図を完成させたプレイヤーは一度踏破したマップに戻るという行為をしない限り遭遇できないのだ。

なぜ、こんなにも重要な要素を動線から外れた場所に配置するのだろう…。

便利すぎるクイックセーブ

HNI_0026
メニューを開かずに『R+Xボタン』でクイックセーブをする事ができる便利機能がついているのだが、この過保護ともいえる親切設計は何故だ!?

ちょっと進んではクイックセーブ
ちょっと進んではクイックセーブ

クイックセーブの利便性で難易度調節ってどうなのよ…。
まぁ、これがなかったら途中で投げてたかもしれないけど。

最後に…

HNI_0044
バトルシステムに関しては荒削りながらも面白くなりそうな部分が存在したのは事実です。
ポジションや双次元バトルのチュートリアルがあれば随分印象が変わったはず。

ストーリー部分は別に必須というわけではなく、淡白にするならば、代わりになるような面白い要素を組み込むべきだと思います。(トレハン要素やサブクエストとかさ…。)

2015年最初のRPGは何とも微妙な作品との遭遇でした。
気になっている人はよく調べてから購入することを強くお勧めします。

「レジェンド オブ レガシー」に「サガ」を求めた我々の負けだったという訳さ…。
公式HP:http://www.cs.furyu.jp/legendoflegacy/

SPONSORED LINK

関連記事

【ゼノブレイドクロス・評価/レビュー・ネタバレ含】真エンディングを思わず探してしまう未完エンド!続編はよ!

「ゼノブレイドクロス」を2週間かけてやっとクリアしました。 プレイ前から大ボリュームな

記事を読む

【3DS:ショベルナイト 評価・レビュー】ファミコン風レトロ2Dアクションアドベンチャーの名作!シャベルじゃなくてショベル!

PC版で人気を博し、その後様々なプラットホーム向けに展開。世界中で愛される英雄となった「ショベル

記事を読む

【幻影異聞録♯FE 評価・クリアレビュー】ペルソナ風味ファイアーエムブレム添え!ロード時間の気になるスロースターターRPG

アトラス×任天堂が送る夢のコラボ作品『幻影異聞録♯FE(エフイー)』をクリアしました。

記事を読む

【サガスカーレットグレイス:評価・クリアレビュー】アンサガとは別の意味で攻略本が欲しくなる傑作!

サガシリーズ25周年の記念すべき節目に発売された【PSvita】専用ソフト『サガ スカーレッ

記事を読む

【ネタバレなし】『人喰いの大鷲トリコ』評価・レビュー《言葉でなく心で繋がるアクションアドベンチャー》

『ICO』『ワンダと巨像』の上田文人氏とそのスタッフたちが7年以上もの時をかけて完成させた『人喰

記事を読む

【P5(ペルソナ5)評価・レビュー】ビジュアル・音楽・ストーリー・操作性の全てが高水準で纏まったRPGの傑作!

8年ぶりのナンバリング最新作「ペルソナ5」をようやくクリアしました。 間に別ゲー(「う

記事を読む

【13年ぶりの続編:うたわれるもの-偽りの仮面-評価・レビュー】ストーリー重視の難易度低めアドベンチャーSRPG

2002年にPC専用ソフトとしてリリースされ人気を博したアドベンチャーゲーム『うたわれるもの

記事を読む

【面白さ期待超え《ニーアオートマタ》評価・レビュー】世界観とストーリーを楽しむアクションRPGの傑作!

幻想的な灰色な世界観と型破り過ぎる物語とギミックの数々で、ある種の伝説を作り出した「ニーア」

記事を読む

【ニューダンガンロンパV3体験版プレイレビュー】苗木くんと日向くんも大活躍!?キャラクターと新要素を把握できる特別シナリオ!

プレイヤーが想像するシナリオの遥か斜め上を常に突き進む、ハイスピード推理アクションゲーム最新

記事を読む

【3DS:カルドセプトリボルト 評価・レビュー】新カード追加&ルール変更によりスピーディーさを増した10年ぶりの完全新作!

ボードゲームとカードゲームの面白さを併せ持つ盤上遊戯カルドセプトシリーズ最新作『カルドセプト

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

管理人超オススメの一本!

【アモンケット:プレリで面白強かった注目カード考察】督励と不朽は結構強いしサイクリングはやっぱり便利でした!

2017/4/23・24(土日)に全国で開催された『プレリリー

【仮面ライダーアマゾンズシーズン2第三話感想】悠とイユの関係とは!?イユの目に映るターゲットの正体

仮面ライダーアマゾンズシーズン2「PERSONA NON GRATA」

【大逆転裁判2体験版感想・レビュー】新キャラ「成歩堂龍太郎」の正体とは一体!?

〈大逆転裁判2体験版より画像引用〉 ©CAPCOM CO., L

【ドラッグオンドラグーン3・サウンドトラック】ニーア楽曲が好きならば!《オススメゲーム音楽・BGM探求日誌》

《オススメゲーム音楽・BGM探求日誌》と題して、本日から不定期

【仮面ライダーアマゾンズシーズン2第二話感想】千翼に芽生える意思と失った左目

仮面ライダーアマゾンズシーズン2「ORPHANS」より引用 ©201

【MTG:アモンケットカード考察・黒の神「栄光の神バントゥ」の闇】サクリ台としてはやや重め…

『アモンケット』に収録される神サイクル最後の1枚、黒の神「バン

【MTG:アモンケットカード考察・緑の神「不屈の神ロナス」の力】緩すぎる顕現条件に他の神も驚愕

『アモンケット』に収録される神サイクルの紹介も今回で4回目!

【MTG:アモンケットカード考察・白の神「信義の神オケチラ」の結束】スレイベンの検査官・キラン号・ギデオン・オケチラの黄金ライン!

『アモンケット』神サイクル特集第三回は《誠実の神?オケチラ》

→もっと見る

PAGE TOP ↑