【ニューダンガンロンパV3:評価・レビュー】ネタバレしたいけど絶対にできない超問題作

公開日: : 最終更新日:2017/01/22 ゲームレビュー

すっかりスパイクチュンの看板タイトルとして定着した「ダンガンロンパ」シリーズの最新作「ニューダンガンロンパV3」をクリアしました。

もう既にネットのレビューは荒れに荒れちゃってるので知っている人も多いとは思いますが…
今回の「ダンガンロンパ」は良くも悪くも問題作です…。

正直な話、ネタバレしないと何が問題なのかが毛ほどもつたえられないのですが、ネタバレすると毛ほども面白くない内容なので、ネタバレは極力避けたレビュー記事にしています。(でも自分の目で確かめてね☆とオススメしにくいっていう…何から何まで問題だらけっす…)

関連記事:【ニューダンガンロンパV3体験版レビュー(今思うとここからか…)】

SPONSORED LINK

『ニューダンガンロンパ V3みんなのコロシアイ新学期』ゲーム情報

  • タイトル:『ニューダンガンロンパ V3 みんなのコロシアイ新学期』
  • 対応機種:プレイステーション4orPSvita
  • 発売予定日:2017年1月12日
  • 販売:スパイクチュンソフト
  • 外部リンク:ニューダンガンロンパV3 公式サイト

作品のテーマは「嘘」…

『ニューダンガンロンパV3』のテーマは「嘘」

本作は、一貫してそのテーマに沿ったシナリオ・システムで構成された作品です。

今までのシリーズでは嘘偽りのない理論武装で相手の嘘や誤魔化しを論破していくゲームでしたが、今回からは「嘘」も巧みに使用しないと生き残る事ができません。
この「嘘」の登場によって、学級裁判が複雑かつよりスリリングになった事が、本作の最評価ポイントだと筆者は考えています。

新システムである「偽証」だけでなく、その他のシステム・シナリオ構成(6章を除く)にテーマである「嘘」が上手く組み込まれてていたと思います。中には、ちょっとミニゲーム感が過ぎるシステムもありましたが、これは今までのシリーズに関しても言える事ですし、飽きさせない工夫やテキストアドベンチャーに難易度の概念を入れる為の結果であり、ダンガンロンパらしさでもあるので問題にはしてません。

しかし、この「嘘」というエッセンスによって、本作の評価が割れているのも事実…。
創作を面白くする為の劇薬もやり過ぎると爆発しちゃう…(うーん取り扱い注意ですな)

相変わらずキャラクターは魅力的で個性的!

『ダンガンロンパ』の魅力と言えば、個性豊かなキャラクター!

「今回のキャラクターはちょっとインパクトに欠けるなぁ~」と少し不安に感じていたのですが、蓋を開けてみれば今回も超個性派揃い!キャラクターデザインの手腕は相変わらず見事です。

個性的と言えば、本作から仲間に加わった「モノクマーズ」

左からロボ(モノダム)、関西被れ(モノスケ)、わんぱく馬鹿(モノタロウ)、ゲロイン(モノファニー)、ゲスくて乱暴(モノキッド)と個性がビッグバンしまくってますね。

1人5役で彼らを演じ分けた山ちゃん流石だわ…

勿論、みんなのアイドルであるモノクマも全力でギリギリラインのネタへと全力投球してくれていますよ。(モノクマはジバニャンをライバル視…とメモメモ

春川魔姫(はるまき)ちゃん可愛すぎ

魅力的で個性的なキャラクターの中でも筆者は超高校級の保育士である春川魔姫ちゃんにご執心。個人的には霧切さん七海ちゃんに続くメガヒットキャラでした!

詳しくは語りませんが、プレイした人の半数以上が魔姫ちゃんの魅力で骨抜きにされる事は間違いないでしょう…。(百田くんと王馬くんも良かった)

さて、問題の第6章についてですが…


ニューダンガンロンパV3 – PS Vita」(Amazonカスタマーレビュー※画像は2017/1/21のもの)

普段とは明らかに違う圧倒的な星1つという評価…

いたずらレビューも確かに存在しますが、この大半が第6章(オチ)に絶望してしまった人たちのレビューだと見受けられます。(レビューコメントはネタバレだらけなので踏みたくない人は回避推奨)

まぁね、これ系のオチは嫌われる傾向にあるというか、ある種の禁じ手だからね…こうなるのも納得です。

筆者自身は今までも何度かこれ系のオチの作品を踏んだ事があるので、平気でしたが、こういうのを大好きな作品でやられるのは確かに堪えるよね…。(過去のトラウマを思い返しながら…)

ネタバレしないと決めたので、何も書きませんが、ただ一言だけ…

「自社の看板タイトルで良くこのオチを今更ぶっこむGOサインを出したな…スパチュンョ…」

まぁ、でもスパチュンらしいと言えばらしいし、ダンガンロンパならやっても不思議じゃないってのがね…何とも複雑。(ちょっとロック過ぎる姿勢ですけどねw)

分かっていながらジョーカーをきった経緯が知りたいです

第5章までの展開でも十分に面白くて意外性に満ちたシナリオだったのに、何故、最後の最後にシリーズの根幹を破壊しかねないジョーカーをきってしまったのか?
筆者的には、シナリオやオチの良し悪しよりも、荒れる事が分かっていながら、あえてこれをやった経緯とスタッフたちの心境が知りたくて仕方がないです。

リスク覚悟で果敢に特攻していく『ダンガンロンパ』スタッフの姿勢は嫌いではないですが、これによってファンたちにそっぽを向かれても自業自得。(それも覚悟の上でやってるんでしょうけど)
キャラクター・システム・シナリオ構成が上手かっただけに、その反動も大きそうですね…。

きっと、スパチュンのスタッフはこの荒波を見て、藤田和日郎先生の漫画に出てくる悪いおじさんレベルの笑みを浮かべてるんだろうなぁ~(正に計画通りってやつか…)

まぁ、今回のテーマは「嘘」
何が本当で何が嘘なのかは自分の感性を信じるしかないって事ですね!

これを神ゲーと評するかクソゲーと評するかは
プレイヤーであるアナタの自由です

SPONSORED LINK

関連記事

【ブラッドボーン評価/レビュー・デモンズやダークソウルとの比較】親切丁寧に作られた神ゲー未満、良ゲー以上の作品

名作『Demon‘s Souls/デモンズソウルズ』を生んだSCE JAPANスタジオ×フロ

記事を読む

【多人数プレイ推奨のB級アクションゲーム《ブロフォース》評価・レビュー】映画好き必見のギリギリスター大集合!版権は大丈夫か!?

友人に勧められるがままコテコテの洋ゲーアクション『BRO FORCE(ブロフォース)』をホイホイ

記事を読む

【面白さ期待超え《ニーアオートマタ》評価・レビュー】世界観とストーリーを楽しむアクションRPGの傑作!

幻想的な灰色な世界観と型破り過ぎる物語とギミックの数々で、ある種の伝説を作り出した「ニーア」

記事を読む

【ゼルダ無双レビュー】評価は「アドベンチャーモード」次第!?人気タイトルのコラボにより新たな伝説は生まれるのか?

今回は【WiiU】専用ソフトとして2014年8月14日に発売された「ゼルダ無双」のレビュー記事で

記事を読む

【サガスカーレットグレイス:評価・クリアレビュー】アンサガとは別の意味で攻略本が欲しくなる傑作!

サガシリーズ25周年の記念すべき節目に発売された【PSvita】専用ソフト『サガ スカーレッ

記事を読む

【PS4『シャンティ:ハーフ・ジーニーヒーロー』評価・レビュー】水着コスも堪能できる・DLC全入りの完全版!

【PS4】『シャンティ:ハーフ・ジーニーヒーロー 』のストーリーモードをクリアしました。

記事を読む

【ベヨネッタ2】レビュー・評価 アクションもコスチュームもクライマックス級!

「BAYONETTA(ベヨネッタ2)」のレビュー記事です 『WiiU』で最初に選んだタイトルが「ベ

記事を読む

【ブレイブリーセカンド・クリアレビュー/評価】バトル・ジョブシステムは最高だが、気になる点も多い作品

ブレイブリーシリーズの第2作目、「ブレイブリーセカンド」をクリアしました。 前作の終わ

記事を読む

【Undertale(アンダーテール)評価・レビュー】自分の選択が世界に影響を与え続けるという重さ

「このタイミングで『Undertale(アンダーテール)』のレビュー記事って今更過ぎるだろ…。」

記事を読む

【ファタモルガーナの館・紹介・レビュー】 同人・インディーズゲームと侮るなかれ!サスペンスホラーノベルの名作

皆さんは「AVG」や「ノベルゲー」ってお好きですか?言うまでも無いかも知れませんが、私は大好きで

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

【MHW:歴戦王ゾラマグダラオス攻略/弱点&倒し方】落石、大砲、拘束弾、撃龍槍、使えるものは何でも使え!!

気付いたら歴戦王ゾラ・マグダラオスの配信日になってた(驚)。

【MTG】ゴルガリ(黒緑)対策に《トカートリの儀仗兵》はいかが?《チュパカブラ》《拾売人》《疫病造り師》を一気にメタれ!

【ゴルガリ(黒緑)】が強いと一つ前の記事でお伝えしましたが、本日は

【MTG】《ゴルガリの拾売人》が強い!《チュパカブラ》や《最古再誕》を回収するゲロゲロムーブ!

〈リミテの時に感じた《拾売人》の強さはやはり本物だった!〉 リミ

【MTG】《絶滅の星》と《真火の隊長》を使ったコンボ!20点火力が相手プレイヤーを襲う!【即死技】

《絶滅の星》が局地的に話題になっているという情報をキャッチ!

【MTG】ゴルガリ《陰惨な生類》デッキが面白い!《野茂み歩き》育成計画や《疫病造り師》の純粋な強さ!【123リアニ】

【123リアニ】の名称で有名(?)な《陰惨な生類》を本日はご紹介し

【MTG】《実験の狂乱》が面白い!《遁走する蒸気族》や《危険因子》との相性が凄まじいですね

『ラヴニカのギルド』が発売されて数日経ちましたが、使用するデッキの

【ロックマン11攻略】ボスに有効な弱点武器一覧・ボスラッシュもこれで楽勝!

『ロックマン11』のボスに有効な弱点武器(特殊武器)を解説した

【PS4『ロックマン11』評価・クリアレビュー】昔ながらの難しさと面白さ!二つのギアを駆使する横スクロールアクション!

「ロックマン」シリーズ最新作『ロックマン11 運命の歯車!!』をク

→もっと見る

PAGE TOP ↑