【ポポロクロイス牧場物語 評価/レビュー】ポポロ好きは楽しめるが牧場ファンにはオススメできない普通のRPG

ポポロクロイス牧場

「ポポロクロイス物語」と「牧場物語」、2つの「物語」を冠する人気シリーズが夢のコラボを果たした『ポポロクロイス牧場物語』をクリアしました。

「ポポロクロイス物語」という世界観と雰囲気を損なうことなく「牧場物語」要素を加味できているのは評価できますが、エンカウント率やダンジョン構造、クエスト管理など細々とした部分で気になる点が多い作品でした。シリーズファンならば楽しめるとは思いますが、牧場やRPGの面白さを期待して購入するとがっかりするかもしれません…。

このレビューはポポロファンの目線でお送りします。

SPONSORED LINK

世界観・キャラクターについて

poporo4

権利関係でワードとして使用できない部分が伏せられている(?)関係でPS版のファンだと違和感を感じる部分は多少ありますが、世界観やキャラクターについてはおおむね満足できました。風の刃やガミガミミサイルの技名が変更になっているのは少し残念でしたが…。

「ナルシア」、「白騎士」、「ガミガミ魔王」などのお馴染みの面々はもちろんですが、新キャラである「ニノ」や「ルー」も良い子たちでかなり魅力的でしたね。

poporo2
あと漫画原作ファンへのサービスとして「ブラックバロン」さんが登場するのは胸熱です。
ガミガミと同じおっさんなのにモテモテなギャップがなんとも言えません。

ガミガミ魔王(cv:大塚明夫)でブラックバロン(cv:玄田 哲章)って強すぎでしょ!

バトル・ダンジョン・システムについて

poporo7

『バトルシステム』について
この作品の最大の欠点はバトル・ダンジョン・クエストなどRPGの根幹にあたる要素が総じて退屈で不親切である事です。バトルシステムはシリーズを踏襲しているので大きく外していないようにも感じるのですが、バランスが最悪すぎて全く活かせていませでした。

序盤はオートバトル安定、中盤過ぎると全体攻撃技での一掃をただ繰り返すのみのバトルが楽しいとは私にはとても思えません。難易度を下げて間口を広げているという考えもできるかもしれませんが、その結果退屈なものに仕上がっているのでは意味がありません。

『ダンジョン』について
一部のエリアを除いて、ほとんどのダンジョンが背景が違うだけのコピペダンジョンです。特に畑の中を探索する『畑ダンジョン』は酷い!面白くない上に構造が意地悪なので、マップを開示できる「衝撃にんじん」というアイテムの使用がほぼ必須となります。「衝撃にんじん」を使用してもボスの場所が判明するわけではないので、迷ったりするんですけどね…。

普通のRPGはアイテムを回収する楽しみがあるので基本的に行き止まりを目指すものですが、エンカウント率の高さも相まってにんじん食ってボスへと急行がこのゲームの正解になっています。

『クエスト』などのシステムについて
街の各所に点在する依頼(クエスト)を解決するRPGではお馴染みのシステムを本作でも採用しているのですが、受注時には表示されているマーカーが報告時には表示されないので誰に報告すればいいのか分からなくなる。ただでさえ作業になりがちなクエスト周りのシステムを何故こんなに不親切な仕様にしたのか…!?全く理解できない。

『牧場ライフ』について

poporo8

最初は牧場要素に若干の抵抗があったのですが、やってみれば何て事はありませんでした。作物を作っていれば農具もパワーアップするので作業感は徐々に薄れていきます、逆に牧場ゲームとしてはマイルドな印象を受けたので、「牧場物語」ファン的には微妙かもしれませんね…。

3章以降はファストラベル(ワープ)が可能になるので、冒険と牧場ライフを同時にこなせるので安心です。(作物や家畜は放置しても平気なファンタジー設計なので大丈夫!)

『女の子への好感度システム』について

poporo3

女の子にプレゼントをあげて好感度を上げるシステム。これは人によるとは思いますが、個人的に「ポポロクロイス物語」とはアンマッチに感じました。百歩譲ってアリにするならば、正妻である「ナルシア」にもプレゼントできるようにするべきでしょうよ…。

落とし所としては”女の子への好感度”という括りを排除して男女キャラ問わず仲良くなると農場を手伝いに来てくれるようにすれば違和感はなかったはずです。

「正妻の目を盗んで別世界の女の子と仲良くなってやるぜ!」っていう邪悪な楽しみ方ができる人にはアリ!

それでもやっぱり「ポポロクロイス」は魅力的だ

poporo6

細かい部分の不満点が目立つ作品ではありましたが、今の時代に「ポポロクロイス物語」シリーズの新作が発売されたという事実だけでもファンとしては嬉しかったりします。

あくまで牧場要素はオマケ程度、バトルやシステムに若干の難ありという事を踏まえた上でならそれなりに楽しめる作品です。ポポロファンは過度な期待を捨てて体験してみてください!

エンディングにはシリーズファンなら喜ぶお楽しみあり!?

Amazon:ポポロクロイス牧場物語
きゃすとの評価:

SPONSORED LINK

関連記事

【幻影異聞録♯FE 評価・クリアレビュー】ペルソナ風味ファイアーエムブレム添え!ロード時間の気になるスロースターターRPG

アトラス×任天堂が送る夢のコラボ作品『幻影異聞録♯FE(エフイー)』をクリアしました。

記事を読む

【PSvita:『イース8』評価・レビュー】シリーズ屈指 アクションRPGの名作誕生 本当に面白いゲームがここにある!

イースシリーズ最新作『イースⅧ ラクリモサ・オブ・ダーナ』をクリアしました。イースシリーズと

記事を読む

【ブラッドボーン評価/レビュー・デモンズやダークソウルとの比較】親切丁寧に作られた神ゲー未満、良ゲー以上の作品

名作『Demon‘s Souls/デモンズソウルズ』を生んだSCE JAPANスタジオ×フロ

記事を読む

【3DS】「蒼き雷霆(アームドブルー)ガンヴォルト 」クリアレビュー・評価「2Dアクションの新規軸、避雷針を打ち込むアクションが新しくて面白い。」

2Dアクションゲームの歴史に避雷針を打ち込む良作 決して、劣化版『ロックマン』とは言わせない。

記事を読む

【Mighty No. 9(マイティーナンバー9)評価・レビュー】クソゲーと酷評されているけど実際はどうなの?

稲船敬二氏が、クラウドファンディングにより融資を募って開発した、「ロックマン」ライクな横スクロー

記事を読む

【ファタモルガーナの館-アナザーエピソード】評価・レビュー 呪いに至るまでが綴られた待望のファンディスク!

ファン待望のファンディスク、『ファタモルガーナの館-Another Episodes-』の全

記事を読む

【3DS・リンカーンVSエイリアン 評価/レビュー】シミュレーションゲームの傑作!隠れさせておくのが惜しすぎる名作!

『ファイアーエムブレム覚醒』シリーズなどで有名な”インテリジェントシステムズ”が開発したニン

記事を読む

【PS4・バットマンアーカムナイト】評価・レビュー 内なる恐怖との最終決戦 モービルやリドルはストレスフルだが傑作です!

バットマンアーカムシリーズの最新作『バットマン:アーカムナイト』をクリアしました。 プ

記事を読む

【面白さ期待超え《ニーアオートマタ》評価・レビュー】世界観とストーリーを楽しむアクションRPGの傑作!

幻想的な灰色な世界観と型破り過ぎる物語とギミックの数々で、ある種の伝説を作り出した「ニーア」

記事を読む

【FINAL FANTASY XV(ファイナルファンタジー15):評価・レビュー】オープンワールドによって得たものと失ったもの…

『ファイナルファンタジーヴェルサスXⅢ』として発表されてから約10年。プロジェクト名を変え、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

管理人超オススメの一本!

【FEH】神炎の皇帝アルヴィス参戦!ファラフレイムとリカバーリングが優秀な予感!【大英雄戦】

先日、聖戦の親世代組が大量参戦したばかりですが、【大英雄戦】にて宿

【FEHに聖戦の系譜キャラ大量追加】シグルド、ディアドラ、ティルテュ実装。アーダンもちゃんといるぞ!

『ファイアーエムブレムヒーローズ』に「聖戦の系譜」から新キャラ

【MTGスタン】選定された行進+備蓄品トークンデッキと対戦した感想!前期よりもパワーアップ!?

週末のお楽しみ「スタンダードショーダウン」に参加して来ました。

【FEH・絆英雄戦~ミネルバ&マリア~インファナル攻略記】ミネルバ硬すぎワロタ!聖兜スキルが曲者!

〈可愛い顔してこの姉妹凶悪そのもの〉 不思議と「ファイヤーエムブ

【MTG】「イクサラン」スタンダード新環境の赤黒デッキで初対戦!《脅迫》《稲妻の一撃》嬉しいなぁ!

少し前の話ですが、先週の土曜日「スタンダードショーダウン」に参

【FEH攻略・「聖貨」って何に使うの?】「聖印生成&覚醒」でキャラクターを強化!〈連鎖の闘技場〉サボったつけ来る(笑)

超久々の「FEH(ファイアーエムブレムヒーローズ)」記事です。

【幻のゲーム「スターフォックス2」クリア評価・レビュー】無印と64の中間的な作品。シリーズへの継承を感じる3D体験

「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」に収録された

【スーパーファミコンミニ・開封レビュー】小さなスーファミに心躍る!《同梱物・収録内容詳細》

我が青春「スーパーファミコン」が手のひらサイズになって帰ってきたぞ

→もっと見る

PAGE TOP ↑