【サガスカーレットグレイス:評価・クリアレビュー】アンサガとは別の意味で攻略本が欲しくなる傑作!

公開日: : ゲームレビュー

サガシリーズ25周年の記念すべき節目に発売された【PSvita】専用ソフト『サガ スカーレットグレイス』をクリアしました。(クリアといってもまだ二人目を終わらせただけなので、まだまだ先は長い…)

実際にプレイするまでは、ダンジョン廃止・ロード時間が長い等の不安要素がチラッチラッ見え隠れと不安材料盛り沢山でしたが、やってしまえば、そんなものは些細な問題だったのだぜッ!

唯一無二となる至高のRPG、誕生
(キャッチコピーに異議なしッ)

SPONSORED LINK

【SaGa SCARLET GRACE(サガ スカーレットグレイス)】

分かりやすく生まれ変わった新時代の「サガ」

リメイク作などを除けば、久々の完全新作となった本作。冒頭でも書きましたが、発売まではダンジョン廃止やロード時間の長さ等々、本当に不安材料だらけでした…。

しかし、「サガ」シリーズファンとして、久々の新作をスルーするなんてトンデモナイッの精神で突撃ッ。そんな爆砕覚悟の筆者を待ち受けていたのは、想像以上の逸品だったのです。

「これは…新時代の『サガ』…だッ…ガクッ(平気)」

中には攻略本が無いとまともに遊べないものもあった「サガ」シリーズで、これ程までに親切丁寧で分かりやすい作品が出てくるだなんて…(アンサガは攻略本があったら至高だから…)

大衆向けとは言いにく作品が多かった「サガ」シリーズが、面白さや作品の魅力そのままに大衆へと歩み寄った…そんな革命的なタイトル、それが「サガ スカーレットグレイス」なのです。(大げさ)

主人公も四人でリプレイ性高し!

「サガ」シリーズと言えば、複数の主人公から一人を選んでスタート地点(シナリオの出発点)を選択する作品が多いですが、本作でもそれは健在。(左から、激動の人生を歩んできた陶芸家「タリア」、世界を知らない農民の青年「レオナルド」、剣将軍ユラニウス家の娘「ウルピナ」、血塗られた法廷処刑人の一族「バルマンテ」)

プレイヤーは、この中から星の導き(簡単な質問)により選ばれたキャラクター1人と運命を共にする事になります。(選択する事も可能です。)

筆者は現在「ウルピナ」と「レオナルド」の二人を終わらせた所ですが、共通ルートこそあるものの主軸となるシナリオはキャラクターによって大きく違います。更に、シナリオだけでなく、そこでとる選択によっても展開やルートは大きく変化するので、リプレイ性はかなり高そうです。

作品全体を把握しようとするとプレイ時間は凄い事になりそうですね…(歓喜ッ!)

本当の自由を感じるフリーワールドRPG


リプレイ性が高いのは【フリーシナリオ】を売りにする「サガ」なら当然とも言えますが、本作は【フリーシナリオ】を超える【フリーワールドシステム】を搭載。

【フリーワールドシステム】とは…プレイヤーの行動や選択がシナリオだけでなく、ワールド(世界そのもの)に影響を及ぼしていくシステム。

言葉にするとちょっと分かりにくいですが、ワールドマップ上に点在するオブジェクト(街や洞窟)が、プレイヤーの選択次第で「サッ」っと消失したり、「ポン」と生み出たりします。噂話や実際に確認した事象がワールドマップへと影響を及ぼす…確かに表面的な変化に過ぎませんが、この些細な変化が、「俺。今、冒険してるわ~」という高揚感に繋がっていくのです。

ダンジョンの廃止に関しても、ワールドマップが広大なので、特に必要性は感じませんでした。(逆になくて正解だったとすら今なら思えます。)


※:お宝探ししてたら海を真っ赤に染めちゃってたウルピナちゃんの図(この後怪物が海から出てきますw)

タイムラインシステムでバトルは極限進化

「サガ」のバトルが面白いのは当たり前ッ!そんな、戦闘システムに自信アリの「サガ」シリーズの中でも、本作のバトルシステムはかなり極まってます。

基本的なシステムはオーソドックスなコマンド形式のバトルなのですが、大きく違う点は、相手の行動順や行動内容が予め把握できるという事。こう聞くと、ヌルゲーに聞こえるかもしれませんが、このゲームの敵は容赦という言葉を持ち合わせていないので、見えてないと瞬殺…必死です。

相手の見えてる行動に対する最適解を考え、配置していく事で、戦闘を有利に進めて行くのが【タイムラインバトル】の面白さであり、見えているにも関わらず発生するイレギュラーに一喜一憂するのが、このシステムの醍醐味であります。

陣形や閃きはそのままで新システムもバッチリハマる

【陣形】における行動順や隊列による優位性、【閃き】によって発生する奇跡の大逆転とまさかのイレギュラー、それら全ての要因によって発生する【連撃】という快感…。

【陣形】【閃き】【連撃】といった、従来までの【バトルシステム】たちが違和感なく、【タイムラインバトル】にハマッています。状態異常やバンプ(行動遅延)効果などを駆使してタイムラインを巧みにコントロールし、隙あらば連撃を叩き込んでいく…これが実に奥深いッ…(最高なのであります。)

ちなみに【連撃】の発動条件は、走り出したタイムライン上で、行動結果によって変動した味方アイコンが2つ以上連続する事です。(逆に、行動途中で敵による2つ以上の連続を作られると敵の【連撃】が発生します。)

なお、戦闘ごとにボーナス条件が設定されているので、それらの条件を目指して戦う稼ぎプレイも重要になってきます。システムを理解すればするほど、楽しく、そして、美味しい…。

イトケンサウンド・河津シナリオ・トモミンキャラデザで最強の構え!

バトルの完成度ばかりフィーチャーしてしまいがちですが、それ以外の「サガ」らしさも勿論健在。

どこか毒の効いたセリフや何となく闇が深そうなエピソードの数々は河津神らしさそのものッ!
そして、そんなシナリオを彩るのが、「伊藤賢治」氏による音楽(イトケンサウンド)と「小林智美」氏による美麗なアート(トモミンキャラデザ)の数々。そうそう、これでこそ「サガ」なんだよね…。

問題点はやはりロード時間か…

唯一の欠点を挙げるとすれば、それはやはりロード時間の長さ。

動画を見れば一目瞭然ですが、お世辞にも早いとは言い難いロード時間です。
更に、行動選択後の「レディーゴー」も相まってテンポが悪く感じちゃうジレンマ(プレイすると「レディーゴー」はワクワク要素になるんですけどねぇ~)

筆者自身はイトケンサウンドによる高揚感などでそこまで気になりませんでしたが、気になる人には気になる長さだとは思います。まぁ、短ければもっと素敵だよね…

じっくりと腰を据えて遊ぶ本格派です

ダンジョンもない、ボイスもない、派手な演出やムービーもない、有るものより無いものの方が多い作品ですが、この作品にとって必要なものは全部あります。

時間のない現代人の時間を更にチューチューしてしまいそうな危険な作品です。
じっくりと腰を据えて遊ぶ本格派のRPG…時間のあるお正月休みの内に是非どうぞッ!

きゃすとのオススメ:
SPONSORED LINK

関連記事

【ファタモルガーナの館-アナザーエピソード】評価・レビュー 呪いに至るまでが綴られた待望のファンディスク!

ファン待望のファンディスク、『ファタモルガーナの館-Another Episodes-』の全

記事を読む

【3DS・リンカーンVSエイリアン 評価/レビュー】シミュレーションゲームの傑作!隠れさせておくのが惜しすぎる名作!

『ファイアーエムブレム覚醒』シリーズなどで有名な”インテリジェントシステムズ”が開発したニン

記事を読む

【FF15体験版・評価/レビュー】ノクト王子と愉快な仲間!シドニーに車を直してもらうの巻

「ファイナルファンタジー零式HD」に初回生産限定特典として収録された「ファイナルファンタジー

記事を読む

【グラビティデイズ2追加DLC「時の箱舟-クロウの帰結」・評価・レビュー】クロウの記憶を辿る追加エピソード

2017年3月21日に配信が開始された『グラビティデイズ2』の追加DLC(無料)「Alter

記事を読む

【シリーズ最終章『うたわれるもの二人の白皇』評価・クリアレビュー】数多の伏線を回収するシリーズ完結作!ネタバレなし

『うたわれるもの』シリーズ最新作にして最終章『うたわれるもの 二人の白皇』をクリアしました。

記事を読む

【レジェンド オブ レガシー/評価・レビュー】サガを期待して購入するRPGではない!

ネットでの評価が大荒れの「レジェンド オブ レガシー」をクリアしました。 ビジュアル・音楽

記事を読む

【FINAL FANTASY XV(ファイナルファンタジー15):評価・レビュー】オープンワールドによって得たものと失ったもの…

『ファイナルファンタジーヴェルサスXⅢ』として発表されてから約10年。プロジェクト名を変え、

記事を読む

【アンチャーテッド4海賊王と最後の秘法 評価・レビュー】ネイト最後の大冒険はシリーズ最大級の衝撃と面白さに満ちていた!

『エル・ドラドの秘宝』『黄金刀と消えた船団』『砂漠に眠るアトランティス』に続くアンチャーテッ

記事を読む

【ポポロクロイス牧場物語 評価/レビュー】ポポロ好きは楽しめるが牧場ファンにはオススメできない普通のRPG

「ポポロクロイス物語」と「牧場物語」、2つの「物語」を冠する人気シリーズが夢のコラボを果たし

記事を読む

【世界樹と不思議のダンジョン・評価/レビュー】壺や肉がないのは残念だが堅実な作りの良作

2つの大人気ダンジョンRPGが奇跡のコラボを果たした「世界樹と不思議のダンジョン」をクリアし

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

管理人超オススメの一本!

【どうぶつタワーバトルの面白さと流行った理由は何か?】技術と運の要素が絶妙にクロスした本格対戦型パズルゲーム(eスポーツ)

皆さんは、『どうぶつタワーバトル』というスマホゲームをご存知でしょ

【小島監督最新作『デスストランディング』PVの謎考察】赤ん坊・巨人・触手マッツ等、散りばめられた謎を追う

本日(2017/12/8)、アメリカのロサンゼルスで開催された

【DQライバルズ・ナーフ情報】《亡者のひとだま》《レッドアーチャー》《マジックフライ》の下方修正が決定しました!

2017年12月9日に実施されるアップで―ドにて、《もうじゃの

【PS4】『ディシディアファイナルファンタジーNT』オープニングムービー公開!ストーリー的には1作目の続編に当たるっぽいですね

2018年1月11日発売予定『ディシディアファイナルファンタジ

【ロックマン11運命の歯車が2018年に発売】現代風の新テイストでロックマン復活!!

多くの少年たちのハートを熱くさせた「ロックマン」シリーズ最新作『ロ

【ゲームサントラCD発売日一覧・2017/12月】ニーアオートマタのアレンジ盤や勇なまVRに注目です

個人的なイチオシは『ニーアオートマタ』のアレンジサントラですが

【DQライバルズ・テンポゼシカ対策】《ようじゅつし》に要注意!「サイレス」等封印カードをうまく使っていこう!

少し間が空いてしまいましたが、前回取り上げた「ゼシカ攻略」第二弾【

【DQライバルズ・アグロゼシカ攻略】《亡者のひとだま》に要注意!「回復」や「ステルス」が超重要!

「ゼシカに勝てなくて萎え」って人が結構多い様なので、【ゼシカ攻略】

→もっと見る

PAGE TOP ↑