【幻影異聞録♯FE 評価・クリアレビュー】ペルソナ風味ファイアーエムブレム添え!ロード時間の気になるスロースターターRPG

公開日: : 最終更新日:2016/01/12 ゲームレビュー , , ,

fe1

アトラス×任天堂が送る夢のコラボ作品『幻影異聞録♯FE(エフイー)』をクリアしました。

当初は「真・女神転生×ファイアーエムブレム」という企画だったはずが、蓋を開けると「ペルソナ×ファイアーエムブレム」だったというちょっぴり引っかかる作品。しかし、両シリーズのファンである管理人的には見過ごすことはできませんでした。

年末発売のソフトだった為に年をまたいでのレビューになってしまっただけでなく、想像以上のボリュームにより年をまたいで10日も経ってしまっていたという…。(正月休み終わっちゃったよ…。)

SPONSORED LINK

好みの分かれるとにかく明るいRPG

fe4

PVなどの情報から読みとる事ができる星いっぱいでとにかく明るいRPG。世界に危機が迫っているはずなのに、全く緊張感を感じないストーリーは作り手側の意図なのか否か…?

コラボの情報が発表された時に、荒廃した東京で戦うFEキャラクター達の姿を想像した私にとって、このダークさを差し引いたペルソナのような雰囲気は非常に物足りないものでした。気軽に楽しめるという側面は確かにありますが、それでもやっぱり心をつき動かす様な核が欲しかった…。

パーティーメンバー全員が芸能人という設定にも最初は違和感を感じましたが、これには一応(結構なご都合主義)理由が用意されていたのでセーフでした。

キャラクターを掘り下げる丁寧なサブストーリーは○

fe5

物足りないメインストーリーに比べて、キャラクターを掘り下げる為のサブストーリーは魅力的で非常に丁寧です。お使いになりがちなサブストーリーへとプレイヤーを違和感なく導入する配慮もグッド!!

特に、斗馬・弥代・バリィなど男性キャラクターのサブストーリーは秀逸でしたね。
弥代の食レポエピソードは必見です(汁舌爆撃・味のバトルロイヤルw)

ただキャラクターが魅力的かつ掘り下げも丁寧だったからこそ、仲間になるまでのサクセスには説得力を持たせて欲しかった…。ここもメインストーリーの至らなさを感じてしまうポイントです。

楽しくなるまでに時間がかかりすぎる戦闘システム

fe2

エリア移動時・エンカウント時など地味に長くて頻度の多いロード地獄が軽いジャブを繰りだしつつ、拡張するまで退屈で単調な戦闘システムで序盤は正直なところ辛かった…。

このゲームの戦闘システムが面白くなるのは、「セッション」「スペシャルパフォーマンス」「デュオアーツ」「アドリブスキル」など徐々にアンロックされていく拡張要素が揃ってからです。
少しずつできる事が増えていき、尻上がりに楽しくなっていくのは悪くないですが、ちょっと危険な作りだなとも感じましたね…。(途中で飽きてしまう可能性大)

中でも仲間の行動に対応して連撃がつながっていく「セッション」は非常に重要で、これを如何に継続させるかがバトル常勝の鍵となっています。また、3連撃以上のセッションは”ぶんどり”(アイテム奪取)効果があるので、積極的に狙う事で金銭(アイテム)的な面でも有利になるのもポイントですね。継続のモーションがキャンセルできないのでバトルが間延びしてしまうというジレンマはありますが、これは許容範囲だと思いたい…。

豊富なようでバラエティーの乏しい成長システム

fe6

戦闘や宝箱から入手した素材を消費してカルネージ(武器)を生成し、その武器によって耐性やスキルなどを拡張して行くのが、このゲームの主な成長システムです。ある種、全てのパーティーメンバーがペルソナで言う所のワイルド(主人公)のような位置づけではあるのですが、武器の付け替えだけではビジュアル的変化が乏しく、やっぱり物足りない。

せめて主人公だけでもFEキャラクターを付け替えれる正にワイルドの性質を持っていても良かったかもしれません。武器の種類自体は多いのですが、ストーリーの進行上で入手できる素材は限られているので、選択している感覚が薄いのも勿体無い感じがしました。

二つの人気タイトル…コラボした価値は果たしてあったのか!?

大人気タイトルのコラボ作品という事もあり、それ相応のハードルの高さはあったと思います。そんなハードルがあったにも関わらず、両シリーズからのプレッシャーに怯むことなくマイウェイを直走った姿勢はただただ凄い…(ほめ言葉かどうかは微妙なところ…)

RPGとしては安定して楽しめるが、ペルソナやファイアーエムブレムの息吹を求めての購入は正直厳しく、特に古参ファイアーエムブレムファンは憤慨する可能性すらあるので、十分に注意して欲しい。

ラストのあるイベントを見た時にあぁ、やっぱりこのゲームはバカゲーだったのだなぁ~と納得&安心できた私はそれ相応に訓練されていたということだろう…。

WiiUで明るいRPGがプレイしたい…
細けぇ事はいいんだよ…難しい話とかいらない

そういった願望がある人なら楽しめるので安心して突撃してくれてOKです。

きゃすとのオススメ:
Amazon:幻影異聞録♯FE
SPONSORED LINK

関連記事

【FINAL FANTASY XV(ファイナルファンタジー15):評価・レビュー】オープンワールドによって得たものと失ったもの…

『ファイナルファンタジーヴェルサスXⅢ』として発表されてから約10年。プロジェクト名を変え、

記事を読む

【ポポロクロイス牧場物語 評価/レビュー】ポポロ好きは楽しめるが牧場ファンにはオススメできない普通のRPG

「ポポロクロイス物語」と「牧場物語」、2つの「物語」を冠する人気シリーズが夢のコラボを果たし

記事を読む

【ドラゴンクエストヒーローズ2 評価・レビュー】シリーズファンにオススメの良質アクションゲーム

すっかり大人気タイトルとして定着した『ドラゴンクエストヒーローズ』シリーズの第二作『ドラゴン

記事を読む

【ドラゴンクエストヒーローズ】クリアレビュー・評価 《無双》ではなくタワーディフェンス要素強めのアクションゲーム

「スクウェア・エニックス」と「コーエー」がタッグを組んだ「ドラゴンクエスト」シリーズ最新作

記事を読む

【ネタバレなし】『人喰いの大鷲トリコ』評価・レビュー《言葉でなく心で繋がるアクションアドベンチャー》

『ICO』『ワンダと巨像』の上田文人氏とそのスタッフたちが7年以上もの時をかけて完成させた『人喰

記事を読む

【PS4:グラビティデイズ2評価・レビュー】 和製オープンワールドアクションの傑作!

2012年の日本ゲーム大賞を受賞した『グラビティデイズ』の続編、『グラビティデイズ2重力的眩

記事を読む

【PSvita:『イース8』評価・レビュー】シリーズ屈指 アクションRPGの名作誕生 本当に面白いゲームがここにある!

イースシリーズ最新作『イースⅧ ラクリモサ・オブ・ダーナ』をクリアしました。イースシリーズと

記事を読む

【多人数プレイ推奨のB級アクションゲーム《ブロフォース》評価・レビュー】映画好き必見のギリギリスター大集合!版権は大丈夫か!?

友人に勧められるがままコテコテの洋ゲーアクション『BRO FORCE(ブロフォース)』をホイホイ

記事を読む

【面白さ期待超え《ニーアオートマタ》評価・レビュー】世界観とストーリーを楽しむアクションRPGの傑作!

幻想的な灰色な世界観と型破り過ぎる物語とギミックの数々で、ある種の伝説を作り出した「ニーア」

記事を読む

【PS4・ADV】『ライフイズストレンジ』評価・レビュー 苦渋の選択が胸を打つ、「時間もの」アドベンチャーゲームの名作を見逃すな!

フランスのゲームスタジオ『DONTNOD』が開発して『スクウェア・エニックス』が日本向けにロ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

【MTGアリーナ】新イベントルール解説「Kibler’s Giant Monsters」:4マナ以上のクリーチャーを唱える度に1ドロー!

現在、「MTG ARENA」では、新イベント『Kibler's

【スマブラSP攻略】VIPマッチ解放条件:VIP部屋はキャラ別!「世界戦闘力」のボーダーは日々上昇している

強者が集うオンラインバトル…「VIPマッチ」の仕様について解説した

【スマブラSP】隠しキャラクター解放方法・条件!勝ちあがり乱闘・キャラ別アンロック表

スマブラSPの隠しキャラクターのアンロック方法をまとめた記事です。

【MTGアリーナ】新イベントルール解説「NOX’sCASCADE」は《大渦のきずな》の紋章を持った状態でゲームスタート【続唱】

現在、「MTG ARENA(mtgアリーナ)」では、新イベント

【ゲームサントラ新発売情報】FE封印の剣&烈火の剣・レイジングループ等【2018/12月発売ゲーム音楽CD一覧】

2018年12月の新作ゲームサントラ発売情報をお知らせします。

【フォールアウト76攻略】ターミナルハッキングのやり方・方法を解説!神経衰弱みたいなもんですよ

「フォールアウト76」のターミナルハッキングの方法について解説して

【フォールアウト76攻略】レベル上げ・経験値稼ぎオススメポイント「ホワイトスプリング・ゴルフクラブ」

レベル上げ・経験値稼ぎに悩んでいる人に最適なオススメスポットを

【スマブラSP】メインテーマ曲「命の灯火」ボーカル担当は「古賀英里奈」!歌うま王に出てた現役女子高生シンガー!

衝撃的なPVと印象的なテーマ曲でファンたちを熱狂させた『大乱闘

→もっと見る

PAGE TOP ↑