【モーテ-死を謳う楽園の子-感想】縹けいか著/イラスト「カズキヨネ」の最強タッグ再び!赤毛のイケメン青年ダンテが目印!

公開日: : 読書 , ,

DSCF3925

縹けいか先生の最新作「モーテ-死を謳う楽園の子-」を読了しました。

ナンバリングされてはいませんが、「モーテ-水葬の少女-」の続編に当たるお話なので、そちらを先に読む事をオススメします。「水葬の少女」は表紙が素っ裸の女子だったので買いにくかったが、2巻は赤毛のイケメンが表紙で買いやすいぜ!

関連記事:【モーテ-水葬の少女-/感想・レビュー】

SPONSORED LINK

「モーテ-死を謳う楽園の子-」

DSCF3927

あらすじ
遺伝子の罠――数万人に一人が罹り、必ず十代の内に自殺へと追い込む奇病・モーテ。小説家志望の青年・ダンテは、モーテを患う子らを収容するホテル・グラ ティアでアルバイトとして働くことになる。どんなに不穏で陰湿な場所かと不安を感じていたが、そこで出逢ったのは天真爛漫な少女・アミヤだった。グラティ アで暮らすモーテの子らは皆前向きで、死を予感させるようなこともなく、平穏な日々を送っていた。しかし、安寧の日々は一瞬にして崩れ去る――ある少女の 自殺によって。しかもその自殺には不審な点が多く、ダンテは真相を追及し始める。果たしてそれはモーテによる症状か、陰惨な他殺か、それとも……? モー テの子らが望む“命の使い道”とは――?

「水葬の少女」は孤児施設『ドケオー』が舞台でしたが、「死を謳う楽園の子」はモーテを患う子らを収容するの為のホテル『グラティア』が舞台となっており、主人公も小説家志望の「ダンテ」という新キャラクターです。(小説家志望でダンテって名前は確かに酷である。)

ホテルというだけあって、『ドケオー』と比べると施設全体に漂う雰囲気は優しいものになっており、そこに暮らす人達も笑顔に満ち満ちています。

あとがきに書かれているように前作とはずいぶん表情の違う作品に仕上がっていました。ライトノベルらしさを追求して苦悩されたようですが、先生のスタイルを崩す必要はないと思います。読者はこれを求めている。少なくとも私はそうだ…。

前作のキャラクターも勿論登場します

DSCF3930

「水葬の少女」からおおよそ一年後のお話。

前作のキャラクターである「アラン」・「ドゥドゥ」・「マノン」は勿論。前作の途中で『ドケオー』をあとにした笑顔眩しいチョコレート少女「アミヤ」も登場します。「ドゥドゥ」と「マノン」は一歩引いた立ち位置ではありますが、「アラン」と「アミヤ」はバリバリのメインキャスティングです。

「ダンテ」を取り巻くキャラクター

DSCF3928

  • アミヤ
    ダンテが「グラティア」にやってきた日に最初に言葉を交わした相手。「モーテ」という逃れぬ運命にありながら、その眩しい笑顔に偽りはなく、周りをも明るくするムードメーカー。
  • アラン
    前作のもう一人の被害者であり加害者でもある色々と複雑な立ち位置のキャラクター。本作では何故か「グラティア」のキッチン担当に就任している。
  • シュエリー
    「グラティア」の責任者で黒髪が美しい麗人。容姿とは裏腹に発せられる言葉にはどこか棘があるが、裏表がなくハツラツとしていてみんなから慕われている。
  • ジラ
    大きなメガネが印象的な大人しい女の子。「グラティア」の中では年長者なので、いつもみんなの世話を買って出ている。今度開かれる地元の方との交流会の出し物で劇を予定していて、その脚本を書いているようだが…。

この答えのない問題にどう決着をつけるのかに期待

最初に述べたように前作とは物語の方向性がずいぶん変化したように感じます。それは一つの問題が解決した事により様々な事が好転している結果でもあるのですが、それだけではなく。「モーテ」という説明不可能な病を患っている子供達との接し方、未来について考えさせられる始まりのお話でした。

「死を謳う楽園の子」自体のストーリーはこの一冊で完結していますが、『モーテ』という物語はまだまだ終わりません。

色々と言いたいことはあいますが、『エピローグ、そしてプロローグ』にはしてやられました。
あんなの反則だよ~(これは「英雄伝説Ⅳ空の軌跡FC」をやった後と同じ感覚に似ている…。)

ここから本格的に『モーテ』という病を主題にもってくるのであれば、「この答えのないであろう問題にどう決着をつけるのか!?」が、楽しみでもあり不安でもあります。
まぁ、先生ならうまくやってくれるよね!

死生観や本当の優しさについて考えさせてくれる良書です。
そこまで暗い話でもないので安心して読めるはず!?

Amazon:モーテ

SPONSORED LINK

関連記事

【メタルギアソリッド ピースウォーカー】 ゲームとは違う、もう一つの「メタルギア」

みなさんはゲームのノベライズ本ってお読みになりますか? ノベライズ作品って結構ハズレも多い

記事を読む

【荒木飛呂彦の漫画術 ・オススメ関連書籍】奇妙な映画論と映画の掟にはジョジョのルーツが詰まっている!

2015年4月17日に荒木飛呂彦先生の新刊「荒木飛呂彦の漫画術」が集英社新書から発売されます

記事を読む

「デビルサマナー 葛葉ライドウ対コドクノマレビト」特別冊子 コミカライズ作品の最高傑作!

以前、ゲームのノベライズ作品は「MGSPW」の記事で話題にしましたが、今回はゲームのコミカライズ

記事を読む

『荒木飛呂彦の漫画術・評価レビュー』「ジョジョの奇妙な冒険」を生み出す企業秘密が明らかに!?

集英社新書4月の新刊『荒木飛呂彦の漫画術』を購入・読了しました。 先生のファンであり、

記事を読む

【ジョジョリオン最新刊感想】定助vs常敏・ランボルギーニを賭けたクワガタ対決開始!

「ジョジョの奇妙な冒険.第8部」にあたる、「ジョジョリオン」の最新刊を購入・読了しました。

記事を読む

【モーテ-水葬の少女-/感想・レビュー】「ファタモルガーナの館」の『縹けいか』小説デビュー作!

今年は少しでも積み本を消化していこうという事で、【モーテ-水葬の少女-】を読みました。タイトルに

記事を読む

【ファタモルガーナの館・感想】コミックス第1巻は女中さんと白い髪の娘の表紙が目印!

秋田書店の女性向けミステリー雑誌『ミステリーボニータ』にて好評連載中の「ファタモルガーナの館

記事を読む

【コロコロの名作人気マンガ:『あまいぞ!男吾』が帰ってくる】姫子と操が可愛いMoo.念平先生の傑作!

『コロコロコミック』 それは、昔から変わる事のない少年たちのバイブルである。 それぞれの

記事を読む

【弟の夫・感想/レビュー】「布団敷こう、な!」で有名な田亀源五郎先生の一般誌初連載作品!

「布団敷こう、な!」で有名な田亀源五郎先生の一般誌初連載作品『弟の夫』を購入・読了しました。

記事を読む

【ピコピコ少年SUPER・ハイスコアガール作者「押切蓮介」最新コミック】僕たちを支えてくれるのはいつもゲームだった…。

「ハイスコアガール」や「ゆうやみ特攻隊」などの漫画で有名な『押切蓮介』先生の自伝的コミック「ピコ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

管理人超オススメの一本!

【ギルティギアイグザードレヴツー初回特典サントラ収録曲一覧】梅喧やディズィーステージ等、追加楽曲入り!

注文予約し忘れていたっていう大失態に先程気づき、急ぎお店にダッ

【PSVITAで遊ぶホラーADV「死印」体験版レビュー】ビジュアル・音楽による恐怖演出は良好…

2017年6月1日に【PSVITA】で発売予定の『死印(しいん

【アモンケットスタン:ゲームデーは何デッキを使う?】霊気池・ゾンビ・黒緑エネルギー・機体・コントロール 他

今週末はゲームデーって事で… 当日使用するデッキの傾向とプラ

【アモンケットスタン:黒単ゾンビデッキの強みと弱み】ショーダウンでの使用感レポート

今流行りの「黒単ゾンビ」デッキでスタンダードショーダウンに参加

【スマホで遊べる本格RPG:アナザーエデン評価・レビュー】クロノトリガー好き集まれ!初めてオススメできるスマホのロープレだ

【iOS版/Android版】が絶賛配信中のシングルプレイ専用

【アモンケット新スタン:赤黒ハゾレトアグロデッキ使用感】街の鍵がマジで強い!

《守護フェリダー》が禁止された事によって大激変のスタンダード

【タンスのゲン低反発ゲーム座椅子:購入レビュー・感想】ゲーマーの腰と尻を守る!

〈タンスのゲン 公式サイトからの画像引用〉 2017年の頭位にま

【MTG最新パック:アモンケット1ボックス開封録】マスターピースの《Force of Will》が欲しいです(願望)

タイトルからこれだけの強欲さを見せつけたら逆に物欲センサーを誤

→もっと見る

PAGE TOP ↑