【妄想戦記 ロボット残党兵】熱いロボット漫画が読みたい人にオススメ!「三船」は理想の主人公像!

公開日: : 読書 , ,

DSCF2674
新年早々、心に残る漫画と出会った。以前から気にはなっていたが中々手に取る事ができなかった漫画「妄想戦記 ロボット残党兵」だ。

2007年から2011年にかけて『月刊COMICリュウ』にて連載され、単行本全5巻。正直、『月刊COMICリュウ』自体、書店で見かける事は稀です。

そんなある意味レアな漫画を今回はご紹介したい。

SPONSORED LINK

「妄想戦記 ロボット残党兵」とは?

DSCF2671

第一次世界大戦後、傷ついた兵士の救済のために失われた体の一部を機械で補う技術が発達した。やがて、それは全身を機械化する技術へと発展することになり、各国で極秘に戦闘用の機械化人間の開発が進められることとなった。第二次世界大戦中に開発されたサイボーグである機械化人間達の苦悩や葛藤を描く架空戦記。
引用 – Wikipedia

状況を把握するのが困難に感じるほど、荒削りな作画。
一見、荒唐無稽で勢い任せに感じるストーリー。

決して、万人受けする作品では無いだろう。しかし、私はこの作品に強く惹かれてしまった。
「それは何故だろう?」と考えた時、答えは自然に理解できた。

この作品には『心』がある、作者の『魂』を感じる。

作者「横尾公敏

ゲーム製作会社・フリーデザイナー・編集プロダクションなど、15年のサラリーマン生活後に、脱サラをして漫画家に転身!現在は『月刊少年チャンピオン』にて「百人の半蔵」を連載中!独特の作風と世界観で突っ走る新進気鋭の漫画家

魅力的なキャラクター達

世界各国の「機械化人間」が登場する本作。全体的に鉄臭く、咽返りそうなビジュアルのキャラクターが多い。しかし、機械の体であるはずの彼らは生身の人間よりも人間味に溢れているのだ。

私のイチオシ「機械化人間」はやっぱりこの二人だな。

主人公「三船 敬三」

DSCF2673
日本が首都防衛を目的として開発した『機械化人間』の初期28体の内の1体である。不治の病により、余命幾ばくも無い状態だったが、妻の「千代」と一人娘の「春子」を残して逝くわけにはいかないという一心から、脳以外を機械化する『機械化人間計画』に自ら志願する。自身も元機械化人間研究者だった為、体はかなりの特別製である。

主人公「三船」は私が主人公に求める要素を「欲張りすぎだろ!」って感じるほど兼ね揃えている。最初はビジュアル的に物足りなさのようなものを感じていたが、読み進めていくうちにこの洗練されたデザインが大好きになっていった。読み終わったときにはもう「三船」のファンになる事間違いなし!体は機械になろうとも、誰よりも愛と友情に忠実に生きた日の丸人「三船 敬三」が私は大好きだ。

 秘密警察「森 正一」

DSCF2679
秘密警察所属の機械化人で最終階級は秘密警察庁長官。外見から厳しい印象を受けるが、忠義や恩義を重んじる部下思いのナイスガイ。対機械化兵戦闘刀を主に使用しているが、手首から分離する仕込ナイフや胸部に爆薬を仕込んだ短刀など様々な武器を搭載している。「三船」と並ぶほどの使い手。

作者の成長が作品から感じられる

確かに最初は荒削りな作画なのです。しかし、巻数が進むごとにゴリゴリとうまくなっていき、『4』・『5巻』あたりになると違和感はなくなります。「三船」や「森」がガシガシ動くと読んでいるコチラも思わずうれしくなってしまいます。これは好みだとは思うのですが、最初から洗練されている物よりも、その過程で練度が増していくのを体感できる創作物って個人的に大好物なんですよね。

不満点は、終盤の早足感が勿体無く感じた事くらいですかね、もう少しゆっくり余裕を持って締めても良かった気はします。結構、意外な終わり方をしますが、これに関しては満足してます。

パラレル世界を描いた【零】

DSCF2670
タイトルが【零】となっているので、若干紛らわしいですが、別に前日譚ではありません。「ロボット残党兵」のプロトタイプである作品に大幅な加筆と修正を加えたもので。より深く機械化人間の心の葛藤と苦悩にスポットを当てた作品になっています、結構重めです。

終戦後を描いた続編「大昭和怪人伝」

DSCF2669
終戦後の東京を舞台に探偵「三船 敬三」が大活躍!読みきりタイプの短編が8話収録されています。「三船」以外の人気キャラクター達も大活躍します!これは良いファンサービスだ!!

特に、『機械化人間』の痴呆問題を描いた「幻影軍人06号」と『森』が子供を拾う「逃亡少年」がお気に入り!「森」のおでん食べてみたいなぁ~。(「苦労したぞ味もわからんこの舌で作るのは」って台詞が最高だ!)

試し読み:「幻影軍人06号」

熱く男臭いロボット物が読みたい人にオススメ!

DSCF2672
この作品には斬新なギミックや華やかさは微塵もありません。

「硝煙の匂いと鉄臭さを感じる『ロボット漫画』を読みたい!」ただひたすら、その需要に答えている漫画なのです。そんな願望をお持ちの方がいらっしゃいましたら、問答無用でオススメしますね!

アニメ化とかすればいいのになぁ~。
amazon:ロボット残党兵

SPONSORED LINK

関連記事

DSCF4478

【綾村切人初のオリジナル連載作品「イヌカイ×トライブ」発売記念!】葛葉ライドウやレッドガーデンなどの既刊本を振り返る!

私が敬愛する綾村切人先生の新刊『イヌカイ×トライヴ』の1巻が発売になりました。 『ガン

記事を読む

DSCF4273

【コロコロの名作人気マンガ:『あまいぞ!男吾』が帰ってくる】姫子と操が可愛いMoo.念平先生の傑作!

『コロコロコミック』 それは、昔から変わる事のない少年たちのバイブルである。 それぞれの

記事を読む

DSCF3462

【僕のヒーローアカデミア3巻購入・感想】雄英体育祭開催!爆号・轟・緑屋の三つ巴対決

週間少年ジャンプで大人気連載中の『僕のヒーローアカデミア3巻』を購入・読了しました。

記事を読む

DSCF1931

「デビルサマナー 葛葉ライドウ対コドクノマレビト」特別冊子 コミカライズ作品の最高傑作!

以前、ゲームのノベライズ作品は「MGSPW」の記事で話題にしましたが、今回はゲームのコミカライズ

記事を読む

DSCF3661

『荒木飛呂彦の漫画術・評価レビュー』「ジョジョの奇妙な冒険」を生み出す企業秘密が明らかに!?

集英社新書4月の新刊『荒木飛呂彦の漫画術』を購入・読了しました。 先生のファンであり、

記事を読む

DSCF4980

【飯マンガの名作再び:孤独のグルメ2・感想/レビュー】18年振りにゴローさん食って食って食いまくる!

松重豊氏が食って食って食いまくる深夜の飯テロドラマ『孤独のグルメ』。10月2日からは新シリー

記事を読む

DSCF3066

【ジョジョリオン最新刊感想】定助vs常敏・ランボルギーニを賭けたクワガタ対決開始!

「ジョジョの奇妙な冒険.第8部」にあたる、「ジョジョリオン」の最新刊を購入・読了しました。

記事を読む

DSCF1650

【僕のヒーローアカデミア】ヒロイン「麗日お茶子/うららかおちゃこ」が可愛い!話題のコミック一巻を購入してみた。

週刊少年ジャンプで大人気連載中の「僕のヒーローアカデミア」 話題のコミックス第一巻を購入レビュ

記事を読む

DSCF3822

【悪魔絵師・金子一馬のイラスト】新紀元社さん、画集の4巻はいつ発売予定でしょうか…。

みなさんは設定資料集や画集って購入しますか? 私は紙に印刷されたイラスト集や設定資料集が大好き

記事を読む

DSCF2806

【話題のグルメ漫画・ダンジョン飯】単行本一巻感想・レビュー「モンスター料理・オススメ調理法教えます!」

ネットを中心に話題沸騰中のコミック「ダンジョン飯」 話題になりすぎて、どこに行っても品切れ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

yu-gi
【遊戯王デュエルリンクスが面白い!】漫画やアニメの遊戯王が好きだった人にオススメの簡単デュエルアプリ!

2016年11月17日より国内でもサービスが開始された『遊戯王

woff
【PSvita版】《ワールドオブファイナルファンタジー》イベントボイスデータ導入方法【WOFF】

FF15まで少し時間が出来たので中継ぎとして『ワールドオブファ

beruseruku
【ベルセルク無双:評価・レビュー】あらすじを辿るには最適!?キャラゲーとしては物足りなさを感じる作品

どうも、好きな漫画が尽く不定期連載になってしまう管理人”きゃす

yume
【ガンヴォルト爪:ボーカルCD『夢現の青』】電子の謡精”モルフォ”のセカンドアルバム!

皇神グループのバーチャルアイドル”電子の謡精”モルフォのセカンドア

bro
【多人数プレイ推奨のB級アクションゲーム《ブロフォース》評価・レビュー】映画好き必見のギリギリスター大集合!版権は大丈夫か!?

友人に勧められるがままコテコテの洋ゲーアクション『BRO FORC

p5
【P5(ペルソナ5)評価・レビュー】ビジュアル・音楽・ストーリー・操作性の全てが高水準で纏まったRPGの傑作!

8年ぶりのナンバリング最新作「ペルソナ5」をようやくクリアしま

kaladesh
【MTG最新ブースター:『カラデシュ』1ボックス開封】チャンドラPWデッキで炎の鞭打ちも回収しました!

MTG最新ブースターパック『カラデシュ』が発売になりました。通称神

futarino
【シリーズ最終章『うたわれるもの二人の白皇』評価・クリアレビュー】数多の伏線を回収するシリーズ完結作!ネタバレなし

『うたわれるもの』シリーズ最新作にして最終章『うたわれるもの

→もっと見る

PAGE TOP ↑