【DQライバルズ・テンポゼシカ対策】《ようじゅつし》に要注意!「サイレス」等封印カードをうまく使っていこう!

公開日: : 最終更新日:2018/07/28 DQライバルズ

少し間が空いてしまいましたが、前回取り上げた「ゼシカ攻略」第二弾【テンポゼシカ編】です。

「回復」、「ステルス」が有効だった【アグロゼシカ】と一部被る部分はありますが、決定打になるような対策ポイントが少しずれているのが【ゼシカデッキ】の厄介な所です。

双方に対応できるデッキ構築を目指す為にも相手の苦手を熟知しておく必要があります。

(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)SUGIYAMA KOBO

SPONSORED LINK

【テンポゼシカ攻略】《ようじゅつし》が機能し出すと負けが濃い!

《ようじゅつし》

MP5/攻撃3/HP6
自分が特技を使う度ランダムな敵1体に2ダメージ

 

盤面が構築出来ていない状態で出される《ようじゅつし》に要注意!…というか、【テンポゼシカ】は、《みならいあくま》、《メイジキメラ》、《ようじゅつし》等、維持されるだけで相手にプレッシャーをかけ続けゲームエンドまで持っていけるモンスターをうまく処理できるかが勝敗を分けます。

勿論、こういったカードを活かす為の構築とプレイングを相手は心がけて来る訳ですから、構築の噛合い、引きの悪さ、プレイングの甘さ等が積み重なると簡単にコロコロされちゃうって訳です。

危険なモンスターは多いですが、中でも《ようじゅうし》だけは絶対に機能させてはいけない。これだけはどんなデッキを使っていようと”絶対”です(まぁ、HP6もあるかキチンとやっててもきついんですけどねw)

Step1:サイレスなど「封印」持ちが活きて来る!

  《サイレス》

MP4/攻撃4/HP3
召喚時:ユニット1体を封印する

 

HP6の《ようじゅつし》を一枚で処理できるデッキは結構限られています(ミネアの《アルカナバースト》やククールの《ザキ》等)。

しかし、《サイレス》を使用すれば、厄介な《ようじゅつし》の能力を「封印」によって封じ込める事は可能です。

《りゅうおう》避け等、他のデッキ相手にも有効ですし、《サイレス》の評価は最近うなぎ登りな感じがします。4/4/3のサイズも素晴らしいね☆

Step2:HP1は《イオ》で一掃される可能性高し!

  《イオ》

MP2
全ての敵ユニットに1ダメージ

 

【アグロゼシカ】との最大の違いとしては、《ヒャド》や《イオ》等、1ダメージ系呪文も多く採用されている事が挙げられると思います。

【アグロゼシカ】だとHP4、6が大きな強みになっていましたが、【テンポゼシカ】相手にはHP1にならないというのが大きな意味を持ってきます。

これは、元々HP1のモンスターを構築段階で減らす事やそれらを複数体並べない等のプレイングに繋がって来る要素です。

《イオ》一枚で2枚、3枚のモンスターを同時に処理されるような状況はかなり危険だと考えた方がいいでしょうね。

Step3:相手の消耗を誘うようなプレイングを心がける

《はぐれメタル》

 MP3/攻撃2/HP2
速攻/メタルボディ

 

自分の盤面にモンスターが存在する状況下で《はぐれメタル》をモンスター処理用で走らす状況下だとHP1複数発生が起こりやすいです。

盤面に生物を残す事は勝利への近道ですが、《イオ》の気配を感じる、《イオ》一枚でまくられる状況が発生するetcって場合は少し手を止めて考える必要がありますね。

まぁ、でも《はぐれメタル》は処理しつつ《イオ》を引き出してくれるカードとしてはかなり有用なので、相手のディスアドを誘う手段としてはかなりのものです。上手く使えば相手との有利不利を逆転する程のパワーカードだと思います。

Step4:アグロゼシカと違い間延びした際のパワーカード採用も想定される

《バラモス》

 MP8/攻撃6/HP7
特技ダメージ+3
死亡時:次に召喚するユニットのコスト-4

 

相性が抜群という事もあり《バラモス》等の高コストカードを採用しているタイプのデッキも存在します。…というか結構多い気も?

消耗戦に弱い事もあり、弱点を補う為に《バラモス》以外の高コストカード(シドー、りゅうおう、グラコス等)を採用しているパターンもあるので時間をかけ過ぎるのも考えもの。

ここら辺は相手もメタを掻い潜る工夫をしてくるのでその都度対応していくしかないですけどね…。

HP6を一枚で処理できる。継続的にアドを稼げるデッキがオススメ

本文中にも書いたように、HP6を処理できるカードを持ち継続的にアドを稼げたりライフを守りやすいデッキだとかなり対処しやすい印象です。

具体的に言うと、【奇数ミネア】とか【ミッドレンジテリー】とかが良いかな?

環境にテリー使いが多い理由が何となく見えてきましたね…( ˘•ω•˘ )

SPONSORED LINK

関連記事

【DQライバルズ】闘技場の連勝報酬は美味しいが時間拘束が凄すぎる!流石に最大12戦は多すぎる(笑)

皆さん「ドラゴンクエストライバルズ」エンジョイしていらっしゃるでしょうか? まだプレイ

記事を読む

【DQライバルズ】《ガボ》の強さはとにかく絶妙!便利だが必須ではない微妙な立ち位置【カード評価】

レジェンドカード《ガボ》のカード評価・シナジーに関する記事です。 召喚時にでるオオカミ

記事を読む

【DQライバルズ】《アンルシア》はパワーカードに対する抑止力!しかし攻撃力4という聖域も存在する!【カード評価】

レジェンドカード「アンルシア」のカード評価・シナジーに関する記事です。 攻撃力5以上の

記事を読む

【DQライバルズ】《グラコス》は純粋に強いパワーカード!《シドー》や全除去は普通に苦手【カード評価】

レジェンドカード「グラコス」のカード評価・シナジーに関する記事です。 召喚時に味方を3

記事を読む

【DQライバルズ】《ゾーマ》はトップドローの可能性を摘む王手カード!《アンルシア》は苦手です【カード評価】

レジェンドカード「ゾーマ」のカード評価・シナジーに関する記事です。 召喚時に闇の衣を得

記事を読む

【DQライバルズ】テリー等速いデッキ相手には《ガチャコッコ》や《さまようよろい》がオススメ!

『ドラゴンクエストライバルズ』面白いっすね!(直球) 筆者は現在プラチナランク周辺をウ

記事を読む

【DQライバルズ】《わたぼう》は強すぎる?優秀なカードだけど使い所は重要です【カード評価】

レジェンドカード「わたぼう」のカード評価・シナジーに関する記事です。 ターン終了時にカ

記事を読む

【DQライバルズ・アグロゼシカ攻略】《亡者のひとだま》に要注意!「回復」や「ステルス」が超重要!

「ゼシカに勝てなくて萎え」って人が結構多い様なので、【ゼシカ攻略】的なものを考えてみました。

記事を読む

【DQライバルズ】レジェンド達成「トルネコ」デッキレシピ!環境がら「りゅうおう」が強い?

何だかんだでレジェンドになるまで夢中になってしまった…(笑) 本日は、レジェンドを達成

記事を読む

【DQライバルズ】《シドー》と《ゾーマ》はセットで使え!《りゅうおう》だけは勘弁な!【カード評価】

レジェンドも達成してのんびりモードに入ったので、個別のカード評価記事をガツガツとUPしていけ

記事を読む

Comment

  1. エテポンゲ より:

    はじめまして。エテポンゲと申します。ようじゅつしのページ
    http://subculchan.com/dq%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%90%e3%83%ab%e3%82%ba/youzyutu/
    でstep4がバラモスの紹介で何故かカードの横の説明文がガチャコッコになっています。
    駄文失礼しました。

エテポンゲ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

【ネタバレ注意】FE風花雪月・ヒルシュクラッセ編感想:相棒(クロード)と共に歩む同盟ルート!《2周目》

「ファイアーエムブレム風花雪月」の2周目(ヒルシュクラッセ)を

【小島監督最新作「デスストランディング」新情報】立ちションしたり赤ちゃんをあやしたり【放尿システムワロタ】

現在開催中の「gamescom2019/ゲームズコム2019」

【MTGアリーナ・激変スタンダードデッキレシピ】5C再誕二ヴ新生化デッキで6勝しました!

新イベント『ドミナリア-激変スタンダード』を緩々っと遊んでみた

【MTGアリーナ・シングルトン】白黒ベルゼンロックデッキレシピ・白黒騎兵を足しただけ感

現在(2019/8/12)開催中のイベント『アモンケットーーシ

【ネタバレ有・ドラクエ映画レビュー】ユアストーリーは本当にくそ映画・駄作なのか?

ネット・SNS上で悪い意味で話題になっている「ドラゴンクエスト

【MTG・宝物構築】「波乱の悪魔」で波乱を齎す赤黒アグロ!1ターン目「戦慄衆の解体者」の恐怖!

現在開催中(2019/8/6)の宝物構築イベントで使用したデッ

『ギルティギア』シリーズ最新作発表!相変わらずビジュアルで魅せてくれますねぇ!

EVO2019にて、『ギルティギア』シリーズ最新作が発表&PV

【ネタバレ注意】FE風花雪月・アドラークラッセ編感想:エーデルガルドが凛々しく可愛すぎる帝国ルート《1周目》

「ファイアーエムブレム風花雪月」の1周目を終えたので、いつも通

→もっと見る

PAGE TOP ↑