【DQライバルズ】《わたぼう》は強すぎる?優秀なカードだけど使い所は重要です【カード評価】

公開日: : DQライバルズ

レジェンドカード「わたぼう」のカード評価・シナジーに関する記事です。

ターン終了時にカードをドローできる置物系モンスターで、その効果は自分だけでなく相手にも及びます。ユーザー評価がやたら高いカードですが、実際の所、その強さはどんなもんなんでしょうか?

放置するとお互いに継続的にドローが+1されるモンスターの実力や如何に?

(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)SUGIYAMA KOBO

SPONSORED LINK

わたぼう(レジェンドカード)

《わたぼう》

MP2/攻撃2/HP2
ターンを終了したプレイヤーはカードを1枚引く

 

出すだけで1回は確実に仕事を遂行してくれるドローモンスターです。

維持すれば維持する程お互いにドローしまくれるので、盤面に残すか残さないかはお互いのさじ加減次第となります。

序盤から消費の激しいデッキで維持して圧力をかけまくる、出して1ドローして返しのターンで殴らせて相手の攻撃の手を弱める、ヘビーコントロールでより盤石にする為のドロー装置とする等々、同じカードでもデッキによってこのカードの立ち回りや役割は大きく違ってきます。

ただ強と評価される事の多いカードですが、個人的にきちんと運用してなんぼのカードだと思ってます。

返しに《はぐれメタル》が走って来ると美味しくない

 《はぐれメタル》

MP3/攻撃2/HP2
速攻/メタルボディ

 

「《わたぼう》が一番苦手とするモンスターって何だろう?」と考えた結果思い浮かんだのが《はぐれメタル》でした。

《わたぼう》の強さって、その処理のされ方にも左右されるところがあると思うんです。

例えば、2ターン目に《わたぼう》を出す、相手は処理を急ぐためにモンスター以外の「特技」カード(ゼシカならメラミ、テリーなら鋼の剣等)を使用する…これなら及第点。

カードを消費している上にMPも使っていて盤面への展開もできていないので、使わせてやった上に盤面フリーで選択肢も自由自在。モンスターがいればキャラを殴れるというマウント状態です。

しかし、この《わたぼう》を《はぐれメタル》で処理された場合は、盤面にモンスターが残った上に今度はコチラがその処理に追われるという、ややヨロシクない状況が出来上がってしまいます。

ちょっとした誤差の様にも感じますが、こういう誤差の積み重ねが勝敗を分かつ。これがカードゲームの本質なので、やっぱりこれは大きいです。

まぁ、《はぐれメタル》を消費させたという考え方もできなくはないんですけどね…(笑)

アグロゼシカ等、序盤に手札を放出しまくるデッキにオススメ

様々なデッキで活躍する《わたぼう》ですが、中でも超速攻型のアグロゼシカデッキとの相性こそ抜群です。

この手の速攻デッキには、ダメージ役となる頭でっかちユニットやシステムモンスターが多く採用されていますが、それらをやり過ごす為に相手は除去を急ぎ激しく消費してくれます。また、《わたぼう》を優先して除去ってきた場合は、こちらは1アドかつダメージ要員は場に残るといういい感じの流れが自然と出来上がります。

まぁ、ゼシカデッキ相手の最速《わたぼう》は私は嫌ですね。まず真っ先に処理しますな。

重めのコントロールよりも速攻型に《わたぼう》を推奨する理由としては、そういうコントロールデッキは自前のアド源を大体持っているからです。まぁ、例外もありますけど《わたぼう》の優先度は、アグロデッキの方がより強い気がします。

アド差が付いて有利な状況で出すのも考え物

〈これ一枚で崩壊するゲームだからね〉

処理されながら展開される《はぐれメタル》の存在やデッキとの相性判断の他に、状況判断も重要な運用判断ファクターになってきます。

例えば、こちらが手札4枚で相手が1枚という状況で《わたぼう》を出すか否か?

相手のデッキにもよりますが、もし相手が重いコントロールデッキでMPが潤沢にある状況ならば私は出しません。

デッキにはそれぞれ得意とする速度が存在し、その状況によってドローの価値も大きく変わるのは当たり前のことです。軽量モリモリデッキの後半の1ドローと重量モリモリデッキの後半の1ドローが等価でないことは誰でも分かりますよね?

まぁ、それも状況とデッキを考慮して最善の択をとる必要があるので一概には言えないんですが、ここら辺は知識と経験則で判断するしかない部分です。

《わたぼう》の総評

《わたぼう》評価点
相性の良いデッキ どんなデッキにもとりあえず収まるカードですが、筆者は高速アグロタイプのデッキでの運用を推奨しています。(特にアグロバーンゼシカ)
総評 ただ強カードに見えて実の所は使い手によって強さが大きく変化する一枚です。吐く時は大胆に吐いて行き、守る時はキッチリ守る。《わたぼう》の扱いはプレイヤーの腕の見せ所と言っても過言ではなにでしょう。
SPONSORED LINK

関連記事

【ドラクエライバルズ】トルネコ(商人)デッキは強いぞ!《つちわらし》に種付けせよ【意味深】

いよいよサービス開始となった『ドラゴンクエストライバルズ』。 初日、二日目は、鯖の混雑

記事を読む

【DQライバルズ・アグロゼシカ攻略】《亡者のひとだま》に要注意!「回復」や「ステルス」が超重要!

「ゼシカに勝てなくて萎え」って人が結構多い様なので、【ゼシカ攻略】的なものを考えてみました。

記事を読む

【DQライバルズ】《アンルシア》はパワーカードに対する抑止力!しかし攻撃力4という聖域も存在する!【カード評価】

レジェンドカード「アンルシア」のカード評価・シナジーに関する記事です。 攻撃力5以上の

記事を読む

【DQライバルズ】闘技場の連勝報酬は美味しいが時間拘束が凄すぎる!流石に最大12戦は多すぎる(笑)

皆さん「ドラゴンクエストライバルズ」エンジョイしていらっしゃるでしょうか? まだプレイ

記事を読む

【DQライバルズ】《りゅうおう》の圧力は異常!死亡保険付きの4/4サイズが超強い【カード評価】

レジェンドカード《りゅうおう》のカード評価・シナジーに関する記事です。 素のサイズはそ

記事を読む

【DQライバルズ】レジェンド達成「トルネコ」デッキレシピ!環境がら「りゅうおう」が強い?

何だかんだでレジェンドになるまで夢中になってしまった…(笑) 本日は、レジェンドを達成

記事を読む

【DQライバルズ・ナーフ情報】《亡者のひとだま》《レッドアーチャー》《マジックフライ》の下方修正が決定しました!

2017年12月9日に実施されるアップで―ドにて、《もうじゃのひとだま》《レッドアーチャー》

記事を読む

【DQライバルズ】レジェンド達成「ミネア」デッキレシピ!《隠者のタロット》が強楽しい!!

関連記事: 【DQライバルズ】レジェンド達成「トルネコ」デッキレシピ! 前シーズンは「

記事を読む

【DQライバルズ】《ガボ》の強さはとにかく絶妙!便利だが必須ではない微妙な立ち位置【カード評価】

レジェンドカード《ガボ》のカード評価・シナジーに関する記事です。 召喚時にでるオオカミ

記事を読む

【DQライバルズ】《シドー》と《ゾーマ》はセットで使え!《りゅうおう》だけは勘弁な!【カード評価】

レジェンドも達成してのんびりモードに入ったので、個別のカード評価記事をガツガツとUPしていけ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

【MHW:歴戦王ゾラマグダラオス攻略/弱点&倒し方】落石、大砲、拘束弾、撃龍槍、使えるものは何でも使え!!

気付いたら歴戦王ゾラ・マグダラオスの配信日になってた(驚)。

【MTG】ゴルガリ(黒緑)対策に《トカートリの儀仗兵》はいかが?《チュパカブラ》《拾売人》《疫病造り師》を一気にメタれ!

【ゴルガリ(黒緑)】が強いと一つ前の記事でお伝えしましたが、本日は

【MTG】《ゴルガリの拾売人》が強い!《チュパカブラ》や《最古再誕》を回収するゲロゲロムーブ!

〈リミテの時に感じた《拾売人》の強さはやはり本物だった!〉 リミ

【MTG】《絶滅の星》と《真火の隊長》を使ったコンボ!20点火力が相手プレイヤーを襲う!【即死技】

《絶滅の星》が局地的に話題になっているという情報をキャッチ!

【MTG】ゴルガリ《陰惨な生類》デッキが面白い!《野茂み歩き》育成計画や《疫病造り師》の純粋な強さ!【123リアニ】

【123リアニ】の名称で有名(?)な《陰惨な生類》を本日はご紹介し

【MTG】《実験の狂乱》が面白い!《遁走する蒸気族》や《危険因子》との相性が凄まじいですね

『ラヴニカのギルド』が発売されて数日経ちましたが、使用するデッキの

【ロックマン11攻略】ボスに有効な弱点武器一覧・ボスラッシュもこれで楽勝!

『ロックマン11』のボスに有効な弱点武器(特殊武器)を解説した

【PS4『ロックマン11』評価・クリアレビュー】昔ながらの難しさと面白さ!二つのギアを駆使する横スクロールアクション!

「ロックマン」シリーズ最新作『ロックマン11 運命の歯車!!』をク

→もっと見る

PAGE TOP ↑