【グウェント7月4日公開最新アップデート内容の感想】天候弱体化は妥当。でもエレディンが心配です。

公開日: : グウェント

グウェントjp公式twitterより画像引用

『グウェントウィッチャーカードゲーム』の最新アップデートによる変更点が公開されました。

外部リンク:【7/4発表!新アップデート情報のまとめ】

アップデートの詳細はDEKIのパッチノートをご覧いただくとして、ここでは今回のアップデート変更点で管理人が気になった点をピックアップして語っています。

熊と斧が弱体化したのは良いが、それ以上にモンスターデッキへのダメージが深刻だ(;´Д`)

SPONSORED LINK

天候カードの弱体化について

捕食・ダゴンはイケるけどエレディンきついくね?

天候の変更点について

冬将軍(霜) パッチ前:列の全ユニットに1ダメージ
パッチ後:最弱1体に2ダメージ。(複数並んでいた場合、内1体に適用。)
濃霧(霧) パッチ前:最強ユニット全てに2ダメージ。
パッチ後:最強ユニット一体に2ダメージ。(複数並んでいた場合、内1体に適用。)
豪雨(雨) パッチ前:列の最弱ユニットに2ダメージ
パッチ後:最弱ユニット最大5体に1ダメージ

 

影響の少ない「捕食」、元々デッキパワーが高かった「霧ダゴン」は良いとして、《冬将軍》と《カランシール》が生命線だった『エレディン』デッキはかなり厳しい感じがします。

一応、《ニスラル》がシールドが戦力値になってダメージも3にUPしていますが、そもそも「霜」のパワーが落ちているのが気がかりです。

他のデッキのパワーもダウンしているので、それでバランスがとれているのかもしれませんが…不安しかないんですけど(;’∀’)

ダゴンは捕食ギミックとか入れればまだまだいけるでしょ…そもそも強すぎたし。

スケリッジの修正箇所について

獰猛な熊

最大の変更点は手札からプレイしたユニットにしか1点が飛ばなくなることですね。これにより《フォグレット》や《森の精霊》の狼、《セライノ・ハーピィ》の卵でイライラする事はなさそうです。

その他正常出なかったバグ等もマルっと修正されるようなので安心ですね。

テルショック一族の斧兵

《ドラムンド一族の盾乙女》と《テルショック一族の斧兵》は古参兵が廃止。

《テルショック》の方は基本戦力値が2⇒3に変更されるようですが、そもそもダメージソースだった「天候」カードや《スタメルフォードの激震》が弱体化しているのでかなりマシになるのではないでしょうか?

ここら辺は実際にプレイしてみないとですが、戦術を残しつつうまく弱体化出来ていると思います。

モークヴァーグ

初期戦力値は8⇒9にUPしますが、墓地に行くと半分のベースダウンを受ける様になるのでかなりの弱体化。

モークヴァーグ牧場物語戦略はかなりやりにくくなりそうです。

ニュートラルの《オルギエルド》も同様の修正を受けています。

その他の変更点

転生が自分の墓地のみは結構デカイ

相手の墓地にも触れるところが強みだった部分もあるので、自分の墓地しか蘇生できなくなったのは結構デカそうです。

まぁ、どのデッキでも枠が余ったら入るレベルの便利枠だったからしょうがないのかも?

それでもカードパワーは相変わらず高そう。

ヴィレントレテンマースくん安定しないねぇ

前回も修正されてた《ヴィレントレテンマース》君はまたもや修正。

今回は戦力値が4⇒8にUPする代わりに、彼のアイデンティティである最強ユニット破壊二連が一回に下方修正。これはかなり辛い修正なんじゃないでしょうか?

でも逆に取り扱いやすくなったとも言えるのか…(難しい所です。)

ケイドウェン軍の攻城支援はトップシェア警戒で弱体化?

味方にベースアップとシールドをばら撒きまくる《ケイドウェン軍の攻城支援》も色々弱体化しています。

兵器以外のユニット 修正前:兵器以外のユニットを1ブースト+1アーマー付与
修正後:1ブーストのみ
兵器ユニット 修正前:兵器ユニットを2ブースト+2アーマー付与
修正後:2ブースト+1アーマー付与に変更

 

実際、前環境でも「北方諸国」はそこそこ強いデッキだと感じていたので、その他が大幅に下方修正されるのであればこちらも修正されるのは妥当。

兵器以外にアーマーが付与されないのは結構デカイとは思いますが、それでも結構強そうな気がする…。

新環境は「北方」と「継戦」系デッキが強そう…

「二ルフガード」も色々と修正されているようですが、ここに関しては新環境の動向を見てみないとちょっと判断できません。

とりあえず「北方諸国」と「継戦」を軸として戦うデッキが強そうな印象です。

捕食ギミックを搭載した「エレディン」デッキでも少し考えてみようかな…

ダゴンor見えざる者でOKって言われそう(;’∀’)

『グウェントウィッチャーカードゲーム』から画像引用
© 2017 CD PROJEKT S.A. ALL RIGHTS RESERVED

SPONSORED LINK

関連記事

【グウェント攻略】追加新カード考察『スケリッジ編』アン・クライト一族の大剣使い強いよね《17/8/29UPD》

アプデ(17/8/29UP)追加新カード考察第5弾は『スケリッジ』について! 『二ルフ

記事を読む

【モンスターデッキの強くて便利なオススメカード《世話人》考察】相手の墓地からユニットを復活!

どうも、新作ゲームを購入するだけ購入して高く積み上げる日々が続いてしまっている…管理人です。

記事を読む

【グウェント攻略】スケリッジの《モークヴァーグ》対策を考える。封印して閉まっちゃおうねぇ~

『グウェント』には様々な初見殺し・分からん殺しが存在しますが、その中でもお手軽かつ頻繁に見か

記事を読む

【グウェント初心者向け攻略】遺言・生成など、キーワードアビリティの意味や天候ダメージについて解説!

どうも、『グウェント』をプレイし始めた事によって、今後のゲームスケジュールのプランニングが完

記事を読む

【グウェント攻略】勢力別デッキとリーダーカードの強さ傾向考察!お気に入りの一枚を見つけ出せ!

グウェントにハマり過ぎて他のデジタルゲームに触れなさ過ぎて泣いた! でも面白いものはし

記事を読む

【グウェント攻略】イースネスペシャルコントロールデッキ攻略!弱体化してもやっぱり苦手!

本日は天候アップデート(2017/6/13)によって格段に弱体化したと言われている「イースネ

記事を読む

【グウェント攻略】追加新カード考察『北方諸国編』ウィッチハンターが強そう《17/8/29UPD》

新シーズンになり、ルール変更、新カード追加、既存カードの大幅修正etc… 色々と一気に

記事を読む

【グウェント攻略】濃霧ダゴンデッキでランク20MMR4250達成しました!使う事で見えてきた強カードたち

最近は『ドラクエ日記』ばかりだったので久々の『グウェント』記事です。 と言うのも、毎日

記事を読む

【グウェント】「ハンマーヴェンの蒼夢」等新カード21枚追加!プチ考察《2017/11/1パッチ》

2017/11/1付けで『グウェント ウィッチャーカードゲーム』に新カード21枚が追加されま

記事を読む

【グウェント攻略】追加新カード考察『二ルフガード編』刺客の除去能力がとにかく強い《17/8/29UPD》

アプデ(17/8/29UP)追加新カード考察第四弾は『二ルフガード』について! 『二ル

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    予想は外れ使用率はニルフ、モンスターが若干スコイアより多く北方がスケリッジの次に少ない感じですね
    同じクラスとばかり当たることもなくいい修正であったと思います
    エレディン…?
    知らない子ですね

    • cast より:

      エレディンで活路を見出そうとするもとてもランクまでは試せない状況で(´;ω;`) 確かに以前よりもデッキの幅は広がった感じがしますねぇ~

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

【灯争大戦・続唱構築5勝デッキレシピ】二ヴ=ミゼット再誕で完走してしまった・・・

MTGアリーナの人気イベント『続唱構築』で5勝したレシピを紹介

【MTG】ゴルガリボーラスの城塞デッキレシピ・黒緑チャレンジャーデッキの改造案にどうぞ!

金魚で紹介されていた【ゴルガリ城塞デッキ】が面白そうだったので回し

【MTGスタンダード・二ヴ=ミゼット再誕デッキレシピ】4マナから新生化で再誕するミゼット様!

下環境では《白日の下に》でシュートされているらしい再誕ミゼット様。

【MTGアリーナ】ラヴニカ構築5勝デッキレシピ・ラヴニカ以降のアーキタイプがオススメ

MTGアリーナで開催中のイベント『ラヴニカ構築』で5勝したデッ

【灯争大戦スタンダード・新ラルを使った破滅の終焉ワンキルコンボ】ナル・メハで無限バーン!

ツイッターなどで話題になっている【ラル×破滅の終焉×ナルメハコ

【MTG】戦慄衆の解体者&ジュディス入りマルドゥアグロデッキレシピ【灯争大戦・新スタンダード】

新ソリン入りの白黒クラッツを少し前にご紹介しましたが、今回はそこに

【MTGスタン】《猪の祟神、イルハグ》と相性の良いクリーチャー案・銛撃ち,凶兆艦隊の向こう見ず等

どうも、イルハグを3枚も素引きした管理人です! 素引きしたカ

【MTGアリーナ初心者・復帰勢向け用語集】対戦や配信で耳にする意味不明な言葉まとめ

MTGにはプレイヤーのみに通じる不思議な総称・略称・俗称が存在

→もっと見る

PAGE TOP ↑