【グウェント攻略・北方諸国アーマーデッキ強すぎ問題】ステニス王子、トロロロ、シャニがとにかくヤバイ

公開日: : グウェント

皆さんはグウェントの新シーズンエンジョイ出来ているでしょうか?

私自身はというと、プロ・ラダー勝てなさすぎワロタ!みんな強すぎ!北方諸国きつ過ぎ!って事でデッキ構築等を再検討中ってな感じです。

いや、マジで『北方諸国』強すぎじゃね?ぶっ壊れじゃね?

壁にぶち当たった時は相手のデッキを研究する…グウェントに限らずゲームの鉄則。

という事で今回は、『北方諸国』のアーマーデッキを自分で回してみたレポートとなります。

いやー、ステニス王子、トロロロ、シャニ強すぎっしょ!

※:この記事は2017/9/10時点の情報で書いています。グウェントは現在βテストの為、カード・ルールのテキストがコロコロ変わりますので悪しからず。

『グウェントウィッチャーカードゲーム』から画像引用
© 2017 CD PROJEKT S.A. ALL RIGHTS RESERVED

SPONSORED LINK

ステニス王子はプレイするだけで相手に重圧を仕掛ける強カード

《ステニス王子》
エイダ―ン、将校
3戦力、全ての列/忠実配備:あなたのデッキから一番上にあるゴールドでない忠実ユニット1体をプレイし、5アーマーを与える。
配備:5アーマーを得る。

パッと見そうでもなさそうなカードなんだけど…

北方諸国アーマーデッキの強みと言ったら《ステニス王子》でしょう。

このカード、テキストだけ読むとまぁシルバーだったらこれ位の強さは妥当って印象なんですが、実際に使用する、使用されると印象がガラリと変わります。

正直、強すぎる…。

例えば、《レダニアの精鋭》がめくれた場合、《ステニス王子》(3+アーマー5)、《レダニアの精鋭》(6+アーマー5)の合計9+アーマー10が盤面に展開される訳で…。

基礎戦力だけでみれば9ポイント。しかし、そのアーマー10が超曲者!

特に天候やダメージコントロール系のデッキはこれをやられるだけで相手の点数を削れず置いてけぼりを食らう可能性大です。

結果的に差が開かないようにパワーの高いカードを使って行かざるを得ない訳ですが、これ理不尽すぎますよね。めくれるカード次第ではある意味ツモるレベルですし(笑)

シルバーカードであるで《シャニ》に対応しているのがヤバイ

《シャニ》
レダニア、支援
5戦力、全ての列/忠実配備:ゴールドでないユニット1体を復活させ、5アーマーを与える。

雑に出してくる《ステニス王子》の裏には《シャニ》の影あり。

《ステニス王子》と併用されると非常に厄介なのがコチラの《シャニ》さん。

《ステニス王子》はシルバーカードなんで問題なく《シャニ》さんで復活出来てしまうのが本当にダメ(笑)

《シャニ》(戦力5)、《ステニス王子》(戦力3+アーマー10)、《レダニアの騎士見習い》(戦力6+アーマー7:両サイドにブースト)とかなる事も稀ではないので本当にダメ(二回目)。

雑に《ステニス王子》を出してくる相手の背後には常に《シャニ》の影があると思って間違いないはずです。

北方諸国の《召喚陣》に要警戒!

 

直前にプレイされたゴールドでないユニットと同名のカードを生成する《召喚陣》は非常に強力なカードです。

北方諸国の《召喚陣》はその威力が特に顕著で臨機応変に自軍・敵軍のユニットを有効に戦力化してきます。

例えば、残ると危険な置物系ユニットを相手が出してきたとしましょう。これは不味いと除去を使用したら《召喚陣》からおかわり登場…なんて事もあり得る訳で…。

流石に《ステニス王子》とのコンボは能力の関係上不可能ではありますが、《トロロロ》をおかわりされたり《マルガリータ》でダブル封印とか結構笑えないので注意したい所です。

まぁ、そうでなくとも《召喚陣》は強力なカードですし、デッキとのシナジーも強いので警戒するに越したことはないでしょう。

結構な確率でこのカードは採用されているようなので…。

トロロロも強いしね…アーマー北方諸国は要警戒デッキですわ…。

使われてやたら強く感じたので実際に使用してみたらマジでビックリ!

ネタとか言われてたアーマーデッキがこんなに強いなんて…。

対策としてはブースト系に有効な《ディメリウム爆弾》や等速で伸びて行くところを逆手にとった《焦土》戦術、横並びブーストに強い《ゲラルト:イグニ》等が挙げられそうですが、どれも毎回安定してメタるには不安定な感じが否めません。

また、北方諸国はアーマー以外にも支援太鼓ブースト、ダメージ兵器etcetcとデッキタイプが多彩なのも厄介なポイントです。(先手の時困るんだよねぇ~((+_+))

実際、ランクマやプロ・ラダーでも北方諸国とマッチする事が体感的に多い(気のせいかもしれませんが…。)気がするので警戒するに越したことはないでしょう。

まぁ、どの勢力もデッキ開発が進むにつれて良い感じになるとは思いますが、現状だと北方が頭一つ抜けてる感じはあるなぁ~((+_+))

SPONSORED LINK

関連記事

【グウェント攻略】勢力別デッキとリーダーカードの強さ傾向考察!お気に入りの一枚を見つけ出せ!

グウェントにハマり過ぎて他のデジタルゲームに触れなさ過ぎて泣いた! でも面白いものはし

記事を読む

【グウェント攻略】追加新カード考察『モンスター編』ワイルドハントの帆船でエレディン下克上!?《17/8/29UPD》

アプデ(17/8/29UP)追加新カード考察第二弾は『モンスター』勢力について! 今ま

記事を読む

【グウェント初心者向け攻略】遺言・生成など、キーワードアビリティの意味や天候ダメージについて解説!

どうも、『グウェント』をプレイし始めた事によって、今後のゲームスケジュールのプランニングが完

記事を読む

【グウェント攻略】スケリッジの《モークヴァーグ》対策を考える。封印して閉まっちゃおうねぇ~

『グウェント』には様々な初見殺し・分からん殺しが存在しますが、その中でもお手軽かつ頻繁に見か

記事を読む

【グウェント攻略】追加新カード考察『二ルフガード編』刺客の除去能力がとにかく強い《17/8/29UPD》

アプデ(17/8/29UP)追加新カード考察第四弾は『二ルフガード』について! 『二ル

記事を読む

【グウェント攻略】イースネスペシャルコントロールデッキ攻略!弱体化してもやっぱり苦手!

本日は天候アップデート(2017/6/13)によって格段に弱体化したと言われている「イースネ

記事を読む

【グウェント】「ハンマーヴェンの蒼夢」等新カード21枚追加!プチ考察《2017/11/1パッチ》

2017/11/1付けで『グウェント ウィッチャーカードゲーム』に新カード21枚が追加されま

記事を読む

【モンスターデッキの強くて便利なオススメカード《世話人》考察】相手の墓地からユニットを復活!

どうも、新作ゲームを購入するだけ購入して高く積み上げる日々が続いてしまっている…管理人です。

記事を読む

【グウェント7月4日公開最新アップデート内容の感想】天候弱体化は妥当。でもエレディンが心配です。

グウェントjp公式twitterより画像引用 『グウェントウィッチャーカードゲーム』の

記事を読む

【グウェント攻略】オススメカード《カランシール》が超強い!天候(霜)モンスターデッキで大活躍!

前回の記事では、「そろそろ他の勢力やリーダーを触らなきゃなぁ~」と言いってましたが、相変わら

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    北方強すぎですよねw対策がそこまで刺さってるか?って感じで使う側になるのが一番手っ取り早い印象です。

    • cast より:

      パワーの差を見せつけられる感じですw ある程度対応できるとは言えそのままいかれる事も多々ですね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

【衝撃作】映画「JOKER/ジョーカー」ネタバレ考察&感想:妄想と現実の狭間に隠された巧みな演出!負のエンタメ・堕ちる説得力

各所に衝撃をまき散らしまくる話題の映画『JOKER/ジョーカー』を

【MTGスタン】黒緑出来事デッキレシピ・解説:亭主と野獣の最強タッグ!幸運のクローバーで爆アドだ!【黒緑アドベンチャー】

『エルドレインの王権』発売目前という事で、先行実装されている『MT

【MTGスタン】トーブラン,義賊,宝剣入り赤単アグロデッキレシピ・解説:2点加算の破壊力半端ねぇ!

『エルドレインの王権』発売目前という事で、先行実装されている『MT

【AI:ソムニウムファイル・評価・レビュー】名作サスペンスADV誕生!グロ&ギャグな打越ゲー最新作【PS4/Switch】

【PS4/Switch】のマルチタイトル『AI:ソムニウムファイル

【AI:ソムニウムファイルトロフィー攻略】隠しアイテムの位置・入手困難なアルバムファイル・論証選択まとめ

『AI:ソムニウムファイル』のトロフィー攻略記事です。本記事で

アニメ・漫画・ゲームに纏わるマンデラ効果(マンデラエフェクト):ピカチュウの尻尾は未だに黒い

『AI:ソムニウムファイル』というゲームの中に登場した「マンデラ効

【MTG】エルドレインの王権「フェアリー」クリーチャーまとめ:厚かましい借り手強くね?

最新セット「エルドレインの王権」の新情報が続々公開中です。

【メガドライブミニ・隠しゲームを遊ぶ為の隠しコマンド】ゲームのかんづめお得用が更にお得になる!?

昨日配信された公式ライブ「メガドラミニ前夜祭」にて、『ゲームの

→もっと見る

PAGE TOP ↑