【モンスターハンターワールドを面白く進化させた10の要素】ダメージの可視化や武器のグレードダウンには驚かされました

公開日: : 最終更新日:2018/02/12 モンスターハンターワールド

シリーズ最高の滑り出しを見せた「モンハン」シリーズ最新作「モンスターハンターワールド」。

シリーズ最高傑作と評する人も多い本作ですが、『そんな本作と前作とでは何がどう違うのか?』をまだ未プレイの人に向けて10個の項目で解説してみました。

購入を迷っている人・今から遊ぼうと思っている人の判断材料になれれば幸いです。

©CAPCOM CO., LTD. 2018 ALL RIGHTS RESERVED.

SPONSORED LINK

ゲームシステム編

砥石、ピッケル、虫網忘れたが存在しないモンハン

【砥石、ピッケル、虫網は常に所持。しかも無限】

切れ味を回復する為の「砥石」、鉱石採掘用の「ピッケル」、虫捕獲用の「虫網」、この3つが無制限使用かつアイテムスロットを圧迫しない点。

従来までのモンハンだと、「砥石忘れた」「ピッケルが…」「虫網が…」という聞き慣れたフレーズが度々登場していましたが、忘れる事があり得ないのでそれらフレーズが登場する事もないという。

「忘れたから貸して~」という助け合いの文化が消失してしまったのは少し残念ですが、利便性には敵わない。便利すぎる良改良点です。

ペイントボールいらずのゲームシステム

【フィールドに点在する痕跡をたどる事でモンスターを発見】

こちらも「砥石」「ピッケル」「虫網」に近い変更点ですが、モンスターの位置をマーキングする重要アイテム「ペイントボール」が不要になった点。

モンスターの痕跡を採取する事で、ナビゲート役の「導虫(しるべむし)」がハンターをターゲットへとバッチリ導いてくれます。

コチラも「ペイント投げたよ~」という文化の消失に繋がってしまいましたが、それも利便性には敵いませんでした。

回復薬などの調合がオートで(自動調合)!?

【拾った素材をオートで調合。チェック機能で細かく設定】

マップ上で拾った調合素材は自動で調合。

勝手に調合されて困る人は、アイテムボックスで「自動調合のON/OFF」が可能になるので要チェック。

「回復薬」や「回復薬グレート」が自動生成されるってのは画期的。

武器のダウングレードが可能

【お金は消費しますが、素材は全て戻って来る神仕様】

色んな装備を試したい。しかし、素材は有限だし生産・強化はついつい慎重になりがち…。

だが、「モンスターハンターワールド」は、武器のダウングレードが可能になっているので、強化した武器を一つ前の状態に戻す事が可能です。勿論、使用した素材も等価で戻ってきます。

ダメージが可視化されたという変更点

【ダメージが可視化した事で弱点や部位が明瞭に】

自分の攻撃が相手モンスターにどれくらいのダメージを与えているのか?

「モンスターハンター」の世界では、長年ダメージ表示を行ってこなかったこともあり、肉質や弱点属性の把握は経験則と攻略本・攻略サイトの情報依存となっていました。

しかし、本作ではダメージが表示されることでそれを一変。自分がどれほどのダメージを相手に与えているかが一目瞭然となりました。

リアリティの低下という意見もあるかもしれませんが、表示されることで得られるカタルシスも多く、個人的には良い改良点だと思っています。

エリアチェンジ無し!シームレスマップは立体的で迷子続出!?

【マップが広大なのでクエスト前のロードは少し長い】

本作のマップはとにかく広い!しかも横にだだっ広いのではなく、縦に長く緻密で立体的なのだ。

これによってクエスト中に迷子になるハンターもやたら多いとか多くないとか?

ぶっちゃけ「導虫」が無かったらモンスターを見失いまくって大変な事になっていたでしょうね。

マップが複雑化した事で「ペイントボール」の信頼性が下がり、「導虫」システムの導入に踏み切ったという可能性すら推測できる。本作のマップはそれほどまでに広大で密度が濃いです。

エリアチェンジもなくフィールドも広大となると、移動距離が必然的に長くなってしまいますが、臨戦態勢以外ではスタミナ無限(ずっと走れる)と長距離移動の弊害についてもキッチリと考慮されています。

マルチプレイ編

集会場=マルチプレイという常識の廃止(オンラインプレイの多様化)

【クエストボードさえあればどこからでもエリア内のクエストに参加可能】

オンライン集会場に集まってクエストを貼って狩りスタート!

この慣れ親しんだシステムはそのままに、それ以外の参加方法も用意しているという点が素晴らしい。

  • 「ちょっと装備作ってるから先行ってて~」
  • 「村に戻る必要ないし、現地でクエスト受けようぜ!」
  • 「ご飯忘れた。ならば現地飯じゃ!」

 

「砥石」「ピッケル」のシェア文化廃止の反面、新たなモンハンコミュの芽吹きを感じるフレーズたち。

集会場=マルチプレイではなく、常にマルチプレイする事も出来るししない選択も出来る。それが今後のモンハンのスタンダードになっていきそうです。

クエストに途中参加が可能

【見知らぬ誰かのクエストに途中参加も可能!】

最大4人のマルチプレイというは従来通り。しかし、本作はクエストへの途中参加が可能。これがデカイ!

クエスト途中に救難信号を出したり、見知らぬハンターがクエストに乱入してきたりと、モンハン世界のフレーバーを重視しつつマルチプレイの気軽さや面白さを最大化する事が出来ています。

勿論、ソロでじっくりやりたいという人の意思を無視する事もなく(オフでもちゃんと遊べる)、ちょうどよい塩梅に仕上がっています。

その他編

キャラメイクがカッコイイし可愛いし美しい

【待たせたな!(にゃ)】

とりあえず筆者のアバターとオトモアイルーの画像を見て欲しい!

「待たせたな!」と言うイケボイスと愛くるしい鳴き声が今にも聞こえてきそうではないですかッ!

美しい・可愛い女性を作る事も、恰好良い・渋い男性を作る事も可能な自由なアバター作成はそれだけでも楽しさ満点です。勿論、思わず吹きがしてしまうような面白フェイスの作成も可能なので、アバター職人たちの皆さん…腕の見せ所ですぜ!

モンハン語ではなく普通に日本語をしゃべる

【徐々に可愛く見えてくる相棒(受付嬢)】

「モンスターハンター」の世界では、長らくモンハン語と呼ばれる独自言語を用いてきました。

しかし、本作では普通に「日本語」や「英語」等、それぞれのユーザーに合わせたボイス言語設定を行う事が可能になっています。

いままでずっとフニャフニャホンダラ言ってた世界だけに最初は違和感ありましたが、数時間もすればあっという間に慣れました(笑)

勿論、モンハン語の方がやっぱり良いなぁ~という要望にも応えられるように、「モンハン語」への設定も可能なので安心です。

変更しにくいであろう点を積極的に変更していく挑戦的な姿勢が素晴らしいです

「モンスターハンター」らしさとも言える変更しにくいであろう部分を積極的にいじった本作は、開発スタッフの挑戦的な姿勢にあふれた作品に仕上がっています。

ゲームファンとして、こういうハングリー精神はガンガン応援していきたい所。そして、何より純粋に面白い。こんなに素敵な事はねぇ!(ありがとう)

モンスターハンター:ワールド - PS4
カプコン (2018-01-26)
売り上げランキング: 3
SPONSORED LINK

関連記事

【MHW・キリンのクエスト出現条件と簡単な出し方】下位は捕獲クエスト消化・上位は陸珊瑚の台地の痕跡集めで出現します!

「キリンのクエストが出ないよー」とお嘆きのハンターさん達に朗報です。 下位・上位のキリン出

記事を読む

【歴戦王ヴァルハザク攻略・倒し方】瘴気によるスリップダメージ増加&風圧範囲拡大とかなり強くなってます!

歴戦王キリンに続き、歴戦王ヴァルハザクが配信開始となりました。 キリンと比較すると変更点が

記事を読む

【モンハンワールド:攻撃珠の入手方法研究】攻撃珠でなさ過ぎじゃない!?【装飾品探求】

ハンターランク100目前なのに、いまだに【攻撃珠】が揃っていないハンターがいるらしい…。

記事を読む

【MHW・歴戦王キリン攻略・倒し方】体力が爆上がりしたキリン!雷耐性・雷やられ対策で安全に討伐しよう!

歴戦モンスターの強化個体「歴戦王」がついに配信開始となりました。 元々近接泣かせとして有名

記事を読む

【MHWアイスボーン】導きの地の遊び方・攻略:地帯レベル・採取ゲージ・導き素材等、効率良く回す為の情報まとめ【隠しモンスター】

「モンスターハンターワールド:アイスボーン」のエンドコンテンツ『導きの地』の情報についてまと

記事を読む

【極ベヒーモス攻略・滅龍石/滅龍弾で敵視ゲット技】5発目を当てて敵視をゲットしよう!【疑似タンク】

最近少し話題になっている、「滅龍石/滅龍弾」を使ったベヒーモスの敵視コントロールについて解説しま

記事を読む

【MHW・完全回避のチート性能「転身の装衣」が強すぎる】新装備の良い点・悪い点を徹底考察

フィールドを華麗に舞う金色の衣、完全回避のチート装衣、《転身の装衣》の入手方法やメリット・デメリ

記事を読む

【MHW・極ベヒーモス攻略】ベヒーモス極の変更点【DPSチェック,新モーションに要注意!】

皆さん、極ベヒーモスは無事討伐できたでしょうか? ちなみに管理人の現在の討伐成功回数は3回

記事を読む

【MHW:歴戦王ゾラマグダラオス攻略/弱点&倒し方】落石、大砲、拘束弾、撃龍槍、使えるものは何でも使え!!

気付いたら歴戦王ゾラ・マグダラオスの配信日になってた(驚)。 ゾラは特殊なモンスターなので

記事を読む

【MHWアイスボーン】共通アクション「クラッチクロー」が楽しそう!【掴み中の派生攻撃色々】

全部気共通アクションである「クラッチクロー」の紹介動画が公開されました。 今分かってい

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    待たせたな! よりも いいセンスだ って言いそうですね

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

【MTGアリーナ】エルドレインの王権ランク戦ドラフト日誌:7勝レシピから負けレシピまで【青LO強い】

MTGアリーナ『エルドレインの王権』ランク戦ドラフトの結果・デ

【衝撃作】映画「JOKER/ジョーカー」ネタバレ考察&感想:妄想と現実の狭間に隠された巧みな演出!負のエンタメ・堕ちる説得力

各所に衝撃をまき散らしまくる話題の映画『JOKER/ジョーカー』を

【MTGスタン】黒緑出来事デッキレシピ・解説:亭主と野獣の最強タッグ!幸運のクローバーで爆アドだ!【黒緑アドベンチャー】

『エルドレインの王権』発売目前という事で、先行実装されている『MT

【MTGスタン】トーブラン,義賊,宝剣入り赤単アグロデッキレシピ・解説:2点加算の破壊力半端ねぇ!

『エルドレインの王権』発売目前という事で、先行実装されている『MT

【AI:ソムニウムファイル・評価・レビュー】名作サスペンスADV誕生!グロ&ギャグな打越ゲー最新作【PS4/Switch】

【PS4/Switch】のマルチタイトル『AI:ソムニウムファイル

【AI:ソムニウムファイルトロフィー攻略】隠しアイテムの位置・入手困難なアルバムファイル・論証選択まとめ

『AI:ソムニウムファイル』のトロフィー攻略記事です。本記事で

アニメ・漫画・ゲームに纏わるマンデラ効果(マンデラエフェクト):ピカチュウの尻尾は未だに黒い

『AI:ソムニウムファイル』というゲームの中に登場した「マンデラ効

【MTG】エルドレインの王権「フェアリー」クリーチャーまとめ:厚かましい借り手強くね?

最新セット「エルドレインの王権」の新情報が続々公開中です。

→もっと見る

PAGE TOP ↑