【仁王2攻略】夜刀神(やつのかみ)強すぎワロタ!常闇でヘビが分離する前に倒すと戦いやすいかも?

公開日: : 最終更新日:2020/03/14 仁王2

仁王2の序盤のボス「夜刀神(やつのかみ)」がかなり強かったので、自分用のメモも兼ねて攻略方法を記しておきます。

参考までに、筆者は大太刀使用・レベル29・ソロで初討伐しました。これは結構詰まる人も出てきそうな強敵ですわぁ…。

SPONSORED LINK

夜刀神(やつのかみ)攻略

夜刀神はメインミッション「蝮の神域」のボスです。ゲーム序盤のボスとは思えないほどの強敵で、数多のプレイヤーを絶望の淵に沈めたとか沈めなかったとか?仁王2の洗礼とも言うべき強敵となっています。

弱点
雷属性
耐性
水属性、妖属性、毒

相性の良い武器・アイテム・スキル

相性の良い武器
相性の良いアイテム・スキル

戦う前に:蛇の像を破壊して毒沼を解除

毒沼はマップに点在する蛇の像を破壊する事で解除できます。蛇の像は合計3体あるので、ボス戦前に必ず3つの像を破壊しておきましょう。

地面に首を突き刺す攻撃時が大チャンス

地面に首(小)を突き刺す攻撃時が一番安全に攻撃を加えるチャンスです。

二本の首はプレイヤーの足元から飛び出して攻撃してきますが、ダッシュ移動していれば当たる事はありません。

相手がモーションに入ったら、ダッシュで一気に距離を詰めて攻撃しましょう。

小刀遠距離攻撃時も攻撃チャンス

小刀攻撃(飛び道具)時も攻撃のチャンスです。

小刀攻撃(飛び道具)には2パターンあり、プレイヤーに向かって一直線で向かってくるパターンの方がより安全。

相手がモーションに入ったら横に大きく避けるか、相手に向かって行くように緊急回避で内側に入るとよけやすいのでオススメ。その後は距離を詰めて攻撃です。

妖怪覚醒は通常時に

妖怪化は安定して火力が出せる重要なダメージソースです。上記2種の攻撃チャンス時に覚醒し、一気に叩き込むと大ダメージを狙えます。

判定が狭く、カウンターがとりにくい相手

直進してくるタイプの強攻撃は、判定が狭く、カウンターが非常にとりにくいです。(往復時に首が下りてくるタイミングが少しやりやすいかも?)。

頭を叩きつけてくるタイプの強攻撃はカウンターの判定自体は広いですが、予備動作が若干分かりにくいです。

どちらも慣れが必要なので、無理そうなら回避に徹するのも一つの手だと思います。

常闇フィールドの対処法

常世フィールド状態になると蛇が分離するので要注意。

分離対策として、夜刀神(小×2)は事前に撃破しておくと常世フィールド中が楽になります。

常世までに各個撃破できなかった場合は、小蛇の残体力に応じて倒すか倒さないかの判断をした方が良いです。逃げる場合は夜刀神を中心に時計回りが比較的安定します(逆時計回りだとマップの起伏で引っかかる事が多かったので)。

SPONSORED LINK

関連記事

【仁王2攻略】黒い木霊(魑魅)の交換法則、ムジナやぬりかべの対処法など【お役立ち情報まとめ】

仁王2を攻略する上で役立つ情報をまとめてみました。 ぬりかべ、ムジナの対処方法や、魑魅

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

【スマホ】「うたわれるものロストフラグ」の不満点と望む事【4か月しっかり遊んで感じた事】

『うたわれるものロスト・フラグ』のサービス開始から約4か月が経

【仁王2攻略】黒い木霊(魑魅)の交換法則、ムジナやぬりかべの対処法など【お役立ち情報まとめ】

仁王2を攻略する上で役立つ情報をまとめてみました。 ぬり

【仁王2攻略】夜刀神(やつのかみ)強すぎワロタ!常闇でヘビが分離する前に倒すと戦いやすいかも?

仁王2の序盤のボス「夜刀神(やつのかみ)」がかなり強かったので、自

【原田泰造がひたすらサウナに入るドラマ】「サ道」に今更ハマった話【整うって何だ?】

友人の勧めで観た『サ道』ってドラマがとっても良かったので、簡単にで

【PS4版】「P5S・ペルソナ5S」ネタバレ無し評価・クリアレビュー|ペルソナ無双ことファントムストライカーズは面白いのか?買いなのか否か?

アトラス×コーエーのコラボ作品『ペルソナ5スクランブル ザ フ

【十三機兵防衛圏サントラレビュー】渚のバカンスもフル収録!満足度高いぞ!【アトラスDショップ専売】

どうも、管理人のきゃすとです。 本日は、アトラスDショッ

【仁王2|最終体験版感想】前作よりも圧倒的に難しく、より面白く進化した印象!これは期待できる!

3月12日発売『仁王2』の最終体験版をプレイしました。 本記

【ロードス島戦記がメトロイドヴァニアな2Dアクションゲームに!?】メガテンやこのすばの2Dアクションを手掛けたTeam Ladybugの最新作

「ロードス島戦記」の大人気キャラクター『ディードリット』が主人

→もっと見る

PAGE TOP ↑