【MTG「ドミナリア」プレリレポート】リミテで強かったカードと戦利品紹介!英雄譚は鬼畜!

公開日: : MTG

【MTG】最新セット『ドミナリア』のプレリリースに参加して参りました。

私が普段からごひいきにさせてもらっているショップは、午前の部と午後の部で二回開催している店舗なのですが、午前の部はなんと30を超える参加者で凄い事にッ!?

普段のプレリは25人から30人埋まるか…位の印象なので、『ドミナリア』への期待の高さ、復帰性のを多さを実感できました。(みんなこの時を待っていたんだなって…)。

簡単にではありますが、「ドミナリア」プレリのレポートと戦利品の結果を発表したいと思います。」

SPONSORED LINK

「ドミナリア」プレリレポート1回目

プレリ一回目のレアプールはこんな感じでした。

  • ベナリアの軍司令
  • 練達の魔術師 ナル・メハ
  • 祖神の使徒、テシャール×2
  • 先祖の刃
  • 双頭巨人
  • ミラーリ予想
  • クルーグの災い魔、トラクソス
  • ウルザの殲滅破

 

日付入りフォイルは、《ベナリアの軍司令》と《練達の魔術師 ナル・メハ》の二枚。ウィザードデッキには少し興味があったので、《ナル・メハ》が当たったのは少し嬉しかったです。

《テシャール》も機体デッキとかで使えたら楽しそうですが、流石に4マナだと悠長かなぁ?

軽めの白赤デッキで挑みました

《ベナリアの軍司令》、《テシャール》、《ジェラードの勝利》、《喊声のフェニックス》、《火による戦い》等、赤白(除去も多め)だったので赤白をチョイス。

「ドミナリア」のリミテ感覚がつかめていなかったので、とりあえずアグロ気味(早め)で構築してみましたが、これが大失敗。

アンコモンにレア級のカードがボロボロと存在する事もあり、ボム級のパワーカードが滅茶苦茶出て来るッ!

綺麗な速攻を組めれば問題なく勝ちをもぎ取れる環境ではありますが、少しでもモジモジしてしまうとそのままパワーに飲まれてしまう…「ドミナリア」のリミテはそんな環境です。

テキスト語訳で話題の《陰謀団の聖騎士》に滅茶苦茶にされましたw

テキスト語訳で話題になっている《陰謀団の聖騎士》※。

※テキスト内の「陰謀団の聖騎士は各対戦相手にそれぞれ1点のダメージを与える」の部分が間違っている。正しくは「陰謀団の聖騎士は各対戦相手にそれぞれ2点のダメージを与える」。

2戦目の相手がこのカードを軸にした歴史的カードデッキだったのですが、《陰謀団の聖騎士》に《多勢の兜》を装備して増殖するというスーパーコンボを搭載していました。

最終的には《陰謀団の聖騎士》が4体になり、歴史的カード(伝説、英雄譚、アーティファクト)を唱えるたびに8点喰らうという大惨事に…これはアカンw

1回目の戦利品は《モックス・アンバー》がでました

管理人の甘いアグロデッキではゆったり目に組まれたデッキには太刀打ちできず、勝敗はボロボロのボロ。まぁこういう時もあるさ…。

でもこういう時こそ、パック剥きは逆に良かったりする(笑)

賞品の2パックからは、《内陸の湾港》と《モックス・アンバー》がでました。

「ドミナリア」プレリレポート2回目

気を取り直して午後からの第二回プレリ!

  • 大嵐のジン
  • 呪われし者、アルヴァード×2
  • モックス・アンバー
  • ヤヴィマヤの化身、ムルタニ
  • 森の目覚め
  • 過酷な考古学者
  • ヤヤの焼身猛火
  • 上古族の栄華な再誕

 

まさかまさかの《モックス・アンバー》二連続でテンション上がり気味。日付入りフォイルは《大嵐のジン》と《呪われし者、アルヴァード》の2枚でした。

白黒ウィニーでリベンジを挑む!

《ムルタニ》、《森の目覚め》と、緑のカードプールが豪華だったものの、午前の屈辱が忘れられず、管理人のハートはウィニーリベンジの焔が燃えっぱなしでした(笑)。

…という事で、白赤のフライヤーウィニーを作成。《ジェラードの勝利》が二枚出るという豪運を追い風に高速イージーWINを狙います。

エンチャントと除去の強さに要注意!

結果的には2-1という平凡な戦績でしたが、一回目よりは断然良かったです(笑)

今回は《ジェラードの勝利》や《意趣返し》といった強力なエンチャントや除去に救われた感じですね。

まぁ、この例に限らず、エンチャントや黒系の除去カードは単純にカードパワーが高いです。

特に英雄譚はアンコモンでもスーパーパワーを持っているカードが多いので、リミテの際には積極的に使って行くべきカードだと思います。

2回目の戦利品では《ライラ》と《ベナリア市》が!?

勝敗的にもやや満足。そして戦利品で大満足ッ!

3パックで《ベナリア史》、《黎明をもたらす者ライラ》、《リッチの騎士、ジェス・ヴェス》という大勝利。

「…満足(サティスファクション)したぜ。」

アンコモンにレジェンドが多いのが楽しいです

英雄譚やクリーチャー等、アンコモンにレジェンドがやたら多いのが「ドミナリア」最大の特徴です。

やや大味だけどド派手でなんか楽しい…そんなリミテが好きな人ならかなり楽しめるセットかもしれませんね。

構築に影響を与えるカードも少なくないでしょうし、4月27日の発売日が一層待ち遠しくなりました。

マジック:ザ・ギャザリング ドミナリア 日本語版 ブースターパック 36パック入りBOX
ウィザーズ・オブ・ザ・コースト
売り上げランキング: 954
SPONSORED LINK

関連記事

【MTG:霊気紛争フルスポ感想】フェリダー+サヒーリループで揺れるカラデシュ!神話は辛いがアンコモン強し!

2017年01月20日発売、MTG最新ブースターパック『霊気紛争』のフルスポイラーが2017

記事を読む

【MTG・『イクサラン』収録カードの感想③】ヴラスカは6マナPWだけあって強いな!ライフゲイン封じの赤い恐竜も強いわ…

海賊・魚人・吸血鬼・恐竜 カオスな世界がPWを待つ(part3) 9月29日発売の最新セット『

記事を読む

【MTG:アモンケットカード考察・白の神「信義の神オケチラ」の結束】スレイベンの検査官・キラン号・ギデオン・オケチラの黄金ライン!

『アモンケット』神サイクル特集第三回は《誠実の神?オケチラ》 先に公開された《熱烈の神

記事を読む

【統率者戦『ネル・トース族のメーレン』デッキ改良プラン】統率者デッキ2015を購入して念願のEDHデビュー!

相変わらずドップリと『MTG』にハマッている管理人ですが、この度、念願の統率者戦(旧名:ED

記事を読む

【MTG】ゴルガリ《陰惨な生類》デッキが面白い!《野茂み歩き》育成計画や《疫病造り師》の純粋な強さ!【123リアニ】

【123リアニ】の名称で有名(?)な《陰惨な生類》を本日はご紹介します。 自分の墓地から1

記事を読む

【MTG】パイオニア最新禁止カード・2019/11/4発行:サヒーリと守護フェリダーの脅威とさよなら!豊穣力戦もバイバイ!

MTGの禁止改訂(2019/11/4日発行)が発表され、パイオニアから《豊穣の力戦》、《ニッサの

記事を読む

『灯争大戦』収録PW(プレインズウォーカー)カードまとめ!ウギンは今回も強そうですね!

『灯争大戦』に収録されるカードの情報の一部がついに公開されましたね。 アンコモンのPWって

記事を読む

【MTG】パイオニア最新禁止カード・2019/11/12発行:「夏の帳」が禁止カードに指定されました!コントロール歓喜!

MTGの禁止改訂(2019/11/12日発行)が発表され、パイオニアから《夏の帳》が禁止カー

記事を読む

【MTG;スタン専ながらマスターズ25thを購入してみた】神ジェイスやリシャポは果たして出るのか!?

ショーダウンに参加するついでに『マスターズ25th』を気まぐれで購入してみました。 …

記事を読む

【MTG:アモンケットカード考察・緑の神「不屈の神ロナス」の力】緩すぎる顕現条件に他の神も驚愕

『アモンケット』に収録される神サイクルの紹介も今回で4回目! 緑のクリーチャーが優遇さ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

【スマホ】「うたわれるものロストフラグ」の不満点と望む事【4か月しっかり遊んで感じた事】

『うたわれるものロスト・フラグ』のサービス開始から約4か月が経

【仁王2攻略】黒い木霊(魑魅)の交換法則、ムジナやぬりかべの対処法など【お役立ち情報まとめ】

仁王2を攻略する上で役立つ情報をまとめてみました。 ぬり

【仁王2攻略】夜刀神(やつのかみ)強すぎワロタ!常闇でヘビが分離する前に倒すと戦いやすいかも?

仁王2の序盤のボス「夜刀神(やつのかみ)」がかなり強かったので、自

【原田泰造がひたすらサウナに入るドラマ】「サ道」に今更ハマった話【整うって何だ?】

友人の勧めで観た『サ道』ってドラマがとっても良かったので、簡単にで

【PS4版】「P5S・ペルソナ5S」ネタバレ無し評価・クリアレビュー|ペルソナ無双ことファントムストライカーズは面白いのか?買いなのか否か?

アトラス×コーエーのコラボ作品『ペルソナ5スクランブル ザ フ

【十三機兵防衛圏サントラレビュー】渚のバカンスもフル収録!満足度高いぞ!【アトラスDショップ専売】

どうも、管理人のきゃすとです。 本日は、アトラスDショッ

【仁王2|最終体験版感想】前作よりも圧倒的に難しく、より面白く進化した印象!これは期待できる!

3月12日発売『仁王2』の最終体験版をプレイしました。 本記

【ロードス島戦記がメトロイドヴァニアな2Dアクションゲームに!?】メガテンやこのすばの2Dアクションを手掛けたTeam Ladybugの最新作

「ロードス島戦記」の大人気キャラクター『ディードリット』が主人

→もっと見る

PAGE TOP ↑