【MTGスタン《悪魔王、ベルゼンロック》デッキのすゝめ番外編】黒単を支える土地カード特集

公開日: : MTG

第二回は除去特集をするつもりでしたが、急遽予定を変更して【黒単を支える土地カード特集】をお届けします。

結局、MTGは土地ベースが一番重要。それは単色だからと言って変わらない不変要素なのだ!

関連記事: 【MTGスタン《悪魔王、ベルゼンロック》デッキのすゝめ】黒単デッキを使うなら今だ!

SPONSORED LINK

《悪魔王、ベルゼンロック》デッキ(黒単)を支える土地カード

マジック:ザ・ギャザリング 悪魔王ベルゼンロック(神話レア) ドミナリア(DOM)

 

前回は悪魔王様を支える眷族たち(黒生物)たちを紹介したので、今回はそれら全てを支える土地カードの紹介・解説をします。

新カード《陰謀団の要塞》、除去になる砂漠《イフニルの死海》等、黒デッキの基盤たちをとくとご覧あれ。

関連記事

陰謀団の要塞

マジック:ザ・ギャザリング 陰謀団の要塞(レア) ドミナリア(DOM)

単独で黒マナを供給できないのが最大の弱点。これにより、初動のダブシン・トリシンカードが腐ってしまう可能性は否めません。しかし、《ジョス・ヴェス》のキッカー、《戦慄の影》のパンプ等を強く使おうとすると欲しくなってくる魅惑のカード。

伝説じゃないので複数置き出来る点、最大出力が凄まじい点等、見所は多いです。

きちんと動けば10マナオーバーは案外余裕なので、ビックマナ系のカードと組み合わせると気持ち良く、6/6の《歩行バリスタ》や《霰炎の責め苦》(X=10)とかもざらです。

使用するなら、最低でもデッキ内に基本沼が20枚は必要なので、採用の際は他の土地カードとの兼ね合いに注意しましょう。

イフニルの死海

マジック:ザ・ギャザリング イフニルの死界(アンコモン) 破滅の刻(HOU)

アンタップインする黒マナ要員なので使い易く、困った時には除去として機能する名カード。砂漠シナジーなどの副産物もついてくるので、そちらを上手く使えるデッキならばベストマッチな一枚。

このカードに限った話ではないですが、《陰謀団の要塞》と併用すると基本沼の総数が足らなくなるので、採用枚数は要検討。個人的な見解としては、《要塞》を使うならそれ以外の特殊土地は入って2枚が限界と言った所です。

霊気拠点

マジック・ザ・ギャザリング 霊気拠点(アンコモン) / カラデシュ(日本語版)シングルカード KLD-242-UC

《光袖の収集者》を採用するなら是非とも入れたいエネルギー供給源。最悪遅延なく黒マナが出せるので初動のダブシン・トリシンの動きを阻害し難いのは大きな利点です。

しかし、全てはデッキに採用しているエネルギー関係のカード依存。《光袖の収集者》や《霊気収集艇》を採用しないのであれば採用する理由は全く持ってありません。

余談:私はFNM版の《霊気拠点》のイラストの方が好きです。

愚蒙の記念像

マジック:ザ・ギャザリング 愚蒙の記念像(アンコモン) ドミナリア(DOM)

能力自体は結構強いものの、タップインランド&沼でない事を考慮すると《陰謀団の要塞》との兼ね合い上採用し辛い一枚です。一応試してはみましたが、最終的には抜けて行きました。

《陰謀団の要塞》を使わないプランなら普通に2枚位入れても良い性能だと思います。

屍肉あさりの地

マジック:ザ・ギャザリング 屍肉あさりの地(レア) 破滅の刻(HOU)

別段シナジーが濃い訳ではありませんが、個人的に《王神の贈り物》を使用した【ギフト系】がかなりきつい相手だと想定しているので、苦手意識があるのであればとっておいて損はない一枚です。

《王神の贈り物》は、「黒なら《没収》を使えばなんとかなるんじゃないか?」と思われがちですが、設置した後の対処法がほぼないのはマジできついです。

《没収》は確かに効果的ですが、他に刺さるデッキが少ないのでサイドに2枚3枚と厚く積むのは抵抗があります。《沈黙の墓石》《没収の曲杖》等の墓地対策サイドは勿論ですが、メインに一枚位《屍肉あさりの地》を採用するのは悪くないかと…。

現在の黒単を支える土地はこんな所でしょうか

一部のカードは黒単独自という物ではありませんでしたが、現環境を視野に入れると必要になって来るカードたちだと思います。土地の選定こそがmtg…皆さんの黒単ライフに光明あれ!

© 1995-2018 Wizards of the Coast LLC, a subsidiary of Hasbro, Inc. All Rights Reserved.

SPONSORED LINK

関連記事

【MTG】エルドレインの王権新カード:アドベンチャーの仕様判明!クリーチャーでありソーサリー(インスタント)でもあるカード

最新セット「エルドレインの王権」の新情報が続々公開中です。 本記事では、《Flaxen

記事を読む

【MTG「ドミナリア」プレリレポート】リミテで強かったカードと戦利品紹介!英雄譚は鬼畜!

【MTG】最新セット『ドミナリア』のプレリリースに参加して参りました。 私が普段からご

記事を読む

【MTG】《実験の狂乱》が面白い!《遁走する蒸気族》や《危険因子》との相性が凄まじいですね

『ラヴニカのギルド』が発売されて数日経ちましたが、使用するデッキの予定は立ったでしょうか?

記事を読む

【MTG・ラヴニカの献身:新カード情報】新ドムリは強いのか?「暴動」重複で混沌をもたらせ!

新セット前になるとやってくる新カードぐだぐだ考察! 1月25日発売『ラヴニカの献身』に収録

記事を読む

【霊気紛争:ゲームデーは何使う?】マルドゥ機体・緑黒蛇・コピーキャット(サヒーリコンボ)etc

今週末(2017/2/11~12)に全国の公認ショップで行われるゲームデー「霊気紛争」

記事を読む

【MTG:ドミナリア当たり神話・レアカードTOP5】カーン、ライラ、ベナリア史とカードパワーもお値段も高めです!

今日は『ドミナリア』の発売日! 気になる当たり神話・レアカードの動向を要チェック!!

記事を読む

【MTG】基本セット2020・「傲慢な血王、ソリン」!新ソリンと相性の良い吸血鬼特集!【スタンダード編】

『基本セット2020』から個人的に気になったものをご紹介! 今回ご紹介するのは、鬼嫁の

記事を読む

【MTG・『イクサラン』収録カードの感想②】レギサウルスの頭目強くない!?殺戮の暴君がアップを始めました!

海賊・魚人・吸血鬼・恐竜 カオスな世界がPWを待つ(part2) 9月29日発売の最新セット『

記事を読む

【MTG・カード考察:悪魔の契約】パーマネント生贄系効果で強制敗北のデメリットを乗り越えて行け!【スタンダード】

『マジック・オリジン』の神話カードとして登場した《悪魔の契約/Demonic Pact》 得ら

記事を読む

【基本セット2019】暴君への敵対者、アジャニは強い!自衛・強化の盤石性能、善意の騎士を強化せよ!【MTG】

ボーラス様と同時公開された事で、話題を全てさらわれてしまった(感じがする)新アジャにゃん。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

【デスストの謎・考察】サム、クリフ、ルーの関係等【超ネタバレ注意】

※ネタバレMAX!要注意!! 『デスストランディング』クリア後に

【MTG】パイオニア最新禁止カード・2019/12/2発行:むかしむかし、死者の原野、密輸人の回転翼機が禁止!

MTGの禁止改訂(2019/12/2日発行)が発表され、パイオニア

【ワールドフリッパー】ボスバトルレイドのすゝめ:スキルチェインのダメージ増加値等、意外と知らないワーフリの知識

ワーフリこと「ワールドフリッパー」のボスバトルレイド攻略で押さえて

【MTGアリーナ:ヒストリックデッキレシピ】灯争大戦テゼレットを使ったアーティファクト親和【令和のテゼレッター】

ヒストリックラダーで楽しく回している親和デッキをご紹介します。

【MTG】禁止カード改訂・2019/11/18発行:オーコ、むかしむかし、夏の帳死す!レン6も逝く

MTGの禁止改訂(2019/11/18日発行)が発表され、スタンダ

【MTG】パイオニア最新禁止カード・2019/11/12発行:「夏の帳」が禁止カードに指定されました!コントロール歓喜!

MTGの禁止改訂(2019/11/12日発行)が発表され、パイ

【MTG】パイオニア最新禁止カード・2019/11/4発行:サヒーリと守護フェリダーの脅威とさよなら!豊穣力戦もバイバイ!

MTGの禁止改訂(2019/11/4日発行)が発表され、パイオニア

【MTGアリーナ】フェスティバル:スタンダードの職工で使った黒緑アドベンチャーデッキレシピ紹介!レアが無くても大丈夫!

MTGアリーナで開催中のイベント「フェスティバル:スタンダード

→もっと見る

PAGE TOP ↑