【アモンケット新スタン:赤黒ハゾレトアグロデッキ使用感】街の鍵がマジで強い!

公開日: : MTG

《守護フェリダー》が禁止された事によって大激変のスタンダード

黒緑や機体など、既存の強アーキタイプはしっかり残っていますが、その他のデッキもチラホラと活躍してて、純粋に楽しい環境の訪れを感じています。

さて、本日は《熱烈の神ハゾレト》を軸にした赤黒アグロデッキの使用感についてのレポート記事。

事前の宣言通り、筆者は《ハゾレト》様と今期を走り抜ける気満々ですよ!

SPONSORED LINK

《熱烈の神ハゾレト》を頂点にしたマッドネスアグロデッキ

《熱烈の神ハゾレト》を採用したデッキは、赤黒以外にも赤緑など様々ですが、赤黒至上主義の筆者はとりあえず赤黒で組んでみました。

赤黒にする強みは、土地の安定と、スタン最強除去札《無許可な分解》。そして、《かんしゃく》《血管の施し》といった、本体をガンガン攻め立てれるマッドネスカードの存在です。

後先考えない爆走デッキ…これぞ赤黒…(最高や)

※:MOで5-0したレシピを参考にさせてもらいました。(参考にしたレシピはコチラ

1マナクリーチャー:《ボーマットの急使》で走り抜けろ


《ボーマットの急使》

1/1速攻で攻撃する度にデッキトップを蓄えていく構築物

盤面に生物が出てくると途端に勢いが失速するクリーチャーではありますが、1ターン目から殴りに行けて、アドを得る事ができる可能性を持つこのカードはやっぱり優秀。

蓄えが無い状態で能力を起動して、無理やり手札をトラッシュするという荒業も、マッドネスを誘発させる手段としては結構有用だったりします。

ビタ止まりの危険性も《街の鍵》があれば、ある程度ケアすることが可能です。


《戦慄の放浪者》

ハンドレスを積極的に狙いに行くデッキなので、その状況下で墓地から戻ってこれる2/1生物はかなりマッチしていると言えます。

しかし、このカードの能力を使う頃には勝敗が決している事も多く(勝つも負けるも)、実は結構迷ってる枠でもあります。


《ファルケンラスの過食者》

《戦慄の放浪者》の代案として考えているのが、同じ1マナ2/1生物であるコチラ

吸血鬼クリーチャーにマッドネスを付与する能力を活かすなら、更なる代案が必要になってきますが、純粋に1マナ2/1と見ても優秀なカードだと思います。


《傲慢な新生子》

威迫と任意タイミングのディスカードが魅力的

しかし、動き的に1/1よりも2/1では大きな違いがあるので考え物…(たぶんこのデッキ的には上の三体が優先されそう)

2マナクリーチャー:《屑鉄場のたかり屋》くんはやっぱり強い


屑鉄場のたかり屋》

たかり屋くんはやっぱり強い…

《無許可な分解》のファクトカウントとしても貴重なので欠かす事の出来ないクリーチャーです。

もう脳死で入る4枠って感じですなぁ~(強い強い)


《血怒りの喧嘩屋》

CIPでカードを一枚捨てるというデメリット持ちの①赤4/3クリーチャー

二ターン目にでるサイズとしては破格なので、除去やパワー3のクリーチャーが出てこない限り素通りし出すヤバい奴。

《街の鍵》の対象としても優秀で素通りする4点は流石に馬鹿にできません。

ディスカードのデメリットもハンドレス状態ならタダですし、マッドネスの誘発にも使えるので必ずしもデメリットではありません。


《ファルケンラスの後継者》

①黒2/1がディスカードで3/2飛行に早変わり

《ファルケンラスの過食者》を採用するなら合わせて採用を考えているクリーチャーですが、これ以上2マナ圏を膨れさすのも考え物なので悩み中…

吸血鬼色を強めるなら全然アリだとは思うのですが…

4マナクリーチャー:《ハゾレト》様じゃい!!


《熱烈の神ハゾレト》

3マナは除去ゾーンなのでいきなり神にジャンプ!

よく、「《闇の掌握》でやられる」という評価を目にしますが、正しくは、「《闇の掌握》がないとかなりヤバイ」なんじゃなかろうか?

ハンド1枚以下という顕現条件もテキストから受ける印象以上に緩いので、このカードは想像以上に強い一枚だと個人的には思っています。

手札を本体2点火力に変換する能力も、土地の重ね引きや硬直状態に強いのでかなり神ってるネ!


マスターピース版のイラスト恰好良すぎんよ…(欲しい)

クリーチャー以外の選択について


《街の鍵》

赤黒系のマッドネスアグロなら必須と言っても過言ではない程に強い一枚

やはり、盤面を無視して本体を殴りに行けるのは強いですね…

ディスカードもマッドネスと組み合わせますし、省エネなでっきなので、ドロー用の2マナの確保も容易です。

これだけ強いと最早「街の鍵」って感じがしません…(ドラクエに例えるなら「最後の鍵」だよ…コレ)


《癇しゃく》

除去と直火焼きの両方を兼ねるマッドネススペル

今のイラストよりも昔のイラストの方が筆者は好きです。(インチキおじさん)


《血管の施し》

キルスピードを加速させる第二の直火焼きマッドネススペル

アグロ対決になった時に、このカードで生み出される6点さが非常にデカイ!

軽視されがちなスペルですが、このカードは結構やれます。


《無許可な分解》

みんな大好きスタン最強除去カード!

1マナ増えているとは言え、3点飛んでくる《終止》が弱い訳ないっていう…(スタン中はずっと使うでしょうね)


《焼夷流》

ここは自由枠って感じですが、《ショック》だと蛇君が焼けないので、筆者は《焼夷流》を採用しています。たかり屋を葬れるスペルなので意外な所で刺さってくれるのがポイント高いです。

ショーダウンで力試ししてきます~

昨日のフライデーにはちょっと間に合わなかったので、本日のショーダウンにて力試ししてまいります。

良いご報告ができるように頑張ってきます(*´▽`*)b

―――追伸、もしかすると今日も無理かも・・・

SPONSORED LINK

関連記事

【MTG:アモンケットカード考察・赤の神「熱烈の神ハゾレト」の可能性】手札1枚以下で5/4がダッシュ!

4月28日発売、最新セット『アモンケット』プレビューウィークに突入し、公開される新カードたち

記事を読む

【MTG・『イクサラン』収録カードの感想②】レギサウルスの頭目強くない!?殺戮の暴君がアップを始めました!

海賊・魚人・吸血鬼・恐竜 カオスな世界がPWを待つ(part2) 9月29日発売の最新セット『

記事を読む

【イクサランのブースタードラフトは難しい】部族シナジーを意識した飛行デッキが鉄板か?恐竜に流されてはいけない(戒め)

どうも、新環境一発目という事で珍しくブードラでのフライデーに参加してきた管理人です。 「イ

記事を読む

【高騰中】『サヒーリ+守護フェリダー無限トークンコンボ』は本当に使われるのだろうか?

関連記事:【MTG:霊気紛争フルスポ感想 フェリダー+サヒーリループで揺れるカラデシュ!神話

記事を読む

【アムトトの永遠衆が入っているのはニコルボーラスのPWデッキです】パックも剥けてお得感満点である。

昨日(2017/7/15)は、「マジック・ザ・ギャザリング」最新セット『-破滅の刻-』の発売

記事を読む

【アモンケット:プレリで面白強かった注目カード考察】督励と不朽は結構強いしサイクリングはやっぱり便利でした!

2017/4/23・24(土日)に全国で開催された『プレリリース;アモンケット』に筆者も参加

記事を読む

【イニストラードを覆う影:1ボックス開封結果】アヴァシン!?アーリン!?オリヴィア!?いいやそんな物はないね…《石(岩塩)の宣告》

4月8日発売最新パック『イニストラードを覆う影』を1ボックス購入してまいりました。内容につい

記事を読む

【MTG・カード考察:悪魔の契約】パーマネント生贄系効果で強制敗北のデメリットを乗り越えて行け!【スタンダード】

『マジック・オリジン』の神話カードとして登場した《悪魔の契約/Demonic Pact》 得ら

記事を読む

【イクサラン・プレリリースで面白強かったカード感想】探検と宝物は凄く便利!恐竜のただ強感!

最新セットを一足お先に体験できるプレリリース『イクサラン』に参加してきました。 いつも

記事を読む

【霊気紛争】「金属製の巨像(コロッサス)デッキ」を考える!青黒か更なる多色か…

プロツアー間近なんで今更感バリバリだったりするんですが、【霊気紛争】追加後の「金属製の巨像(

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

管理人超オススメの一本!

【どうぶつタワーバトルの面白さと流行った理由は何か?】技術と運の要素が絶妙にクロスした本格対戦型パズルゲーム(eスポーツ)

皆さんは、『どうぶつタワーバトル』というスマホゲームをご存知でしょ

【小島監督最新作『デスストランディング』PVの謎考察】赤ん坊・巨人・触手マッツ等、散りばめられた謎を追う

本日(2017/12/8)、アメリカのロサンゼルスで開催された

【DQライバルズ・ナーフ情報】《亡者のひとだま》《レッドアーチャー》《マジックフライ》の下方修正が決定しました!

2017年12月9日に実施されるアップで―ドにて、《もうじゃの

【PS4】『ディシディアファイナルファンタジーNT』オープニングムービー公開!ストーリー的には1作目の続編に当たるっぽいですね

2018年1月11日発売予定『ディシディアファイナルファンタジ

【ロックマン11運命の歯車が2018年に発売】現代風の新テイストでロックマン復活!!

多くの少年たちのハートを熱くさせた「ロックマン」シリーズ最新作『ロ

【ゲームサントラCD発売日一覧・2017/12月】ニーアオートマタのアレンジ盤や勇なまVRに注目です

個人的なイチオシは『ニーアオートマタ』のアレンジサントラですが

【DQライバルズ・テンポゼシカ対策】《ようじゅつし》に要注意!「サイレス」等封印カードをうまく使っていこう!

少し間が空いてしまいましたが、前回取り上げた「ゼシカ攻略」第二弾【

【DQライバルズ・アグロゼシカ攻略】《亡者のひとだま》に要注意!「回復」や「ステルス」が超重要!

「ゼシカに勝てなくて萎え」って人が結構多い様なので、【ゼシカ攻略】

→もっと見る

PAGE TOP ↑