【MTGスタンダード・胆力の道デッキ使用感】スタン環境赤すぎる!速攻だらけで機能しないぜ!

公開日: : MTG

皆さんはコチラの《胆力の道》という名前のカードをご存知でしょうか?

簡単に説明すると、設置で全体(該当しないクリーチャー限定)に1点ばら撒き、条件を満たすと反転して超強い土地になるカードです。

管理人はこのカードの挙動が何だか好きで、『イクサランの相克』実装以降はコチラを採用した【赤白胆力】を愛用し続けてきたのですが、この度、赤黒に戻す事を決意しました(白目)。

何故、管理人は【赤白胆力】を諦めてしまったのか?

その理由について本日は徹底解説していきます(半ば愚痴)。

SPONSORED LINK

《胆力の道》は強い…強いが…

Path of Mettle / 胆力の道 (赤)(白)
伝説のエンチャント

胆力の道が戦場に出たとき、これは先制攻撃も二段攻撃も警戒も速攻も持たない各クリーチャーにそれぞれ1点のダメージを与える。
あなたが、先制攻撃や二段攻撃や警戒や速攻を持つクリーチャー2体以上で攻撃するたび、胆力の道を変身させる。

Metzali, Tower of Triumph / 制覇の塔、メッツァーリ
伝説の土地

(《胆力の道/Path of Mettle》から変身する。)
(T):あなたのマナ・プールに好きな色1色のマナ1点を加える。
(1)(赤),(T):制覇の塔、メッツァーリは各対戦相手にそれぞれ2点のダメージを与える。
(2)(白),(T):このターンに攻撃したクリーチャー1体を無作為に選ぶ。そのクリーチャーを破壊する。

反転難易度の割に能力は凶悪だ!

まず《胆力の道/制覇の塔、メッツァーリ》の性能について解説しよう。

表側は該当能力を持たないクリーチャー全てに1点をばら撒く限定的な全体火力を備えています。

この全体1点というのは意外と侮り難く、白黒トークンの盤面を崩壊させたり、《つむじ風の巨匠》が生成する「飛行機械トークン」の横並びを流しきれる事が可能な数値です。

二マナで自身のタフネス1を失う事無く相手のトークンだけ一掃出来るというのは相当に強い…強い…はずなのだが(意味深)。

変身後の能力については最早言う事がないレベルで、2マナの本体バーン、3マナの攻撃クリーチャー無作為破壊も非常に強いです。

どちらも強い…しかし活躍できない。《胆力の道/制覇の塔、メッツァーリ》はそんな悲哀を抱えたカードなのです。

今の赤い環境とのマッチアップが絶望的過ぎる

参考までに、上の画像が管理人が使用していた構築の【赤白胆力】です。

事前情報として、管理人がメインでMTGをプレイさせてもらっているショップは普段はかなり青やコントロールデッキによっています。なので、この構築はショップメタをよんだ末に到達した境地であり、つい先々週くらいまでは普通にフライデーやショーダウンなら【3-0】できるデッキでした。

…が、先週空けて今週行ってみると…赤い。とにかくショップが全体的に赤い。

普段青やコントロールを好む人ですら赤を握り、当たる度に同型または同型亜種という現実。(ちなみに今日は3戦とも赤単が相手でした)。

同型だと何故《胆力の道》はダメなのか!?

答えは超簡単!設置タイミング何もしないエンチャントを置くのが弱すぎる(白目)。

赤単や赤系統のデッキが多いという事は、ダメージが飛ばないクリーチャー(速攻、先制攻撃、警戒、二段攻撃)が沢山いるって事なのだ…。

高速で倒しに来る相手に2ターン目何も影響を与えないムーブを起こすというのは、自殺行為とも言える暴挙であり、ぶっちゃけ手札が一枚少ないに等しい弱さなのです。

そもそも赤単がトップアーキに存在する状況下で《胆力の道》を使おうとするのが間違いなんですよね(悲しみ)。

ティムールが消えたことで役割が消えた感

「苦手な《つむじ風の巨匠》のトークンを一掃出来る!白系統のトークンも流せる!線の細いmyデッキに新たな勝利プランがもたらされる!」

そんな淡い期待は、【禁止制限告知】という最強カードによって打ち壊された!!

白系のトークンはまだ割と見かける事もありますが、ティムールエネルギーは本当に消えましたねぇ…。

まぁしょうがない事ではありますが、いやぁ…困った困った(笑)。

カードパワーはそこそこ高いし面白いカードなので、ドミナリアでの環境変化に期待しよう!

個人的に高く評価しているカードなので全然諦めてはいませんが、現環境下でメイン運用するのは流石にリスキー過ぎます。

とりあえず新パック追加での環境変化に期待するしかないってのが現実かな…。

「早く来い来いドミナリア!そしてミッドレンジやコントロールが隆盛する未来カム!」

追伸:とりあえず普段カラーである赤黒に戻してみます(ド安定)。

SPONSORED LINK

関連記事

【MTG・ぎゃざ】売り切れ続出「アンステーブル」を購入してみた。土地とトークンが目玉!

13年ぶりに発売されたジョークセット(銀枠)『Unstable(アンステーブル)』を購入して

記事を読む

【プレリリース「ラヴニカのギルド」ゴルガリレポート】「宿根」というメカニズムに不信感!シールドのゴルガリは弱い!?

カードプールや構築のせいかもしれませんが、シールド戦のゴルガリは結構きつかったです。

記事を読む

【MTG「ドミナリア」プレリレポート】リミテで強かったカードと戦利品紹介!英雄譚は鬼畜!

【MTG】最新セット『ドミナリア』のプレリリースに参加して参りました。 私が普段からご

記事を読む

【MTGスタン・カーン入りの黒赤機体デッキ考察】キラン、バリスタ、たかり屋でカーンのトークンを強く!

最近は【黒単デッキ】についてばっかり書いている管理人ですが、今日は「MOPTQ」や「グランプリ」

記事を読む

プロツアー『ドミナリア』は赤単アグロを使ったWyatt Darby選手が優勝!《栄光をもたらすもの》がもたらした栄光

リッチモンドで行われたプロツアー『ドミナリア』の全日程が終了しました。 数多の強豪猛者

記事を読む

【基本セット2019】工匠の達人、テゼレットでアーティファクトデッキを隆盛させよう【MTG】

本日は、電池生成から解放された男、《工匠の達人、テゼレット》の考察記事です。 「テゼレ

記事を読む

【MTG;スタン専ながらマスターズ25thを購入してみた】神ジェイスやリシャポは果たして出るのか!?

ショーダウンに参加するついでに『マスターズ25th』を気まぐれで購入してみました。 …

記事を読む

【アモンケット新スタン:赤黒ハゾレトアグロデッキ使用感】街の鍵がマジで強い!

《守護フェリダー》が禁止された事によって大激変のスタンダード 黒緑や機体など、既存の強アー

記事を読む

【アムトトの永遠衆が入っているのはニコルボーラスのPWデッキです】パックも剥けてお得感満点である。

昨日(2017/7/15)は、「マジック・ザ・ギャザリング」最新セット『-破滅の刻-』の発売

記事を読む

【霊気紛争】「金属製の巨像(コロッサス)デッキ」を考える!青黒か更なる多色か…

プロツアー間近なんで今更感バリバリだったりするんですが、【霊気紛争】追加後の「金属製の巨像(

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

【MTG】《ゴルガリの拾売人》が強い!《チュパカブラ》や《最古再誕》を回収するゲロゲロムーブ!

〈リミテの時に感じた《拾売人》の強さはやはり本物だった!〉 リミ

【MTG】《絶滅の星》と《真火の隊長》を使ったコンボ!20点火力が相手プレイヤーを襲う!【即死技】

《絶滅の星》が局地的に話題になっているという情報をキャッチ!

【MTG】ゴルガリ《陰惨な生類》デッキが面白い!《野茂み歩き》育成計画や《疫病造り師》の純粋な強さ!【123リアニ】

【123リアニ】の名称で有名(?)な《陰惨な生類》を本日はご紹介し

【MTG】《実験の狂乱》が面白い!《遁走する蒸気族》や《危険因子》との相性が凄まじいですね

『ラヴニカのギルド』が発売されて数日経ちましたが、使用するデッキの

【ロックマン11攻略】ボスに有効な弱点武器一覧・ボスラッシュもこれで楽勝!

『ロックマン11』のボスに有効な弱点武器(特殊武器)を解説した

【PS4『ロックマン11』評価・クリアレビュー】昔ながらの難しさと面白さ!二つのギアを駆使する横スクロールアクション!

「ロックマン」シリーズ最新作『ロックマン11 運命の歯車!!』をク

【MHW・歴戦王ナナ攻略/弱点&倒し方】歴戦王テオとの合体技に要注意!スリップダメージが痛いので耐熱の装衣推奨!

気付いたら歴戦王ナナの配信日になってた(驚)。 ナナは元々強

【アナザーエデン】初心者オススメ星5キャラ「マリエル」はやはり別格【星の夢のかけら】

新規プレイヤーにも詫び石10000個を配るという事で、今日から

→もっと見る

PAGE TOP ↑