【グウェントウィッチャーカードゲームが面白い】エレディン好きがオススメカードを紹介!

公開日: : 最終更新日:2017/05/30 グウェント

現在、オープンβテスト中の『グウェント ウィッチャーカードゲーム』にハマっています。

「βテストでこんなに遊ばせてもらって大丈夫なのか?」ってレベルでハマっているので、切実に時間の加速がマッハ過ぎてヤバイです…。

いやー、だってこんなの面白過ぎでしょ~(ひたすら地味だけど)

今回は、「モンスター」デッキ大好きな筆者が、ただひたすら《エレディン》デッキについて語っていきます。マジでそれだけです(´・ω・`)b

外部リンク:【グウェント ウィッチャーカードゲーム公式サイト

SPONSORED LINK

リーダー「エレディン」が強くて格好良い!!

【モンスター】の初期デッキリーダーでもある《エレディン》がイラスト効果ともに扱いやすくて気に入ってます。

最終的には《ダゴン》や《見えざる者》の方が強力なデッキが構築できそうな予感がしますが、イラストも恰好良くて効果も分かり易い《エレディン》は正に初心者向けの鏡と言えるのではないでしょうか?

状況に応じて《ワイルドハントの航海士》《ワイルドハントの戦士》《ワイルドハントの猟犬》《ワイルドハントの騎兵》から自由に一体選べるのはやっぱり素敵。

《ワイルドハントの騎兵》(トリオ)を背後に据えた《エレディン》の恰好良さよ…(堪らん)。

ワイルドハントの精鋭たちで相手を翻弄するのだ!

《エレディン》からアクセスできる「ワイルドハント」の精鋭達をご紹介しよう。


《ワイルドハントの航海士》

味方の「ワイルドハント」を対象にして同名カードをデッキから召喚できちゃう!

単体ではただの戦力3のカードですが、他のカードと組み合わさる事で強さを増していく、正に「ワイルドハント」らしいカードです。

同名カードがデッキに残っていないと簡単に腐るカードなので、精細な運用プランが必要になります(出し惜しみしすぎて腐るのはアルアル)。


《ワイルドハントの戦士》

相手の戦力3のカードを配備効果によって破壊できれば、それだけで10の戦力差が生まれます。

素の戦力もそこそこあるので、かなり使いやすいカードではありますが、「アーマー」持ちや「シールド」持ちも多いので油断は禁物。


《ワイルドハントの猟犬》

配備能力で《冬将軍》を召喚する「ワイルドハント」の生命線!

天候系のカードは警戒度が高いので対策カードを多くとっているプレイヤーは多いですが、効果自体はやはり強力なので頼りになります。

《氷の巨人》《イムレリス》等、「霜」とシナジーを持つカードも少なくないので併用するとかなり強力。


《ワイルドハントの騎兵》

勇敢(相手がラウンド有利の状況)で「継戦(場に残る)」し、3体並べると「トリオ」が発動して戦力値が合計3ずつ上昇していくイケメン騎兵!

勝っても負けても有利に働いてくれる扱い易さが魅力的で、「ワイルドハント」の中でも特にお気に入りの一枚。

3体揃って上昇していくので、《焦土》で一掃され易い事にだけは要注意です。

《セライノ・ハーピィ》で卵を産み落とそう!


《セライノ・ハーピー》

卵も含めると合計7の戦力値を持ち、卵がはじけると合計11になるばら撒き鳥。

《ハーピーの卵》は「遺言」なので、ラウンドを跨ぐと《ハーピ―》として場に残ってく、弾けて良し残って良しのスーパー生物です。

一ラウンド目を《ワイルドハントの騎兵》で搔き乱して、二ラウンド目に《セライノ・ハーピー》をばら撒きまくるのが最高!

配備能力なので、《おとり》でバウンスして再度戦場に出してやると盤面が卵だらけになって楽しいです。

《グレイブ・バグ》が良い働きしてくれます


《グレイブ・ハグ》

「ワイルドハント」デッキとのシナジーは薄いですが、《セライノ・ハーピィ》等のおかげで生物が墓地に貯まりやすいので、《グレイブ・ハグ》はかなり重宝しています。

消耗戦にもつれ込んだ試合の最後の最後にグレイブ・ハグを出すと凄い戦力値を持つユニットが爆誕するので面白いです。

ただし、基本戦力値は2しかないので簡単に除去られてしまうのが玉に瑕。

他のリーダーや勢力もそろそろ使わなきゃな…

【モンスター】デッキの動きにも慣れてきたので、そろそろ他のリーダーや勢力にも手を伸ばしたいと考えています。次は【スコイア=テル】か【二ルフガード】辺りを使おうかしら?

戦闘するというより隊列を組んで相手との戦力差を競うゲームなので、若干というかかなり地味目ですが、硬派で運の介入が限界まで削られたプレイング重視のルールで中々に熱いです。

卓上ゲームやカードゲームに自身のある方は是非とも挑戦してみて下さい!
その際には、「エレディン」率いる「ワイルドハント」の面々たちを是非ともヨロシクお願いします。

『グウェントウィッチャーカードゲーム』から画像引用
© 2017 CD PROJEKT S.A. ALL RIGHTS RESERVED

SPONSORED LINK

関連記事

【グウェント攻略】イースネスペシャルコントロールデッキ攻略!弱体化してもやっぱり苦手!

本日は天候アップデート(2017/6/13)によって格段に弱体化したと言われている「イースネ

記事を読む

【グウェント攻略】追加新カード考察『二ルフガード編』刺客の除去能力がとにかく強い《17/8/29UPD》

アプデ(17/8/29UP)追加新カード考察第四弾は『二ルフガード』について! 『二ル

記事を読む

【グウェント攻略】追加新カード考察『スコイア=テル編』ドワーフの扇動者と火薬技師強いよね!?《17/8/29UPD》

アプデ(17/8/29UP)追加新カード考察第三弾は『スコイア=テル』について! 『モ

記事を読む

【グウェント攻略】追加新カード考察『北方諸国編』ウィッチハンターが強そう《17/8/29UPD》

新シーズンになり、ルール変更、新カード追加、既存カードの大幅修正etc… 色々と一気に

記事を読む

【グウェント攻略】追加新カード考察『ニュートラル編』ドラガラの器用貧乏感よ!《17/8/29UPD》

アプデ(17/8/29UP)追加新カード考察ラストは『ニュートラル』について! 『ニュ

記事を読む

【グウェント攻略】スケリッジの《モークヴァーグ》対策を考える。封印して閉まっちゃおうねぇ~

『グウェント』には様々な初見殺し・分からん殺しが存在しますが、その中でもお手軽かつ頻繁に見か

記事を読む

【モンスターデッキの強くて便利なオススメカード《世話人》考察】相手の墓地からユニットを復活!

どうも、新作ゲームを購入するだけ購入して高く積み上げる日々が続いてしまっている…管理人です。

記事を読む

【グウェント攻略】スケリッジ《テルショック一族の斧兵》が強すぎる〈霧ダゴン使いの嘆き〉

どうも、『霜エレディン』じゃなくて『霧ダゴン』ばかり使っている浮気者の管理人です。 本

記事を読む

【グウェント攻略】濃霧ダゴンデッキでランク20MMR4250達成しました!使う事で見えてきた強カードたち

最近は『ドラクエ日記』ばかりだったので久々の『グウェント』記事です。 と言うのも、毎日

記事を読む

【グウェント初心者向け攻略】遺言・生成など、キーワードアビリティの意味や天候ダメージについて解説!

どうも、『グウェント』をプレイし始めた事によって、今後のゲームスケジュールのプランニングが完

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

【強化された操虫棍について】ひるみ軽減スキルによる猟虫ボーナスで金剛体!?:耳栓・風圧・耐震が適用されます

のけぞり等を軽減する為のスキルに過ぎなかった【ひるみ軽減】が、

【MHWアイスボーン】導きの地の遊び方・攻略:地帯レベル・採取ゲージ・導き素材等、効率良く回す為の情報まとめ【隠しモンスター】

「モンスターハンターワールド:アイスボーン」のエンドコンテンツ

【MTG・エルドレインの王権収録PWカードまとめ】ケンリス姉弟「王家の跡継ぎ」カッコイイ!

最新セット「エルドレインの王権」の新情報が続々公開中です。

【ペルソナ5 ザ・ロイヤル】オープニングムービー公開!主人公と明智のツーショット良いですね!

アトラス公式Youtubeチャンネルにて、10月31日発売『ペ

【MHWアイスボーン:ラスボス「アンイシュワルダ」攻略・倒し方】即死攻撃要注意!ぶっとばし&乗りダウンが有効!【モンハンワールド】

「モンスターハンターワールド:アイスボーン」のストーリーラスボス『

【MTG】エルドレインの王権:「フェアリー」クリーチャーまとめ:マナクリフェアリー強いね!

最新セット「エルドレインの王権」の新情報が続々公開中です。

【MTG】エルドレインの王権新カード:アドベンチャーの仕様判明!クリーチャーでありソーサリー(インスタント)でもあるカード

最新セット「エルドレインの王権」の新情報が続々公開中です。

【MTG】エルドレインの王権新カード:青緑新プレインズウォーカー「オーコ」能力公開!こいつガラクの能力奪ってね?

最新セット「エルドレインの王権」の新情報が公開されました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑