【MTGスタン《ゴブリンの鎖回し》は禁止さるのだろうか?】タフ1の人権を侵害する害悪カードなのか否か

公開日: : MTG

《ゴブリンの鎖回し》とは、でるだけでタフネス1を一掃、マイナスから入ったチャンドラやテフェリーを華麗に処理、プレイヤーへの直火焼き、《損魂魔道師》とイチャイチャして相手の盤面に-カウンターをばら撒く等々、悪行の限りを尽くす、現スタンを定義する強力な一枚です。

ドミナリアの発売前から注目していた身としては、自分の感覚がずれてない事に喜びを感じたい所ではありますが、このカードの暴れっぷりは正直笑えないレベルの強さです。

巷では、次の禁止改訂でBANされる・されないの激論が度々勃発していますが、果たして鎖回し君は7月2日を乗り越える事が出来るのでしょうか?鎖回し君の今後について考えてみます。

SPONSORED LINK

ゴブリンの鎖回し

Goblin Chainwhirler / ゴブリンの鎖回し (赤)(赤)(赤)
クリーチャー — ゴブリン(Goblin) 戦士(Warrior)
先制攻撃
ゴブリンの鎖回しが戦場に出たとき、これは各対戦相手とそのプレイヤーがコントロールしている各クリーチャーと各プレインズウォーカーにそれぞれ1点のダメージを与える。

3/3

 

スタン環境で遊んでいる人ならば、このカードを見た事が無いって人はまずいないはず。

…と言うか、一日に一回位の頻度でエンカウントするカードです。

発売前は赤トリシンがキツイと言う評価もありましたが、蓋を開けてみれば、マナベースを多少曲げても採用する価値がある程のパワーカードでした。

トリシンとは言え、cipでタフネス1を一掃しながらpw&プレイヤーに1点ばら撒くって動きはやっぱり強い。しかも自身が3/3先制攻撃っていうのもかなりギルティです。

赤はこのカード以外の周りのカードも強力ですし、カードパワー・構造ともに追い風吹きまくってるのは間違いないですよね。

鎖回しのここが強い・ここが不快

  • タフネス1の人権を侵害している
  • 3/3、先制攻撃は強すぎる
  • マイナスinを強要したPWを省エネモードで処理しやがる
  • 機体にのれる(キランの真意号)
  • 赤単・赤黒におけるマナカーブが殺人的に綺麗

 

挙げだしたら他にも色々出てきます。状況を加味しだすとキリがない位強力なカードです。

強いのは間違いないけど 何故禁止禁止と言われてるの!?

Rampaging Ferocidon / 暴れ回るフェロキドン (2)(赤)
クリーチャー — 恐竜(Dinosaur)
威迫
プレイヤーはライフを得られない。
他のクリーチャーが1体戦場に出るたび、暴れ回るフェロキドンはそのクリーチャーのコントローラーに1点のダメージを与える。

3/3

 

それは恐らく、《暴れ回るフェロキドン》という禁止の前例があるからでしょう。

《守護フェリダー》の無限パンチを抑止する為に生まれて来たとか言われていたフェロキドンくんですが、仮想敵である《守護フェリダー》がBANされたことでその役目を失い、仕方がないのでそれ以外のトークン戦術をメタる目的で赤系のメインまたはサイドを暖めていました。

その後、エネルギー強すぎるから禁止出すわ…でもそっちだけだと赤一強になるから赤のパーツも落とすわ…と言うのが《暴れ回るフェロキドン》の禁止にまつわるあれこれだったと記憶しています。

一応、ライフゲインを封じるというフェロキドンらしい能力は持っていますが、サイズや一部の役割は《ゴブリンの鎖回し》と似ている部分があります。

なので、こっちが禁止なのに、これより強く感じる《ゴブリンの鎖回し》が許されるのおかしくない?ってのが禁止派の意見の様です。確かにそう言われればそう思えなくもないですよね。

一掃とロックという違いはありますが

マジック:ザ・ギャザリング ラノワールのエルフ(コモン) ドミナリア(DOM)

期待されまくっていた《ラノワールのエルフ》がイマイチ活躍しきれていないのも、全ては《ゴブリンの鎖回し》の影響。そう考えると《鎖回し》がヘイトを貯めこんでいる理由はよく分かります。

実際のところ、上から叩きつけて一掃する《鎖回し》と全てのライフゲインとトークン戦術をガッチリホールドする《フェロキドン》ってどっちがヤバイ(うざい)んでしょうね?

どっちもやばいのは間違いないですけど、個人的には《鎖回し》の方が強いと感じているので、規制派の意見に肩入れしたくなる気持ちはぶっちゃけ強いです。

次の禁止改訂日は7/2です

まぁ、結局はウィザーズが環境やプロツアーの結果を見て決める訳ですが、私の周りでは規制意見の方がやや多めって気がします。

禁止連発という不祥事を越えた現状、公式的にはこれ以上の汚点は残したくない所でしょうけど、ノータッチだとそれはそれで問題ありそうだから悩ましいです。

《ゴブリンの鎖回し》の進退について、みなさんのご意見も是非ともお聞かせください。

SPONSORED LINK

関連記事

【MTG(ギャザ)・イクサラン収録「マーフォーク」注目カード・マナコスト別まとめ】+1カウンターとアンブロ戦術で頑張る!?

「吸血鬼」「海賊」とやったので… 残りの「マーフォーク」と「恐竜」もこの流れでやっちゃ

記事を読む

【MTG・ラヴニカの献身:新カード情報】分割カードサイクル紹介!平成の荒廃稲妻《興行/叩打》がお気に入り!

新セット前になるとやってくる新カードぐだぐだ考察! 1月25日発売『ラヴニカの献身』に収録

記事を読む

【MTG・ラヴニカの献身:新カード情報】《強撃/脅威》はPWを除去れる《狂気の一咬み》!トークン生成も有能です

新セット前になるとやってくる新カードぐだぐだ考察! 1月25日発売『ラヴニカの献身』に収録

記事を読む

【MTG】《忘れられた神々の僧侶》を使ってみた感想:《どぶ骨》とタッグを組んだ際の強さは本物!ミッドレンジに対して強そうです

赤黒系のパーツを購入したにも関わらず、中々活かす機会に恵まれない…(ガックリ)。 しかし、

記事を読む

【MTG・ラヴニカの献身:新カード情報】新ドムリは強いのか?「暴動」重複で混沌をもたらせ!

新セット前になるとやってくる新カードぐだぐだ考察! 1月25日発売『ラヴニカの献身』に収録

記事を読む

【MTGスタン《パワーストーンの破片》の使い方・考察】コロッサスデッキ再興!?機械化製法や蜃気楼の鏡で楽しもう!

次々に公開されていく『ドミナリア』スポイラーですが、その中でも管理人のハートを最も湧き立てた

記事を読む

【アモンケットスタン:黒単ゾンビデッキの強みと弱み】ショーダウンでの使用感レポート

今流行りの「黒単ゾンビ」デッキでスタンダードショーダウンに参加してきました。 いつも参

記事を読む

【MTG・ぎゃざ】売り切れ続出「アンステーブル」を購入してみた。土地とトークンが目玉!

13年ぶりに発売されたジョークセット(銀枠)『Unstable(アンステーブル)』を購入して

記事を読む

【MTG】《絶滅の星》と《真火の隊長》を使ったコンボ!20点火力が相手プレイヤーを襲う!【即死技】

《絶滅の星》が局地的に話題になっているという情報をキャッチ! ……何やら電波デッキの波長を

記事を読む

【MTG(ギャザ)・イクサラン収録「恐竜」注目カード・マナコスト別まとめ】強い!高い!カッコイイ!!

部族マナコスト別特集ラストは、みんな大好き「恐竜」でございます。 ぶっちゃけた話、『イ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

【MTG】パイオニア最新禁止カード・2019/12/2発行:むかしむかし、死者の原野、密輸人の回転翼機が禁止!

MTGの禁止改訂(2019/12/2日発行)が発表され、パイオニア

【ワールドフリッパー】ボスバトルレイドのすゝめ:スキルチェインのダメージ増加値等、意外と知らないワーフリの知識

ワーフリこと「ワールドフリッパー」のボスバトルレイド攻略で押さえて

【MTGアリーナ:ヒストリックデッキレシピ】灯争大戦テゼレットを使ったアーティファクト親和【令和のテゼレッター】

ヒストリックラダーで楽しく回している親和デッキをご紹介します。

【MTG】禁止カード改訂・2019/11/18発行:オーコ、むかしむかし、夏の帳死す!レン6も逝く

MTGの禁止改訂(2019/11/18日発行)が発表され、スタンダ

【MTG】パイオニア最新禁止カード・2019/11/12発行:「夏の帳」が禁止カードに指定されました!コントロール歓喜!

MTGの禁止改訂(2019/11/12日発行)が発表され、パイ

【MTG】パイオニア最新禁止カード・2019/11/4発行:サヒーリと守護フェリダーの脅威とさよなら!豊穣力戦もバイバイ!

MTGの禁止改訂(2019/11/4日発行)が発表され、パイオニア

【MTGアリーナ】フェスティバル:スタンダードの職工で使った黒緑アドベンチャーデッキレシピ紹介!レアが無くても大丈夫!

MTGアリーナで開催中のイベント「フェスティバル:スタンダード

【Bloodstained:RitualofTheNight攻略】トゲダメージ無効装備「アイギスの胸当て」の入手方法

『Bloodstained:RitualofTheNight(

→もっと見る

PAGE TOP ↑