【イクサラン・プレリリースで面白強かったカード感想】探検と宝物は凄く便利!恐竜のただ強感!

公開日: : 最終更新日:2017/09/24 MTG

最新セットを一足お先に体験できるプレリリース『イクサラン』に参加してきました。

いつもは2回参加するのがお決まりなのですが、今回はスケジュールの関係で午後から1回のみの参加となりました。(明日もあるので余裕があれば参加したい所ですが…。)

とりあえず『イクサラン』ファーストインプレッションって事で、プレリリースで面白かった・強かったカード・システムについてとゲットした戦利品についてツラツラっとご紹介!

SPONSORED LINK

『イクサラン』プレリリースキットから出たレア・神話カード

とりあえずプレリリースきっとから出たレア・神話レアはコチラ!

  • ヴァンスの爆破砲/火を吹く稜墓
  • 翠緑の太陽の化身
  • 陽花弁の木立ち
  • 血に狂った聖騎士
  • 勇敢な妨害工作員
  • 剣呑な交渉
  • 轟く声、ティシャーナ(日付入りFOIL)

 

注目カードや高いカード・個人的に気になっていたカードの全てを綺麗に回避したラインナップに泣いた(笑)

まぁ、プレリリースキットなんてこんなもんさ…(隣でヴラスカと殺戮の暴君をひかれながら)

《轟く声、ティシャーナ》の日付入りFOILは一応大事にとっておくとします。

面白かった・強かったカードについて

能力「探検」はかなり強い!宝物も便利な印象でした

『イクサラン』で新たに使いされた能力「探検」はかなり強いメカニズムです。

今回、私は緑をベースにした赤緑デッキを使用したので、2マナの「探検」持ちである《イクサーリの卜占師》と、4マナの《鉄面連合の海賊》にはかなりお世話になりました。

特に《イクサーリの卜占師》は、序盤のアグロをガッチリ止めつつマナスクリューを防止してくれたのでかなり便利なクリーチャーだと感じました。割と冗談じゃなく、軽めの「探検」と書いてあるクリーチャーは積めるだけ積むはありかもしれません。

ただ、一見硬そうなタフネス3もこの環境では割と抜かれるサイズです。

「探検」でワンサイズ上がるとピッタリ止まる…って所にテストプレイの片鱗を感じます。

色的に「宝物」は積極的に触れませんでしたが、対戦相手の動きを見ている限りだとそちらもかなりいい感じだったと思います。

まぁどちらもマナ基盤を安定させてくれる能力ですもんね…弱い訳ないか( ˘ω˘ )

緑と赤のクリーチャー(恐竜)のサイズは化物だらけ!

緑、赤、白が今回の目玉である「恐竜」のカラーですが、特に緑と赤のクリーチャーサイズは化物染みてます。

8マナ9/9の《古代ブロントドン》や、5マナ5/5速攻トランプルの《突進するモンストロサウルス》とかクリーチャーのサイズと質がコモン・アンコモンのくせに半端ねぇ!っていう。

特に《突進するモンストロサウルス》はシングルシンボルでこのスタッツはかなりヤバイ一枚だと思います。これ…アンコモンなんだぜ…昔の自分に見せたら絶対に信じない自信があります。

赤緑を組んだという事は、これら「恐竜」を自分で使った訳ですが、まぁ~強い!

残りライフ4で相手にボードアドを完全にとられている状態で《翠緑の太陽の化身》プレイ⇒5点ゲイン、相手ライフ詰めに来る⇒やり過ごす、《古代ブロントドン》プレイ⇒9点ゲイン、相手ライフ以下略⇒《突進するモンストロサウルス》で5点ゲインって逆転って流れにワロタ。

マナが伸びれば確かに強い構築ではありましたが、残り4点完全マウント状態をまくる「恐竜」パワーは流石に頼もしかったです。

やっぱりサイズは正義なんだな…って( ˘ω˘ )

《ヴァンスの爆破砲》等伝説のエンチャントサイクルはどれも強い!

フルスポの時点では、ひっくり返す事にばかり目が行って正当に評価できていませんでしたが、伝説のエンチャントサイクルはどーれも強かったです。

自分で使用した《ヴァンスの爆破砲/火を吐く稜墓》は冷静に考えると恒久的にアドを稼いでくれるヤバい一枚かつ、

ひっくり変えると相手を焼きコロコロしちゃうヤバイカードでした。

しかも表の能力で反転の為の1カウントを稼いでくれるから…意外とひっくり返るんだよね~

相手に使用された《アズカンタの探索/水没遺跡、アズカンタ》、《アルゲールの断血/アクロゾズの神殿》のどちらもかなり強かったです。

《アズカンタの探索/水没遺跡、アズカンタ》、《ヴァンスの爆破砲/火を吐く稜墓》の二枚はマジで構築級なんじゃないでしょうか?

《ヴァンスの爆破砲/火を吐く稜墓》は、「運命再編」にあった《前哨地の包囲》に動きがかなり似ているので個人的にお気に入りです。構築でも普通に使ってみたいと思える良カードですね!

さいごに・参加賞と賞品からの戦利品をご紹介!

試合結果は上々とは言えませんでしたが、戦利品は、《ヴラスカの侮辱》と《レギサウルスの頭目》の二枚…の完全勝利コースでした。

うーん、《レギサウルスの頭目》はプレリ中にも使いたかったぞぉ…( ˘ω˘ )ヨクバリ

――――――

 

という事で、こんな感じでプレリリース『イクサラン』の体験レポートを終了します。

本日が開催日のショップも多いです。お時間に余裕のある方はお近くの開催店舗に足を運んで楽しんできちゃってくださいな!

お金さえあれば手軽に体験できるのもプレリリースの醍醐味。

みんなでワイワイガヤガヤ楽しみましょう( `ー´)ノ

マジック:ザ・ギャザリング 日本語版 イクサラン ブースターパック 36パック入りBOX
ウィザーズ・オブ・ザ・コースト
売り上げランキング: 2,505
SPONSORED LINK

関連記事

【MTG】新ソリン入り白黒アリストクラッツデッキレシピ【灯争大戦・新スタンダード】

リミテの超ボムカード《復讐に燃えた血王、ソリン》を使った白黒アリストクラッツで遊んでみました!

記事を読む

【MTGスタンダード最新禁止カード・2018/1/19発行】《霊気との調和》《ならず者の精製屋》《暴れ回るフェロキドン》《ラムナプの遺跡》が禁止カードに

MTGスタンダードの禁止改訂(2018/1/19日発行)が発表され、《霊気との調和》《ならず者の

記事を読む

【MTG:ウルザの後継、カーン高騰で8000円突破】あのカードは本当に強いのか?高い理由を考える

ついに《同盟者ギデオン》、《神童ジェイス》に匹敵する価格に到達した《ウルザの後継、カーン》。

記事を読む

『灯争大戦』収録PW(プレインズウォーカー)カードまとめ!ウギンは今回も強そうですね!

『灯争大戦』に収録されるカードの情報の一部がついに公開されましたね。 アンコモンのPWって

記事を読む

【アモンケットスタン:黒単ゾンビデッキの強みと弱み】ショーダウンでの使用感レポート

今流行りの「黒単ゾンビ」デッキでスタンダードショーダウンに参加してきました。 いつも参

記事を読む

【MTG:アモンケットカード考察・黒の神「栄光の神バントゥ」の闇】サクリ台としてはやや重め…

『アモンケット』に収録される神サイクル最後の1枚、黒の神「バントゥ」 緑の神「ロナス」

記事を読む

【霊気紛争】「金属製の巨像(コロッサス)デッキ」を考える!青黒か更なる多色か…

プロツアー間近なんで今更感バリバリだったりするんですが、【霊気紛争】追加後の「金属製の巨像(

記事を読む

【MTG】ゴルガリ(黒緑)対策に《トカートリの儀仗兵》はいかが?《チュパカブラ》《拾売人》《疫病造り師》を一気にメタれ!

【ゴルガリ(黒緑)】が強いと一つ前の記事でお伝えしましたが、本日はそんな【ゴルガリ】対策として注

記事を読む

【MTG:安いけど強い「ドミナリア」の神話・レアカード探求】活躍次第で高騰する可能性も十分にある!?

高いカードだけが強い訳じゃないッ!それが「マジック:ザ・ギャザリング」 本記事は、予約

記事を読む

【ゲームデー破滅の刻・赤黒ハゾレト優勝デッキレシピ】ケンラ・アムムトの強さはガチ!!

どうも、ラクドスカラー(赤黒)デッキが大好きな管理人きゃすとです。 昨日(2017/8

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

【灯争大戦・続唱構築5勝デッキレシピ】二ヴ=ミゼット再誕で完走してしまった・・・

MTGアリーナの人気イベント『続唱構築』で5勝したレシピを紹介

【MTG】ゴルガリボーラスの城塞デッキレシピ・黒緑チャレンジャーデッキの改造案にどうぞ!

金魚で紹介されていた【ゴルガリ城塞デッキ】が面白そうだったので回し

【MTGスタンダード・二ヴ=ミゼット再誕デッキレシピ】4マナから新生化で再誕するミゼット様!

下環境では《白日の下に》でシュートされているらしい再誕ミゼット様。

【MTGアリーナ】ラヴニカ構築5勝デッキレシピ・ラヴニカ以降のアーキタイプがオススメ

MTGアリーナで開催中のイベント『ラヴニカ構築』で5勝したデッ

【灯争大戦スタンダード・新ラルを使った破滅の終焉ワンキルコンボ】ナル・メハで無限バーン!

ツイッターなどで話題になっている【ラル×破滅の終焉×ナルメハコ

【MTG】戦慄衆の解体者&ジュディス入りマルドゥアグロデッキレシピ【灯争大戦・新スタンダード】

新ソリン入りの白黒クラッツを少し前にご紹介しましたが、今回はそこに

【MTGスタン】《猪の祟神、イルハグ》と相性の良いクリーチャー案・銛撃ち,凶兆艦隊の向こう見ず等

どうも、イルハグを3枚も素引きした管理人です! 素引きしたカ

【MTGアリーナ初心者・復帰勢向け用語集】対戦や配信で耳にする意味不明な言葉まとめ

MTGにはプレイヤーのみに通じる不思議な総称・略称・俗称が存在

→もっと見る

PAGE TOP ↑