【スマホゲー】「D×2真・女神転生リベレーション」のプレイ動画を見た印象。レアリティの低い悪魔の救済や課金システムが気になる…

現在開催中のTGSにて、『D×2真・女神転生リベレーション』のプレイ動画がYoutube上にUPされていました。

『真・女神転生』シリーズファンとしては、例えスマホゲーだったとしても新作が世に出るってのは次に繋がるきっかけとみても嬉しいしワクワクするものです。

なので今回の『D×2真・女神転生リベレーション』にも結構個人的には結構期待してます。

今回は、プレイ動画を見て感じた事・思った事・疑問などを簡単に挙げてみました。とりあえず気になるのは課金等の料金システムだよなぁ~

スポンサーリンク

『D×2真・女神転生リベレーション』TGSプレイ動画

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

【3Dダンジョン】【悪魔合体】【悪魔会話】等、シリーズっぽさは十分に感じられる

【プレスターンバトル】による戦闘、金子一馬氏のデザインを忠実に再現した美しい3Dモデル、【悪魔合体】、アウラゲートと呼ばれる【3Dダンジョン】etc…

もっと簡易的なものを想像していたので、想像していたよりもずっと「メガテン」っぽい!ってのがプレイ動画を見て感じた率直な感想です。

とりわけ3Dモデルに関しては、従来の3Dモデルと比較してもかなり力が入っていいそうなので楽しみです。

レアリティの低い悪魔に対する救済はあるのか?

動画内では、「ハトホル」と「モコイ」を使用して「デカラビア」を造り出すシーンが出てきますが、例えば「モコイ」をずっと実用的に使い続けることができるのかどうかが気になりました。

従来のシリーズでは「御魂合体」や各種「香」でステータスの底上げを計る事が事が出来ましたが、そういうプレイヤーの拘り所が本作でも実現可能なのかどうか?

どうやら悪魔ごとにレベルキャップが用意されているようですし、「モコイlv99」とか「ジャックフロストlv99」みたいなことは出来なさそうですが…。

ずっと「クーフーリン」や「ケルベロス」を使いたいって拘りを見せる人も多いと思うので、ここら辺は気になるしきっちり救済ポイントを用意しておいてもらいたいものです。

最終到達点がみーんな同じ悪魔ってのは流石に面白くないので…。

課金要素はどこにあるのか?

「ガチャで悪魔集めるのかな?しんどそうだ…。」って動画を見るまでは思っていたのですが、

ランダム仕様ながら【悪魔会話】はシッカリ健在、【悪魔合体】に必要となる「マグネタイト」もゲーム内できちんと集められるご様子。

一体、課金要素は何処にあるのでしょう?

考えられるとすれば、【スキルカード】、【交渉成功率UPアイテム】、【交渉発生確率UPアイテム】、【悪魔合体成功率UP】、【特別な悪魔ガチャ】、【マグネタイトの販売】とかでしょうか?

悪魔ゲットとガチャを密接にすれば集金力は確かに叩くなりそうですけど、メガテンとしての魅力はかなり低下してしまいそうなのが難しい所ですよね。

配信スタートが楽しみです

配信予定日は未定ですが、今から配信スタートが楽しみなタイトルの内の一つです。

「メガテン」って事だけど、プレイヤー自身は戦わないようだし…

どちらかというと「デビチル」っぽいな…と感じました。(こなみ)

公式サイト:【D×2真・女神転生リベレーション】

コメント

タイトルとURLをコピーしました