【基本セット2019】工匠の達人、テゼレットでアーティファクトデッキを隆盛させよう【MTG】

公開日: : MTG

本日は、電池生成から解放された男、《工匠の達人、テゼレット》の考察記事です。

「テゼレット」と言えば、『カラデシュ』に収録された《策謀家テゼレット》が記憶に新しいですが、あちらは様々な事情により、あと一歩活躍のシーンに恵まれていない印象のカードです。

しかし、今回の「テゼレット」は一味違う。これはシンプルに強いカードですわ…(確信)。

© 1995-2018 Wizards of the Coast LLC, a subsidiary of Hasbro, Inc. All Rights Reserved.

SPONSORED LINK

工匠の達人、テゼレット

《工匠の達人、テゼレット》(3)(青)(青)
伝説のプレインズウォーカー – テゼレット [M]

+1:飛行を持つ無色の1/1の飛行機械・アーティファクト・クリーチャー・トークンを1体生成する。
0:カードを1枚引く。あなたがアーティファクトを3つ以上コントロールしているなら、代わりにカードを2枚引く。
-9:あなたは「あなたの終了ステップの開始時に、あなたのライブラリーからパーマネント・カードを1枚探し、それを戦場に出し、その後あなたのライブラリーを切り直す。」の紋章を得る。

画像ソース:【MTG:海外公式サイト】

ソプタートークンで自衛しながらファクトカウントを稼ぐの偉い

マジック:ザ・ギャザリング(MTG) 策謀家テゼレット(神話レア)/霊気紛争(日本語版)シングルカード AER-137-M

《策謀家テゼレット》もアーティファクトを生成してはいましたが、あちらは自衛に繋がらないマナ電池。しかし、今回の《工匠の達人、テゼレット》は、1/1飛行のソプタートークンです。

確かに《ゴブリンの鎖回し》とかの影響でタフネス1の人権は脅かされいますが、それでも+で自衛できるトークンを生成できるのは偉いです。

ソプタートークンの実力は過去の歴史を見ても明らかですし、近々でも《つむじ風の巨匠》という超A級クリーチャーの活躍は記憶に新しいです。

状況に応じて、ソプター生成orドローを選択。あわよくば奥義を狙う…ってのが今回の「テゼレット」の役割になりそうですね。

2枚ドロー条件も意外と簡単に満たせそうじゃない?

流石に自前のトークンだけでアーティファクト3つのボーナス条件を満たすのは悠長過ぎますが、序盤からファクトで刻んで2ドローを安定させるのは不可能ではないはずです。

【カラデシュ】、【アモンケット】、【イクサラン】、【ドミナリア】産の既存アーティファクトも中々に粒揃いですし、《異形化するワンド》とか【基本セット2019】の新規カードも結構見所あるので、ファクト盛り盛りにしてデッキパワーが相対的に下がるという課題もなんとかなりそうな気がします。

《策謀家テゼレット》の電池や、《カーン》のトークンなど、色々とシナジーのあるプレインズウォーカーもいますし、選択肢は結構多いのではないでしょうか?

相性の良さそうなデッキ・カードが結構あるよね

  • ウルザの後継、カーン
    テゼレットより1マナ軽いマナ域。-2能力のファクト生成がデッキ構造上うまく使えそう。
  • 策謀家テゼレット
    黒を足すなら選択肢としてはありか?イラストは凄く好き。
  • アンティキティー戦争
    マナ域も被ってないし、デッキの構造的にもマッチしていると思います。どうしても悠長なデッキになるので、サクッと決まる可能性を持ったカードも入れたいです。
  • 艱苦の伝令
    フィニッシャーとして据えるに相応しい存在。奥義で引っ張り出すカードとしても強力。
  • 金属製の巨像
    大好きなカードなのでピックアップ。《削剥》と追放除去の存在が私を悩ませる。

でもやっぱり専用構築してこそって感じはします

マジック:ザ・ギャザリング ドミナリアの英雄、テフェリー(神話レア) ドミナリア(DOM)

単色ではありませんが、同じ5マナ域には《ドミナリアの英雄、テフェリー》がいます。

雑に使うならこっちの方が強いのは間違いないですし、やっぱり今回の「テゼレット」もアーティファクトを絡めた専用寄りのデッキで輝くカードになりそうです。

まぁ、どっちも使うって選択も勿論ありますけどね…。

既に結構いい値段してるのね

世間的にもそこそこ評価されているようで、既に結構いい値段で予約取引されているようです。

予約価格で抑えるべきか…価格の落ち着きを期待して待つべきか…迷います。

マジック:ザ・ギャザリング 基本セット2019 ブースターパック 日本語版 36パック入りBOX
ウィザーズ・オブ・ザ・コースト(Wizards of the Coast)
売り上げランキング: 44,222
SPONSORED LINK

関連記事

【MTG:霊気紛争フルスポ感想】フェリダー+サヒーリループで揺れるカラデシュ!神話は辛いがアンコモン強し!

2017年01月20日発売、MTG最新ブースターパック『霊気紛争』のフルスポイラーが2017

記事を読む

【プレリリース「ラヴニカのギルド」ゴルガリレポート】「宿根」というメカニズムに不信感!シールドのゴルガリは弱い!?

カードプールや構築のせいかもしれませんが、シールド戦のゴルガリは結構きつかったです。

記事を読む

【MTG】ゴルガリ《陰惨な生類》デッキが面白い!《野茂み歩き》育成計画や《疫病造り師》の純粋な強さ!【123リアニ】

【123リアニ】の名称で有名(?)な《陰惨な生類》を本日はご紹介します。 自分の墓地から1

記事を読む

【霊気紛争】「金属製の巨像(コロッサス)デッキ」を考える!青黒か更なる多色か…

プロツアー間近なんで今更感バリバリだったりするんですが、【霊気紛争】追加後の「金属製の巨像(

記事を読む

【イクサラン・スタンダード赤黒】ティムールエネルギーが苦手なら《バントゥ最後の算段》を使えばいいじゃない!

今回は、前回の記事でご紹介した【ヤヘンニ採用型の赤黒アグロ(MO8-0レシピ)】から着想を得た《

記事を読む

【アモンケットスタン:黒単ゾンビデッキの強みと弱み】ショーダウンでの使用感レポート

今流行りの「黒単ゾンビ」デッキでスタンダードショーダウンに参加してきました。 いつも参

記事を読む

【MTG】基本セット2020・スタンダードに力線サイクル復活!発火の力線と豊穣の力線は新規カードですぞ!

本日は、各色に1体ずつ用意されている「〇〇の力線」サイクルのご紹介です。 超高騰してた

記事を読む

【MTG・『イクサラン』収録カードの感想④】探査の短剣は出来る子!《幽霊街》亜種カードに心惹かれる

海賊・魚人・吸血鬼・恐竜 カオスな世界がPWを待つ(part4) 9月29日発売の最新セット『

記事を読む

【赤単ケルドデッキ・FNM/ショーダウン使用感】霊基体・防御牝馬・黒幕NO!1/4や絆魂は天敵です

宣言していた通り、今週末は【赤単ケルド】で遊んでみました! 簡単にではありますが、そのレポ

記事を読む

【MTGスタン】選定された行進+備蓄品トークンデッキと対戦した感想!前期よりもパワーアップ!?

週末のお楽しみ「スタンダードショーダウン」に参加して来ました。 結果としては3-0で絶好調

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

【デスストの謎・考察】サム、クリフ、ルーの関係等【超ネタバレ注意】

※ネタバレMAX!要注意!! 『デスストランディング』クリア後に

【MTG】パイオニア最新禁止カード・2019/12/2発行:むかしむかし、死者の原野、密輸人の回転翼機が禁止!

MTGの禁止改訂(2019/12/2日発行)が発表され、パイオニア

【ワールドフリッパー】ボスバトルレイドのすゝめ:スキルチェインのダメージ増加値等、意外と知らないワーフリの知識

ワーフリこと「ワールドフリッパー」のボスバトルレイド攻略で押さえて

【MTGアリーナ:ヒストリックデッキレシピ】灯争大戦テゼレットを使ったアーティファクト親和【令和のテゼレッター】

ヒストリックラダーで楽しく回している親和デッキをご紹介します。

【MTG】禁止カード改訂・2019/11/18発行:オーコ、むかしむかし、夏の帳死す!レン6も逝く

MTGの禁止改訂(2019/11/18日発行)が発表され、スタンダ

【MTG】パイオニア最新禁止カード・2019/11/12発行:「夏の帳」が禁止カードに指定されました!コントロール歓喜!

MTGの禁止改訂(2019/11/12日発行)が発表され、パイ

【MTG】パイオニア最新禁止カード・2019/11/4発行:サヒーリと守護フェリダーの脅威とさよなら!豊穣力戦もバイバイ!

MTGの禁止改訂(2019/11/4日発行)が発表され、パイオニア

【MTGアリーナ】フェスティバル:スタンダードの職工で使った黒緑アドベンチャーデッキレシピ紹介!レアが無くても大丈夫!

MTGアリーナで開催中のイベント「フェスティバル:スタンダード

→もっと見る

PAGE TOP ↑