【アモンケット新スタン:赤黒ハゾレトアグロデッキ使用感】街の鍵がマジで強い!

公開日: : MTG

《守護フェリダー》が禁止された事によって大激変のスタンダード

黒緑や機体など、既存の強アーキタイプはしっかり残っていますが、その他のデッキもチラホラと活躍してて、純粋に楽しい環境の訪れを感じています。

さて、本日は《熱烈の神ハゾレト》を軸にした赤黒アグロデッキの使用感についてのレポート記事。

事前の宣言通り、筆者は《ハゾレト》様と今期を走り抜ける気満々ですよ!

SPONSORED LINK

《熱烈の神ハゾレト》を頂点にしたマッドネスアグロデッキ

《熱烈の神ハゾレト》を採用したデッキは、赤黒以外にも赤緑など様々ですが、赤黒至上主義の筆者はとりあえず赤黒で組んでみました。

赤黒にする強みは、土地の安定と、スタン最強除去札《無許可な分解》。そして、《かんしゃく》《血管の施し》といった、本体をガンガン攻め立てれるマッドネスカードの存在です。

後先考えない爆走デッキ…これぞ赤黒…(最高や)

※:MOで5-0したレシピを参考にさせてもらいました。(参考にしたレシピはコチラ

1マナクリーチャー:《ボーマットの急使》で走り抜けろ


《ボーマットの急使》

1/1速攻で攻撃する度にデッキトップを蓄えていく構築物

盤面に生物が出てくると途端に勢いが失速するクリーチャーではありますが、1ターン目から殴りに行けて、アドを得る事ができる可能性を持つこのカードはやっぱり優秀。

蓄えが無い状態で能力を起動して、無理やり手札をトラッシュするという荒業も、マッドネスを誘発させる手段としては結構有用だったりします。

ビタ止まりの危険性も《街の鍵》があれば、ある程度ケアすることが可能です。


《戦慄の放浪者》

ハンドレスを積極的に狙いに行くデッキなので、その状況下で墓地から戻ってこれる2/1生物はかなりマッチしていると言えます。

しかし、このカードの能力を使う頃には勝敗が決している事も多く(勝つも負けるも)、実は結構迷ってる枠でもあります。


《ファルケンラスの過食者》

《戦慄の放浪者》の代案として考えているのが、同じ1マナ2/1生物であるコチラ

吸血鬼クリーチャーにマッドネスを付与する能力を活かすなら、更なる代案が必要になってきますが、純粋に1マナ2/1と見ても優秀なカードだと思います。


《傲慢な新生子》

威迫と任意タイミングのディスカードが魅力的

しかし、動き的に1/1よりも2/1では大きな違いがあるので考え物…(たぶんこのデッキ的には上の三体が優先されそう)

2マナクリーチャー:《屑鉄場のたかり屋》くんはやっぱり強い


屑鉄場のたかり屋》

たかり屋くんはやっぱり強い…

《無許可な分解》のファクトカウントとしても貴重なので欠かす事の出来ないクリーチャーです。

もう脳死で入る4枠って感じですなぁ~(強い強い)


《血怒りの喧嘩屋》

CIPでカードを一枚捨てるというデメリット持ちの①赤4/3クリーチャー

二ターン目にでるサイズとしては破格なので、除去やパワー3のクリーチャーが出てこない限り素通りし出すヤバい奴。

《街の鍵》の対象としても優秀で素通りする4点は流石に馬鹿にできません。

ディスカードのデメリットもハンドレス状態ならタダですし、マッドネスの誘発にも使えるので必ずしもデメリットではありません。


《ファルケンラスの後継者》

①黒2/1がディスカードで3/2飛行に早変わり

《ファルケンラスの過食者》を採用するなら合わせて採用を考えているクリーチャーですが、これ以上2マナ圏を膨れさすのも考え物なので悩み中…

吸血鬼色を強めるなら全然アリだとは思うのですが…

4マナクリーチャー:《ハゾレト》様じゃい!!


《熱烈の神ハゾレト》

3マナは除去ゾーンなのでいきなり神にジャンプ!

よく、「《闇の掌握》でやられる」という評価を目にしますが、正しくは、「《闇の掌握》がないとかなりヤバイ」なんじゃなかろうか?

ハンド1枚以下という顕現条件もテキストから受ける印象以上に緩いので、このカードは想像以上に強い一枚だと個人的には思っています。

手札を本体2点火力に変換する能力も、土地の重ね引きや硬直状態に強いのでかなり神ってるネ!


マスターピース版のイラスト恰好良すぎんよ…(欲しい)

クリーチャー以外の選択について


《街の鍵》

赤黒系のマッドネスアグロなら必須と言っても過言ではない程に強い一枚

やはり、盤面を無視して本体を殴りに行けるのは強いですね…

ディスカードもマッドネスと組み合わせますし、省エネなでっきなので、ドロー用の2マナの確保も容易です。

これだけ強いと最早「街の鍵」って感じがしません…(ドラクエに例えるなら「最後の鍵」だよ…コレ)


《癇しゃく》

除去と直火焼きの両方を兼ねるマッドネススペル

今のイラストよりも昔のイラストの方が筆者は好きです。(インチキおじさん)


《血管の施し》

キルスピードを加速させる第二の直火焼きマッドネススペル

アグロ対決になった時に、このカードで生み出される6点さが非常にデカイ!

軽視されがちなスペルですが、このカードは結構やれます。


《無許可な分解》

みんな大好きスタン最強除去カード!

1マナ増えているとは言え、3点飛んでくる《終止》が弱い訳ないっていう…(スタン中はずっと使うでしょうね)


《焼夷流》

ここは自由枠って感じですが、《ショック》だと蛇君が焼けないので、筆者は《焼夷流》を採用しています。たかり屋を葬れるスペルなので意外な所で刺さってくれるのがポイント高いです。

ショーダウンで力試ししてきます~

昨日のフライデーにはちょっと間に合わなかったので、本日のショーダウンにて力試ししてまいります。

良いご報告ができるように頑張ってきます(*´▽`*)b

―――追伸、もしかすると今日も無理かも・・・

SPONSORED LINK

関連記事

【ゲームデー『ゲートウォッチの誓い』赤黒ドラゴン優勝デッキレシピ】やっぱりコラガンは最高!

2月13、14日に全国のショップにて開催されたゲームデー『ゲートウォッチの誓い』 管理

記事を読む

【MTG・ラヴニカの献身:新カード情報】赤黒の強力インスタト除去《魔性》!ファクト、クリーチャー、PW破壊可能!

新セット前になるとやってくる新カードぐだぐだ考察! 1月25日発売『ラヴニカの献身』に収録

記事を読む

【MTGスタンダード・胆力の道デッキ使用感】スタン環境赤すぎる!速攻だらけで機能しないぜ!

皆さんはコチラの《胆力の道》という名前のカードをご存知でしょうか? 簡単に説明すると、設置

記事を読む

【MTG・『オリジン』プレリリース初体験記】「異端な癒し手、リリアナ」狙いで黒い弁当箱をチョイスしました!

7月17日発売予定『マジック・ザ・ギャザリング:ブースターパック オリジン』のプレリリースイ

記事を読む

【MTG:アモンケットカード考察・緑の神「不屈の神ロナス」の力】緩すぎる顕現条件に他の神も驚愕

『アモンケット』に収録される神サイクルの紹介も今回で4回目! 緑のクリーチャーが優遇さ

記事を読む

【霊気紛争】「金属製の巨像(コロッサス)デッキ」を考える!青黒か更なる多色か…

プロツアー間近なんで今更感バリバリだったりするんですが、【霊気紛争】追加後の「金属製の巨像(

記事を読む

【カラデシュ産『機械巨人』出揃う:どのギアハルクがお好き!?】害悪の機械巨人カッコイイぜぇ

9月30日発売の最新セット『カラデシュ』にて収録される『機械巨人』サイクル【Gearhulk

記事を読む

【MTG・ぎゃざ】売り切れ続出「アンステーブル」を購入してみた。土地とトークンが目玉!

13年ぶりに発売されたジョークセット(銀枠)『Unstable(アンステーブル)』を購入して

記事を読む

【MTGプレリリース「イクサランの相克」感想】面白かった・強かったカード!新ファートリの実力や如何に!?

最新パックの発売日一週間前という事で、プレリリース「イクサランの相克」に参加して参りました。

記事を読む

【MTG】スタンダードで久々の禁止カード《約束された終末、エムラクール》《密輸人の回転翼機》《反射魔導士》!驚き!!

2017/01/10(火)の早朝4時に、新たなMTG禁止制限告知が発表されました。 本

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

【灯争大戦・続唱構築5勝デッキレシピ】二ヴ=ミゼット再誕で完走してしまった・・・

MTGアリーナの人気イベント『続唱構築』で5勝したレシピを紹介

【MTG】ゴルガリボーラスの城塞デッキレシピ・黒緑チャレンジャーデッキの改造案にどうぞ!

金魚で紹介されていた【ゴルガリ城塞デッキ】が面白そうだったので回し

【MTGスタンダード・二ヴ=ミゼット再誕デッキレシピ】4マナから新生化で再誕するミゼット様!

下環境では《白日の下に》でシュートされているらしい再誕ミゼット様。

【MTGアリーナ】ラヴニカ構築5勝デッキレシピ・ラヴニカ以降のアーキタイプがオススメ

MTGアリーナで開催中のイベント『ラヴニカ構築』で5勝したデッ

【灯争大戦スタンダード・新ラルを使った破滅の終焉ワンキルコンボ】ナル・メハで無限バーン!

ツイッターなどで話題になっている【ラル×破滅の終焉×ナルメハコ

【MTG】戦慄衆の解体者&ジュディス入りマルドゥアグロデッキレシピ【灯争大戦・新スタンダード】

新ソリン入りの白黒クラッツを少し前にご紹介しましたが、今回はそこに

【MTGスタン】《猪の祟神、イルハグ》と相性の良いクリーチャー案・銛撃ち,凶兆艦隊の向こう見ず等

どうも、イルハグを3枚も素引きした管理人です! 素引きしたカ

【MTGアリーナ初心者・復帰勢向け用語集】対戦や配信で耳にする意味不明な言葉まとめ

MTGにはプレイヤーのみに通じる不思議な総称・略称・俗称が存在

→もっと見る

PAGE TOP ↑