【MTG《パラドックス装置》高騰の理由を追う】実用的な無限マナコンボの確立?スタン統率者需要?不死身、スクイーの影!?

公開日: : MTG

《Paradox Engine / パラドックス装置》が謎の高騰劇を引き起こしているという情報をキャッチしたので少し調べてみました。(注:既に沈静化状態にあるのでかなりタイミング逃してます)。

《パラドックス装置》が巻き起こすパラドックスの謎について徹底追跡なのじゃ!

SPONSORED LINK

パラドックス装置とは?

マジック:ザ・ギャザリング(MTG) パラドックス装置(神話レア) / 霊気紛争(日本語版)シングルカード AER-169-M

Paradox Engine / パラドックス装置 (5)
伝説のアーティファクト
あなたが呪文を1つ唱えるたび、あなたがコントロールするすべての土地でないパーマネントをアンタップする。

《Paradox Engine / パラドックス装置》は、「霊気紛争」に収録された神話レアで、呪文を唱えると自身がコントロールする土地以外のパーマネントが全てアンタップされるという超ヤバ性能のアーティファクトです。

このカード+αで数多の無限コンボが生成できるのは目に見えて明らかなカードですが、コアなファンは存在するものの、スタン環境では今のところ日の目を見る気配のカード。しかし、この度、謎の高騰と共に急激に注目度が上がっているとかいないとか?

何故ここにきて《Paradox Engine / パラドックス装置》に注目が集まっているのか?その理由を考えてみました。


画像引用:WisdomGuild

今確認したらもう沈静化しつつあってワロタ。完全にタイミング逃しちゃったな(笑)。

高騰理由1:不死身、スクイーや金粉の水蓮を交えた無限コンボ

マジック:ザ・ギャザリング 不死身、スクイー(レア) ドミナリア(DOM)

高騰理由として一番濃厚なのが、《不死身、スクイー》、《金粉の水蓮》等のマナファクト、《包囲攻撃の司令官》で可能となる無限マナコンボの存在。

墓地or追放領域から唱えられる《不死身、スクイー》を唱えては《包囲攻撃の司令官》で投げ、唱えては投げを繰り返す事で妨害が来ない限りは無限マナからの無限バーンが可能になるという物。

まぁ、《パワーストーンの破片》とかアンタップに最適なマナファクトや、《スクイー》以外にも無限を生成できるパーツ(屑鉄さらい、歩行バリスタ等)が豊富なのは事実ですが、いずれにせよ必要牌の多いコンボですし、高騰につながるほどの需要なのかどうかは正直疑問符です。

高騰理由2:スタン統率者戦「Brawl(ブロウル)」需要

マジック:ザ・ギャザリング ウェザーライトの艦長、ジョイラ(神話レア) ドミナリア(DOM)

『ドミナリア』の新環境から実施されているスタン統率者戦「Brawl(ブロウル)」の影響も全く無いと言えば嘘になりそう。

《パラドックス装置》自体がそもそも統率者戦向きのカードですし、統率者環境なら無限ループは何物にも勝るキルプランです。

《ウェザーライトの艦長、ジョイラ》とか、明らかに相性良さそうなコマンダーもいますし、実際に使用されているレシピもあるようなので、こちらも理由の一端としてはある気がします。勿論、「Brawl(ブロウル)」じゃなくて普通の統率者需要という可能性も然りです。

高騰理由3:マスピ相場や見えざる謎の力の干渉

Magic The Gathering Paradoxエンジン – Foil – 傑作シリーズ

マスターピース(Kaladesh Inventions)が存在するカードは相場サイトの相場がおかしくなりやすいというのは結構アルアルな話なので、これも考慮する必要がありそうです。しかし、それだけではない事も確か。

実際問題、「晴れる屋」をはじめとした通販サイトの《パラドックス装置》の在庫は枯渇状態にあり、一時の暴騰は収まったものの、未だ常時比較すると高い推移を保っているのも事実です。

誰かが意図的に高騰状況を作り出す為に国内在庫を買いあさったという陰謀論すら出てきそうな状況。ちょっと面白いですけど、不気味ではありますねw

ポテンシャルの凄まじいカードではある

このまま沈静化する高騰だと思うので急いで買いに走る必要はないと思いますが、このカード自体のポテンシャル自体は認めざるを得ない所です。

まぁ、統率者戦をしっかり遊びたいって人は一枚持っておいて損はないカードじゃないでしょうか?

…ここに挙がってない理由で高騰していたら…もしかした凄い事になる可能性はあるかも(笑)。

SPONSORED LINK

関連記事

【MTG・ラヴニカの献身:新カード情報】《強撃/脅威》はPWを除去れる《狂気の一咬み》!トークン生成も有能です

新セット前になるとやってくる新カードぐだぐだ考察! 1月25日発売『ラヴニカの献身』に収録

記事を読む

【行弘プロが日本選手権で使った青単アグロが凄い】這い寄る刃+執着的探訪によるオラオラドロー!

先日行われた「日本選手権2018」で行弘賢選手が使用した【青単アグロ】がとても面白そうだったので

記事を読む

【MTGスタン《悪魔王、ベルゼンロック》デッキのすゝめ・除去&スペル編】黒単を支える除去・サポートカード特集

ベルゼンロックのダイレクトマーケティング記事第三回は除去カードの特集。 《ヴラスカの侮

記事を読む

【基本セット2019】暴君への敵対者、アジャニは強い!自衛・強化の盤石性能、善意の騎士を強化せよ!【MTG】

ボーラス様と同時公開された事で、話題を全てさらわれてしまった(感じがする)新アジャにゃん。

記事を読む

【イクサランのブースタードラフトは難しい】部族シナジーを意識した飛行デッキが鉄板か?恐竜に流されてはいけない(戒め)

どうも、新環境一発目という事で珍しくブードラでのフライデーに参加してきた管理人です。 「イ

記事を読む

【破滅の刻・赤黒ハゾレトデッキ案】地揺すりのケンラ・アムムトの永遠衆・ラムナブの遺跡を追加!

どうも、新環境も相変わらず【赤黒ハゾレトデッキ】を使用している管理人です。 先日、ようやく

記事を読む

【2018年MTGカード大賞】今年お世話になった・印象に残ったカードBEST5【管理人の場合】

2018年も終わりという事で、今年お世話になったカード達を振り返ってみました。 我ながら全

記事を読む

【MTGスタン:ヴラスカの侮辱は何故あんなに高いのか?】侮辱購入への抵抗を払拭する為の記事【自分用】

《カーン》、《ライラ》、《テフェリー》の高騰…半端ないですねぇ…(白目)。 これだけ青白系

記事を読む

【MTG・カード考察:悪魔の契約】パーマネント生贄系効果で強制敗北のデメリットを乗り越えて行け!【スタンダード】

『マジック・オリジン』の神話カードとして登場した《悪魔の契約/Demonic Pact》 得ら

記事を読む

【MTG】ゴルガリ(黒緑)対策に《トカートリの儀仗兵》はいかが?《チュパカブラ》《拾売人》《疫病造り師》を一気にメタれ!

【ゴルガリ(黒緑)】が強いと一つ前の記事でお伝えしましたが、本日はそんな【ゴルガリ】対策として注

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

【MTGアリーナ初心者・復帰勢へ】環境デッキの強さ・特色をざっくりご紹介!最初に組むデッキは何だ!?ネクサスはBO1で禁止です

mtgアリーナが晴れて日本語対応するという事で、初心者・復帰勢向け

【MTG】《忘れられた神々の僧侶》を使ってみた感想:《どぶ骨》とタッグを組んだ際の強さは本物!ミッドレンジに対して強そうです

赤黒系のパーツを購入したにも関わらず、中々活かす機会に恵まれない…

【MHW・ウッチャー3コラボ】ゲラルトを操作して森の異変を調査しよう!新モンスター「レーシェン」にも注目!

現在『モンスターハンターワールド』では、大人気ゲーム『ウィッチ

【MTGスタンダード】ゴブリンの鎖回しに接死を付与!通称「デスチェーン」デッキ楽しいです!

晴れる屋の環境初陣戦で使用されて少し話題になっていたデッキ、通称「

【Amazonプライムで聴けるゲーム音楽】逆転裁判・検事シリーズBGM大量追加!《カプコン》

Amazonプライム会員特典に含まれているゲームサントラのラインナ

【Amazonプライムで聴けるゲーム音楽】ロックマンサントラ・BGM大量追加!《カプコン》

Amazonプライム会員特典に含まれているゲームサントラのラインナ

【MTGスタンダード】雷電支配の使用感:ボーラスやミゼットがインスタントタイミングで出てくるって考えると凄いよね

▲この副長、ノリノリである X点の火力の皮をかぶった踏み倒しスペ

【ゲームサントラ新発売情報】オクトパストラベラーズのアレンジサントラを買いましょね【2019/2月発売ゲーム音楽CD一覧】

2019年2月の新作ゲームサントラ発売情報をお知らせします。

→もっと見る

PAGE TOP ↑