【MTG《パラドックス装置》高騰の理由を追う】実用的な無限マナコンボの確立?スタン統率者需要?不死身、スクイーの影!?

公開日: : MTG

《Paradox Engine / パラドックス装置》が謎の高騰劇を引き起こしているという情報をキャッチしたので少し調べてみました。(注:既に沈静化状態にあるのでかなりタイミング逃してます)。

《パラドックス装置》が巻き起こすパラドックスの謎について徹底追跡なのじゃ!

SPONSORED LINK

パラドックス装置とは?

マジック:ザ・ギャザリング(MTG) パラドックス装置(神話レア) / 霊気紛争(日本語版)シングルカード AER-169-M

Paradox Engine / パラドックス装置 (5)
伝説のアーティファクト
あなたが呪文を1つ唱えるたび、あなたがコントロールするすべての土地でないパーマネントをアンタップする。

《Paradox Engine / パラドックス装置》は、「霊気紛争」に収録された神話レアで、呪文を唱えると自身がコントロールする土地以外のパーマネントが全てアンタップされるという超ヤバ性能のアーティファクトです。

このカード+αで数多の無限コンボが生成できるのは目に見えて明らかなカードですが、コアなファンは存在するものの、スタン環境では今のところ日の目を見る気配のカード。しかし、この度、謎の高騰と共に急激に注目度が上がっているとかいないとか?

何故ここにきて《Paradox Engine / パラドックス装置》に注目が集まっているのか?その理由を考えてみました。


画像引用:WisdomGuild

今確認したらもう沈静化しつつあってワロタ。完全にタイミング逃しちゃったな(笑)。

高騰理由1:不死身、スクイーや金粉の水蓮を交えた無限コンボ

マジック:ザ・ギャザリング 不死身、スクイー(レア) ドミナリア(DOM)

高騰理由として一番濃厚なのが、《不死身、スクイー》、《金粉の水蓮》等のマナファクト、《包囲攻撃の司令官》で可能となる無限マナコンボの存在。

墓地or追放領域から唱えられる《不死身、スクイー》を唱えては《包囲攻撃の司令官》で投げ、唱えては投げを繰り返す事で妨害が来ない限りは無限マナからの無限バーンが可能になるという物。

まぁ、《パワーストーンの破片》とかアンタップに最適なマナファクトや、《スクイー》以外にも無限を生成できるパーツ(屑鉄さらい、歩行バリスタ等)が豊富なのは事実ですが、いずれにせよ必要牌の多いコンボですし、高騰につながるほどの需要なのかどうかは正直疑問符です。

高騰理由2:スタン統率者戦「Brawl(ブロウル)」需要

マジック:ザ・ギャザリング ウェザーライトの艦長、ジョイラ(神話レア) ドミナリア(DOM)

『ドミナリア』の新環境から実施されているスタン統率者戦「Brawl(ブロウル)」の影響も全く無いと言えば嘘になりそう。

《パラドックス装置》自体がそもそも統率者戦向きのカードですし、統率者環境なら無限ループは何物にも勝るキルプランです。

《ウェザーライトの艦長、ジョイラ》とか、明らかに相性良さそうなコマンダーもいますし、実際に使用されているレシピもあるようなので、こちらも理由の一端としてはある気がします。勿論、「Brawl(ブロウル)」じゃなくて普通の統率者需要という可能性も然りです。

高騰理由3:マスピ相場や見えざる謎の力の干渉

Magic The Gathering Paradoxエンジン – Foil – 傑作シリーズ

マスターピース(Kaladesh Inventions)が存在するカードは相場サイトの相場がおかしくなりやすいというのは結構アルアルな話なので、これも考慮する必要がありそうです。しかし、それだけではない事も確か。

実際問題、「晴れる屋」をはじめとした通販サイトの《パラドックス装置》の在庫は枯渇状態にあり、一時の暴騰は収まったものの、未だ常時比較すると高い推移を保っているのも事実です。

誰かが意図的に高騰状況を作り出す為に国内在庫を買いあさったという陰謀論すら出てきそうな状況。ちょっと面白いですけど、不気味ではありますねw

ポテンシャルの凄まじいカードではある

このまま沈静化する高騰だと思うので急いで買いに走る必要はないと思いますが、このカード自体のポテンシャル自体は認めざるを得ない所です。

まぁ、統率者戦をしっかり遊びたいって人は一枚持っておいて損はないカードじゃないでしょうか?

…ここに挙がってない理由で高騰していたら…もしかした凄い事になる可能性はあるかも(笑)。

SPONSORED LINK

関連記事

【アムトトの永遠衆が入っているのはニコルボーラスのPWデッキです】パックも剥けてお得感満点である。

昨日(2017/7/15)は、「マジック・ザ・ギャザリング」最新セット『-破滅の刻-』の発売

記事を読む

【MTG:アモンケットカード考察・青の神「周到の神ケフネト」の神秘】熱病デッキで活躍熱望!!

『アモンケット』神サイクル特集第二回《周到の神ケフネト》 手札が7枚以上じゃないとアタ

記事を読む

【MTG(ギャザ)・イクサラン収録「マーフォーク」注目カード・マナコスト別まとめ】+1カウンターとアンブロ戦術で頑張る!?

「吸血鬼」「海賊」とやったので… 残りの「マーフォーク」と「恐竜」もこの流れでやっちゃ

記事を読む

【ラヴニカのギルド】新ラル・ザレック能力考察!青系の5マナPWはテフェリーと比較される宿命!【MTGスタン】

10月5日発売、『ラヴニカのギルド』に収録される新たなプレインズウォーカーカード《Ral,I

記事を読む

【MTG:ドミナリア当たり神話・レアカードTOP5】カーン、ライラ、ベナリア史とカードパワーもお値段も高めです!

今日は『ドミナリア』の発売日! 気になる当たり神話・レアカードの動向を要チェック!!

記事を読む

【MTG:アモンケットカード考察・緑の神「不屈の神ロナス」の力】緩すぎる顕現条件に他の神も驚愕

『アモンケット』に収録される神サイクルの紹介も今回で4回目! 緑のクリーチャーが優遇さ

記事を読む

【MTG・カード考察:悪魔の契約】パーマネント生贄系効果で強制敗北のデメリットを乗り越えて行け!【スタンダード】

『マジック・オリジン』の神話カードとして登場した《悪魔の契約/Demonic Pact》 得ら

記事を読む

【MTG:霊気紛争フルスポ感想】フェリダー+サヒーリループで揺れるカラデシュ!神話は辛いがアンコモン強し!

2017年01月20日発売、MTG最新ブースターパック『霊気紛争』のフルスポイラーが2017

記事を読む

【MTG】「灯争大戦」に登場する36人のプレインズウォーカー!レアリティや仕様について考えてみた【謎の新キャラに注目】

1パックに1枚プレインズウォーカーカード確定という新情報で湧きまくっている新セット『灯争大戦

記事を読む

【基本セット2019】暴君への敵対者、アジャニは強い!自衛・強化の盤石性能、善意の騎士を強化せよ!【MTG】

ボーラス様と同時公開された事で、話題を全てさらわれてしまった(感じがする)新アジャにゃん。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

【心温まる贖罪ストーリー解説】ギデオン、キテオンの不正規軍と再会を果たす

ボーラスとの戦いで命を落とす事が明らかになったギデオンですが、とあ

【黒き剣のギデオンが持つ再誕の黒き剣について】ダッコン,コーラシュ,ギデオンと受け継がれる黒き刃

ギデオン追悼という訳ではありませんが、《黒き剣のギデオン》が持

【永遠神となったアモンケットの神々】バントゥ、ケフネト、オケチラ、ロナス、ここに推参!【ハゾレトはお留守番】

アモンケットの神々(バントゥ,ケフネト,オケチラ,ロナス)が永遠神

『灯争大戦』収録PW(プレインズウォーカー)カードまとめ!ウギンは今回も強そうですね!

『灯争大戦』に収録されるカードの情報の一部がついに公開されましたね

【MTG】《古呪/The Elderspell》2マナで複数のプレインズウォーカーを破壊できるソーサリー!ナニコレ凄い!

『灯争大戦』のプレビューも後半戦に突入! 強力なプレインズウ

【隻狼(SEKIRO)ボス攻略】葦名一心(修羅ルート)の倒し方:槍一心とは違った強さ!【セキロ】

修羅ルートのボス「葦名一心」の攻略・忍殺攻略記事です。 かつ

【隻狼(SEKIRO)ボス攻略】柔剣エマの倒し方:後出し戦術で修羅を見せつけろ!【セキロ】

修羅ルートのボス「柔剣エマ」の攻略・忍殺攻略記事です。 修羅

【MTGアリーナ】シングルトンで5勝したデッキレシピを紹介!白黒トークン追記!

現在『MTGアリーナ』では、SINGLETON(シングルトン)

→もっと見る

PAGE TOP ↑