【赤黒ベルゼンロックコントロールデッキレシピ】黒単を経て辿り着いた一つの答え《除去コン》

公開日: : 最終更新日:2018/06/16 MTG

【黒単ベルゼンロック】を自身のブログで散々推しておきながら、

実は【赤黒除去コントロール】に最近浮気している無責任な奴がいるらしい………。

「でも大丈夫!きちんと《ベルゼンロック》は入っているから(言い訳)。」

お詫びのしるし(謎)と言っては何ですが、フライデーやショーダウン位なら十分に戦える(大体3-0or2-1位の強さ)【赤黒ベルゼンロックコントロール】をご紹介します。

SPONSORED LINK

赤黒ベルゼンロックコントロール デッキレシピ

赤黒コントロール PW:きゃすと
土地カード(26枚)
8:《山》
7:《沼》
4:《竜髑髏の山頂》
4:《泥濘の峡谷》
1:《イフニルの砂漠》
1:《廃墟の地》
1:《屍肉あさりの地》

クリーチャーカード(12枚)
4:《歩行バリスタ》
2:《豪華の王、ゴンティ》

3:《栄光をもたらすもの》
3:《悪魔王ベルゼンロック》
呪文(22枚)

3:《反逆の先導者、チャンドラ》
1:《アルゲールの断血》

3:《削剥》
4:《大災厄》
3:《致命的な一押し》
3:《不帰/回帰》
2:《木端/微塵》
2:《ヴラスカの侮辱

1:《最古再誕》

サイドボード(15枚)
4:《脅迫》
1:《致命的な一押し》

1:《アルゲールの断血》
1:《魔術遠眼鏡》
1:《没収》
1:《失われた遺産》
2:《焼けつく双陽》
1:《削剥》
1:《最古再誕》
1:《死の権威、リリアナ》
1:《炎鎖のアングラス》

※写真だとサイドボードが一枚多くなってます。《橋上の戦い》は現在抜いてます。

除去・大災厄で序盤をしのいで《ベルゼンロック》に繋ぐ

マジック:ザ・ギャザリング 大災厄(アンコモン) 破滅の刻(HOU)

ご覧の通り、メインに採用された除去の枚数は13枚。《大災厄》を含むと合計17枚という膨大な除去手段が用意されています。

これだけ除去が濃いとコントロール相手が心配ですが、現在の環境はクリーチャーかプレインズウォーカーのいずれかは出て来るデッキがほとんどなので、まぁ今のところ何とかなってます。

《大災厄》をメイン採用しているのは、コントロールとのマッチアップで遅れをとらない為というのが主な理由ですが、《ハゾレト神》、《スカラベ神》、《殺戮の暴君》等を処理する手段という意味合いも強いです。

現在はアグロ相手でも比較的抜きたいカードが多いので、《大災厄》が腐る事はほぼほぼ無いと個人的には考えています。

《ベルゼンロック》への信心が試される!

マジック:ザ・ギャザリング 悪魔王ベルゼンロック(神話レア) ドミナリア(DOM)

除去で序盤を凌いだら…お次は大本命《悪魔王ベルゼンロック》様の御出馬です。

4マナ以上のカードがめくれたら処理を繰り返すという事で、意識的に4マナ以上のカードは多い構成になっています。(具体的に言うと合計19枚)。

《木端/微塵》、《不帰/回帰》といった余波カードはマナコストが合算される為、《ベルゼンロック》との相性は抜群です。しかし、調子に乗って高マナばかり採用し過ぎるのもそれはそれで危険。度重なる調整の末、現状は《木端/微塵》は2枚に落ち着いています(最初は4枚でした)。

連チャンする事こそ《ベルゼンロック》最大の魅力である事は紛れもない事実ですが、連チャンし過ぎると死ぬ…というのもまた事実。また、アグロ相手だとライフを詰められ過ぎてキャストできないという状況も起こり得るので、ライフ管理・維持もまた《ベルゼンロック》運用の課題です。

ちなみに管理人の最大連チャン数は17回。

その時はライフが満タンだったので事なきを得ましたが、一枚で《稲妻の一撃》ラインまでライフを削る可能性が普通にあり得るという事は覚えておいた方が良いと思います。

基本的には1~3枚引けるカード位の感覚で運用するのが吉ですね。

《木端/微塵》はエンドカードになり得る一枚

【シングルカード】AKH)[JPN]木端+微塵/赤・黒/R/223/269

《ベルゼンロック》以外の勝利プランとしては、厚めに採用した《チャンドラ》、《栄光をもたらすもの》、膨れたマナからの《歩行バリスタ》、《木端/微塵》の余波と言った所。

特に《木端/微塵》は序盤の除去とキルプランの両方を兼ねるカードとしてかなり重宝します。

あとは、《豪華の王、ゴンティ》でめくった相手のカードで勝つ…なんて事も最近は多いです。具体的に言うと《テフェリー》とか多いですね…(アイツ強すぎ)。

《ベルゼンロック》、《ゴンティ》、《チャンドラ》の3枚はフィニッシャーかつアド源も想定しているので採用枚数は必然的に増えます。正直、《ゴンティ》は3枚でも良いと思います。

《最古再誕》というアンコモンに見えないパワーカード

マジック:ザ・ギャザリング 最古再誕(アンコモン) ドミナリア(DOM)

《ベルゼンロック》と同じくらい最近お熱なのがコチラの《最古再誕》。これ、最近チラホラと使われだした印象ですが、マジで強いです。

1枚で布告除去(クリーチャーorプレインズウォーカー)&ハンデス&リア二能力を兼ねるって冷静に考えてヤバすぎます。

しかもこのリア二って自分・相手の墓地から行けるので、スゲェ対応力が高いんですよね。《ゴンティ》同様、このカードで相手の《テフェリー》をパクって勝つなんて事も…(笑)。

サイドボードはプレイ環境に応じて変えて下さい

除去、ハンデス、アド源確保、圧殺(ベルゼンロックなど)とやる事は非常にシンプルなデッキです。

管理人はこれで問題なく回せていますが、ショップの傾向次第では当然不都合もあると思います。特にサイドボードはかなりガチャガチャしているので、ご使用の際はお好きにチューンしてください。

プレイ環境に赤単が多いなら《本質の摘出》、《渇望の時》、《ヴラスカの侮辱》を増やしたりすると良いと思います。

体感的な有利不利は、赤黒(得意)、白黒機体(得意)、赤単(相手のツモり具合次第)、青白(まぁまぁ)、青黒(サイドボードで対応)、ギフト(知識と経験値重要)、その他(サイド含めれば対応力はある)って感じです。

SPONSORED LINK

関連記事

【MTGスタン:ヴラスカの侮辱は何故あんなに高いのか?】侮辱購入への抵抗を払拭する為の記事【自分用】

《カーン》、《ライラ》、《テフェリー》の高騰…半端ないですねぇ…(白目)。 これだけ青白系

記事を読む

【最新パック「ドミナリア」収録・英雄譚カード考察】MTGの歴史を辿る新システムに心高鳴る【アンティキティー戦争追記】

公式のお漏らし等、割とクリティカルなトラブルこそありましたが、発売日が近付くにつれて何だかん

記事を読む

【MTG:ラヴニカの献身プレリリース日記】プレリで強かったカードや戦利品等々!

プレリリース『ラヴニカの献身』に参加して参りました。 いつもは2回参加する所ですが、今

記事を読む

【MTG:アモンケットカード考察・青の神「周到の神ケフネト」の神秘】熱病デッキで活躍熱望!!

『アモンケット』神サイクル特集第二回《周到の神ケフネト》 手札が7枚以上じゃないとアタ

記事を読む

【純粋に強い5マナデーモン《破滅を囁く者》】優しいデーモンの系譜ありがてぇ!【MTGスタン:ラヴニカのギルド】

『ラヴニカのギルド』に収録される優しい悪魔《破滅を囁く者》の紹介です。 前期スタンでは

記事を読む

【ラヴニカの献身色別注目レア・神話カード】トップレアは《恩寵の天使》と《騒乱の落し子》で決まりか?【フルスポ感想】

1月25日発売『ラヴニカの献身』のフルスポイラーが公開されました。 本記事では管理人が注目

記事を読む

【MTGスタン】「赤青イゼットコントロール」デッキレシピ:ミゼット様を使いこなす快楽!

《孤高のフェニックス》をビュンビュンさせる【イゼットスペル】が何かと話題ですが、【イゼットコント

記事を読む

【MTG】《ゴルガリの拾売人》が強い!《チュパカブラ》や《最古再誕》を回収するゲロゲロムーブ!

〈リミテの時に感じた《拾売人》の強さはやはり本物だった!〉 リミテではイマイチと言われていた【

記事を読む

【MTG・ラヴニカの献身:新カード情報】スカルガンのヘルカイトは我々に栄光をもたらすのだろうか?【グローリーブリンガー】

新セット前になるとやってくる新カードぐだぐだ考察! 1月25日発売『ラヴニカの献身』に収録

記事を読む

【MTG(ギャザ)・イクサラン収録「マーフォーク」注目カード・マナコスト別まとめ】+1カウンターとアンブロ戦術で頑張る!?

「吸血鬼」「海賊」とやったので… 残りの「マーフォーク」と「恐竜」もこの流れでやっちゃ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

【MTGアリーナ初心者救済】難解なMTG用語・ルール・カードタイプ等、パーマネント・伝説って何さ?

アリーナからMTGを始めた人に向けて、MTGに登場する難解な用語・

【MTGアリーナ初心者・復帰勢へ】環境デッキの強さ・特色をざっくりご紹介!最初に組むデッキは何だ!?ネクサスはBO1で禁止です

mtgアリーナが晴れて日本語対応するという事で、初心者・復帰勢向け

【MTG】《忘れられた神々の僧侶》を使ってみた感想:《どぶ骨》とタッグを組んだ際の強さは本物!ミッドレンジに対して強そうです

赤黒系のパーツを購入したにも関わらず、中々活かす機会に恵まれない…

【MHW・ウッチャー3コラボ】ゲラルトを操作して森の異変を調査しよう!新モンスター「レーシェン」にも注目!

現在『モンスターハンターワールド』では、大人気ゲーム『ウィッチ

【MTGスタンダード】ゴブリンの鎖回しに接死を付与!通称「デスチェーン」デッキ楽しいです!

晴れる屋の環境初陣戦で使用されて少し話題になっていたデッキ、通称「

【Amazonプライムで聴けるゲーム音楽】逆転裁判・検事シリーズBGM大量追加!《カプコン》

Amazonプライム会員特典に含まれているゲームサントラのラインナ

【Amazonプライムで聴けるゲーム音楽】ロックマンサントラ・BGM大量追加!《カプコン》

Amazonプライム会員特典に含まれているゲームサントラのラインナ

【MTGスタンダード】雷電支配の使用感:ボーラスやミゼットがインスタントタイミングで出てくるって考えると凄いよね

▲この副長、ノリノリである X点の火力の皮をかぶった踏み倒しスペ

→もっと見る

PAGE TOP ↑