【行弘プロが日本選手権で使った青単アグロが凄い】這い寄る刃+執着的探訪によるオラオラドロー!

公開日: : MTG

先日行われた「日本選手権2018」で行弘賢選手が使用した【青単アグロ】がとても面白そうだったので、公式のデックテクのリンクと併せてご紹介します。

コモンとアンコモンいっぱいの激安レシピなんですが、それでいてちゃんと強く魅力的ってのが凄い!思わず使ってみたくなる…魅惑の青単に仕上がっています。

SPONSORED LINK

青単アグロ(PW行弘 賢選手※日本選手権2018使用)

青単アグロ PW:行弘 賢
土地カード(21枚)
21:《島/Island》

クリーチャーカード(20枚)
4:《セイレーンの嵐鎮め/Siren Stormtamer》
4:《這い寄る刃/Slither Blade》
4:《マーフォークのペテン師/Merfolk Trickster》
2:《遵法長、バラル/Baral, Chief of Compliance》
4:《大嵐のジン/Tempest Djinn》
2:《敏捷な妨害術師/Nimble Obstructionist》

呪文(19枚)
4:《執着的探訪/Curious Obsession》
2:《潜水/Dive Down》
2:《呪文貫き/Spell Pierce》
1:《送還/Unsummon》
3:《航路の作成/Chart a Course》
3:《本質の散乱/Essence Scatter》
4:《魔術師の反駁/Wizard’s Retort》

サイドボード(15枚)
4:《金剛牝馬/Diamond Mare》
3:《否認/Negate》
3:《中略/Syncopate》
1:《本質の散乱/Essence Scatter》
1:《ジェイスの敗北/Jace’s Defeat》
1:《霊気圏の収集艇/Aethersphere Harvester》
2:《睡眠/Sleep》

ソース元:【マジック:ザ・ギャザリング公式HP】

《忍び寄る刃》に《執着的探訪》を付けてアドを稼ぎまくる!

マジック:ザ・ギャザリング 執着的探訪(アンコモン) イクサランの相克(RIX)

+1/+1修正とドロー能力を付与するエンチャント《執着的探訪》を《這い寄る刃》や軽いフライヤーにエンチャントして手札を稼ぎまくるッ!

シンプルですが、堅実かつ確実に手札を増やせることを考えるとかなりの圧力だと思います。しかも《這い寄る刃》はブロックされないので、攻撃しなかった場合の生け贄も発生しにくい…(素敵)。

軽いクリーチャーと《執着的探訪》への依存はそれなりにあるようですが、意外と粘り強さもあるって事なので、これは実際に触ってみたい所です。

カウンターで1:1交換を繰り返しつつアド差を広げる!

マジック:ザ・ギャザリング 魔術師の反駁(アンコモン) ドミナリア(DOM)

相手の除去やマストカードは《潜水》やカウンターでいなしつつ、アドマシーンと化した軽量クリーチャーで相手の顔面を殴りまくる。そして、その攻撃が相手のカードをいなすカード引き寄せる…。

インタビュー記事でも書かれていましたが、このデッキに1:1交換を繰り返しつつアド差を引き離されていくのは恐怖以外の何物でもないと思います。更に、2枚採用されている《遵法長、バラル》が機能し出したらもう手が付けられないでしょうね。

《呪文貫き》2枚,《本質の散乱》3枚,《魔術師の反駁》4枚の、カウンター9枚体制…一度マウントを取られたら何も通らなそうです(笑)。

その間も攻撃の手は止まない…まさに嵐ッ!

マジック:ザ・ギャザリング 大嵐のジン(レア) ドミナリア(DOM)

《大嵐のジン》(エガちゃん)が4枚採用されているのも目を引きますね。

青単デッキなので《大嵐のジン》のパワーは凄い事になりそうです。ただ、このカードをどのタイミングで出すかは結構難しそう…。基本的にはカウンターか《潜水》を構えられるタイミングで出すカードだと思うので、4マナ5マナあるタイミングで出すべきカードっぽいかな?それでも4/4、5/4飛行か…強いですね。

公式のデッキテク記事必見です

周りが赤黒に有利なデッキを探す中で、逆に赤黒以外に超強いデッキを見出す行弘選手の感覚には脱帽です。

記事の最後に「コモンとアンコモンばかりのデッキと侮るなかれ。」とありますが、まさにその通り。

使ってみたいと思わされたと同時に、自分の固定概念を削ぎ落すきっかけをくれた素晴らしい記事です。青単アグロに興味をお持ちの方は、是非一度お読みください。

【外部リンク】デッキテク:行弘 賢の「青単アグロ」
SPONSORED LINK

関連記事

【心温まる贖罪ストーリー解説】ギデオン、キテオンの不正規軍と再会を果たす

ボーラスとの戦いで命を落とす事が明らかになったギデオンですが、とあるカードにエピローグとも言える

記事を読む

【MTG(ギャザ)・イクサラン収録「マーフォーク」注目カード・マナコスト別まとめ】+1カウンターとアンブロ戦術で頑張る!?

「吸血鬼」「海賊」とやったので… 残りの「マーフォーク」と「恐竜」もこの流れでやっちゃ

記事を読む

【MTG・ラヴニカの献身:新カード】ラクドスの新能力は「絢爛」!《リックス・マーディーの歓楽者》強そう

新セット前になるとやってくる新カードぐだぐだ考察! 1月25日発売『ラヴニカの献身』に収録

記事を読む

【ゲームデー『ゲートウォッチの誓い』赤黒ドラゴン優勝デッキレシピ】やっぱりコラガンは最高!

2月13、14日に全国のショップにて開催されたゲームデー『ゲートウォッチの誓い』 管理

記事を読む

【MTG・ラヴニカの献身:新カード情報】分割カードサイクル紹介!平成の荒廃稲妻《興行/叩打》がお気に入り!

新セット前になるとやってくる新カードぐだぐだ考察! 1月25日発売『ラヴニカの献身』に収録

記事を読む

【統率者戦『ネル・トース族のメーレン』デッキ改良プラン】統率者デッキ2015を購入して念願のEDHデビュー!

相変わらずドップリと『MTG』にハマッている管理人ですが、この度、念願の統率者戦(旧名:ED

記事を読む

【MTG】戦慄衆の解体者&ジュディス入りマルドゥアグロデッキレシピ【灯争大戦・新スタンダード】

新ソリン入りの白黒クラッツを少し前にご紹介しましたが、今回はそこに赤を足したマルドゥ型のご紹介で

記事を読む

【MTG・ラヴニカの献身:新カード情報】《豪奢/誤認》素晴らしい!赤マナだけでマイナス除去、イゼットでアダントの先兵を倒せる時代到来!

新セット前になるとやってくる新カードぐだぐだ考察! 1月25日発売『ラヴニカの献身』に収録

記事を読む

【MTG】新マリガンルール「ロンドン・マリガン」採用決定・基本セット2020より施行開始!

『基本セット2020』より、かねてより検討されていた新マリガンルール「ロンドン・マリガン」が全フ

記事を読む

【MTG】パイオニア最新禁止カード・2019/12/2発行:むかしむかし、死者の原野、密輸人の回転翼機が禁止!

MTGの禁止改訂(2019/12/2日発行)が発表され、パイオニアから《むかしむかし》《死者の原

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

【MTG】パイオニア最新禁止カード・2019/12/2発行:むかしむかし、死者の原野、密輸人の回転翼機が禁止!

MTGの禁止改訂(2019/12/2日発行)が発表され、パイオニア

【ワールドフリッパー】ボスバトルレイドのすゝめ:スキルチェインのダメージ増加値等、意外と知らないワーフリの知識

ワーフリこと「ワールドフリッパー」のボスバトルレイド攻略で押さえて

【MTGアリーナ:ヒストリックデッキレシピ】灯争大戦テゼレットを使ったアーティファクト親和【令和のテゼレッター】

ヒストリックラダーで楽しく回している親和デッキをご紹介します。

【MTG】禁止カード改訂・2019/11/18発行:オーコ、むかしむかし、夏の帳死す!レン6も逝く

MTGの禁止改訂(2019/11/18日発行)が発表され、スタンダ

【MTG】パイオニア最新禁止カード・2019/11/12発行:「夏の帳」が禁止カードに指定されました!コントロール歓喜!

MTGの禁止改訂(2019/11/12日発行)が発表され、パイ

【MTG】パイオニア最新禁止カード・2019/11/4発行:サヒーリと守護フェリダーの脅威とさよなら!豊穣力戦もバイバイ!

MTGの禁止改訂(2019/11/4日発行)が発表され、パイオニア

【MTGアリーナ】フェスティバル:スタンダードの職工で使った黒緑アドベンチャーデッキレシピ紹介!レアが無くても大丈夫!

MTGアリーナで開催中のイベント「フェスティバル:スタンダード

【Bloodstained:RitualofTheNight攻略】トゲダメージ無効装備「アイギスの胸当て」の入手方法

『Bloodstained:RitualofTheNight(

→もっと見る

PAGE TOP ↑