【MTGスタンダード・胆力の道デッキ使用感】スタン環境赤すぎる!速攻だらけで機能しないぜ!

公開日: : MTG

皆さんはコチラの《胆力の道》という名前のカードをご存知でしょうか?

簡単に説明すると、設置で全体(該当しないクリーチャー限定)に1点ばら撒き、条件を満たすと反転して超強い土地になるカードです。

管理人はこのカードの挙動が何だか好きで、『イクサランの相克』実装以降はコチラを採用した【赤白胆力】を愛用し続けてきたのですが、この度、赤黒に戻す事を決意しました(白目)。

何故、管理人は【赤白胆力】を諦めてしまったのか?

その理由について本日は徹底解説していきます(半ば愚痴)。

SPONSORED LINK

《胆力の道》は強い…強いが…

Path of Mettle / 胆力の道 (赤)(白)
伝説のエンチャント

胆力の道が戦場に出たとき、これは先制攻撃も二段攻撃も警戒も速攻も持たない各クリーチャーにそれぞれ1点のダメージを与える。
あなたが、先制攻撃や二段攻撃や警戒や速攻を持つクリーチャー2体以上で攻撃するたび、胆力の道を変身させる。

Metzali, Tower of Triumph / 制覇の塔、メッツァーリ
伝説の土地

(《胆力の道/Path of Mettle》から変身する。)
(T):あなたのマナ・プールに好きな色1色のマナ1点を加える。
(1)(赤),(T):制覇の塔、メッツァーリは各対戦相手にそれぞれ2点のダメージを与える。
(2)(白),(T):このターンに攻撃したクリーチャー1体を無作為に選ぶ。そのクリーチャーを破壊する。

反転難易度の割に能力は凶悪だ!

まず《胆力の道/制覇の塔、メッツァーリ》の性能について解説しよう。

表側は該当能力を持たないクリーチャー全てに1点をばら撒く限定的な全体火力を備えています。

この全体1点というのは意外と侮り難く、白黒トークンの盤面を崩壊させたり、《つむじ風の巨匠》が生成する「飛行機械トークン」の横並びを流しきれる事が可能な数値です。

二マナで自身のタフネス1を失う事無く相手のトークンだけ一掃出来るというのは相当に強い…強い…はずなのだが(意味深)。

変身後の能力については最早言う事がないレベルで、2マナの本体バーン、3マナの攻撃クリーチャー無作為破壊も非常に強いです。

どちらも強い…しかし活躍できない。《胆力の道/制覇の塔、メッツァーリ》はそんな悲哀を抱えたカードなのです。

今の赤い環境とのマッチアップが絶望的過ぎる

参考までに、上の画像が管理人が使用していた構築の【赤白胆力】です。

事前情報として、管理人がメインでMTGをプレイさせてもらっているショップは普段はかなり青やコントロールデッキによっています。なので、この構築はショップメタをよんだ末に到達した境地であり、つい先々週くらいまでは普通にフライデーやショーダウンなら【3-0】できるデッキでした。

…が、先週空けて今週行ってみると…赤い。とにかくショップが全体的に赤い。

普段青やコントロールを好む人ですら赤を握り、当たる度に同型または同型亜種という現実。(ちなみに今日は3戦とも赤単が相手でした)。

同型だと何故《胆力の道》はダメなのか!?

答えは超簡単!設置タイミング何もしないエンチャントを置くのが弱すぎる(白目)。

赤単や赤系統のデッキが多いという事は、ダメージが飛ばないクリーチャー(速攻、先制攻撃、警戒、二段攻撃)が沢山いるって事なのだ…。

高速で倒しに来る相手に2ターン目何も影響を与えないムーブを起こすというのは、自殺行為とも言える暴挙であり、ぶっちゃけ手札が一枚少ないに等しい弱さなのです。

そもそも赤単がトップアーキに存在する状況下で《胆力の道》を使おうとするのが間違いなんですよね(悲しみ)。

ティムールが消えたことで役割が消えた感

「苦手な《つむじ風の巨匠》のトークンを一掃出来る!白系統のトークンも流せる!線の細いmyデッキに新たな勝利プランがもたらされる!」

そんな淡い期待は、【禁止制限告知】という最強カードによって打ち壊された!!

白系のトークンはまだ割と見かける事もありますが、ティムールエネルギーは本当に消えましたねぇ…。

まぁしょうがない事ではありますが、いやぁ…困った困った(笑)。

カードパワーはそこそこ高いし面白いカードなので、ドミナリアでの環境変化に期待しよう!

個人的に高く評価しているカードなので全然諦めてはいませんが、現環境下でメイン運用するのは流石にリスキー過ぎます。

とりあえず新パック追加での環境変化に期待するしかないってのが現実かな…。

「早く来い来いドミナリア!そしてミッドレンジやコントロールが隆盛する未来カム!」

追伸:とりあえず普段カラーである赤黒に戻してみます(ド安定)。

SPONSORED LINK

関連記事

【プレリリース「ラヴニカのギルド」ゴルガリレポート】「宿根」というメカニズムに不信感!シールドのゴルガリは弱い!?

カードプールや構築のせいかもしれませんが、シールド戦のゴルガリは結構きつかったです。

記事を読む

【MTG】灯争大戦日本限定特別アートイラスト参加絵師まとめ!超実力派イラストレーターたちの経歴・他の仕事について

日本語パック限定で特殊なイラストが封入される…なんてサプライズだッ! 単なるエイプリルフー

記事を読む

【イクサランの相克収録カードリスト『赤』カード考察&評価】《血染めの太陽》《凶兆艦隊の向こう見ず》《再燃するフェニックス》…赤のレア強くね?

「イクサランの相克」に収録されるカードのリスト・能力考察記事です。 各部族の足らなかった部

記事を読む

【MTG】《魔術師の稲妻》と《魔術師の反駁》に胸躍る!スタンに稲妻と対抗呪文が!?

《稲妻》と《対抗呪文》と言えば、「mtg」を代表する呪文と言っても過言では無いカード。しかし、そ

記事を読む

【MTG:ゲートウォッチの誓いプレリリース】不毛の大地を求めて~初めての双頭巨人戦も楽しかった!

1月17・18日に全国の公認店で開催されたMTG「ゲットウォッチの誓い」プレリリースに参加し

記事を読む

【MTG】ゴルガリボーラスの城塞デッキレシピ・黒緑チャレンジャーデッキの改造案にどうぞ!

金魚で紹介されていた【ゴルガリ城塞デッキ】が面白そうだったので回してみました。 一部、自分

記事を読む

【MTGスタンイクサラン・人質取り採用デッキ(SCG優勝スゥルタイエネルギー)考察】スカラベ騰がっていく!

書いている事は間違いなく強いが…仕事できるだろうか?流石に《稲妻の一撃》再録されてるし厳しいんじ

記事を読む

【ラヴニカのギルド新カード】新ヴラスカは4マナPW!誘導記憶喪失を生け贄に捧げよ【MTGスタン】

『ラヴニカのギルド』に収録される新たなヴラスカ《Vraska, Golgari Queen》

記事を読む

【MTG:安いけど強い「ドミナリア」の神話・レアカード探求】活躍次第で高騰する可能性も十分にある!?

高いカードだけが強い訳じゃないッ!それが「マジック:ザ・ギャザリング」 本記事は、予約

記事を読む

【ラヴニカのギルド新カード】《暗殺者の戦利品》凄く強い!トロン大ピンチ?!【MTGスタン】

超話題の撃強カード《暗殺者の戦利品》の特集です。 スタンダード、モダン、それ以下のフォ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

【MTG】パイオニア最新禁止カード・2019/11/12発行:「夏の帳」が禁止カードに指定されました!コントロール歓喜!

MTGの禁止改訂(2019/11/12日発行)が発表され、パイ

【MTG】パイオニア最新禁止カード・2019/11/4発行:サヒーリと守護フェリダーの脅威とさよなら!豊穣力戦もバイバイ!

MTGの禁止改訂(2019/11/4日発行)が発表され、パイオニア

【MTGアリーナ】フェスティバル:スタンダードの職工で使った黒緑アドベンチャーデッキレシピ紹介!レアが無くても大丈夫!

MTGアリーナで開催中のイベント「フェスティバル:スタンダード

【Bloodstained:RitualofTheNight攻略】トゲダメージ無効装備「アイギスの胸当て」の入手方法

『Bloodstained:RitualofTheNight(

【ペルソナ5ザ・ロイヤル限定版収録物・画像】限定版付属サウンドトラック詳細・収録楽曲リスト等

「ペルソナ5ザ・ロイヤル」限定版『ペルソナ5 ザ・ロイヤル ス

【ブラッドステインド:リチュアル・オブ・ザ・ナイト】オリジナルサウンドトラック収録楽曲リスト・画像

『Blood Stained-RITUAL OF THE NIGH

【MTG】パイオニアで評価・高騰しそうな注目カードまとめ:どんなデッキが強いんでしょうね?【現在作成中】

新フォーマット『パイオニア』で評価が上がりそうなカードをエキス

【MTGスタンダード最新禁止カード・2019/10/21発行】スタンダードで《死者の原野》が禁止カードに!パウパーからは《アーカムの天測儀》が禁止に!

MTGの禁止改訂(2019/10/21日発行)が発表され、スタンダ

→もっと見る

PAGE TOP ↑