【WiiU:スプラトゥーン/評価・レビュー】任天堂のイカTPS・マップ数など不満はあるが、純粋な「楽しい」がここにある!

公開日: : 最終更新日:2015/06/01 ゲームレビュー , ,

DSCF4225

話題のイカ娘TPS『Splatoon/スプラトゥーン』のヒーローモード(ストーリーモード)をクリアしました。

オンライン対戦がメインのゲームではありますが、『少し触ってみたい』、『ストーリーモードのボリュームが気になる』という人も多いと思うので、参考にしていただければ幸いです。

対戦モードに関しては暫定版のレビューでお送りします。

SPONSORED LINK

ストーリーモードに過剰な期待はNG

hero

イカとタコの壮絶な戦い(笑)を描いたストーリー『ヒーローモード(一人プレイ専用)』

元々対戦メインなゲームだという認識があったので過度な期待はしていませんでしたが、想像以上に短くて驚きました。(やりこみ要素含めて5~6時間)

短いのはまだ良いとしても、内容に関しても気になる部分が多いです。

チュートリアルとしても微妙な出来

buki

対戦モードでは大きく分けて3種類の武器が存在しているにも関わらず、ヒーローモードで使用できる武器はシューターのみ。切り替えれるようにしなくとも武器ごとのステージを用意するとか方法はいくらでもあったはずです。

任天堂アクションゲーム特有の「おっ!」っという驚きや気づきもないので非常に退屈でした。

ガッツリ遊べるストーリーモードでないのであれば、せめてチュートリアルとしての体裁は整えておくべきだったのではないでしょうか?

サクッと遊びながら武器の使い方を覚え、クリア後にご褒美をもらって対戦モードへすんなり入っていけるような作りになっていればここまで不満に感じる事もなかったと思います。

世界観やキャラクターが魅力的なだけに残念です。

ナワバリバトルは超楽しい!

nawabari

インターネットにつないで最大8人(4vs4)の白熱バトル!

ストーリーモードの不満なんて吹っ飛んだわ!

さっきまでの辛口が嘘だったかのように豹変してしまいましたが、それ程にナワバリバトルは面白い!
マップ表示など細かい不満点はこちらにもあるのですが、楽し過ぎて全然気にならない!!

バトルでクラスを上げてお洒落を極めろ!

kisekae

クラスによって購入できるアイテムが増えていくので対戦へのモチベーションにつながるのはグッド!

イカちゃんが可愛いのでイカくんが極端に少ない気がするけど気にしちゃいけません。
もちろん管理人はイカちゃんを使用しています!

最初は戸惑うジャイロエイム

実際にプレイするまではゲームパッド(ジャイロ)によるエイムに若干の抵抗があったのですが、違和感があるのは最初だけで、慣れれば全然気にならなくなりました。

一応右スティックでのエイムも出来ますが、速度的にジャイロエイムが断然上です。

ナワバリが全て!ナワバリが生命線!

ikamode

このゲームは自チームカラーにフィールドを染めること(ナワバリを広げる)が最優先事項です。

自チームのナワバリ下ではイカに変身して高速移動が可能なだけでなく、相手を鈍足にする効果もあるのでバリケードとしての役割も同時に担っています。

とにかく塗って塗って塗りまくるのです!

意外と奥深い戦略性

senryaku

ナワバリの総面積で勝負が決するので、キルデスへの依存は一般的なTPSよりも少なめですが、その分、マップやチームメンバーの位置把握などの情報が重要視されます。

相手の周囲をインクで染めて退路を絶ったり、チームメンバーが移動しやすいように道を整備したりなど、一人一人の小さな配慮がチームの勝利へとつながります。撃ち合いが苦手な人でもチームへとガンガン貢献できるゲームなのでTPS初心者も気軽に楽しめるはずです。

対戦マップ・ルールの少なさはアップデートに期待!

対戦モードは文句なしに楽しいのですが、マップとルールが少ないという致命的な部分もあります。

アップデートで追加マップや新ルール、新武器などの配信が決定してはいますが、それまでに人が離れてしまわないかが不安でなりません。面白いゲームなので長く遊んでいきたいぜ…。

任天堂の迅速なアップデート対応と末永いサービス維持に期待したいです。

シューター好きは勿論、普段TPS・FPSをプレイしない人にも是非遊んでほしい作品に仕上がっています。血も出ないので子供や女性にもオススメですよ!

Amazon:スプラトゥーン
きゃすとの評価:

SPONSORED LINK

関連記事

【ダークソウル3 評価・レビュー】シリーズ完結作 協力プレイなどの不満点を改善した親切なダクソ

心が折れそうになりながらもついつい遊んで寝不足になっちゃうアクションRPG『ダークソウル』シ

記事を読む

【大逆転裁判-成歩堂龍ノ介の冒険-】評価・レビュー 未回収の謎と伏線の多さに異議あり!

大人気シリーズ「逆転裁判」の最新作『大逆転裁判-成歩堂龍ノ介の冒険-』をクリアしました。

記事を読む

【Mighty No. 9(マイティーナンバー9)評価・レビュー】クソゲーと酷評されているけど実際はどうなの?

稲船敬二氏が、クラウドファンディングにより融資を募って開発した、「ロックマン」ライクな横スクロー

記事を読む

【マイティガンヴォルト】8bitテイストな2Dアクション!これぞ王道アクションゲーム

今回は、以前紹介した「蒼き雷霆 ガンヴォルト」を早期購入すると特典でダウンロードできた 「マイ

記事を読む

【サガスカーレットグレイス:評価・クリアレビュー】アンサガとは別の意味で攻略本が欲しくなる傑作!

サガシリーズ25周年の記念すべき節目に発売された【PSvita】専用ソフト『サガ スカーレッ

記事を読む

【アンチャーテッド4海賊王と最後の秘法 評価・レビュー】ネイト最後の大冒険はシリーズ最大級の衝撃と面白さに満ちていた!

『エル・ドラドの秘宝』『黄金刀と消えた船団』『砂漠に眠るアトランティス』に続くアンチャーテッ

記事を読む

【PS4「レイジングループ」評価レビュー】隠れた名作ノベルゲーとの出会い!ケムコ渾身のホラーADVは睡眠時間を蝕む面白さ

隠れた名作と名高く根強い人気を誇るホラーノベルアドベンチャーゲーム【PS4・レイジングループ

記事を読む

【FF15体験版・評価/レビュー】ノクト王子と愉快な仲間!シドニーに車を直してもらうの巻

「ファイナルファンタジー零式HD」に初回生産限定特典として収録された「ファイナルファンタジー

記事を読む

【ザンキゼロ・評価/レビュー】難易度高めの死にゲーダンジョンRPG!面白さに比例する過剰なストレス!

ノベルゲー・テキストアドベンチャーのような雰囲気をそこはかとなく感じる作風ながらも、その実態は「

記事を読む

【真・流行り神2 評価・レビュー】クソゲーだった前作よりは確かに面白いが…ホラーとは都市伝説とは何かを考えさせれる凡作

都市伝説を題材にしたホラーアドベンチャーシリーズの最新作『真流行り神2』を全ルート・狭間録・

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

【デスストの謎・考察】サム、クリフ、ルーの関係等【超ネタバレ注意】

※ネタバレMAX!要注意!! 『デスストランディング』クリア後に

【MTG】パイオニア最新禁止カード・2019/12/2発行:むかしむかし、死者の原野、密輸人の回転翼機が禁止!

MTGの禁止改訂(2019/12/2日発行)が発表され、パイオニア

【ワールドフリッパー】ボスバトルレイドのすゝめ:スキルチェインのダメージ増加値等、意外と知らないワーフリの知識

ワーフリこと「ワールドフリッパー」のボスバトルレイド攻略で押さえて

【MTGアリーナ:ヒストリックデッキレシピ】灯争大戦テゼレットを使ったアーティファクト親和【令和のテゼレッター】

ヒストリックラダーで楽しく回している親和デッキをご紹介します。

【MTG】禁止カード改訂・2019/11/18発行:オーコ、むかしむかし、夏の帳死す!レン6も逝く

MTGの禁止改訂(2019/11/18日発行)が発表され、スタンダ

【MTG】パイオニア最新禁止カード・2019/11/12発行:「夏の帳」が禁止カードに指定されました!コントロール歓喜!

MTGの禁止改訂(2019/11/12日発行)が発表され、パイ

【MTG】パイオニア最新禁止カード・2019/11/4発行:サヒーリと守護フェリダーの脅威とさよなら!豊穣力戦もバイバイ!

MTGの禁止改訂(2019/11/4日発行)が発表され、パイオニア

【MTGアリーナ】フェスティバル:スタンダードの職工で使った黒緑アドベンチャーデッキレシピ紹介!レアが無くても大丈夫!

MTGアリーナで開催中のイベント「フェスティバル:スタンダード

→もっと見る

PAGE TOP ↑