【GBA:ゲームボーイアドバンスの名作ソフト・おすすめタイトルを語る】やり逃した良作・傑作がきっとあるはず… 《Part2》

a0790_001232_m

ゲームボーイアドバンスの名作・おすすめソフトの特集の続きです。

単発タイトル以外のシリーズものに関しては『~~』シリーズという形で紹介しています。
魅惑のゲームボーイアドバンスの世界!始まり始まり~

関連記事:【GBA:ゲームボーイアドバンスの名作ソフト・おすすめタイトルを語るPart1】

SPONSORED LINK

裁判をゲームにしちゃったADV『逆転裁判』シリーズ

gyakuten

ミステリー+コメディ=逆転裁判・面白さに異議なし!
裁判という難しいテーマをキャラクターの個性でぶん回すアドベンチャーゲーム。システムやストーリーの面白さは勿論ですが、SE、BGMなど全ての要素がガッチリ噛合っていてとにかく気持ちいい。

オーソドックスな『アドベンチャーパート』と証拠と知恵を武器に戦い抜く白熱の『裁判パート』
ミステリーとコメディの絶妙なバランスはプロデューサーである巧舟のセンスの賜物!

特にGBAで発売されたナルホドくん(主人公)三部作である【1・2・3】の完成度は圧巻です。
証拠を突きつけて犯人を追い詰めていくカタルシスは法廷バトルの名に相応しい!

今から遊ぶなら三部作が一本に収録された【3DS】『逆転裁判123成歩堂セレクション』が圧倒的にオススメ!ADV好きを自負するなら体験しておくべきタイトルのひとつです。

巫女とタヌキは今日も行く!『奇々怪界あどばんす』

kikikaikai

見た目の割りに手応えのあるアクションゲーム!
SFCの『謎の黒マント』や『月夜草子』よりはアーケード版に近い作りで、小夜ちゃん、タヌキ(まぬけ)に加えて見習い巫女”美紀”ちゃんがプレイヤブルキャラクターとして使用できます。難し過ぎず簡単過ぎない程よい難易度なので初心者にも勧めやすい。

ジャンルはアクションゲームだが、感覚的には強制スクロールしないシューティングゲームに近い。
『謎の黒マント』にあったスライディングアクションは搭載されていないので、それをイメージして遊ぶと違和感があるかもしれません。

小夜ちゃんで巫女好きになった日本男児は多そうです…。

光と闇のダブルヒーロー『ロックマン&フォルテ』

rock

ロックマン×フォルテで最強に見える!
SFCの名作である「ロックマン&フォルテ」をゲームボーイに移植した作品。
オリジナル版の出来が良いだけに移植である本タイトルも非常に面白い!

ロックマンのライバルであるフォルテを操作できるってだけでも少年たちはテンション上がるって話ですよ!『ロックマン7』で初めて登場したキャラクターなのにライバルの地位を不動のものにしたフォルテの存在感は凄いとしか言いようがないですね。カッコイイデザインしてるもんなぁ~(納得)

たまにはクイントやパンクの事も思い出してあげてください。

世界観に酔いしれるRPG『真・女神転生』シリーズ

megaten

ただの移植ではない!豊富な追加要素に大満足!
不朽の名作『真・女神転生Ⅰ』『真・女神転生Ⅱ』に追加要素を加えた移植作品。最大の魅力は「記憶の断片(ビジョナリー・アイテム)」を収集することで、今まで語られる事がなかったキャラクター達のショートストーリーを見る事ができる『ビジョナリーモード』の存在でです。

ハードの関係で音に若干の違和感を感じる部分がありますが、それ以外はかなり安定しているので安心して遊べます。難点を挙げるとすれば、どちらもプレ値で高い事でしょうね…。

Amazon:真・女神転生シリーズ(GBA)

『傑作選!がんばれゴエモン1.2』でゴエゴエ!

goemon

これならサスケを独り占めできる!ブオォォ~
SFC時代の名作である『ゆき姫救出絵巻』と『奇天烈将軍マッギネス』を同時収録した傑作選!どちらも面白いですが、管理人は『ゆき姫救出絵巻』の方が好きですね~。

この完成度は芸術の域だぜ…。

インパクト戦がある『マッギネス』も捨てがたいですけどね!
友達とサスケの取り合いになった思い出がよみがえるな…。

移植されても至高の幻想『ファイナルファンタジー』シリーズ

ff5

追加要素が魅力的で完成度も高い!Ⅵはアドバンス最後のタイトル
あの名作が携帯ゲーム機で遊べるというだけでも大満足なのに、様々な追加要素のおかげでその満足感が増幅されている!『Ⅵ』はゲームボーイアドバンス最後のタイトルでもあり、色んな意味でファイナルファンタジーなのです!

管理人のイチオシはやっぱり『Ⅴ』ですね~。「剣闘士」以外の追加ジョブは性能的にちょっぴり残念ですが些細な問題。「クルル!お前のじいちゃん…強かったぜ…。」

管理人は未プレイですが、スマートフォン版はGBAの追加要素を含んだ上でグラフィックが向上しているという事なので、今から遊ぶのならばそちらの方が良いかもしれません。

Amazon:ファイナルファンタジー(GBA)

記事にすると名作揃いなのを実感するなぁ…

アナタの名作を教えてください!
とりこぼしたタイトルや私の知らない名作もあると思うので、何かありましたらコメント欄にご一報頂けると幸いです。(作品への思い出なども添えて頂けると管理人は大喜びします。)

この記事を作成するに当たり、ゲームボーイアドバンスは名機だと再確認すると共に、次やる時はジャンルで分けて記事にしようと心に誓う管理人であった…。(暴れん坊将軍感)

SPONSORED LINK

関連記事

【PSPおすすめゲームソフト5選・RPG編】PSPの名作はリメイクや移植だけじゃないぞ!永遠の現行機!

PSPが発売されたのは2004年12月12日の冬。 約10年もの歳月が経過した今でも、

記事を読む

【2015年版・年末年始に遊びたいオススメゲーム5選】クリスマス・お正月にはこの一本を!

2015年も残すところあと一週間… このブログもいつの間にか2年目に突入していました…

記事を読む

【GBA:ゲームボーイアドバンスの名作ソフト・おすすめタイトルを語る】やり逃した良作・傑作がきっとあるはず…

『ゲームボーイアドバンス』 名前通りゲームボーイの改良型で、携帯ゲーム機をワンランク上のも

記事を読む

【クラウドファンディング:キックスターターとは!?】ロックマンの意思『Mighty No. 9』と悪魔城の血統『Bloodstained』が楽しみすぎる!

ネットなどで度々目にする『「Kickstarter/キックスターター』や『Crowdfund

記事を読む

【いじわる・理不尽なゲームのラスボス5選】ラスボスに触れるので当然ネタバレありです!

ゲームの最後に待ち受ける【ラスボス】という存在! 【ラスボス】の印象はそのままゲームの評価

記事を読む

【PCに最適なゲームパッド】オススメはUSB接続で簡単に使えるXbox360有線コントローラー

ゲームとコントローラーは切っても切れない密接な関係です。 家庭用ゲーム機なら本体に同梱

記事を読む

【SWITCH】任天堂の新ハード「ニンテンドースイッチ」の詳細発表後の感想

本日開催された(1月13日)、「Nintendo Switch プレゼンテーション 2017

記事を読む

【初代PlayStationの名作】管理人が選んだ好きなPSソフト5タイトル!アナタの思い出のソフトは何ですか?

友人に2014年12月3日はPS誕生から20周年だと言う事を聞かされて、これは書かねば成るまいと

記事を読む

【閃き・電球・ピコーン:サガシリーズのカッコイイ術や技】管理人が勝手に5つ選びました!

そもそもこの企画には最初から無理がある!サガシリーズにはそもそもカッコイイ技や術しか存在しな

記事を読む

【私が「メタルギアサヴァイブ」を購入する理由】小島秀夫監督がいない「メタルギア」

シリーズを先導してきた小島監督の独立など、『メタルギア』シリーズを取り巻く環境が色々と複雑で

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

管理人超オススメの一本!

【コトダマン攻略】《大剣士・スサノ王》って強い?友達招待でゲットできる星5キャラの実力

本記事では、【友達招待キャンペーン】で入手できる《大剣士・スサノ王

【MTG「ドミナリア」プレリレポート】リミテで強かったカードと戦利品紹介!英雄譚は鬼畜!

【MTG】最新セット『ドミナリア』のプレリリースに参加して参り

【MHW:ロックマンコラボ】武器別で変化するBGM全まとめ!スネークマン・ブルースステージはやっぱり最高!

『モンスターハンターワールド』に実装された『ロックマン』コラボ

【ネタバレ注意「ダンジョン飯」6巻感想レビュー】シュローとの対立と発露するライオスの狂気

【ファンタジー×グルメ】の奇跡の融合、『ダンジョン飯』の最新第

【最新パック「ドミナリア」収録・英雄譚カード考察】MTGの歴史を辿る新システムに心高鳴る【アンティキティー戦争追記】

公式のお漏らし等、割とクリティカルなトラブルこそありましたが、

【MTGスタン《パワーストーンの破片》の使い方・考察】コロッサスデッキ再興!?機械化製法や蜃気楼の鏡で楽しもう!

次々に公開されていく『ドミナリア』スポイラーですが、その中でも

【MTG】ドミナリア収録《鉄葉のチャンピオン》等のトリプルシンボルクリーチャー特集!白の栄光の頌歌能力強そう!

週末のストアチャンピオンシップでプロモ版の《鉄葉のチャンピオン

【MTG・ドミナリアに収録されるPWカード評価・考察 】テフェリーとカーンは雑に強そう

『ドミナリア』来訪という事で、収録されるプレインズウォーカーも

→もっと見る

PAGE TOP ↑