【ワールドフリッパー】ボスバトルレイドのすゝめ:スキルチェインのダメージ増加値等、意外と知らないワーフリの知識

公開日: : ワールドフリッパー

ワーフリこと「ワールドフリッパー」のボスバトルレイド攻略で押さえておきたい要素をピックアップしてみました。

スキルチェインのダメージ増加・メリット・意外と知らないコンディションの豆知識など、色々要点でまとめてみたのでヨロシクです。

SPONSORED LINK

ボスバトル・レイドのすゝめ

その1.属性統一パーティーを組む

属性統一パーティーを組む理由としては、火力の底上げと被ダメージの軽減が挙げられます。特に被ダメージの軽減は重要で、強力なレイドボスであればあるほど重要になる要素です。

アビリティ的にも属性を統一した方が有利になるキャラクターが多いので、属性統一は割とやり得な要素です。

その2.コンディション(状態異常)を駆使する

麻痺・毒などのコンディション(状態異常)攻撃はレイドバトルでも有効です。特に麻痺は被ダメージを抑えつつ攻撃チャンスを増やしてくれるので積極的に採用していきたい所です。浮遊、貫通等もブレイク・コンボの助けになるので便利です。

意外と知らないコンディションのあれこれ

麻痺
マヒ状態で相手がダウンするとマヒ状態は解除される。ダウン状態の敵がマヒするとマヒ状態が回復するまでダウンのカウントはストップする。

浮遊
減速・落下しなくなる。重力場・風・竜巻の影響を受けない。

その3.スキルチェインを狙う

レイドバトルではスキルチェインという要素が追加されます。

別プレイヤーが交互にスキルを発動していくことでチェインが積まれていき、それが4つ重なる(4チェイン)とスキルチェインが発動します。

4チェイン以降は、その連鎖数に応じてダメージが加算されていきます。ダメージの増加の他に気絶の追加効果ボーナスもあります。

攻撃系スキル以外でもチェインは問題なく積まれるので、他のプレイヤーの動向を見て積極的に狙っていきましょう。※画面右上にスキルのチェイン状況が表示されます。チェインの受付は青⇒黄色⇒点滅と変化していくので焦らず対応するのが重要です。

追加されるダメージ目安

  • 4チェイン:1.40(+40%)から1チェインごとに0.1(+10%)ずつダメージが加算されます。

スキルチェインの注意点

スキルチェインを狙うがあまり、回復やブレイクが遅れてしまう事があります。スキルチェインは強力ですが、状況やボスに応じて臨機応変に対応しましょう。

その4.ブレイクを意識する

被ダメージを抑える為には相手を安定してブレイクする事が重要です。ブレイクをサポートするようなコンディション(貫通・浮遊)等は便利なのでおすすめです。

その5.避けられない攻撃はしっかりガードする

避けられない攻撃はしっかりとガードする事が大事。方法は簡単で、相手の攻撃に対するようにフリップやダッシュを行うだけです。

意識せずにやっている人がほとんどだと思いますが、相手の攻撃に対してダッシュするとダメージを軽減できるという知識があると無いとでは大違いです。

SPONSORED LINK

関連記事

記事はありませんでした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

Black Lotus狙いで「謎のブラックボックスパック」買ってみた:個人的に面白かったコラボカード選

話題の『デュエルマスターズ:謎のブラック・ボックス・パック』をお試

【テーロス還魂記プレリリース:レポート】存在の破棄メイン採用全然アリ!かなりのエンチャント環境

『テーロス還魂記』のプレリリースイベントに参加してきました。

【スマブラSP】追加キャラクター「ベレト/ベレス」への感想・英雄の遺産を使えるの良いね!

【スマブラSPダイレクト】にて、5人目の追加DLCキャラクター

「ドラゴンボール超-ブロリー」5分で読める感想記事【Amazonプライムで映画を観る】

アマゾンプライムの無料配信タイトルに「ドラゴンボール超-ブロリー」

【ポケモンダイレクト】ソード&シールド追加DLCエキスパンションパス「鎧の孤島」「冠の雪原」、ポケダンリメイク公開!

【ポケモンダイレクト】にて、『ポケモン不思議のダンジョン救助隊

【ペルソナ無双】「ペルソナ5スクランブル」PV公開:ストーリーがしっかりしてて期待できそう【続編?】

「ペルソナ無双」こと「ペルソナ5スクランブル」の最新PVが公開

【MTG】『テーロス還魂記』最強の神は誰だ?パーフォロスとヘリオッドが強そう?

『テーロス還魂記』に収録される神クリーチャーサイクルの中から、

【2019年面白かったゲーム・オススメタイトル5選】アクション・アドベンチャーが豊作でした

2019年に発売されたゲームタイトルから個人的に面白かったオススメ

→もっと見る

PAGE TOP ↑