【カード考察:炎呼び、チャンドラ】トークン生成・手札交換ドロー・クリーチャー除去 このチャンドラ器用すぎる…【火傷必死】

ha

『ゲートウォッチの誓い』で登場した6枚目の「チャンドラ」

ストーリーだと電子レンジ・暖房機扱いが板についてきたチャンドラちゃんだけど…
このチャンドラ…チャンドラのくせに(失礼)すごく器用で強いよね…(マナコストは重いけど…)

最近、赤丸急上昇中の「炎呼び、チャンドラ」に注目!

※この記事はスタンダード環境を意識しています

SPONSORED LINK

「炎呼び、チャンドラ」

honoo

Chandra, Flamecaller / 炎呼び、チャンドラ (4)(赤)(赤)
プレインズウォーカー — チャンドラ(Chandra)

[+1]:速攻を持つ赤の3/1のエレメンタル(Elemental)・クリーチャー・トークンを2体戦場に出す。次の終了ステップの開始時に、それらを追放する。
[0]:あなたの手札からカードをすべて捨て、その後その枚数に1を足した枚数のカードを引く。
[-X]:炎呼び、チャンドラは各クリーチャーにそれぞれX点のダメージを与える。

4

重い!強い!面白い!

赤ダブルシンボルの合計6マナとかなり重いマナコストを要求してくる6枚目のチャンドラ。赤ダブシン6マナと言えば2枚目のチャンドラである「燃え立つチャンドラ」と同じですね…(そういえばあっちもドロー効果を持っていたような…)

[+1]効果の速攻を持つ3/1エレメンタル2体生成、[0]の捨てドロー、そして[-X]によるクリーチャー除去効果。どの効果もコントロール向きの良効果で、マナコストの重さに見合った高性能プレインズウォーカーです。

やっぱり全ての効果を最初から扱えるのは便利だよねぇ~(戦乱ギデオンを見ながら)

ギデオンの誓いとの相性抜群

gide

Oath of Gideon / ギデオンの誓い (2)(白)
伝説のエンチャントギデオンの誓いが戦場に出たとき、白の1/1のコー(Kor)・同盟者(Ally)クリーチャー・トークンを2体戦場に出す。
あなたがコントロールする各プレインズウォーカーはそれぞれ、忠誠(loyalty)カウンターが追加で1個置かれた状態で戦場に出る。

誓い込みなら包囲サイの包囲を突破できます!

炎呼びに限った話ではないですが、忠誠カウンターが追加で1個もらえる《ギデオンの誓い》との相性の良さは必見。全てのモードを使用できるPWの特権でもありますが、炎呼びならば登場してすぐさま[-5]によるクリーチャー全体5点バーンによるお掃除が可能!

この5点という数字はスタンダード最強生物の一柱でもある《包囲サイ》の包囲を突破するダメージ!これは見逃す訳にはいかんぜよ…(4月に包囲サイくん落ちるけどね…)

誓いだけでなく、《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》の紋章効果と《炎呼び、チャンドラ》のトークン生成効果もかなり噛み合っているので、この二人出来ているな!?(ギデオンの本命はジェイスだろうけど…。)

まぁ、《ギデオンの誓い》は何と組み合わせても強いよね~

スフィンクスの後見とのコンボで爆ドローを狙え!

sfi

Sphinx’s Tutelage / スフィンクスの後見 (2)(青)

エンチャントあなたがカードを1枚引くたび、対戦相手1人を対象とする。そのプレイヤーは自分のライブラリーの一番上から2枚のカードを自分の墓地に置く。それら2枚がともに土地でないカードであり共通の色を持つなら、この手順を繰り返す。

(5)(青):カードを1枚引き、その後カードを1枚捨てる。

アルハマレットパワーを食らえ!

「ジェイスよ、お前は別のテレパスを相手にすることが、どのような結果を引き起こすのか考えたことがあるまい。」

フレーバーテキストからアルハマレットさんのやばさ全開オーラをひしひしと感じるこの一枚。ドローする度に恐怖のLO(ライブラリーアウト)効果が誘発する地獄のような光景。青はそもそもドローが得意なカラーな上に、起動コストの重ささえカバーできれば自ら誘発させる事ができる自己完結具合。

う~ん 素晴らしいエンチャントだ!

青のドロースペルとの併用はもちろんですが、現在のスタンダード環境には《苦しめる声》や《マグマの洞察力》と言った良質な赤の捨てドローカードが存在するので、赤青スフィンクスの後見デッキは悪くない!

そして、『ゲートウォッチの誓い』で新たに加わった《炎呼び、チャンドラ》の[0]効果とのシナジーはとにかくハヤバイ!たんまりと溜め込んだ手札を[0]効果で全て捨て、捨てた枚数+1枚のドロー効果はまさに鬼神の如き殺意!

もう暖房器具とは言わせない!

ディグやクルーズは落ちちゃうけど…

dig

スタンダード環境に燦然と輝く《時を越えた探索(通称:ディグ)》と《宝船の巡航(通称:クルーズ)》。この2枚のぶっ壊れカードは4月に落ちてしまいますが、《ジェイスの誓い》などの代用できそうなカードの存在もあるので、まだまだ後見チャンドラ爆ドローデッキは戦える…はず!?

今回は[0]のドロー効果をメインでとりあげましたが、他の二つの効果もコントロールデッキとは噛み合った効果なので総合的に見ても後見との相性は抜群です。(-効果による一掃に何度助けられた事か…)

次弾『イニストラードを覆う影』の追加カードで《スフィンクスの後見》と《炎呼び、チャンドラ》の更なる隆盛に期待しつつ、本日は〆たいと思います。ご清聴ありがとうございました(^q^)

Amazon:レガシーコレクション マジック:ザ・ギャザリング シリーズ1 チャンドラ・ナラー 6インチ プラスチック製 塗装済みアクションフィギュア

SPONSORED LINK

関連記事

【MTG:ドミナリア当たり神話・レアカードTOP5】カーン、ライラ、ベナリア史とカードパワーもお値段も高めです!

今日は『ドミナリア』の発売日! 気になる当たり神話・レアカードの動向を要チェック!!

記事を読む

【MTG】基本セット2020・新チャンドラ3種の強さを考える!レアチャンと神話チャンがとても強そう!

『灯争大戦』の興奮冷めやらぬ中、気付けばもう『基本セット2020』の発売日が目前となっていま

記事を読む

【ラヴニカのギルド】新二ヴ様《バルン、二ヴ=ミゼット》登場!相手の呪文でも1ドロー可能なの偉い!【MTGスタン】

『ラヴニカのギルド』プレビューの始まりと共に、新たな二ヴ様、《バルン、二ヴ=ミゼット》が公開

記事を読む

【プレリリース「ラヴニカのギルド」ボロスレポート】意外と強い「教導」というメカニズム!リミテの《オレリア》は強すぎる

「新セット発売日の一週間前と言えば。そう、プレリリースですよね!」 今回は午前と午後で

記事を読む

【イクサランの相克収録カードリスト『赤』カード考察&評価】《血染めの太陽》《凶兆艦隊の向こう見ず》《再燃するフェニックス》…赤のレア強くね?

「イクサランの相克」に収録されるカードのリスト・能力考察記事です。 各部族の足らなかった部

記事を読む

【スタンイクサラン・ヤヘンニデッキ(MOCS優勝赤黒アグロ)】《バントゥ最後の算段》とのコンボに痺れる!

ハゾレト様の魅力に取り憑かれてからというもの… 赤系統のデッキしか目に入らなくなってしまっ

記事を読む

【イクサランの相克収録カードリスト『黒』カード考察&評価】《誓いを立てた吸血鬼》と《黄昏の預言者》が好き

「イクサランの相克」に収録されるカードのリスト・能力考察記事です。 各部族の足らなかった部

記事を読む

【基本セット2019】新《ニコル・ボーラス》は両面カード!グリグシスカラーで大活躍【MTG】

まさかこのプレマイラストがそのまま新ニコルのイラストだったとは…(予想外)! オリジン

記事を読む

【MTGスタン】選定された行進+備蓄品トークンデッキと対戦した感想!前期よりもパワーアップ!?

週末のお楽しみ「スタンダードショーダウン」に参加して来ました。 結果としては3-0で絶好調

記事を読む

【MTG・『イクサラン』収録カードの感想②】レギサウルスの頭目強くない!?殺戮の暴君がアップを始めました!

海賊・魚人・吸血鬼・恐竜 カオスな世界がPWを待つ(part2) 9月29日発売の最新セット『

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

【MTGアリーナ】エルドレインの王権ランク戦ドラフト日誌:7勝レシピから負けレシピまで【青LO強い】

MTGアリーナ『エルドレインの王権』ランク戦ドラフトの結果・デ

【衝撃作】映画「JOKER/ジョーカー」ネタバレ考察&感想:妄想と現実の狭間に隠された巧みな演出!負のエンタメ・堕ちる説得力

各所に衝撃をまき散らしまくる話題の映画『JOKER/ジョーカー』を

【MTGスタン】黒緑出来事デッキレシピ・解説:亭主と野獣の最強タッグ!幸運のクローバーで爆アドだ!【黒緑アドベンチャー】

『エルドレインの王権』発売目前という事で、先行実装されている『MT

【MTGスタン】トーブラン,義賊,宝剣入り赤単アグロデッキレシピ・解説:2点加算の破壊力半端ねぇ!

『エルドレインの王権』発売目前という事で、先行実装されている『MT

【AI:ソムニウムファイル・評価・レビュー】名作サスペンスADV誕生!グロ&ギャグな打越ゲー最新作【PS4/Switch】

【PS4/Switch】のマルチタイトル『AI:ソムニウムファイル

【AI:ソムニウムファイルトロフィー攻略】隠しアイテムの位置・入手困難なアルバムファイル・論証選択まとめ

『AI:ソムニウムファイル』のトロフィー攻略記事です。本記事で

アニメ・漫画・ゲームに纏わるマンデラ効果(マンデラエフェクト):ピカチュウの尻尾は未だに黒い

『AI:ソムニウムファイル』というゲームの中に登場した「マンデラ効

【MTG】エルドレインの王権「フェアリー」クリーチャーまとめ:厚かましい借り手強くね?

最新セット「エルドレインの王権」の新情報が続々公開中です。

→もっと見る

PAGE TOP ↑