【MTG】ドミナリア収録《鉄葉のチャンピオン》等のトリプルシンボルクリーチャー特集!白の栄光の頌歌能力強そう!

公開日: : 最終更新日:2018/05/04 MTG

週末のストアチャンピオンシップでプロモ版の《鉄葉のチャンピオン》を貰った事ですし、そろそろ各色に1体ずつ存在するトリプルシンボル枠のクリーチャーについて記事にしようと思います。

あ、ちなみにストアチャンピオンシップの結果は、決勝トーナメントで負けてベスト8終了でした。まぁ、ジョイラのデッキケースはもらえたので良し良し。

MTG米公式HP
© 1995-2018 Wizards of the Coast LLC, a subsidiary of Hasbro, Inc. All Rights Reserved.

SPONSORED LINK

トリプルシンボルクリーチャー特集

ベナリアの軍司令

《ベナリアの軍司令》白白白
クリーチャー– 人間・騎士 [レア]

あなたがコントロールしている他のクリーチャーは+1/+1の修正を受ける。

3/3

生きてる「栄光の頌歌」。現代版「伏竜 孔明」

十字軍能力の亜種「栄光の頌歌」を内包する人間・騎士クリーチャー。スタン環境的にタフネス3は偉いがやられる時はやられる絶妙なサイズです。

トークンデッキや白ウィニーで着地すると盤面の打撃力が一気に上昇する為、基本的に見過ごせないマスト除去対象。吸血鬼には「飛行」や「絆魂」持ちも多いので、このロード能力を活かす精鋭は揃っているのではないでしょうか?

また、『ドミナリア』は「騎士」シナジーがやや強い感じなので、そちらも考慮して良さそうかな?

モダンだと「人間」デッキへの採用も考えられるかもしれませんね。

25thマスターズにて再録された《伏竜孔明》さんを思い出す性能です。

大嵐のジン

《大嵐のジン》青青青
クリーチャー– ジン [レア]

大嵐のジンは、あなたがコントロールしている基本島1つにつき+1/+0の修正を受ける。

0/4

順風デッキにお迎えしたいですなぁ

パワーの期待値は高いですし、基本タフネスが4あるのも頼もしいです。

問題は、このカードを上手く扱えるような島島しぃデッキがあるかないか…?

コントロールデッキのフィニッシャー枠として迎えるのは悪くないと思いますが、多色が濃いとこのカードを使う旨味も薄くなっちゃいますしね…(悩みどころです)。

青単《順風》デッキ…やれないだろうか?

戦慄の影

《戦慄の影》黒黒黒
クリーチャー– ジェイド [レア]

黒:ターン終了時まで、戦慄の影は+1/+1の修正を受ける。

3/3

基本サイズの大きなナントゥーコの影の評価は如何に!?

現代版《ナントゥーコの影》と話題の一枚。

個人的にシェイド能力は強いと思っていますが、現スタンにはマナを使わずとも無難に強い《才気ある霊機体》が存在しているのも事実。

最終的にはデッキによりますが、フルタップする黒系デッキなら《才気ある霊気体》、マナを立てるデッキなら《戦慄の影》って所でしょうかな?

《才気ある霊機体》でOKと脳死で判断できるカードではないので、慎重な検討が必要になりそうです。

《ナントゥーコの影》より重くなった1マナと合計3高くなった基本パワータフネスがどう影響するか…気になります。

ゴブリンの鎖回し

《ゴブリンの鎖回し》赤赤赤
クリーチャー– ゴブリン・戦士[レア]

先制攻撃
ゴブリンの鎖回しが戦場に出たとき、これは各対戦相手とそのプレイヤーがコントロールしている各クリーチャーと各プレインズウォーカーにそれぞれ1点のダメージを与える。

3/3

トークン相手や赤ミラーで大活躍しそうな一枚

赤大好きっ子として見逃せないのがコチラ!

パワー3の先制攻撃はかなり頼もしく、cip能力で相手の盤面に1点をばら撒くのも素敵です。トークンデッキや同色ミラー時にかなり活躍してくれる一枚なのではないでしょうか?

「ドミナリア」には他にも優秀なゴブリンが多数存在しているようですし、ゴブリンの濃い赤単を組める可能性は十分にありそうです。

このグルグル回している鎖を相手盤面に勢いよく投げ放つゴブリンの姿が目に浮かびます。

鉄葉のチャンピオン

《鉄葉のチャンピオン》緑緑緑
クリーチャー– エルフ・騎士 [レア]

鉄葉のチャンピオンは、パワーが2以下のクリーチャーによってはブロックされない。

5/4

3マナ5/4メリット持ちという化け物

色々と語るべきことはあると思いますが、とりあえずサイズが化け物です。

《ラノワールのエルフ》を加味すれば、理論上2ターン目に着地できる存在ですし、それだけで緑単色にする価値があるんじゃないかとさえ思えてしまう逸材。

《稲妻の一撃》で落ちず、《致命的な一押し》(紛争未達成)でも落ちない絶妙なサイズ。環境的にも強力な一枚だと思います。

《鉄葉のチャンピオン》でパワーを確保し《原初の飢え、ガルタ》を最速で叩きつけるムーブに憧れる人は多いのでは?

思わず単色を組みたくなる性能のカードたち

個人的な注目枠は《ゴブリンの鎖回し》ですが、その他の面々もかなりの逸材と考えています。

白・緑の二体は無難に強いだろうなぁ…ジェイドやジンにも期待です!

マジック:ザ・ギャザリング ドミナリア 日本語版 ブースターパック 36パック入りBOX
ウィザーズ・オブ・ザ・コースト
売り上げランキング: 18,258
SPONSORED LINK

関連記事

【プレリリース「ラヴニカのギルド」ボロスレポート】意外と強い「教導」というメカニズム!リミテの《オレリア》は強すぎる

「新セット発売日の一週間前と言えば。そう、プレリリースですよね!」 今回は午前と午後で

記事を読む

【MTG:ドミナリア当たり神話・レアカードTOP5】カーン、ライラ、ベナリア史とカードパワーもお値段も高めです!

今日は『ドミナリア』の発売日! 気になる当たり神話・レアカードの動向を要チェック!!

記事を読む

【MTG】戦慄衆の解体者&ジュディス入りマルドゥアグロデッキレシピ【灯争大戦・新スタンダード】

新ソリン入りの白黒クラッツを少し前にご紹介しましたが、今回はそこに赤を足したマルドゥ型のご紹介で

記事を読む

【MTGスタン】《練達飛行職人、サイ》採用霊気貯蔵器ストーム!構築が広くて面白いです【50点砲デッキ】

もう既に流行って一周回った感すらありますが、《練達飛行職人、サイ》を使った【霊気貯蔵器ストー

記事を読む

【MTG】《忘れられた神々の僧侶》を使ってみた感想:《どぶ骨》とタッグを組んだ際の強さは本物!ミッドレンジに対して強そうです

赤黒系のパーツを購入したにも関わらず、中々活かす機会に恵まれない…(ガックリ)。 しかし、

記事を読む

【MTG・ラヴニカの献身:新カード情報】《死に至る霊》でソーサーリーインスタントに接死を付与!コスモトロニックウェーブが全除去に!!

新セット前になるとやってくる新カードぐだぐだ考察! 1月25日発売『ラヴニカの献身』に収録

記事を読む

【MTG】ギルド門デッキ面白い!《門破りの雄羊》《燃え立つ門》等、強力カード大量追加です!

遂にフルパワーモードへと移行する【門デッキ】。 本日は、そんな【門デッキ】の深淵へと皆さん

記事を読む

【イクサランの相克収録カードリスト『多色・両面・PW』カード考察&評価】ファートリちょっと手加減し過ぎじゃない?

「イクサランの相克」に収録されるカードのリスト・能力考察記事です。 各部族の足らなかった部

記事を読む

【MTG最新ブースター:『カラデシュ』1ボックス開封】チャンドラPWデッキで炎の鞭打ちも回収しました!

MTG最新ブースターパック『カラデシュ』が発売になりました。通称神チャンドラや空飛ぶ新童ジェイス

記事を読む

【MTGスタン】「赤青イゼットコントロール」デッキレシピ:ミゼット様を使いこなす快楽!

《孤高のフェニックス》をビュンビュンさせる【イゼットスペル】が何かと話題ですが、【イゼットコント

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

Black Lotus狙いで「謎のブラックボックスパック」買ってみた:個人的に面白かったコラボカード選

話題の『デュエルマスターズ:謎のブラック・ボックス・パック』をお試

【テーロス還魂記プレリリース:レポート】存在の破棄メイン採用全然アリ!かなりのエンチャント環境

『テーロス還魂記』のプレリリースイベントに参加してきました。

【スマブラSP】追加キャラクター「ベレト/ベレス」への感想・英雄の遺産を使えるの良いね!

【スマブラSPダイレクト】にて、5人目の追加DLCキャラクター

「ドラゴンボール超-ブロリー」5分で読める感想記事【Amazonプライムで映画を観る】

アマゾンプライムの無料配信タイトルに「ドラゴンボール超-ブロリー」

【ポケモンダイレクト】ソード&シールド追加DLCエキスパンションパス「鎧の孤島」「冠の雪原」、ポケダンリメイク公開!

【ポケモンダイレクト】にて、『ポケモン不思議のダンジョン救助隊

【ペルソナ無双】「ペルソナ5スクランブル」PV公開:ストーリーがしっかりしてて期待できそう【続編?】

「ペルソナ無双」こと「ペルソナ5スクランブル」の最新PVが公開

【MTG】『テーロス還魂記』最強の神は誰だ?パーフォロスとヘリオッドが強そう?

『テーロス還魂記』に収録される神クリーチャーサイクルの中から、

【2019年面白かったゲーム・オススメタイトル5選】アクション・アドベンチャーが豊作でした

2019年に発売されたゲームタイトルから個人的に面白かったオススメ

→もっと見る

PAGE TOP ↑