【MTG・ドミナリアに収録されるPWカード評価・考察 】テフェリーとカーンは雑に強そう

公開日: : MTG

『ドミナリア』来訪という事で、収録されるプレインズウォーカーも懐かしの面々が勢揃いッ!

ただ強(ぶっ壊れ)の予感がする《ウルザの後継、カーン》、5マナPWとして堅実に強い《ドミナリアの英雄、テフェリー》、イラスト最高だけど難しそうな《ヤヤ・バラード》…魅力的な新規プレインズウォーカーカードについて語っていきます。

© 1995-2018 Wizards of the Coast LLC, a subsidiary of Hasbro, Inc. All Rights Reserved.

SPONSORED LINK

ウルザの後継、カーン

《ウルザの後継、カーン》④
伝説のプレインズウォーカー – カーン [M]

+1:あなたのライブラリーの一番上から2枚のカードを公開する。対戦相手1人は、そのうち1枚を選ぶ。そのカードをあなたの手札に加え、他の1枚を銀カウンターを1個置いた状態で追放する。
-1:追放領域から、あなたがオーナーであり銀カウンターが置かれているカード1枚をあなたの手札に戻す。
-2:「このクリーチャーは、あなたがコントロールしているアーティファクト1つにつき+1/+1の修整を受ける。」を持つ無色の0/0の構築物・アーティファクト・クリーチャー・トークンを1体生成する。

相手依存でも色を問わないアド源は魅力的

まず無色なのでデッキを問わないというのが最大の強み。よほど相性が悪くない限り、アド源不足で悩んでいたデッキの4マナ圏を埋めるに値する性能を持ったカードだと思っています。

手札に来るカードは相手が選ぶとは言え、もう一枚もマイナス能力を使えば回収可能ですし、そもそも4マナのプレインズウォーカーでストレートに1アド確定ってのは結構破格な性能なのではないでしょうか?

4マナ忠誠度5は硬い。硬すぎる

4マナ忠誠度5ってだけで硬いのに、+1能力から入ればアドを稼ぎながら忠誠度6。硬い、これは硬すぎます。

少し前のスタンダードにいた《先駆ける者、ナヒリ》が能力考慮で4マナ忠誠度6スタートのPWでしたが、あちらは2色。今回のカーンは無色かつアド確で忠誠度6。あちらは忠誠度が2ずつ上がるので純粋に比較はできませんが、初速の硬さ的にはほぼ同じ硬さととらえても良さそうです。

一枚で勝つカードではないが勝利をグッと近づけるカード

奥義という時限爆弾を備えたカードではありませんが、アド効果二種、条件付きの自衛能力と堅実にアドバンテージを稼ぎに行けるカードです。

最近の4マナプレインズウォーカーは《ゼンディガーの同盟者、ギデオン》、《先駆ける者、ナヒリ》、《反逆の先導者、チャンドラ》と強力かつ採用率の高いカードが多い事から、こちらの《カーン》も要チェックな一枚でしょう。

ヤヤ・バラード

《ヤヤ・バラード》⓶赤赤赤
伝説のプレインズウォーカー – ヤヤ [M]

+1:赤赤赤を加える。このマナは、インスタントかソーサリーである呪文を唱えるためにのみ使用できる。
+1:カード最大3枚を捨て、その後その枚数に等しい枚数のカードを引く。
-8:あなたは「あなたはあなたの墓地からインスタントかソーサリーであるカードを唱えてもよい。これにより唱えたカードがあなたの墓地に置かれるなら、代わりにそれを追放する。」を持つ紋章を得る。

3マナブーストを如何に利用するか?

自身の赤トリシンも気になりますが、+1能力で生み出される赤トリシンを如何に使用するかが最大の問題。

《ヤヤ》が着地したままターンが戻ってくれば最大期待値9マナを確保できるが、ソーサリー・インスタントにしか使えないこのビッグマナを如何に消化すべきか?

…《絶滅の星》でも使うか?いや、X点火力で攻めるか?赤が濃いPWゆえに色を無策に足すのもはばかられる…色々と難しいし悩ましい能力です。

ルーター能力は奥義とマッチしてるし便利そう

《ヤヤ》の最大の見どころは+1で最大3枚のルーター能力が使える所…(たぶん)。

この能力は奥義との連動率も高いですし、想定しうるデッキとの噛み合わせも悪くないはず!?

「マッドネス」があれば是非とも併用したい所ですが、無いものねだりしてもしょうがないので、「余波」や「永遠」とのプチシナジーで我慢しましょう。

奥義的にもバーン特化のデッキとか組めたら面白いが…

《紅蓮術師のゴーグル》デッキを愛用していた身としては、直火焼き推奨であるこのカードに惹かれるものはあります。しかし、こればっかりはフルスポイラーを見た後じゃないと…迂闊な事は言えません。…組めば絶対に面白いでしょうけどね(笑)。

ドミナリアの英雄、テフェリー

《ドミナリアの英雄、テフェリー》③白青
伝説のプレインズウォーカー – テフェリー [M]

+1:カードを1枚引く。次の終了ステップの開始時に、土地2つをアンタップする。
-3:土地でないパーマネント1つを対象とし、それをオーナーのライブラリーの一番上から3枚目に置く。
-8:あなたは「あなたがカードを1枚引くたび、対戦相手がコントロールしているパーマネント1つを対象とし、それを追放する。」を持つ紋章を得る。

確実に手札を稼ぎ、時間差でマナも構える

最速着地させても自身の能力で手札とマナを構えられるので、カウンターを構えられるという妙技。

起き上がる土地の枚数を考慮すると、ウィザードボーナス込みの《魔術師の反駁(はんぱく)》を構えるのが一番理想的でしょうか?

「ドミナリア」の白除去はかなり強そうですし…構えるカードに困る事はなさそうです。

土地以外何でも対処可能な除去能力の高さ

土地以外のパーマネント(クリーチャー、エンチャント、アーティファクト、プレインズウォーカー)全てに干渉出来る除去能力は流石に強い!

戻すのも手札じゃなくてライブラリーの上から3枚目って凶悪すぎィ!

勝利に直結する頼もしい奥義

+1でアドを稼ぎ、-3で除去、-8でドロー連動の強奥義。

色は違えど、《テフェリー》と《ニクシリス》の二枚の性質は非常に酷似しています。

あれか…灯が再覚醒した奴は似た能力になっちゃう的な何かがあるのか?

色が一色増えているので単純な比較はできませんが、《ニクシリス》さん相当の実力の持ち主orそれ以上の存在と考えるのが適正と私は考えています。(要するに強いッ!)

皆さんの注目PWは誰ですか?

とりあえず《カーン》がやばくて、《テフェリー》は色が合えば強く、《ヤヤ》は難しいってのが率直な感想です。

…でも、個人的に一番使いたいのは《ヤヤ・バラード》って言う(笑)。

まぁ、赤への欲求は押さえられないから…しょうがないね(;^ω^)

マジック:ザ・ギャザリング ドミナリア 日本語版 ブースターパック 36パック入りBOX
ウィザーズ・オブ・ザ・コースト
売り上げランキング: 18,258
SPONSORED LINK

関連記事

【基本セット2019】新《ニコル・ボーラス》は両面カード!グリグシスカラーで大活躍【MTG】

まさかこのプレマイラストがそのまま新ニコルのイラストだったとは…(予想外)! オリジン

記事を読む

【スタンイクサラン・ヤヘンニデッキ(MOCS優勝赤黒アグロ)】《バントゥ最後の算段》とのコンボに痺れる!

ハゾレト様の魅力に取り憑かれてからというもの… 赤系統のデッキしか目に入らなくなってしまっ

記事を読む

【MTGドミナリアスタン】2ターン目《鉄葉のチャンピオン》強すぎ!黒系の接死能力をことごとく掻い潜る

MOやSCGライブを見た感想ですが、2ターン目《鉄葉のチャンピオン》本当に強いですね…。

記事を読む

【ラヴニカのギルド新カード】カーンやエムラを破壊するゴブリン《Goblin Cratermaker》【MTGスタン】

ゴブリンに訪れる期待のルーキー《Goblin Cratermaker》の特集です。 M

記事を読む

【MTG・『オリジン』プレリリース初体験記】「異端な癒し手、リリアナ」狙いで黒い弁当箱をチョイスしました!

7月17日発売予定『マジック・ザ・ギャザリング:ブースターパック オリジン』のプレリリースイ

記事を読む

【MTG(ギャザ)・イクサラン収録「マーフォーク」注目カード・マナコスト別まとめ】+1カウンターとアンブロ戦術で頑張る!?

「吸血鬼」「海賊」とやったので… 残りの「マーフォーク」と「恐竜」もこの流れでやっちゃ

記事を読む

プロツアー『ドミナリア』は赤単アグロを使ったWyatt Darby選手が優勝!《栄光をもたらすもの》がもたらした栄光

リッチモンドで行われたプロツアー『ドミナリア』の全日程が終了しました。 数多の強豪猛者

記事を読む

【MTG・ラヴニカの献身:新カード情報】《災いの歌姫、ジュディス》は強い(確信)!重ね引きしたら2点火力運用しよう!

新セット前になるとやってくる新カードぐだぐだ考察! 1月25日発売『ラヴニカの献身』に収録

記事を読む

【MTG・ラヴニカの献身:新カード情報】《豪奢/誤認》素晴らしい!赤マナだけでマイナス除去、イゼットでアダントの先兵を倒せる時代到来!

新セット前になるとやってくる新カードぐだぐだ考察! 1月25日発売『ラヴニカの献身』に収録

記事を読む

【破滅の刻・赤黒ハゾレトデッキ案】地揺すりのケンラ・アムムトの永遠衆・ラムナブの遺跡を追加!

どうも、新環境も相変わらず【赤黒ハゾレトデッキ】を使用している管理人です。 先日、ようやく

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

【心温まる贖罪ストーリー解説】ギデオン、キテオンの不正規軍と再会を果たす

ボーラスとの戦いで命を落とす事が明らかになったギデオンですが、とあ

【黒き剣のギデオンが持つ再誕の黒き剣について】ダッコン,コーラシュ,ギデオンと受け継がれる黒き刃

ギデオン追悼という訳ではありませんが、《黒き剣のギデオン》が持

【永遠神となったアモンケットの神々】バントゥ、ケフネト、オケチラ、ロナス、ここに推参!【ハゾレトはお留守番】

アモンケットの神々(バントゥ,ケフネト,オケチラ,ロナス)が永遠神

『灯争大戦』収録PW(プレインズウォーカー)カードまとめ!ウギンは今回も強そうですね!

『灯争大戦』に収録されるカードの情報の一部がついに公開されましたね

【MTG】《古呪/The Elderspell》2マナで複数のプレインズウォーカーを破壊できるソーサリー!ナニコレ凄い!

『灯争大戦』のプレビューも後半戦に突入! 強力なプレインズウ

【隻狼(SEKIRO)ボス攻略】葦名一心(修羅ルート)の倒し方:槍一心とは違った強さ!【セキロ】

修羅ルートのボス「葦名一心」の攻略・忍殺攻略記事です。 かつ

【隻狼(SEKIRO)ボス攻略】柔剣エマの倒し方:後出し戦術で修羅を見せつけろ!【セキロ】

修羅ルートのボス「柔剣エマ」の攻略・忍殺攻略記事です。 修羅

【MTGアリーナ】シングルトンで5勝したデッキレシピを紹介!白黒トークン追記!

現在『MTGアリーナ』では、SINGLETON(シングルトン)

→もっと見る

PAGE TOP ↑