【MTGスタン:ヴラスカの侮辱は何故あんなに高いのか?】侮辱購入への抵抗を払拭する為の記事【自分用】

公開日: : MTG

《カーン》、《ライラ》、《テフェリー》の高騰…半端ないですねぇ…(白目)。

これだけ青白系が高騰しちゃうと、これらの色を避けて黒系・黒単に癒しを求めんとする人も結構出て来るのではないでしょうか?

しかし、黒は黒で《ヴラスカの侮辱》という超お高い除去が大きな障壁になっているのが現実。

本記事は、そんな悲しい現実を直視し、痛みを噛みしめながら《ヴラスカの侮辱》購入の決心に至る(筆者自身)為の記事です。4マナの追放インスタントに1800円…出すのか俺!?

SPONSORED LINK

《ヴラスカの侮辱》はなぜ高いのか?

マジック:ザ・ギャザリング ヴラスカの侮辱(レア) イクサラン(XLN)

ダブシン4マナの追放インスタントが何故に2000円近くするのか?その答えは単純明快。

他にこのカードの代用が利くカードが環境に存在しないからに他なりません。

破壊不能を持つ神(ハゾレト等)、死んでも手札に戻る神(スカラベ等)、スタン性能じゃないPW(チャンドラ)、死ぬと戻って来る鳥(フェニックス)、見過ごせないアグロスピード(赤単)これら危険因子たちを全て解決してくれる除去カード、それが《ヴラスカの侮辱》。

(書きながら少し悲しくなってきたぞ… 侮辱購入意欲30%)

もうこの時点で黒を握る理由の一つであり、必携の一枚である事がありありと分かります。

これから必要になるのではなく、今までの環境でも既に必需品だった。それだけの話なのだ…。

更に今後は危険なターゲットたちが増える傾向にある

マジック:ザ・ギャザリング 黎明をもたらす者ライラ(神話レア) ドミナリア(DOM)

ただでさえ危険因子だらけなのにも関わらず、今後は超危険な銀色のPW(カーン)、重めだけど仕事するとゲームが終わる坊主(テフェリー)、主要な除去を華麗に掻い潜る天使(ライラ)等が追加される訳でして…。

正直な話、《ヴラスカの侮辱》の需要は下がる何処か更に上がる可能性すらあります(白目)。

《ライラ》が《スカラベの神》を制してくれるから追放除去の必須性は下がるとも考えられますが、危険なのは《スカラベの神》だけではありませんし、それらすべてを幅広く見れるという時点で《ヴラスカの侮辱》の地位は不動でしょう。

(黒に染まれと陰謀団が俺に囁く… 侮辱購入意欲60%)

でもスタン以外の需要はほとんどないカードであるという事実

MTG 白 日本語版 流刑への道 CON-15 アンコモン

《流刑への道》が一枚1000円以下で買える今。プレインズウォーカーにも触れるとは言え、4マナのダブシン追放除去に2000円近く出すという抵抗感…ぶっちゃけあります。

まぁ、そんな事言い出したらスタンのカードなんて買えなくなっちゃいますけど、「除去」って所が引っかかる人は正直な話多いと思うんです。…クリーチャーとかプレインズウォーカーとかだったら意外とポンポン出せる値段なんだけど不思議なもんです。

(不意に冷静になる… 侮辱購入意欲50%)

ドミナリアの黒いカード面白そう!!

マジック:ザ・ギャザリング 悪魔王ベルゼンロック(神話レア) ドミナリア(DOM)

(侮辱購入意欲80%)

不作続き(超失言)だった契約の悪魔シリーズの中でも今回の《悪魔王ベルゼンロック》さんは比較的実践級の性能だし、黒マナ沢山でる《陰謀団の要塞》で黒に染まれるし、現代のナントゥーコの影こと《戦慄の影》は何だかんだで魅力的だし、ライフ半分にするマンこと《飢饉の具現、トルガール》も何だか無性に使ってみたいetcetc。

結局は「楽しそう」「面白そう」「使ってみたい」って欲求には逆らえないのさ…。

発想を逆転させよう

白青を一から組むことに比べたら一枚2000円の除去くらい大したことないぞ~(自分に)

イクサランならスタン落ちまでまだ結構あるぞ~(言い聞かせる)

悩んでいる時点でもう負けてる…あとは分かるな!(様に!)

(侮辱購入意欲100%)

まぁ確かに高いですけど、沢山使って減価償却すりゃいい話ですね。

黒単使いたいので明日にでも《ヴラスカの侮辱》を買いに行こうと思います。ついでにフライデーに出ればいいじゃん…(名案)。

【シングルカード】XLN)[JPN]ヴラスカの侮辱/黒/R/129/279
ウィザーズ・オブ・ザ・コースト
売り上げランキング: 206,826
SPONSORED LINK

関連記事

【MTG・ラヴニカの献身:新カード情報】《災いの歌姫、ジュディス》は強い(確信)!重ね引きしたら2点火力運用しよう!

新セット前になるとやってくる新カードぐだぐだ考察! 1月25日発売『ラヴニカの献身』に収録

記事を読む

【MTG最新ブースター:『カラデシュ』1ボックス開封】チャンドラPWデッキで炎の鞭打ちも回収しました!

MTG最新ブースターパック『カラデシュ』が発売になりました。通称神チャンドラや空飛ぶ新童ジェイス

記事を読む

【MTGスタン《ゴブリンの鎖回し》は禁止さるのだろうか?】タフ1の人権を侵害する害悪カードなのか否か

《ゴブリンの鎖回し》とは、でるだけでタフネス1を一掃、マイナスから入ったチャンドラやテフェリーを

記事を読む

【MTGスタン《悪魔王、ベルゼンロック》デッキのすゝめ番外編】黒単を支える土地カード特集

第二回は除去特集をするつもりでしたが、急遽予定を変更して【黒単を支える土地カード特集】をお届

記事を読む

【MTG最新禁止制限告知】スタン禁止無し!鎖回し生き残る!レガシーで死儀礼とギタ調が禁止に!

7月2日告知、6日適用の最新禁止制限が告知されました。 かねてから議論されていた《ゴブリン

記事を読む

【イニストラードを覆う影:1ボックス開封結果】アヴァシン!?アーリン!?オリヴィア!?いいやそんな物はないね…《石(岩塩)の宣告》

4月8日発売最新パック『イニストラードを覆う影』を1ボックス購入してまいりました。内容につい

記事を読む

【MTG】「灯争大戦」に登場する36人のプレインズウォーカー!レアリティや仕様について考えてみた【謎の新キャラに注目】

1パックに1枚プレインズウォーカーカード確定という新情報で湧きまくっている新セット『灯争大戦

記事を読む

【MTG:ゲートウォッチの誓いプレリリース】不毛の大地を求めて~初めての双頭巨人戦も楽しかった!

1月17・18日に全国の公認店で開催されたMTG「ゲットウォッチの誓い」プレリリースに参加し

記事を読む

【MTG「ラヴニカの献身」新カード情報】PW(プレインズウォーカー)特集!新PWはドビン、ケイヤ、ドムリ!

新セット前になるとやってくる新カードぐだぐだ考察! 1月25日発売『ラヴニカの献身』に収録

記事を読む

【MTG・ラヴニカの献身:新カード情報】《死に至る霊》でソーサーリーインスタントに接死を付与!コスモトロニックウェーブが全除去に!!

新セット前になるとやってくる新カードぐだぐだ考察! 1月25日発売『ラヴニカの献身』に収録

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

【心温まる贖罪ストーリー解説】ギデオン、キテオンの不正規軍と再会を果たす

ボーラスとの戦いで命を落とす事が明らかになったギデオンですが、とあ

【黒き剣のギデオンが持つ再誕の黒き剣について】ダッコン,コーラシュ,ギデオンと受け継がれる黒き刃

ギデオン追悼という訳ではありませんが、《黒き剣のギデオン》が持

【永遠神となったアモンケットの神々】バントゥ、ケフネト、オケチラ、ロナス、ここに推参!【ハゾレトはお留守番】

アモンケットの神々(バントゥ,ケフネト,オケチラ,ロナス)が永遠神

『灯争大戦』収録PW(プレインズウォーカー)カードまとめ!ウギンは今回も強そうですね!

『灯争大戦』に収録されるカードの情報の一部がついに公開されましたね

【MTG】《古呪/The Elderspell》2マナで複数のプレインズウォーカーを破壊できるソーサリー!ナニコレ凄い!

『灯争大戦』のプレビューも後半戦に突入! 強力なプレインズウ

【隻狼(SEKIRO)ボス攻略】葦名一心(修羅ルート)の倒し方:槍一心とは違った強さ!【セキロ】

修羅ルートのボス「葦名一心」の攻略・忍殺攻略記事です。 かつ

【隻狼(SEKIRO)ボス攻略】柔剣エマの倒し方:後出し戦術で修羅を見せつけろ!【セキロ】

修羅ルートのボス「柔剣エマ」の攻略・忍殺攻略記事です。 修羅

【MTGアリーナ】シングルトンで5勝したデッキレシピを紹介!白黒トークン追記!

現在『MTGアリーナ』では、SINGLETON(シングルトン)

→もっと見る

PAGE TOP ↑