【アモンケットスタン:ゲームデーは何デッキを使う?】霊気池・ゾンビ・黒緑エネルギー・機体・コントロール 他

公開日: : MTG

今週末はゲームデーって事で…

当日使用するデッキの傾向とプランニングをつらつらと書きたいと思います。

まぁ、結局は自分がホームとしてるショップ次第なので、あまり参考にはならないと思いますが、暇だったら読んで行ってください。

デッキ参考:プロツアー『アモンケット』トップ8プレイヤーデッキリスト

SPONSORED LINK

最大勢力は『霊気池』か『ゾンビ』か!?

黒単ゾンビ:《無情な死者》さえクリアすればかなり安くて強いデッキ

プロツアー『アモンケット』の覇者である「黒単ゾンビ」はデッキ単価も安価(無情な死者を除く)で組みやすいので、一定数は確実に存在するでしょう。
しかし、ノーマーク気味だった試合前までと違い、ヘイト値は最大限に高まっているはず…ガチガチにメタられる覚悟で万全のメイン構築とサイドプランが必要になって来るのは必然。

そんな状況でこのデッキを持ち込んでくるプレイヤーは、ショップの環境を読んでいるか・サイドも含め構築が万全・無類のゾンビ好きのどれかなので要警戒です。

ショップの傾向としてゾンビが多そうだと感じるなら、追放系の除去・全体除去・息切れせずに除去できる構造・絆魂などを強く意識して構築すれば有利に立ち回れる気がします。

また、白黒・赤黒・黒青など派生ゾンビデッキも予想できるので、それらにも警戒が必要ですね。

デッキ警戒度:

「霊気池」は強いが好みがハッキリと割れるデッキ

通称ガチャガチャと呼ばれる「霊気池の驚異」デッキは《霊気池の驚異》の能力も相まって運が絡む場面が結構多く、好みが好き・嫌いでハッキリと割れるアーキタイプです。

勝ちに貪欲にならざるを得ないプロツアーというシーンでこの強力なデッキを握る事には何の違和感もありませんが、ゲームデーというお祭りイベントの場においてわざわざ新たに「霊気池」を握りに行くか?と聞かれると疑問があります。

ゲームデーにこのデッキを握る人は、そもそもこのデッキを愛し常用している人が多いと思うので、急激に増える…って事はたぶんないんじゃないかなぁ~

しかし、対策なしでは簡単にころころころされるデッキなのでサイドプランは万全に!

逆に「霊気池」側はゾンビをメタる為に、Martin Muller氏が使用していた《炎呼び、チャンドラ》が4枚採用されている型の方が丸い気がしますね。(メタりながら倒しに行く最良のプランニングだと思います。)

デッキ警戒度:

下剋上を狙うアーキタイプの存在

「黒緑系(エネルギー)」は間を縫って斬り込める

黒緑系のデッキと言っても種類が多いので一概には言えませんが、行弘賢氏が使用していたタイプのデッキならば、最大勢力候補である「ゾンビ」と「霊気池」の間を縫って斬り込める可能性を十分に秘めている気がします。

宣言したカード名を持つカードを全抜きする《失われた遺産》がどちらのでデッキにもぶっ刺さるので、このタイプというか、黒いデッキを使うならサイドにとっておいて損はなさそうです。

《ホネツツキ》とか《キランの真意号》等の航空勢力がカギになりそう。場合によっては《霊気圏の収集艇》等も採用案として挙がってくる気もしますね…。(ゾンビ絆魂苦手なので)

デッキ警戒度:

あまり見かけなかった「機体」系デッキですが


今回のプロツアーではあまり見かけなかったアーキタイプではありますが、持ちうる実力は依然と変わらず強力なので侮れません。

特に《アヴァシン》は「ゾンビ」に対する致命傷になりうるカードだと思っているので、《マグマのしぶき》《排斥》等の追放スペルを握れる赤白機体・赤白エンジェル・赤白人間などは、ゾンビに対する脅威に成り得るのではないでしょうか?

まぁ、相変わらず《同盟者、ギデオン》は強いので…(このデッキも強いよね)

デッキ警戒度:

個人的に大本命だと思ってるコントロールデッキ(特に白黒)


最大勢力と予想される「ゾンビ」と「霊気池」を同時に見れるデッキ…白黒コン!!

スゲー安易な考えではありますが、除去多めの白黒コントロールは実際にきつかったので割かしやれるかな…と!

《致命的な一押し》《闇の掌握》《排斥》《石の宣告》、《燻蒸》《ヤヘンニの巧技》、《失われた遺産》《精神背信》《没収》等々、トップ二つにぶっ刺さるカードが盛り沢山ってのはやっぱり魅力的。

「赤青電招の塔」なんかも《マグマのしぶき》《焼夷流》による追放除去、《電招の塔》による継続除去力が見込めるのでワンチャンありそう…(ただ、こちらは少し「霊気池」がきついか…)

デッキ警戒度:

まぁ、要するに色んなデッキで遊べる環境って事だね!

関連記事:【アモンケットスタン:黒単ゾンビデッキの強みと弱み】ショーダウンでの使用感レポート

ここまでつらつらと書いてきましたが、要するに色んなデッキを使える良環境って事さね!

まぁ、とりあえず私は「黒単ゾンビ」を使うつもりです。

間違いなくメタられまくっていると思いますが、現環境で一番使い慣れている上にデッキパワーも高く、マリガン基準も緩いので。(ぶっちゃけゲームデーは楽しめれば何でも良いんだけどねぇ~)

皆さんは今週末、どんなデッキを握るご予定ですか?

[poll id=”6″]
SPONSORED LINK

関連記事

【イクサランの相克収録カードリスト『多色・両面・PW』カード考察&評価】ファートリちょっと手加減し過ぎじゃない?

「イクサランの相克」に収録されるカードのリスト・能力考察記事です。 各部族の足らなかった部

記事を読む

【MTG】ゴルガリ(黒緑)対策に《トカートリの儀仗兵》はいかが?《チュパカブラ》《拾売人》《疫病造り師》を一気にメタれ!

【ゴルガリ(黒緑)】が強いと一つ前の記事でお伝えしましたが、本日はそんな【ゴルガリ】対策として注

記事を読む

【イクサランの相克収録カードリスト『黒』カード考察&評価】《誓いを立てた吸血鬼》と《黄昏の預言者》が好き

「イクサランの相克」に収録されるカードのリスト・能力考察記事です。 各部族の足らなかった部

記事を読む

【MTG】《実験の狂乱》が面白い!《遁走する蒸気族》や《危険因子》との相性が凄まじいですね

『ラヴニカのギルド』が発売されて数日経ちましたが、使用するデッキの予定は立ったでしょうか?

記事を読む

【MTG】パイオニア最新禁止カード・2019/11/12発行:「夏の帳」が禁止カードに指定されました!コントロール歓喜!

MTGの禁止改訂(2019/11/12日発行)が発表され、パイオニアから《夏の帳》が禁止カー

記事を読む

【MTG・『イクサラン』収録カードの感想③】ヴラスカは6マナPWだけあって強いな!ライフゲイン封じの赤い恐竜も強いわ…

海賊・魚人・吸血鬼・恐竜 カオスな世界がPWを待つ(part3) 9月29日発売の最新セット『

記事を読む

【高騰中】『サヒーリ+守護フェリダー無限トークンコンボ』は本当に使われるのだろうか?

関連記事:【MTG:霊気紛争フルスポ感想 フェリダー+サヒーリループで揺れるカラデシュ!神話

記事を読む

【赤単ケルドデッキ・FNM/ショーダウン使用感】霊基体・防御牝馬・黒幕NO!1/4や絆魂は天敵です

宣言していた通り、今週末は【赤単ケルド】で遊んでみました! 簡単にではありますが、そのレポ

記事を読む

【MTG・カード考察:悪魔の契約】パーマネント生贄系効果で強制敗北のデメリットを乗り越えて行け!【スタンダード】

『マジック・オリジン』の神話カードとして登場した《悪魔の契約/Demonic Pact》 得ら

記事を読む

【ラヴニカのギルド新カード】《無効皮のフェロックス》は平成のブラストダーム?【MTGスタン】

『ラヴニカのギルド』に収録される緑の大型神話《無効皮のフェロックス》の紹介です。 4マ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

【スマホ】「うたわれるものロストフラグ」の不満点と望む事【4か月しっかり遊んで感じた事】

『うたわれるものロスト・フラグ』のサービス開始から約4か月が経

【仁王2攻略】黒い木霊(魑魅)の交換法則、ムジナやぬりかべの対処法など【お役立ち情報まとめ】

仁王2を攻略する上で役立つ情報をまとめてみました。 ぬり

【仁王2攻略】夜刀神(やつのかみ)強すぎワロタ!常闇でヘビが分離する前に倒すと戦いやすいかも?

仁王2の序盤のボス「夜刀神(やつのかみ)」がかなり強かったので、自

【原田泰造がひたすらサウナに入るドラマ】「サ道」に今更ハマった話【整うって何だ?】

友人の勧めで観た『サ道』ってドラマがとっても良かったので、簡単にで

【PS4版】「P5S・ペルソナ5S」ネタバレ無し評価・クリアレビュー|ペルソナ無双ことファントムストライカーズは面白いのか?買いなのか否か?

アトラス×コーエーのコラボ作品『ペルソナ5スクランブル ザ フ

【十三機兵防衛圏サントラレビュー】渚のバカンスもフル収録!満足度高いぞ!【アトラスDショップ専売】

どうも、管理人のきゃすとです。 本日は、アトラスDショッ

【仁王2|最終体験版感想】前作よりも圧倒的に難しく、より面白く進化した印象!これは期待できる!

3月12日発売『仁王2』の最終体験版をプレイしました。 本記

【ロードス島戦記がメトロイドヴァニアな2Dアクションゲームに!?】メガテンやこのすばの2Dアクションを手掛けたTeam Ladybugの最新作

「ロードス島戦記」の大人気キャラクター『ディードリット』が主人

→もっと見る

PAGE TOP ↑