【PSVITAで遊ぶホラーADV「死印」体験版レビュー】ビジュアル・音楽による恐怖演出は良好…

公開日: : 最終更新日:2017/05/30 ゲームレビュー

2017年6月1日に【PSVITA】で発売予定の『死印(しいん)』の体験版をプレイしました。

3DダンジョンRPGのイメージがとにかく強い「エクスペリエンス」が手掛けたホラーアドベンチャーゲームって事で、購入の判断材料が乏しかった本作ですが、体験版が無事配信されて何よりです。

体験版でプレイできる第一章部分だけでは物語に関する評価を下す事は当然できないので、本レビューではビジュアル・音楽・SE・システム等、細々した部分のレビューを中心にしていきます。

ホラーADVってだけで貴重ですからね…見逃す手はないよね(´・ω・`)

SPONSORED LINK

死印(しいん)

  • タイトル:死印(しいん)
  • 対応機種:PSVITA
  • ジャンル:ホラーADV
  • 発売日:2017/6/1
  • 外部リンク:死印 公式HP

刻まれた者を死に誘う”シルシ”の謎を紐解く物語

PS Vita『死印』第2弾PVより 引用
〈物語の案内役 謎の人形メリィ〉
©EXPERIENCE

刻まれた者は数日中に死ぬと噂されている”死印(シルシ)

それを刻まれると共に記憶を失った主人公が訪れたのは謎の人形メリィが待つ『九条館』だった…

同じように”シルシ”を刻まれ、死に抗うべく『九条館』に集まる”シルシ”を持つ者たち。

同じ境遇にたたされた人々と協力して”シルシ”の原因と思わしき都市伝説やホラースポットの謎を追求し、”シルシ”の謎を徐々に紐解いていく。

その過程で解放されていく仲間達の半面、解放されず取り残される主人公…。

どうやら主人公の持つ”シルシ”だけは他の者それとは異なるものらしいが…?

※※※※※※

上のあらすじもどきは、体験版から得た情報で管理人が勝手に作ったものですが、どうやら主人公の死印が特別なのはほぼ間違いなさそうです。

最終的には『九条館』や『メリィ』という存在の謎に収束していくのでしょうけど…

この核心に至る部分の出来に本作の評価がかかっていると言っても過言ではないはずです。
少なくとも筆者はそこが一番気になる部分で最大の注目ポイントだと思っているので期待しています。

3DダンジョンRPGのノウハウを使った操作性

PS Vita『死印』第2弾PVより 引用
〈十字キーによる直感的な移動〉
©EXPERIENCE

これ系のADVだと「調べる」や「使う」等と同様に「移動」もコマンドを選択するタイプが多い様に感じますが、本作の移動は3DダンジョンRPGっぽさ満点の十字キーによる直感操作。

ワンクッション置くことなくマップをゴリゴリと移動できるのは意外や意外、快適そのもの!

一人称視点で展開するホラーゲームは多いですが、操作系統も3DダンジョンRPGっぽいのは中々に珍しいのではないでしょうか?

操作性だけでなく画面作りもどことなく3DダンジョンRPGをイメージさせる感じになっていますが、限られた情報量・視野の狭さは恐怖に直結するエッセンスの一つなので相性は悪くないです。

探索には危険がつきもの、一発アウトの「デッドリーチョイス」は評価を別つ!?

PS Vita『死印』第2弾PVより 引用
〈最終的には怪異と対峙する事に、バディとの協力が大事〉
©EXPERIENCE

緊急時に突如発生する生死に直結する選択肢「デッドリーチョイス」。
演出的にこういうシステムが挿入されるのは大歓迎なのですが…

  • 「逃げ出す」
  • 「目をつむって祈る」
  • 「威嚇する」

こんな感じのどれを選ぶか判断に困るような内容の選択肢でも即死する事があるのは少し気になりました。

例えるならば反射神経で対応できないQTEって感じで、テキトーで選ぶしかないのに即死するのはちょっとゲンナリしてしまいます。

もしかすると”霊魂(体力的なもの)”が高ければ即死しないのかもしれませんが、少なくとも体験版では即死してたので、ここに関してはかなりテンポを悪くしている要素だなぁ~と感じました。

ミスチョイスによって展開が変化したりするのであればそれはそれで面白いのですけどねぇ…。

まぁ、選択ミスの即死ゲーはホラーADVのお約束とも言えるけど(´・ω・`)

最終的に怪異と直接対決する事になるナンチャッテバトルシステムに関しても評価を別つ部分になりそうですが、拾ったアイテムや情報をもとにバディと協力して怪異を撃退するのは結構楽しかったので個人的に好きです。(アイテムの効果適用範囲が設定されていたりするのも独特で好き。)

ビジュアル・音楽・SEはかなり安定している印象

キャラクターデザインである「純生文屋」氏については携わっている作品に直接触れるのは本作が初めてですが、可愛さも残しつつホラー作品の枠にきちんと収まる事ができる丁度良いバランスのイラストで個人的は好感触。

コンセプトアート/怪異デザインを担当されている「友野るい」氏は、ZERO ESCAPE 刻のジレンマ』等で存じ上げていたので相変わらずお上手だな…という印象です。

ビジュアルや音楽面はかなり高品質なので期待できそうです。

あとはストーリーの面白さにかかってますな…

死印 【Amazon.co.jp限定】オリジナルPC&スマホ壁紙 配信
死印 【Amazon.co.jp限定】オリジナルPC&スマホ壁紙 配信

ビジュアルやシステム面で心配する部分は特に無かったので、後はストーリーの出来次第って所です…(まぁ、結局、ここが一番大切なんですけどねぇ~)。

気になっている人は、とりあえず体験版(セーブデータ引継ぎ可)をプレイしてみて下さい。

あと、ファミ通.comにて前日譚小説も公開中なので、そちらも合わせてどうぞ!

Amazon:死印 VITA
楽天:死印 VITA
SPONSORED LINK

関連記事

【ポポロクロイス牧場物語 評価/レビュー】ポポロ好きは楽しめるが牧場ファンにはオススメできない普通のRPG

「ポポロクロイス物語」と「牧場物語」、2つの「物語」を冠する人気シリーズが夢のコラボを果たし

記事を読む

【遊戯王 タッグフォース スペシャル/評価・レビュー】デュエルも出来るギャルゲーは普通のシミュレーターになりました

久々の新作「遊戯王タッグフォースSP」を一通り遊び終わりました。 前作まではパッケージソフ

記事を読む

【PS4『シャンティ:ハーフ・ジーニーヒーロー』評価・レビュー】水着コスも堪能できる・DLC全入りの完全版!

【PS4】『シャンティ:ハーフ・ジーニーヒーロー 』のストーリーモードをクリアしました。

記事を読む

【PS4版】「P5S・ペルソナ5S」ネタバレ無し評価・クリアレビュー|ペルソナ無双ことファントムストライカーズは面白いのか?買いなのか否か?

アトラス×コーエーのコラボ作品『ペルソナ5スクランブル ザ ファントムストライカー』をクリア

記事を読む

【真・流行り神2 評価・レビュー】クソゲーだった前作よりは確かに面白いが…ホラーとは都市伝説とは何かを考えさせれる凡作

都市伝説を題材にしたホラーアドベンチャーシリーズの最新作『真流行り神2』を全ルート・狭間録・

記事を読む

【面白さ期待超え《ニーアオートマタ》評価・レビュー】世界観とストーリーを楽しむアクションRPGの傑作!

幻想的な灰色な世界観と型破り過ぎる物語とギミックの数々で、ある種の伝説を作り出した「ニーア」

記事を読む

【メタルギアサヴァイブ評価・レビュー】ネットのクソゲー評価にご用心!粗削りだが面白くて中毒性の高いサバイバルアクションゲーム

端的に言うと、『メタルギアサヴァイブ』は粗削りで乱雑なゲームです。 しかし、その乱雑さの中

記事を読む

【P5(ペルソナ5)評価・レビュー】ビジュアル・音楽・ストーリー・操作性の全てが高水準で纏まったRPGの傑作!

8年ぶりのナンバリング最新作「ペルソナ5」をようやくクリアしました。 間に別ゲー(「う

記事を読む

【マイティガンヴォルト】8bitテイストな2Dアクション!これぞ王道アクションゲーム

今回は、以前紹介した「蒼き雷霆 ガンヴォルト」を早期購入すると特典でダウンロードできた 「マイ

記事を読む

「キャサリン・フルボディ」評価・レビュー:パズルゲームが苦手でも大丈夫!追加要素も大満足の完全版登場!

浮気をテーマにしたアクションパズルゲーム「キャサリン・フルボディ」をクリアしました。

記事を読む

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

【スマホ】「うたわれるものロストフラグ」の不満点と望む事【4か月しっかり遊んで感じた事】

『うたわれるものロスト・フラグ』のサービス開始から約4か月が経

【仁王2攻略】黒い木霊(魑魅)の交換法則、ムジナやぬりかべの対処法など【お役立ち情報まとめ】

仁王2を攻略する上で役立つ情報をまとめてみました。 ぬり

【仁王2攻略】夜刀神(やつのかみ)強すぎワロタ!常闇でヘビが分離する前に倒すと戦いやすいかも?

仁王2の序盤のボス「夜刀神(やつのかみ)」がかなり強かったので、自

【原田泰造がひたすらサウナに入るドラマ】「サ道」に今更ハマった話【整うって何だ?】

友人の勧めで観た『サ道』ってドラマがとっても良かったので、簡単にで

【PS4版】「P5S・ペルソナ5S」ネタバレ無し評価・クリアレビュー|ペルソナ無双ことファントムストライカーズは面白いのか?買いなのか否か?

アトラス×コーエーのコラボ作品『ペルソナ5スクランブル ザ フ

【十三機兵防衛圏サントラレビュー】渚のバカンスもフル収録!満足度高いぞ!【アトラスDショップ専売】

どうも、管理人のきゃすとです。 本日は、アトラスDショッ

【仁王2|最終体験版感想】前作よりも圧倒的に難しく、より面白く進化した印象!これは期待できる!

3月12日発売『仁王2』の最終体験版をプレイしました。 本記

【ロードス島戦記がメトロイドヴァニアな2Dアクションゲームに!?】メガテンやこのすばの2Dアクションを手掛けたTeam Ladybugの最新作

「ロードス島戦記」の大人気キャラクター『ディードリット』が主人

→もっと見る

PAGE TOP ↑