【ドラゴンクエストヒーローズ】クリアレビュー・評価 《無双》ではなくタワーディフェンス要素強めのアクションゲーム

ヒーローズ

「スクウェア・エニックス」と「コーエー」がタッグを組んだ「ドラゴンクエスト」シリーズ最新作
ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城】をクリアしました。

発表時には「コーエー」が開発するという事で「ドラクエ無双」になってしまうのではないかと懸念されていましたが、そんな心配は不用だったようです。

SPONSORED LINK

「ドラクエ無双」ではない!

dqh7

初めの1時間くらいは、確かにモンスターグラフィックや演出はがんばってるけど途中で飽きそうだなぁ~という印象でした。

しかし、このゲームの真価は「大型モンスター」と「モンスターコインシステム」が登場してからです。
「ゼルダ無双」の時にも感じましたが、やはり大型モンスターっていいですね!
存在するだけで作品にメリハリを与えてくれます。

弱点部位を攻撃する事でダメージの通りが違うなど、細かい部分も高評価です。

「モンスターコイン」システム

dqh10

モンスターを倒す事でドロップする「モンスターコイン」を使用する事で、そのモンスターを呼び出して共に戦ってもらえるシステム。

「要人の護衛」や「砦の防衛」などタワーディフェンス要素が多めの本作では仲間モンスターの存在は必要不可欠です。呼び出したモンスターは基本その場所を持ち場に戦ってくれるので、モンスターに守らせて自身は相手の拠点を叩くなど、戦略的な遊びを違和感なく楽しむことができます。

設定的にも、元々「人間」と「魔物」が協力関係にあった世界観なので、闇を祓う事で仲間になるというのは納得できます。ドラクエ的にもモンスターが仲間になるのはやっぱりうれしいですしね。

モンスターの種類によって特技や役割が違っていて非常に作り込まれていました。
これはいいシステムだ!

キャラクターの作りこみとパーティ制

dqh6

仲間の編成はシリーズおなじみの「ルイーダの酒場」でできますよ。(ルイーダは美人!)

DLCを除くPTメンバーは全部で12人。その中から4人編成(主人公固定)で冒険するんですが、どのキャラクターも個性的で似通った性能のキャラクターが非常に少ない!
これは単調になりがちなアクションゲームではかなり重要な事です。

キャラクター数を絞った分、作りこむ事ができたって感じですかね!?いい仕事してます!

これぞ!「ドラクエ」って要素をキチンと押さえている

  • ルーラによる移動!室内で使うと頭を打つ!
  • 小さなメダルをとにかく集めて一番良いのを頼む!
  • 練金釜によるアイテム作成が楽しい!
  • メタルスライム・はぐれメタルを見つけたら必死!
  • 教会でのセーブ。て~てれれ~てれれ~♪

キャラクターについて

dqh4

やはりシリーズのレジェンドキャラクター達への思い入れには遠く及びませんが、「ヒーローズ」オリジナルのキャラクター達も魅力的でした。

特に、「ホミロン」はとても可愛いらしいホイミスライムでしたね。
「ライアン」が参戦していたら「ホイミン」と勘違いするなんて小ネタもできたかも!?

kurokodain
画像引用:グーグル画像検索

あと王様「ディルグ」の必殺技名が「国王会心撃」って名前でクスっときました。
会心撃と言えば「獣王クロコダイン」様ですね。凄いリスペクトを感じる…。

ここからは私のオススメキャラクターを少し紹介

「脅威の滞空時間」マーニャ

ma-nya

ドラクエのセクシー担当「マーニャ」

そのお金にガメツイ精神は本作でも健在です!カジノがなかったのはプレイヤー的にも「マーニャ」的にも非常に痛かったですね。(カジノ要素ほしかったなぁ~)

「おうぎのまい」と「疾風炎舞扇」の多段ヒットによってコンボ稼ぎの匠と化す。
空中でも出せるので気づくとテンションゲージがMAXになっていますね!

しかし、このキャラクターはこれだけではない!

空中で「疾風炎舞扇」を使用した時の滞空時間中に「おうぎのまい」を使用することで、通常ジャンプでは届かない高低差を無理やり越えて行く事ができてしまう。これのおかげですごいショートカットができたりするので私はずっとPTに入っていました。

必殺技「ドラゴラム」は若干使い辛さを感じますがオススメです。

「最強の剣士」テリー

teri-

今回の「テリー」は最強の剣士(笑)ではない!!

「はやぶさ斬り」による手数の多さと「ミラクルソード」を併用する事でほぼやられる事がなくなるほどのドレイン攻撃を維持する事ができます。

必殺技「ジゴスパーク」も縦ラインの広範囲攻撃なので使いやすい。
「俺は群れるのが嫌いだ!」⇒めちゃくちゃ馴染んでる!

しっかりと『ドラクエ』でした!

dqh1

ゲームの装いは変われど「ドラゴンクエストヒーローズ」はしっかりと『ドラクエ』でした!

ストーリーに関してもベタではありますが、『ドラクエ』特有の「古臭いのが心地いい」展開で安心して遊べます。

あと、やっぱり『ドラクエ』のBGMって最高やね。
歴代BGMが丁度欲しい時に流れてくれるんだよね…。

海外でのリリースも計画されているようなので、舌の肥えた海外ゲーマー達の評価も非常に気になります。これは、アッパー版や続編にも期待できるで!!

大きな不満もなく、本当に丁寧に作られた良作に仕上がっています!

『ドラクエヒーローズ』の次は『FFヒーローズ』ですな。
最終的に「ドラクエファンタジーオロチ」が出るところまで予想した!

Amazon:ドラゴンクエストヒーローズ
きゃすとの評価:

SPONSORED LINK

関連記事

【13年ぶりの続編:うたわれるもの-偽りの仮面-評価・レビュー】ストーリー重視の難易度低めアドベンチャーSRPG

2002年にPC専用ソフトとしてリリースされ人気を博したアドベンチャーゲーム『うたわれるもの

記事を読む

【シュタゲ新作:シュタインズ・ゲートゼロ 評価・レビュー】派生作全てを繋ぐシリーズ集大成!

大人気ADV『シュタインズゲート』シリーズ最新作「シュタインズゲートゼロ」をクリアしました。

記事を読む

【どうぶつタワーバトルの面白さと流行った理由は何か?】技術と運の要素が絶妙にクロスした本格対戦型パズルゲーム(eスポーツ)

皆さんは、『どうぶつタワーバトル』というスマホゲームをご存知でしょうか? 現在、ツイッター

記事を読む

【FINAL FANTASY XV(ファイナルファンタジー15):評価・レビュー】オープンワールドによって得たものと失ったもの…

『ファイナルファンタジーヴェルサスXⅢ』として発表されてから約10年。プロジェクト名を変え、

記事を読む

【ドラゴンクエストヒーローズ2 評価・レビュー】シリーズファンにオススメの良質アクションゲーム

すっかり大人気タイトルとして定着した『ドラゴンクエストヒーローズ』シリーズの第二作『ドラゴン

記事を読む

【シリーズ最終章『うたわれるもの二人の白皇』評価・クリアレビュー】数多の伏線を回収するシリーズ完結作!ネタバレなし

『うたわれるもの』シリーズ最新作にして最終章『うたわれるもの 二人の白皇』をクリアしました。

記事を読む

【P4D-ペルソナ4ダンシング・オールナイト評価/レビュー】音ゲーでも先生は最強クマー!

「今度はリズムにノッてシャドウ退治!?」 『ペルソナ4ダンシング・オールナイト』のストーリ

記事を読む

【PS4『スパイダーマン』評価・クリアレビュー】圧倒的な爽快感と面白さ!ゲームの為に最適化されたシナリオに大満足!

店頭消化率95%という驚異の数字を叩き出した話題作『スパイダーマン』をクリアしました。 事

記事を読む

【ベルセルク無双:評価・レビュー】あらすじを辿るには最適!?キャラゲーとしては物足りなさを感じる作品

どうも、好きな漫画が尽く不定期連載になってしまう管理人”きゃすと”です 今回は管理人が

記事を読む

【3DS】「蒼き雷霆(アームドブルー)ガンヴォルト 」クリアレビュー・評価「2Dアクションの新規軸、避雷針を打ち込むアクションが新しくて面白い。」

2Dアクションゲームの歴史に避雷針を打ち込む良作 決して、劣化版『ロックマン』とは言わせない。

記事を読む

Comment

  1. ビアンカ より:

    こんにちは。むしろ無双を見習ってキャラを大量に増やしてほしかったですな。
    ラスボス倒した後の残った雑魚敵を倒すのも面倒でテンポが悪い
    あとよく飽きる飽きるっていうけど、
    ドラクエの雑魚エンカウント戦より遙かにマシだと思うw

    • cast より:

      ヒーローズオリジナルのストーリーに無理なく乗せる為にキャラクターの登場数が制限されている感じはありますね~
      記事にも書きましたがオロチみたいにガンガンドラクエキャラクターが登場するヒーローズもやってみたいです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

【スマホ】「うたわれるものロストフラグ」の不満点と望む事【4か月しっかり遊んで感じた事】

『うたわれるものロスト・フラグ』のサービス開始から約4か月が経

【仁王2攻略】黒い木霊(魑魅)の交換法則、ムジナやぬりかべの対処法など【お役立ち情報まとめ】

仁王2を攻略する上で役立つ情報をまとめてみました。 ぬり

【仁王2攻略】夜刀神(やつのかみ)強すぎワロタ!常闇でヘビが分離する前に倒すと戦いやすいかも?

仁王2の序盤のボス「夜刀神(やつのかみ)」がかなり強かったので、自

【原田泰造がひたすらサウナに入るドラマ】「サ道」に今更ハマった話【整うって何だ?】

友人の勧めで観た『サ道』ってドラマがとっても良かったので、簡単にで

【PS4版】「P5S・ペルソナ5S」ネタバレ無し評価・クリアレビュー|ペルソナ無双ことファントムストライカーズは面白いのか?買いなのか否か?

アトラス×コーエーのコラボ作品『ペルソナ5スクランブル ザ フ

【十三機兵防衛圏サントラレビュー】渚のバカンスもフル収録!満足度高いぞ!【アトラスDショップ専売】

どうも、管理人のきゃすとです。 本日は、アトラスDショッ

【仁王2|最終体験版感想】前作よりも圧倒的に難しく、より面白く進化した印象!これは期待できる!

3月12日発売『仁王2』の最終体験版をプレイしました。 本記

【ロードス島戦記がメトロイドヴァニアな2Dアクションゲームに!?】メガテンやこのすばの2Dアクションを手掛けたTeam Ladybugの最新作

「ロードス島戦記」の大人気キャラクター『ディードリット』が主人

→もっと見る

PAGE TOP ↑